冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

  • 7728人登録
  • 3.87評価
    • (884)
    • (1141)
    • (941)
    • (137)
    • (28)
  • 857レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2007年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758239

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヒロインに自分の名を冠している点、そのヒロインが周りから絶えず気遣われ庇護されている点、ヒロインがすべての原因を引き起こしている点、、、

    色々総括して「気持ち悪い」印象。自己陶酔というかナルシシズムがだだ漏れすぎて、、、胸焼けしそう。おかげで著者お得意の名前遊びや伏線の回収にまで難を付けたくなるような。。

    自分で自分の名を連呼するしゃべり方(梨香)や、男性のようなしゃべり方(景子)にも馴染みがないせいか、登場人物らに好感を持ちにくい。。

    名刺代わりに、、、と書かれているが、名刺にされるのなら「メジャースプーン」や「スロウハイツ」「名前探しの放課後」の方がいいんじゃないかな。本作はデビュー作なのでまだまだ青臭い印象。

  • 辻村深月のデビュー作。すごい!のひと言です。読み始めてすぐに引き込まれ、あっと言う間に読み終えてしまいました。

    登場人物は高校生で、学園ものでもありミステリーでもあり少々のホラー要素を含み(ホラーはあくまでも怖がりな私の主観ですが)、犯人は誰なんだ⁉って、ずーっとドキドキしっぱなしでした。
    途中途中で挟まれる、個々の人物像の掘り下げ方も良くてけっこう泣けますよ。しかも後半になってくると、いろんな所に伏線が散りばめられていた事に気付きさらに泣く事に…。

    辻村さんの作品はダークな中にも愛を感じられてすごく良いです。
    彼女の作品を読むのは三つめですが、すっかりファンになりました。

    せっかくなので、これから読むのは作品発表順に追って行きたいです。

  • 構成が二重三重に凝っていて、それが話の運びに生かされています。
    よく練り上げられていますね。
    前半でやや謎に思った点は、すべてヒントに。
    重い内容ですが、救いがあり、読後感がよくなるように考えてあるのがいいですね。

    このヒロインの名前をペンネームと同じにするとは、痛々しいけれど。
    真摯な気持ちでそうしたのだと思います。

    ネタばれしないで、これ以上書くのは難しいかな‥
    心に食い入るような作品でした。

  • 止まらない、止まらない、止まらない。一気に読んだ。
    わたしは全然推理ができない。だからただあやつられるがままに読んだのだけれど、ラストを読んで、きっちり伏線が引いてあった事が分かって、「くぅー!推理すれば良かった!」と悔しかった。
    ふたつ、みっつと仕掛けがあって、小説ならではのトリックだと思った。
    辻村さんは全ての登場人物をとても魅力的に書く。こんなの、好きにならない方が難しい。

  • またやられた。やられました。
    いつも違和感は感じていて、疑ってかかるのですが、最後はいつもしてやれらます。

    考えてみれば、ヒントはかなり散りばめられているんですよね。
    そして、そのヒントにも何となく気付いて、チェックをしている自分がいる。
    でも、そんな自分の考えをはるかに上回る展開が、いつも待ち受けています。

    辻村深月さんは、しれっと密かに文章に盛り込んでくるので、すごいです。
    本当にさり気ない。


    この物語のメイン人物は、8人の高校生たち。
    物語の軸となるメインストーリーの要所要所に、一人一人にスポットを当てたストーリーが挟まれています。
    その中で、各生徒の過去や、内に秘められたものがどんどん分かっていきます。

    どの子のストーリーも好きです。
    沢山言いたいこともあるし、いろいろと思うところもあります。
    でも、やっぱり・・・うん。
    この物語の中で一番重要なポイントは、「友情」と「個性」だと思っています。

    友達ってなんだろう。
    友達に何をしてあげられるだろう。
    友達だから―。

    自分ってなんなんだろう。
    自分は何がしたいんだろう。
    自分は誰かにとって―。

    きっと誰もが、こんなことを考えてしまうのでしょう。

    こういうことを、校舎の時を止めてしまったあの子は、随分と重く、深く、考えてしまったようです。
    その結果、あの子は勝負に負けることになりましたが、でも大丈夫。
    心強い友達がついていました。

    あの子のまわりは、本当にやさしい人ばかりだなと思います。
    そして、あの子もやさしい。

    ここでいう「やさしさ」が、誰かにとっては「甘さ」になることもあるのでしょう。
    もしかしたら、自己満足なのかもしれない。
    そういった「怖さ」が、「やさしさ」には付き回るものだと思います。

    でも、確かにあの子たちはやさしかった。
    同時に、俺にとっては格好良かった。


    あの子たちが、いつまでも元気でいられますように。
    そして願わくば、みんなの進む道が、明るいものでありますように。

  • 辻村深月のデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』を読了。

    辻村深月の作品はこれまでに何作か読了しているが、ようやく今回読むことが出来た。

    辻村作品の登場人物は、他の作品とリンクしていることはファンの間では有名。本作の登場人物も以降の作品に出演したりしている。

    『冷たい校舎の時は止まる』は、高校生8人が校舎から出られなくなり、それには2ヶ月前の学園祭で自殺した名前と顔が思い出せない人物に何か関係があるのでは……という少し不思議な話。青春ミステリの要素もあるが、ちょっとしたホラー表現もあり面白い。ちなみに文庫は上下巻と少々長め。

    必要以上に冗長過ぎる、という意見もちらほら。これは一理あるかもしれない。主な登場人物が高校生8人なのだが、そのひとりひとりのエピソードが描かれている。結果、自然と長くなってしまったのが主な原因だろう。しかし逆に考えれば、しっかり作りこまれた作品だとも言える。これは人によって意見が分かれるだろう。

    ミステリでは滅多に感動する作品にはなかなか出会わないものだ。しかし作風からか、辻村作品にはいつも感動させられる。本作も例に漏れずだった。特にある人物のエピソードはかなり泣けるものがあった。

    読後感も非常に良かった。まだまだ未読の作品も多数あるが、少しずつ読んでいきたいと思っている。

  • それぞれの登場人物について丁寧に掘り下げられていてやや冗長に感じたけれど、それでもとてもおもしろかったです。

    自殺したのが誰かは大体予想がついてしまっていたけれど、どうして榊がいないのか、「ホスト」はどうしてあのメンバーを集めたのか、などは最後まで予想がつかなかったので「こうかな」「ああかな」と思いを巡らせながら読んでいました。

    まさか菅原=榊だったとは……。
    後から考えると確かに、榊の机からタバコのありかを探り当てたり、景子も知らなかったリカの進路希望を知っていたり、菅原=榊をほのめかすエピソードはちらほら見受けられるんですよね。

    ところで菅原=榊だとわかった時に「あれ? てっきり小学校の先生を目指していたのかと……」と思ったけれど、もしかすると自分が救えなかったヒロへの償いもあるのかなあと思いました。

    ヒロのことは助けれられなかったから、せめて相方のヒロ(=博嗣)だけでも自分で見届けたい、みたいなね。

    それで、それを果たすことができるから青南を辞めて本当の希望である小学校教諭を目指した、と。

    そう考えると、榊の話は単品で読んでみたかった気もします。

    榊に限らず、他のキャラクターたちも他の作品で会いたいなあと思いました。

    清水は『光待つ場所へ』に出てきて、それに鷹野もチラッと出てきていたけれど、他の人たちはどうなったんだろうなあ。

  • 解決編となる後半。
    結構、びっくりする。叙述トリックの妙ですね。

    映画化にものすごく向いているストーリーですけど、たぶんむりです(笑) 映像化は相当難しそう。

    たぶん青春時代だからこそ感じることのできる想いとどうやって向き合ってきたか、それを考えさせずにはいられないストーリーでした。

    明るい余韻を保った、ハッピーエンドです。

  • いやー、長かった。上下巻、なかなかのボリュームでしたね。でもその分読み終わった後の達成感は大きい。
    ひとりひとりの自殺への関わりや過去が明らかになり、冷たい校舎の中から消えていく。その代わりにあらわれる、人形や絵。それは一体何を意味するのか。そして、ここを支配している"ホスト"は誰なのか。読めば読むほど先が気になるお話でした。
    私はロードムービーを読んでからこの本を読んだので、この中で本当は誰がいないのか、なんとなく思う人はいたのですが。見事に裏切られましたね笑。
    本当にどの部分も結末にきちんと繋がっている。よく考えられている。たくさんの仕掛けがあきこちにちりばめられ、頑張って"ホスト"を見抜こうとするんですが、ダメです。なかなか当たりませんね。当てられる人がいたなら、本当にすごいと思います笑。

  • 上巻で懸念に思っていたことが、
    まさかまさかと思って読んでたが、そのまさかが当たってしまった。

    誰が苦しみ、誰がそれを救うのか。
    菅原の話はなぜあんなにも長いのか。
    榊はなぜ現れないのか。
    2人のヒロの重要性。

    全ての伏線を回収し、
    全てのキャラクターに命を吹き込む作者の志が伝わってくる。

    自己嫌悪や、自己犠牲という自分の一番嫌いなジャンルにスポットがあたっており、深月には終始イライラした。
    みんなの優しさをフル無視する彼女は一番みんなのことを観れていない。空気の読めない奴。
    甘えに甘え、弱いことを嫌悪する。
    でも、それも作者の作戦。

    でも、その作者自身が辻村深月のため、読んでいての違和感が凄い。
    一気読みできて没頭してしまう良作。

  • そういうことかー!
    自殺した人の正体、榊がいなかった理由、すべて解決!!
    登場人物それぞれが現代の若者が持っているであろう悩みを抱えているのがリアルやった。それぞれのキャラがちゃんとした人になってるというか・・・
    ただ景子の話し方だけが非現実的。それがちょっと残念・・・
    辻村深月さんの作品は初めて読んだけどおもしろかったー!
    これからも読んでいきたいな。

  • 誰が一体あの日、自殺したのか。
    やっぱりあの人かなぁ…と思っていたら、まったく違う展開でびっくりしました。
    また、一人一人のキャラクターに共感しました。
    それぞれのストーリーみたいなのがあって、どれも良かったです。
    何よりも男子たちが素敵でした(笑)

    この作品を読んで、もっと辻村作品が読みたくなりました。
    まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください!

  • 大学受験を控えた高校三年の冬。雪の降る学校に登校した文化祭実行委員の8人だけが学校に閉じ込められた。ここは実際の学校なのか?それとも超常現象?怪奇現象? そして、それは誰の陰謀? 時間が止まった校舎の中で犯人探し、真相探しが始まる。


    上下巻で1000ページを超える長編ミステリーにも関わらず、読み始めたらあっという間に読了。クローズドサークルで、1人ずつ犠牲になっていって、そして、犯人は仲間の中にいる、というホラー的ミステリーの要素と、そこが数ヶ月前に自殺した生徒に関わる精神世界なのではないか…という超常現象的な要素。そして、誰もその生徒の名前を思い出せないなかで、「思い出して」という声が響くという、精神的に追いつめられた状況。誰が自殺した生徒だったのか? そして、何故、こんな世界を作って仲の良い友達たちを閉じ込めたのか? いったい、何が嘘で何が本当なのか…… 書かれている記述の中からヒントを掴もうと、必死になっているうちに、あっという間に1000ページ。世界への引き込み方はすごかった。

    自殺した同級生の名前と理由を思い出すために、8人の同級生が少しずつ過去を思い出そうとする。同級生のこと、トラウマになっている過去、後悔したこと、悔しかったこと、謎だと思っていたこと、誰かを好きだったこと…。物語の半分は、生徒1人1人の過去の辛くて切ない出来事に費やされていて、それが謎を解いてゆく材料にもなっているのだけれど、……少しだけ文句を言うなら、その量が多くて読むのが大変だった…かな。早く先の謎が知りたいのに、過去の話が長すぎ〜っ!…と。それもすべて意味がある物語なのだけれど、も少しコンパクトになっていたらもっと読みやすかったのにな。

  • やられたー。「校舎がボロい」って発言には確かに違和感を覚えたんだけどなぁ。そこから考えが進まなかった。ほかにもヒロ=博嗣とか、わかるとどうして気付かなかったんだと思ってしまうほど見事なトリック。ただ榊が名前ってのはちょっとずるいよ・・・。上・下巻通して丁寧に八人の過去、心情が丁寧に描かれていたからその中にうまく紛れたんだろうなぁ。それでも菅原は一番最後に持ってきてるし一番長い。やっぱり完敗。
     単なるミステリーにもホラーにもとどまらない、心に残る小説。長いけど読んでよかった。特にトリックは気付くヒントがしっかりあるからミステリーとして凄く面白い。これは気付けなくて悔しいって思える。

  • 犯人についてはおおよそ察しがついてたかな…という感じ。もしどんでん返しなら、鷹野が犯人ならよかったかなと思った(笑)

    話としては、菅原榊の話が良い…!青春っぽくていいし、処女作なだけあって荒削りだけど、人間臭く甘酸っぱくって感じがよかった。
    そして、小さいヒロとみーちゃんの正体がネタばらしまで気づかなかったのは、不覚。(笑)

    辻村作品は、くじらの凍りとスロウハイツに続き3作目だったのだけど、話は暗いが最後は少なからずハッピーエンドになるパターンなことに気づいた。こらからはこのパターンも覆されるのかな?

  • 上巻から下巻の最後まで、いたるところに張り巡らされた伏線やヒントが最後一気に回収される様が読んでいて気持ちがよかった。8人が校舎にいる間から一変、日常への帰還後の爽やかさに押さえつけられていた心が緩んだ気がした。ただ、クラスメイトが自殺した事実も、その引き金をひく一つのピースになってしまった事実も消えてはいなくて、これを抱えて今後を歩んでいくというのが想像できないほどに重い。

  • 辻村さんのデビュー作。

    感想は、やっぱり辻村さんだなぁという感じです。ページ数多いし、いろんな人の回想に飛ぶしで読みにくい人もいるかもしれないけど、そうすることでその人のことがよく分かるのではないかなぁと思った。
    深月は確かに現実にいたら鬱陶しそうだけど、真相知って納得。。。

    人物描写が丁寧。一人一人が個性的。誰にでも自殺し得る理由があるように感じた。でも、それでも全員自分の弱さを出しすぎず一生懸命生きているのがいい。
    1番好きなのは、やっぱり菅原とヒロとヒロの物語。とても切なかったけど、最後のトリックにやられたっ!

    終わりは明るいのが辻村さんの作品のいいところですね。私は、読後感いいと感じました!

  • 下巻は、残り少なくなった登場人物の心理描写がさらに細かくなって、物語は大詰めへ。
    解答用紙がついているのが笑える。
    予想が当たった部分と外れた部分がある。理由はどこの部分を書けば正解なのかな。再読はつらいかも。「やられた」という所もあった。
    緊張が高まって、終結へ。ハッピーエンドなんでしょうね。

  • 自殺した人はわかったけど、登場人物のアクセサリーの秘密がわかったとき、なるほどと感心。
    途中までの緊迫感がすごいのに読後感は爽やかです。

  • 下巻はよりファンタジーとミステリーが融合、そして謎解き。はぁ・・こう言うことだったのかと。心理描写は痛々しいけど、そういう感情すべてひっくるめて「高校時代」の青春群像があり・・読み終えた後自分も青春を再現した気分です。エピローグも良かったです。

  • もうまんまと騙されました、作者に。あぁそう言うことだったのか。あの時のあの伏線はここに絡んでくるのね。そんな具合です。
    物語の大半で冷たく、暗い印象を丁寧に積み重ねているからラストの爽やかさが際立った気がします。こんなに素敵な仲間たちから愛される深月が羨ましいです。そして、普段はみんなに心配かけまいと明るく振る舞う仲間たちがこんなにも色々なことを抱えていたなんて(友だちみたいにスミマセン)。
    書きたいことはたくさるあるけれど伏線の回収というか、物語の結末に言及してしまいそうなので書けないもどかしさ。ページのボリュームに尻込みしてる方はどうか下巻まで読み進めて欲しいです。きっと一気に読むはめになります。

  • 菅原の回想シーンが長すぎて、これはもしや、と思ってたらやっぱそうかー!1つ1つの伏線が回収されていくスッキリ感は辻村さんならでは。途中のドロドロした恐怖が消え去るくらい、ラストは感動、そして清涼感に溢れてました。スピンオフがあると知って早速そっちも読むことに。辻村さんワールドにはまっていくのが楽しみです。

  • 意図的に匂わせる人物の奇妙な一致、記憶を改ざんされているのか、時空が歪んでいるのか。次に消されるのは誰か、そして死んだのは、この世界を支配するのは誰だ。残した傷痕は大きいけど、それぞれの人生にとって大きな教訓となった。過去から現在へつながる。

全857件中 1 - 25件を表示

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)のKindle版

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)の新書

ツイートする