新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)

  • 280人登録
  • 3.86評価
    • (23)
    • (52)
    • (36)
    • (0)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 講談社 (2007年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758338

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「王城の守護者」を読んでから「八重の桜」を観るとそらもういろんな深読みが(笑)
    八重〜の松平容保像は少なからずこの容保を下敷きに描かれているのではないか、と思われるほどに、八重容保と共通する姿が。

    個人的には「容保の鮭」のエピソードが好きです。

  • 友達に本をもらった。初の歴史小説。容保は綾野剛に脳内変換して読み進める。清廉潔白な容保の姿が印象的だった。忠義を尽くしたにもかかわらず、会津の悲劇的な運命に涙を禁じえず。もう少し
    歴史的背景について知識を得なければいけないな。

  • 久振りに司馬遼太郎の作品を読む。人物の描き方が素晴らしい。それぞれ個性的な人物を、本当にそんな人いるのかと、生き生きと描く。
    幕末に活躍した人物、数人を描くが、短編ならではのエッセンスを凝縮した作品になっており、極めて個性的な人物ばかりを集めている。

  • 幕末の動乱に生きた人々に関する短篇集です。幕府側についた人の話が主だから仕方がないけれど、各々の不遇っぷりにやるせない気持ちにさせられます。八重の桜を見るのも、これを読んだあとでは切ない。

  • 高校生の頃に読んだ本。35年ほど前か。
    最近、天地明察で保科正之が登場していたり、NHK大河ドラマ「八重の桜」で幕末の会津を見るにつけ、読み返したくなった。

    松平容保に京都守護代を押し付けた松平春嶽は結局官軍につき、将軍慶喜は敵前逃亡。薩摩は会津と組み、長州を京都から追い落とすが、後に長州と同盟。会津だけが貧乏籤を引く。
    容保は京都方に嘆願書を何度も送ったにもかかわらず、官軍の討伐を受け、会津は女性、子供に至るまで奮戦し、敗北。その後も長州から会津は非情な扱いを受け続ける。

    孝明帝に対しても容保は忠節を尽くし、帝も容保を頼みとされたことは歴史の皮肉というもの。この短編を読み返し、改めて歴史の渦に呑まれた犠牲者として哀切の念が尽きない。

    その他、岩倉具視の参謀として錦の御旗を作った玉松操、桂小五郎から見た大村益次郎、同塾の若い友人の覚え書を基にした河井継之助伝、そして人切り以蔵について。そういう幕末の人物についての短編。つまり「花神」「峠」のもとになった作品達。こうして読むと、明治維新なんていい加減なものだったんだと、つくづく思う。
    「峠」はまだ読んでいない。いつか、読まなくては。

  • 表題作が好きすぎて、そればっかり読み返し、先に進まない。このままでは永遠に読み終わらない気がする。困った。

  •  幕末、最後まで幕府を助けたがために「賊軍」として天下の官軍に追いつめられた会津藩主・松平容保。彼は純粋で正義感の強い人物だった。
    「勝てば官軍」
    という文句を彼ほど悲痛を以て実感した者は居ないだろう。

     明治維新は勝者である薩長の目線で描かれる事が多いが、幕府側に立った物語がもっとあっても良いと思う。その点、この『王城の護衛者』や『峠』、『燃えよ剣』は輝きを放っている。

     ところで、明治維新という革命は正しかったのか、という問いに対する答えはいつか出るのだろうか。

  • 幕末の、松平容保(会津藩主)・玉松操(岩倉具視のブレーン)・大村益次郎(花神の圧縮版)・河合継之助(峠の圧縮版)・岡田以蔵(4大一斬りのうち土佐出身)の5人を取り上げた作品。
     河合継之助の’’英雄児’’は馬上少年過ぐにも掲載されていたので2度読みになったが、やっぱ面白い「英雄というのは、時と置き所を天が誤ると、天災のような害をすることがあるらしい」

  • 幕末ものの短編集。大村益次郎や河井継之助など、長編小説で取り上げられた人物を含んでいるので目新しさはない。表題は松平容保の短編から取ったもので、王城の護衛者から逆賊へと立場が180度変転した運命を描いているが、後半尻切れトンボになり構成が歪なのが惜しい。白眉は「人斬り以蔵」だがこれは他文庫にも収録されている。

  • 久しぶりに司馬さんの作品。やはり読みやすい!

  • 会津について知りたくて読んだ。幕末、切なくて儚いけれど面白い時代だなぁ。もっと勉強したい。

  • 司馬遼太郎が1968年に発表した短編小説集。会津藩松平容保を描いた"王城の護衛者"、官軍の玉松真弘を描いた"加茂の水"、長州藩大村益次郎を描いた"鬼謀の人"、長岡藩河井継之助を描いた"英雄児"、土佐藩岡田以蔵を描いた"人斬り以蔵"の5編を収録。どの作品も幕末から明治維新にかけての激動の時代を舞台にしています。それぞれの立ち位置は違えど、自分たちの信念を胸にまっすぐに時代を駆け抜けた彼らの生き様には胸を打たれます。しかし、その確固たる信念ゆえに、悲しい終わりが待っているのが寂しい。

  • 司馬遼太郎の短編。短編も面白いことを発見。
    この本で大村益次郎を知り、現在大村益次郎だけに焦点を当てた花神を読んでる。

  • 峠と花神の別視点からのレビュー。
    表題作もいい。

    それぞれの人がそれぞれの人なりに、同時代に全力で参加した事例集

  • 幕末を舞台にした5作品からなる短編集。2作品、他の短編集で読了済みのものがあるが、もう2年以上前だから復習になっていいだろうと読み始めた。

    「王城の護衛者」
    この作品を読みたくて本書を手に取った。会津藩主:松平容保の半生を描いた作品。今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」のほか、2004年「新選組!」において登場した、幕末の京都守護職に任命され、新選組の後見人となった悲劇の人である。
    不器用でありながら誠実な人柄は微笑ましくもあり、痛々しくもあり。京都守護職就任から戊辰戦争までのオチは、結局、徳川慶喜と松平春嶽に利用されただけに終わり心情を察するに余る。本作品には以前の私にとっては馴染みのない会津藩士(西郷頼母、田中土佐、山川大蔵など、八重の桜での主要人物)が頻出しており、今年読んで良かったなと改めて思えた。

    「加茂の水」
    岩倉具視の腹心を務めた国学者:玉松操を主人公とした話。頑固で扱いにくいが、戊辰戦争における錦旗のデザインを考案するなど、残した爪跡は大きい。俗世に拘らない生き方が小気味良かった。

    「鬼謀の人」
    2011年2月に別の短編集「人斬り以蔵」にて読了済みなので2度目の読了。日本陸軍創設の父と言われる大村益次郎の青年期を凝縮した作品。同じく司馬遼太郎作品としては長編「花神」があり、そのダイジェスト版とも言える。前回はおぼろげだった内容も、「鬼謀の人」「花神」を1度ずつ読んでいるため、より深く楽しめた。

    「英雄児」
    越後長岡藩家老:河井継之助のダイジェスト版。言うまでもなく河井継之助を描いた司馬遼太郎作品は長編作品の「峠」。私が近い将来挑戦したい作品である。大村益次郎の「鬼謀の人」と「花神」と同じ関係と考えれば分かりやすい。河井継之助、今年の大河ドラマでは奥羽越列藩同盟のくだりで少し登場したものの、ほとんど私は知らない。しかし、本作品を読むだけで魅力的な人間性はひしひしと伝わってくる。掴み所のない天才といった感じであり、その点大村益次郎に似ているかもしれない。今読んでる「翔ぶが如く」終わったら何を読もうかな。「峠」か「菜の花の沖」か「世に棲む日々」か…。

    「人斬り以蔵」
    「鬼謀の人」と同じく2011年2月に別の短編集「人斬り以蔵」にて読了済みなので2度目の読了。幕末土佐藩の足軽:岡田以蔵の半生を描いた作品。幕末の土佐は「竜馬がゆく」「酔って候」「龍馬伝」などで慣れ親しんでいるためほとんど覚えており、さくさくと読むことが出来た。また「竜馬がゆく」を再読したくなってきた。

  • 幕末の5人の男たちの短編集。
    松平容保主役の本少ないから手にとる。
    この人は誰が取り上げても人物像にぶれがない印象。
    まっすぐ(すぎ)で、政治が下手で。
    容保が病に伏したときの孝明帝の祈りぷりが狂気じみていてここだけは創作であってほしいと思ったり。

    最後の作品、人斬り以蔵も面白かった。

  • 幕末を生きた男たちの物語.全5編の短編集.一番印象深かったのは,表題作の「王城の護衛者」,会津藩藩主の松平容保.負ければ賊軍って訳ではないが,本書を読むまでは容保には良いイメージが無かった.
    でも,当時の会津藩が置かれていた状況など見えてくると,容保に対する印象も全然違う.思わず,コレ面白いぞと呟いてしまった.

  • 同著、「峠」も併せて読む。
    河合継之助について。

  • 松平容保の話。司馬遼太郎あるいは他の作家の作品で、主役ではないがたびたび登場する容保を主役にしている。他の作品に出ていたエピソードを改めて別の角度から見ることができる。
    玉松操
    大村益次郎
    河合継之助
    岡田以蔵

  • 久々の司馬遼。
    いいね。すごくいい。
    ただ短い。ちょっと物足りない。

  • 返却期限のため、5編中前の3編のみ読了。
    松平容保を描いた表題作が特に良い。京都守護職という重荷を押し付けられた彼の生涯がわかりやすく書かれていて、最後の一文には凄みすら感じる。
    以蔵の話も読みたかったのでそのうち再挑戦します。

  • 王城の護衛者... 松平容保

  • 幕末期の人物伝短編集。表題にもなっている松平容保の出だし文がお気に入り。

  • 1.王城の護衛者 会津若松藩主の話
    2.加茂の水 玉松操(幕末、岩倉具視が頼った人物)
    3.鬼謀の人 大村益次郎(村田蔵六)の概要
    4.英雄児 長岡藩の河井継ノ介
    5.人切り以蔵 岡田以蔵

  •  親父が司馬遼太郎にハマるきっかけになった短編集です。

     表題にもなっている「王城の護衛者」は幕末の会津藩主・松平容保が主人公の作品。

    《会津松平家というのは、ほんのかりそめの恋から出発している》

     という出だしの一文からシビれました。
     二代将軍・徳川秀忠はとにかく正室の達子を恐れ続けた人で側室を持たなかったそうなのですが、その生涯で一回だけ側女に手を付けました。そのときの子が正之で、正之は兄である三代将軍家光に馴れず、謹厳実直に仕えました。家光はそんな正之に絶大な信頼を寄せ、正之は後に大老までになります。
     …と、正之の話が長くなりそうなので、詳しくは詳しくはみなもと太郎『風雲児たち』の2~4巻をお読み下さい。江戸城の天守閣を無くしたのも正之ですが、その理由が鳥肌モノのかっこよさなので、是非!

     正之は「我が子孫たる者は将軍に対し一途に忠勤をはげめ。他の大名の例をもってわが家を考えてはならない。もしわしの子孫で二心をいだくような者があればそれはわしの子孫ではない。家来たちはそのような者に服従してはならない」という苛烈な遺訓を残しています。
     が、この教えが、戊辰戦争での会津藩の悲劇に繋がっていくわけです…

     京都守護職に就くこととなった会津藩は、悲壮の覚悟で上洛します。上洛当時、白皙の美少年藩主に対する京都町衆の人気はそれなりに高かったようです。
     そして荒れ果てた宮中の実態を知った容保は、間髪を置かず朝廷に金子を献上します。その頃、庶民も避けるような粗末な食事をしていた孝明帝はこれに感激。容保が献上した鮭が夕餉に出た際は何度も「これは容保の鮭か」と喜ばれ、食事後、近習の者に「鮭の皮は捨てるな。後で酒の肴にするから」と仰ったというエピソードが描かれています。

     ただ、容保の行く末に陰りが見え始めるのはこの辺りからで、京の治安を守るために新撰組が活躍をすればするほど、容保像もそれに伴って歪み始めます。
    《かれらが一人斬るたびに、その血しぶきは容保にかかった。容保の世間像はいよいよ魔王の像を呈し、その像は血のにおいがした》

     孝明天皇から絶大な信頼を得ていたエピソードの極みとして、孝明帝自らがしたためた容保への勅があります。
    「朕は会津をもっとも頼みにしている。一朝有事のときにはその力を借らんと欲するものである」
     会津藩主といえどもまだ若い容保が、この孝明帝からの手紙(密書)に感激したのは察するに余りあります。

     ここまで信任厚かった容保と会津が、時流に翻弄され、気がつけば賊軍となり、会津若松城落城の悲劇に追い込まれるのです。もう読んでて切なくて切なくて…

     明治以降の容保は静かにその余生を送ったようですが、容保は死ぬまで首から竹筒のようなものを下げていたそうです。その竹筒の中には…


     ちなみに、この話には後日談があり、本作を読まれた秩父宮妃殿下(雍仁親王妃勢津子)が「今まで祖父は悪者扱いされていたが、初めて公平に書いてくれた」と司馬遼太郎に感謝されたというエピソードがあります。


     他にも、この短編集は捨てる所なしの傑作揃いです。

    ・岩倉具視に半ば騙され(笑)、「錦の御旗」を作った(でっち上げた)玉松操を描いた「賀茂の水」

     誰も見たことがない錦の御旗を作れって、何というプロジェクトX!

    ・大村益次郎という奇妙な個性と天才を描いた短編「鬼謀の人」

     自分を冷遇してきた長州藩に対してそっけない態度をとる大村に対し、何も言えない桂小五郎。そのときの描写「口中の豆腐はいよいよ苦くなる」がツボです(笑)。

    ・長岡藩の家老・河井継之助の一生を描いた「英雄児」

     わずか数万石の小藩が、その当時日本に数台しかなかったガトリング・ガン... 続きを読む

全37件中 1 - 25件を表示

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする