密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)

  • 304人登録
  • 3.51評価
    • (13)
    • (44)
    • (39)
    • (12)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 上田秀人
  • 講談社 (2007年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758444

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知り合いの人から、おもしろいという推薦を受けて読んだ本でしたが、確かに期待を裏切らないおもしろさでした。
    江戸時代の幕府行政・政治がとてもリアリティに溢れていて、そちら方面にはほとんど知識のなかった僕には実におもしろかったことと、剣劇場面では真剣勝負のディテールが良くできていて、読んでいて手に汗握りました。
    ☆5つかな、とも思いましたが、むしろこれからの展開にさらに期待ということで、あえて☆4つにしました。

  • 幕府の公式文書を扱う故に、本来ならば知ってはならない秘密を知り得てしまう「奥右筆組頭」と云う職。作者は何処でこのような職業を知ったのでしょうか?しかも開業医(歯科医)だというし?!最近の書下ろし時代文庫小説界の中で最も勢いのある作家でしょう。シリーズなので、登場人物達の成長が楽しみです。

  • 江戸城の書類決議に関わる仕事「奥右筆」
    その組頭の男が、田沼意次の孫、意明の死に、ふと不審を抱く。

    真実を明かされては困るもの
    幕府の力関係。
    隠密たち。
    闇の力が彼をつぶそうと襲いかかる・・・

    これはシリーズらしいので、これ1冊だけだと
    まだ尻切れトンボ。早く続き読まなくちゃ

    でも、伊賀と甲賀の忍者の違い
    お庭番との違いなんか、知らなかったから、面白かったわ

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    立花併右衛門は江戸城の書類決裁に関わる奥右筆組頭。権勢を誇った田沼意次の孫意明の死亡届を見て、十二年前の田沼意知刃傷事件に疑念をはさむ。その帰路、何者かの襲撃を受け、隣家の次男柊衛悟を護衛につけるも、二人はすでに幕政の闇の渦中にあった。読み応え抜群、気鋭の新シリーズ開幕。

    平成29年1月30日~2月5日

  • 家斉が葛藤する小説は珍しく楽しみです。

  • 11代将軍家斉の時代、幕府の全てを知る事の出来る立場奥右筆を軸に、いろんな人々が主役となりうる面白さで、隠された事件が今の事件に繋がっていく。恋愛あり権力闘争あり、切った張ったの命のやり取りなどエンタメ要素満載。また人物の成長も楽しみだ。

  • 歴史の知識が0な上に、記憶力もないため、登場人物が全く把握できなくて何が起こっているのかわからなかった。

  • なんか雑だなあという印象。こんなのでいいの? 時代小説ファンの皆さん。講談調、なのかな。有名な山村先生の塾出身なんだよね作者。いろいろだね。
    途中でやめました。

  • 上田秀人さんという作家が気になっていたので手に取った本。
    一話完結と思っていましたが、そうではありませんでした。
    そのためか、最初は主人公の環境(時代背景とか仕事の内容とか)
    の説明がやたら長い上に、物語の背景が分かりづらいため、
    物語に入っていくのに、かなり時間がかかりました。
    しかしそれを超えると急に読みやすくなり、クライマックスは
    一気読みでした。
    次巻も近いうちに読んでみます。

  • 沢山の役職が出てきて、歴史にあまり詳しくない私には難しいところもあったけれど、読み応えのある話だった。

全31件中 1 - 10件を表示

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)のKindle版

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)のAudible版

ツイートする