密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)

  • 302人登録
  • 3.51評価
    • (13)
    • (44)
    • (39)
    • (12)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 上田秀人
  • 講談社 (2007年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758444

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 知り合いの人から、おもしろいという推薦を受けて読んだ本でしたが、確かに期待を裏切らないおもしろさでした。
    江戸時代の幕府行政・政治がとてもリアリティに溢れていて、そちら方面にはほとんど知識のなかった僕には実におもしろかったことと、剣劇場面では真剣勝負のディテールが良くできていて、読んでいて手に汗握りました。
    ☆5つかな、とも思いましたが、むしろこれからの展開にさらに期待ということで、あえて☆4つにしました。

  • 幕府の公式文書を扱う故に、本来ならば知ってはならない秘密を知り得てしまう「奥右筆組頭」と云う職。作者は何処でこのような職業を知ったのでしょうか?しかも開業医(歯科医)だというし?!最近の書下ろし時代文庫小説界の中で最も勢いのある作家でしょう。シリーズなので、登場人物達の成長が楽しみです。

  • 江戸城の書類決議に関わる仕事「奥右筆」
    その組頭の男が、田沼意次の孫、意明の死に、ふと不審を抱く。

    真実を明かされては困るもの
    幕府の力関係。
    隠密たち。
    闇の力が彼をつぶそうと襲いかかる・・・

    これはシリーズらしいので、これ1冊だけだと
    まだ尻切れトンボ。早く続き読まなくちゃ

    でも、伊賀と甲賀の忍者の違い
    お庭番との違いなんか、知らなかったから、面白かったわ

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    立花併右衛門は江戸城の書類決裁に関わる奥右筆組頭。権勢を誇った田沼意次の孫意明の死亡届を見て、十二年前の田沼意知刃傷事件に疑念をはさむ。その帰路、何者かの襲撃を受け、隣家の次男柊衛悟を護衛につけるも、二人はすでに幕政の闇の渦中にあった。読み応え抜群、気鋭の新シリーズ開幕。

    平成29年1月30日~2月5日

  • 家斉が葛藤する小説は珍しく楽しみです。

  • 11代将軍家斉の時代、幕府の全てを知る事の出来る立場奥右筆を軸に、いろんな人々が主役となりうる面白さで、隠された事件が今の事件に繋がっていく。恋愛あり権力闘争あり、切った張ったの命のやり取りなどエンタメ要素満載。また人物の成長も楽しみだ。

  • 歴史の知識が0な上に、記憶力もないため、登場人物が全く把握できなくて何が起こっているのかわからなかった。

  • なんか雑だなあという印象。こんなのでいいの? 時代小説ファンの皆さん。講談調、なのかな。有名な山村先生の塾出身なんだよね作者。いろいろだね。
    途中でやめました。

  • 上田秀人さんという作家が気になっていたので手に取った本。
    一話完結と思っていましたが、そうではありませんでした。
    そのためか、最初は主人公の環境(時代背景とか仕事の内容とか)
    の説明がやたら長い上に、物語の背景が分かりづらいため、
    物語に入っていくのに、かなり時間がかかりました。
    しかしそれを超えると急に読みやすくなり、クライマックスは
    一気読みでした。
    次巻も近いうちに読んでみます。

  • 沢山の役職が出てきて、歴史にあまり詳しくない私には難しいところもあったけれど、読み応えのある話だった。

  • 時代小説。チャンバラ、ミステリーが揃っている。おもしろね。はまってしまいそう。良くないなぁ。

  • 続編も読まないと!と思わせる第1巻

  • 内容に粗いところがあるなあ。あまり夢中になれなかった。

  • 全12巻。
    文庫書き下ろし時代小説の雄、
    上田秀人の代表シリーズ。
    この人、現役の歯医者さんらしい。
    すげえ。

    佐伯泰英に代表される書き下ろし時代小説では、
    人情もの、捕り物といったジャンルが多い。
    なので、舞台は市井だったり、
    小さい、または架空の藩だったり。

    対して今作は、
    幕府の中枢が舞台で、
    史実と絡めて幕政の闇を描いた
    歴史ミステリーみたいな作品。
    全体的にニヒルで、
    誰が敵で味方か分からない複雑怪奇な政治の世界。
    人情ものとかと違い、史実という制限がある中で、
    13巻もの長編シリーズに仕上げたのはすごいと思った。


    ものの。
    いろいろと不満が残るシリーズだった。

    一番気になったのは、
    歴史ミステリーな雰囲気ながら、
    謎の解明がアヤフヤなこと。
    腑に落ちないまま次巻に進み、
    しばらくするとそれが無かったかのように
    新説が出てきたりする。

    だから、
    登場人物たちのセリフや行動の中で
    「あれ?前と言ってることちがうくね?」
    ってのがかなり多く、
    物語と読者で食い違いが出てくる。

    まあ、1回しか読み通してないから
    そんなのは自分個人の気のせいで、
    何度か読んだら腑に落ちるのかもしれないけど。

    でも最終巻はちょっとひどい。
    大ボスの最後とか
    運命のライバルとの決戦とか
    え?これで終わり?の
    肩すかし感がハンパ無い。
    登場人物みんな出して駆け足で最終回な
    打ち切りマンガみたい。


    歴史ミステリーなストーリー構成や、
    魅力的な登場人物、
    リアルで迫力あるチャンバラなど、
    面白いのは間違いなく、
    夢中で一気に読まされただけに
    すごくモヤモヤする読了感。
    せめて第2部を書いてほしい。

  • シリーズ第一弾
    奥右筆組頭立花併右衛門が田沼意知刃傷事件から幕府の闇に
    隣の二男・柊衛吾を護衛に
    次期将軍家基の死の闇も

  • 最近流行っている文庫書下ろし時代小説シリーズは、ちょっとと、敬遠していたが、この作品はひとランク違うかと思い、読み始めたが。
    徳川吉宗、家斉、新井白石、田沼意次、意知、等々、歴史上の人物を、虚実取り混ぜ登場し、徳川裏面史を想起させるが、フィクションの人物がステレオタイプで、いまいち耽読できなかった。

  • すごく面白い裏幕政
    この奥祐筆秘帳シリーズがすっかりお気に入り
    そういえば第一巻読んでなかったので図書館に!

  • 徳川家基急死(1779)
    田沼意知刃傷事件(1784)

  • 佐伯泰英さんのも風野真知雄さんの本も新刊を待つばかりだし、それぞれ面白いけど、ちょっと惰性が感じられるので、面白い時代小説発掘しなきゃ!と思って手に取ってみたのがこの上田秀人さんの奥右筆秘帳シリーズです。
    田沼意次の孫、田沼意明の死亡にともない家督相続の話から始まり、徳川家基の死も絡み、これはまるで佐伯さんの磐音君!と思っていると、一橋治斉だの松平定信も出てきて、やはり佐伯さんの吉原裏同心シリーズを思い出し、この時代小説にしたくなるポイントがたくさんあるんでしょうね。
    奥右筆という職に目をつけた上田さんは素晴らしいです。
    これからこのシリーズとお付き合いできそうなのでとてもうれしいです。
    主役の奥右筆組頭 立花併右衛門が案外ただのおやじでないところとか、柊衛悟の成長、併右衛門の娘 瑞紀の今後とか、お庭番だ、甲賀忍者だ 何やらかにやら たくさんの伏線が敷かれていて今後の展開が楽しみです。

  • 奥祐筆シリーズ・1
    バードボイルド調時代モノ^^

    人気の書下ろし時代モノシリーズですね^^

  • 時代劇読み漁りの流れで手にした一冊。権力抗争の取り込み方が秀逸。ちゃんと史実を述べる解説書の様にその部分は読める。

  • 奥右筆とは幕府内の全ての文書に目を通し老中へ文書を回す、現代でいえば行政書士だろうか。
    ある日、田沼家より相続の文書が提出される。それ自体には問題なかったが、その経緯を調べる内に過去の刃傷沙汰や将来は名君になるだろうと噂されていた家基の早過ぎる死に不信を覚える。刺客にも襲われ事態は悪化していく。
    かなり人間臭い。剣術の部分より幕府の政治に重点が置かれているので、爽快感に欠ける。面白さは認めるけど、あまり好みではない。正邪がはっきりし過ぎていて悪役に魅力が無い事が原因かな。

  • L 奥右筆秘帳1

    どうも家基の死といえば磐音、松平定信といえば吉原裏同心なイメージ(笑)
    すべての事柄に目を通すことができる役職で、ある疑念を持ったことにより命を狙われるようになり…な話。やっぱり上の目論見が別に動いているのを読むと一介の役人なんて…と思ってしまう。

  • 時代劇エンタテイメントの王道というか定番というか、
    安心して時代劇の世界に身を任せて一気に読める本でした。

    江戸の街やお城勤めの様子も分かりやすくて、
    TVをみているようなところもあります。

    機敏転換に良い一冊でした。

  • 剣の達人である主人公は質実剛健、いかにも武士。しかしステロタイプ。もうひとりの主人公である奥祐筆のおじさまも、その一人娘で気の強い美人もステロタイプ。江戸城の奥で蠢く陰謀、暗躍する闇の者、女忍、無能に見えて実は有能な上様、剣の道で勝負する正と悪、etcetc。全てがステロタイプなこのお話は、だからまっとうで正統派な時代物の王道です。
    でも私が求めるものとは違うんだな…。

全31件中 1 - 25件を表示

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)のKindle版

密封<奥右筆秘帳> (講談社文庫)のAudible版

ツイートする