暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)

  • 1793人登録
  • 3.56評価
    • (103)
    • (180)
    • (254)
    • (45)
    • (7)
  • 139レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 講談社 (2007年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758550

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わるのに時間がかかったぁ(´Д`;)
    しかし、あと三冊も続くのか…。しかも、なんか話がエグいし(涙)
    スープの中の肉はダリアの肉なのかなぁ。
    話がドロドロして気持ち悪い(´Д`)

  • 綾辻行人初読。長いな~とちょっと気が引けていたのですが、文の読みやすさにまず驚きました。こんな文章量なのにめちゃくちゃ早く読み進められる。随分勿体ぶる書き方だけれども、それも腹立たないくらい丁寧で読みやすい。
    そしてとても玄児と中也君が萌ゆるのでいくらでも読めるってのもある

  • 事件が起こるまでは退屈で、電車の中で眠気と戦いながら読んだ。よって、伏線は当たり前のように見逃した。

  • あまりに萌えすぎてサイトで別コンテンツ作ったので、感想・妄想・イラストなどはサイトの「ミステリ」から


    まさかの綾辻作品で萌えたがきたよ…!!!!!


    私生まれて初めて読んだミステリが高校生の時の「十角館の殺人」だったのです
    それ以来綾辻さんの作品は「殺人鬼」(←気持ち悪いらしいので読んでない)以外は多分ほとんど読んでいる

    …そんな綾辻さんの作品で…まさか…

    けっこう衝撃だったんだよ(笑)

  • 2017年12月3日読了。
    2017年106冊目。

  • ※感想は4巻に纏めて書いてあります。

  • 読了日2013/08

  • 【あらすじ】
    食したまえ、この肉を…浦登家の面面が唱和する。〈ダリアの宴〉に参加した中也の身には何が?激しい嵐で外界と途絶された中で、ついに勃発する不可解な連続殺人。その被害者は?その犯人は?その動機とは?…謎は複雑怪奇に絡み合い、暗黒館の闇とともに、ひたすら深まりゆく。

    【感想】

  • これまた始まりから怪しげな雰囲気が漂うストーリー
    いったい中也とは誰なのか
    江南くんは無事か
    暗黒館の秘密とは
    などなど謎を数えだしたらキリがない作品です

  • いやっと読んだ!!
    まぁ未だ1巻なので・・・。
    とりあえず人は死んでない。

全139件中 1 - 10件を表示

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)に関連するまとめ

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)の作品紹介

蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。著者畢生の巨編、ここに開幕。

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする