空の境界(上) (講談社文庫)

  • 2115人登録
  • 3.83評価
    • (266)
    • (215)
    • (324)
    • (39)
    • (4)
  • 179レビュー
著者 : 奈須きのこ
  • 講談社 (2007年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758925

空の境界(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 両儀式という先天的に特殊能力を備えた美少女は、名家の出であり、二重人格者であり、つむぎに赤い革ジャンを引っかけミッションに臨む。刃物でターゲットに立ち向かう。生を語るにしろ死を語るにしろ、ともすれば独善的に陥りがちな持論に、粘り強く合理性を持たせるやり方が採られている。

    こういった設定や文体の傾向から、評価する向きもしない向きも、その根拠を中二病に据えがちな作品だ。しかし特筆すべきはその一貫性で、ここまできたらもう「病」でなく「力」である。好きで好きで堪らない世界観を、楽しみながらも、苦しんで書いているのが伝わってくる。ぶれない。作者の注ぐパワーが漲っているから、多少引っ掛かるところがあっても、読まされてしまう。

    伝奇と新本格のハイブリットとして売り込まれたんだそうな。どう構成で魅せてくれるのか、展開が楽しみ。

  • (上中下共通)
    割合淡々としたしゃべり口と、衒学趣味豊かな内容が良かったです。
    ジャンル的にはラノベなんだろうけど、もう少し普通小説に近い感じ。
    独特な魔術論とか、ちょっとした推理要素とかも愉しめましたね。
    分量多めに見えるけど、テンポが良いので長さを感じることもありませんでした。
    ちょっと、物語内の時間があっちこっちするので、登場人物が持っている知識のないようについては注意は必要ですね。
    オチもすっきりする感じで好み。

  • アニメーション版既視聴。でないと、読みにくかったかもしれない。登場人物、物語の背景、展開の概要は共通しているので、却ってアニメーション版の補完になった感がある。これぞまさにダークファンタジー。そして、ロジックで読んではいけない。感覚を研ぎ澄まして読んだ方が楽しめる作品。◆全3巻中の第1巻。

  • 直死の魔眼を持った少女とそれを見守る(?)青年の話。アニメを見てからのほうが流れがわかりやすいかなあとは思う、時系列が入れ替わっているので多少わかりにくい。
    話のメッセージ性が高いというよりは(まああるのだが)かっこいい、という感想のほうが先に出る。

  • まだ全体像は見えないが、特殊な能力を備えた者の闘いが描かれていくのだろう。式と幹也が今後どう交錯していくのか。過去に何があったのか。
    独特の文体、世界観。次々と登場人物の間で視点が移っていく。読みやすわけでもないのだが、いつの間にか引き込まれ、ほぼ一気に読み終えた。

  • 短刀を持った着物姿の少女というだけで興味をそそられていましたが、現代が舞台の伝奇小説…?
    私は1冊だけだと「ふ~ん」でしたが、次も読んでいくと面白いのかもしれません。

  • 無痛症って怖いね。
    笑ってるかさえ分からない。
    死の危険にも気付けない。

  • ノベルス版を持ってたけど、売っちゃってたので古本で購入。
    DDDの続巻はいつ発売されるのだろうか・・・

  • ーー生きているのなら、神さまだって殺してみせる

    新伝奇物語のはじまり

  • アニメ版を見てから購入。
    とにかく文章がカッコいい。
    ただ原作を読むだけでは若干分かりにくい部分があるので、万人に好まれる文章ではないのかなと感じた。

    上巻は俯瞰風景、殺人考察・前、痛覚残留の3編。

    個人的にはアニメもしくは映画版を見てから読んだほうが分かりやすいと思う。

全179件中 1 - 10件を表示

奈須きのこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

空の境界(上) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

空の境界(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空の境界(上) (講談社文庫)の作品紹介

二年間の昏睡から目覚めた両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる"直死の魔眼"。式のナイフに映る日常の世界は、非日常の世界と溶け合って存在している…!もはや伝説となった同人小説から出発し、"新伝綺"ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作-。

空の境界(上) (講談社文庫)のKindle版

空の境界(上) (講談社文庫)の新書

ツイートする