空の境界(中) (講談社文庫)

  • 1617人登録
  • 3.96評価
    • (225)
    • (169)
    • (196)
    • (21)
    • (3)
  • 91レビュー
著者 : 奈須きのこ
制作 : 武内 崇 
  • 講談社 (2007年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759205

空の境界(中) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (上中下共通)
    割合淡々としたしゃべり口と、衒学趣味豊かな内容が良かったです。
    ジャンル的にはラノベなんだろうけど、もう少し普通小説に近い感じ。
    独特な魔術論とか、ちょっとした推理要素とかも愉しめましたね。
    分量多めに見えるけど、テンポが良いので長さを感じることもありませんでした。
    ちょっと、物語内の時間があっちこっちするので、登場人物が持っている知識のないようについては注意は必要ですね。
    オチもすっきりする感じで好み。

  •  式の2年間の昏睡状態。これが織の喪失と、式自身に関する記憶と人格の同一性を失わしめた。これあたりがよく判らなかったアニメーション版に比して、原作小説は明快で色々なことが漸う腑に落ちた。また、細かな心象描写と背景設定の説明があるので、流石に小説の方が物語を捕まえやすいのは間違いない。全3巻中第2巻。

  • 橙子と式の出会いや、荒耶宗蓮との戦いで、少しずつつながりが見えてきた。まだ、わからない部分も多いが、次巻で解明するのだろう。
    難解な表現が多く、出てくる概念も理解しながらというわけではないが、読み進めるのに大きな支障とならず読めてしまう。最後まで一気に読めてしまえそうだ。

  • 劇場版の鮮花がかわいい

  • 再読。
    「伽藍の洞」、しっとりとした雰囲気と、それまでになく前向きな式が良い。
    「矛盾螺旋」、シリーズで最も好きな話。巴のまっすぐさとその運命に泣く。橙子さんは格好良いし、荒耶もいいキャラだった。
    中巻、大好きです。

  • 雰囲気と量があいまって、こってりとしたラーメンみたいな印象。
    きちんと腰をすえて読まないと胃もたれしそう。

  • ーー風は止んだし、合図も鳴った。
    さあーーそろそろ本気で走りはじめなくちゃーー

    起源が"無価値"だったとしても、彼の行動の全てが無価値であったのか?

  • アニメと違うところが多々あって、面白かった。
    矛盾螺旋の最後のシーン。式が言った「なんだ、あの根性なし」が誰に向けられた言葉か分かったり…
    両儀式が出てきたり…
    アニメの中では、一番気に入ってる矛盾螺旋。楽しかったです。

  • 映像を見たあと、矛盾螺旋読みたさに購入。
    映像だけだと、誰に対してどんな思いで言った言葉なのか曖昧なところがあったので、原作者の意図をくむ意味でも読んでよかった。
    映像から入ると???となる作品だったので(視点の入れ替わり?に気付かなかった)、文章の映像化としては上手かったのではないだろうか。

  • 分厚い~と思ったけど、二時間弱で読み終わった。 

    今回は、本来の物語の始まりと、長くて複雑な螺旋のストーリー。
    うわー…ってシーンが続くから、駄目な人には駄目かも。でもアニメの方がすごかったかな。
    最終巻へゴー。

全91件中 1 - 10件を表示

奈須きのこの作品

空の境界(中) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

空の境界(中) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空の境界(中) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空の境界(中) (講談社文庫)の作品紹介

"根源の渦"を目指す孤高の魔術師・荒耶宗蓮が張り巡らした、死そのものを体現化する太極の結界。あらゆるモノの死を視ることのできる両儀式の"直死の魔眼"は、この絶無の結界を打ち破れるのか-!?もはや伝説となった同人小説から出発し、"新伝綺"ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作-。

空の境界(中) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする