プラネタリウム (講談社文庫)

  • 325人登録
  • 3.59評価
    • (19)
    • (17)
    • (29)
    • (9)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 梨屋アリエ
  • 講談社 (2009年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759779

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

プラネタリウム (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • リアルとファンタジーが混ざった世界観が絶妙。
    リアル世界のことだと思っていたら非現実な現象がおき、登場人物はそれをままあることのように思っているので、どうして? なんて思っても説明されることはなし。

    それでいて登場人物たちの感性は本当に中学三年生なので、時たまジャンルを忘れ、非現実にえ? ああ、そうか。と動揺します。

  • 不思議な少年少女とプラネタリウムのおはなし。
    読んでいる間とっても不思議な空間にいるような気持ちになりました。

  • 思いの外によかった。
    タイトルでジャケ買い的なところがあったが、
    読後感が穏やかで、いい空気を吸ったような気持ち。
    決してきれいな世界が描かれているわけではないのに不思議。

  • 四つの短編が収録されています。
    共通するのは以下の三点です。
    どの話にもプラネタリウムが登場すること。
    主人公が中学生である。
    変わった体質の人間が登場すること。

    恋愛未満、もしくは幼い恋がモチーフになっています。
    登場人物の名前がキラキラしています。
    「ジュリア」とか「ミカモ」とか「キナリ」とか「マフ」とか。

    ◆あおぞらフレーク
    美野里はそんなつもりはないが、「恋多き女」と言われている。
    「ただ(どこどこに)付き合って」と言っただけなのに、男のコは彼氏気取りをして、結果的にはフラれてしまう。

    美野里は男受けしやすいタイプなのでしょう。
    誰もが美野里の言うことを真に受けるくらいですからね。
    恐らくは、母親譲りなのかな。

    美野里は迷いが生じると、体内から踏み切りの音が鳴り出す。
    美野里の他にも、変わった体質の女のコがいた。
    後輩の未来は、好きな人を見てドキドキすると空が割れて、フレークが落ちてくる。

    フレークを口に含むと、擬似恋愛が出来た。
    恋をしたことがない美野里にとって、フレークは魅力的な食べ物だった。

    美野里はフレークをもっと味わいたくて、「未来には恋に夢中になって欲しい」と願う。
    だからこそ、未来の想い人・小来川に接触して、情報を聞き出そうとする。

    天然プレイガールの美野里は、いつもの調子で小来川をメロメロにしてしまう。
    結果、未来は「失恋した」と思って、苦いフレークを落とす。

    「美野里はこの先、ちゃんとした恋愛が出来るのか」と少し心配になりました。

    ◆飛べない翼
    中也は勉強が出来る上、クラスの学級委員である。
    優等生の中也には、「背中に翼がある」という秘密があった。

    成長する毎に大きくて立派に育った翼だが、飛ぶ力はない。
    翼は隠しているので、今のところは誰にも指摘されていなかった。
    運が良いのか、プールや健康診断はパスされていた。

    ひょんなことから、中也は隣に住む由子にたかられてしまう。
    由子はお世辞にも美人とは言い難い。
    三十歳を越えているが、実家住まいで、アルバイトを少しするだけ。
    清潔とは言い難い部屋で、ジャージ姿でアニメやゲーム三昧の生活を送っていた。

    由子にも、焦りを感じる時がある。
    立派な友人と自分を比べた時、部屋が砂時計化していた。

    中也は翼をコンプレックスには思っていないようです。
    寧ろ、自慢に思っているかもしれません。

    ◆水に棲む
    晴実はある日、紘夢先輩と真貴ちゃんの交換日記を見つける。
    二人は有名なカップルだった。
    紘夢先輩は悪魔と契約した(実際は違うけど)せいで、体が10センチ浮いている。
    真貴ちゃんは、少し知能が遅れていた。

    晴実は、紘夢先輩の描いた絵に惚れていた。
    卒業式に「絵が欲しい」と書いたメッセージを忍ばせたが、紘夢先輩から連絡が来ない。

    諦めていたところ、偶然、紘夢先輩と区民プールで再会する。
    紘夢先輩も晴実からの連絡を待っていたらしく、イラストの件は迷惑ではなかったようだ。
    これを機に、二人は頻繁に会うようになって、晴実は絵よりも紘夢先輩に惹かれていく。

    しかし、真貴ちゃんに二人でプラネタリウムに行ったことを悟られて、紘夢先輩は逃げの体勢になり「もう会わない」と言われる。
    狡いですね。
    あんな態度を取られたら、晴実が舞い上がるのは当たり前だと思います。
    頬とはいえ、キスはするべきではなかったよね。

    一方的に切り捨てられた晴実の気持ちがひしひしと伝わってきたので、当作品では一番好きなお話です。

    ◆つきのこども
    磨布は、夜になると徘徊している。
    行き先は、衣生という女のコの元だった。

    磨布は「月に帰りたい」と願い、... 続きを読む

  • 【あらすじ】
    恋をしたことがないのに恋多き女と誤解されている中学生の美野里。付き合ったつもりのない相手から新学期早々に別れ話を切り出されてしまう。その時、美野里のもとに青いカケラが落ちてくる。それは後輩の恋心が結晶してできたフレークだった(「あおぞらフレーク」)。東京の“世界谷”を舞台に描かれた4つの不思議な物語。

    【感想】

  • 中学生のときよんだ
    なつかしい
    淡かったなぁなんだか

  • しばらく前に読了。以前ハードカヴァーで読んだものを文庫で再読。
    4篇の短篇連作。以前読んだときは好きになれなかったのだけど、今回は割と平気だった。中途半端な終わり方をどう取るか、なのかな。
    続編「プラネタリウムのあとで」のあとに再読したら、また印象が変わるかも。

  • 恋する気持ちが空に打ち上がってしまう少女や、背中に翼を隠し持った少年など、特異体質を持った少年少女達のこれまたちょっと変わった恋愛短編集。

    解説に他者と関わって自分を見つめていくとあったけど、ちゃんと自分に向き合えた話は「水に棲む」くらいしかなかったんじゃないかなぁと個人的には感じた。

    「あおぞらフレーク」も良かったけれど、あともう一歩成長と言うか変化が欲しかったかもしれない。
    「飛べない翼」の少年は、結局自分見つめ直さずに自意識過多のまま終わった感がする。
    むしろ成長変化的には隣家の女性の方が、感情移入できたような。
    「つきのこども」は幻想的な空気は一番出ていて素敵だったけど、終始2人の共依存関係で終わっ
    てしまった感が拭えなかった。

    YA文学でよく名前を見る作者だったので気になって手に取ってみたけど、YA世代に自信を持って勧められるかなーと、若干消化不良。

    「水に棲む」と「あおぞらフレーク」は、とても素敵で気に入った二本だったので、また他の作品にも挑戦してみたい。

  • 好みだと思うけれど、日常の突飛なファンタジー感が好みではありませんでした。

  • 少女の恋する気持ちは胸の奥で結晶して、どーんと花火みたいに打ちあがって空を壊す。その青い破片は甘くてさわやかな恋のフレークになる。初恋もまだの恋多き女は、不安な気持ちになると心の踏み切りの警報音が鳴り続ける自称踏切人間。
    背中に翼の生えた自意識過剰な少年は隣家の32歳、独身、デブ、アニメオタクでパラサイトなアザラシ女の砂時計の砂に巻き込まれ、身体が宙に浮いたセンパイに失恋した少女は涙のプールにぽちゃんと潜り、自分の居所を見出せない少女たちは美しい森へと変成し、また森を照らす月となった──。

    東京都世界谷に住む子供やちの織りなす不思議なファンタジー。
    ファンタジーだけど、意外と内容は夢がない(褒め言葉)。夢の無さ加減が作品の不思議な空気感を作り上げていていい感じ。

  • あ、そういえば雨だったんだ。外は雨でも、プラネタリウムの空は晴れていたから、てっきり晴れたんだと思ってた。

    東京の“世界谷”を舞台に描かれた4つの不思議な物語。

  • ジャパニーズロマンティックな感じ。不思議なのに日常的。

  • 久しぶりに梨屋さん、
    不思議だけれど、どことなく、掴めそうな青空フレークであったり、
    翼であったり
    梨屋さん世界に浸れて良かったです。

  • *あおぞらフレーク
    *飛べない翼
    *水に棲む
    *つきのこども

    人とは違った特徴をもつ人たちの、ちょっぴり不思議な物語。

    翼を隠しもつ少年
    15センチ宙に浮いてる少年
    月にかえりたい少女と木になりたい少女
    などなど

    少しずつ苦い話。

    あおぞらフレークが、絶対どこかで読んだことある気がするんだけど、どこでだろう?昔みた雑誌か何かの中に入っていた気がするんだけど、、
    他の話も含め、とても読みやすい本だなと思った。

    『わからない人には、その事実だけを受け入れてほしい』そこが、印象に残った。

    ブラネタリウムはどちらかというと、あまりメインではなさそう。
    読んでるときの私の状況も関係してるかもだけど、設定とは裏腹に、幻想的な世界につかることはあまり出来なかった。

  • 不思議って思うのに、妙に親近感のわくストーリー^^
    ・・・・土地勘がある街がモデルってなんだか嬉しかったりします。

  • 空から落ちてくる恋のカケラを集める「青空フレーク」
    翼を持った少年と砂時計の「飛べない翼」
    少し浮いた先輩を好きになる「水に棲む」
    森になりたい少女と月に帰りたい少女の「つきのこども」



    東京都世田谷が舞台の少し不思議な物語。


    不思議な設定なのに、
    不思議とすんなり受け入れられたり。

    物語の終わり方も、
    ぽーんと投げ出されたような心もとないようなものも。
    でも答えを探すのは自分。


    「水に棲む」の
    晴実は先輩に会いに行くため雨の中走る。
    やっと先輩に会えたのに、
    ドロだらけで泣きそうになる。

    という場面があるんですが、
    なんだか必死なキモチと雨がキラキラしてて
    キュンとして
    とっても素敵なシーンだと思いました。


    キモチが100パーセントなら、
    誰も何も抱えることなく生きていけるのに。


    相手と向き合って自分を知る。

    そんな当たり前のコトに苦しくて泣きそうになりました。


    「絶対に逢わなくちゃ。
     逢いたいよ。
     逢いたくて逢いたくて、
     今すぐ逢いたくてたまらない。」

    「あのときは隣には大好きなセンパイがいたけれど、
     今は強烈なひとりぼっちを抱えて寒々と浮かんでいる。」

    「わたしを愛してください。
     わたしを包んでください。
     ひとりぼっちが、怖くないように。」


    あとがきに
    「それはごくごくシンプルな生き物の欲求」とあるように、
    シンプルなのに複雑で泣きたくなっちゃう。


    愛で包んで、包まれたい。
    泣きたくなるっ。笑

  • 登場人物が娘や息子のような感覚に近いね。

    Playing マミレル

  • この作品の中の異世界は、本当はわたしたちの日常にも存在しているかもしれない。

  • なんだかどのお話も無理矢理プラネタリウムに関連付けたような印象でした。
    本のタイトルがプラネタリウムなのに、あまりプラネタリウムでの描写が書かれていませんでした。
    プラネタリウムでのことがきっかけで、予想外の出来事が起こるとか、そういうのがあまり見られなくてつまらなかった。
    ファンタジー感満載…とまではいかないですが、設定に無理がありすぎるような気がします。単に私にこのような話が合ってないだけかもしれませんが。
    文体はすっきりとして読みやすかったです。

  • 最後の話が1番すき*
    非現実的だけど、どこか現実的な部分がちらちらと現れる"世界谷"の世界観が1番出てる気がする(*´`*)

    3番目の話も終わり方がすき*

  • ほとんど大人になっても、小学生の頃に抱いた恋心っていうか、初恋っていうか、そういうきゅんきゅんさとワクワク感が貰える作品。


    とっても好きです。

  • 雰囲気がすごく好きです。でも好き嫌いがわかれそうな文体だと思いました。

  • 文章表現が独特で、物語に入り込んでいく、というよりは冷静に分析していかないと読めなかった。

  • 不思議。

    幻想的な描写がきれい。

  • おもしろかったといえばおもしろかったけど、
    嫌い。

    気持ち悪い。

    「つきのこども」気持ち悪い。

全34件中 1 - 25件を表示

プラネタリウム (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プラネタリウム (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プラネタリウム (講談社文庫)のKindle版

プラネタリウム (講談社文庫)の単行本

ツイートする