水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

  • 2834人登録
  • 3.48評価
    • (115)
    • (410)
    • (547)
    • (65)
    • (10)
  • 266レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 講談社 (2008年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062760324

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 十角館の殺人の次作!
    過去と現在が並行してストーリーが進んで行く、
    最後は衝撃の事実!
    十角館とはまた違った面白さがあった!

  • どんでん返しというよりは衝撃的という感想
    館シリーズの怪しいながらもどこか美しい雰囲気がバンバン出てる作品
    好き嫌いがわかれる作品でもあると思います
    後の話(暗黒館など)に出てくるので読んでいた方がいいかも

  • 面白かったです。館、悪天候、仮面、美少女、というキーワードにワクワクしてしまいます。自力で謎が解けたことはほとんど無いのですが、どんな結末が待っているのかという好奇心は十分満たしてもらいました。

  • 十角館の殺人が自分の中で衝撃的であり、その続編となる本作品も手にとってみた。前回が良すぎただけに期待を抑えて読んだつもりだが、途中でトリック関連はある程度予測がたってきて(といいながら犯人は外れたが)、衝撃度合いは前作品にはかなり及ばないと感じた。とはいえ、普通のミステリとしては読んでいて面白いのは相変わらずで、前作との比較が避けられなかったので星三つというところか。

  • 2017.4.9読了。

    次作以降、読むか悩む。

  • 推理小説が好きならば過去に負った顔の傷、それを隠すための仮面…といえば「犬神家の一族」をすぐに思い浮かべるだろう。
    そこから考えられるトリックはひとつしかない。
    どうしても、それを念頭に置いたまま読み進むことになる。
    けれど、この物語の読みどころはトリックではないところにあると思う。
    「十角館の殺人」から次の「迷路館の殺人」に手渡すための、そしてその後のシリーズにつなげていくための重要な位置をこの物語は占めている。
    事故により仮面をつけ車イスでの生活を送る当主。
    塔に幽閉されたような生活を送る当主の若き妻。
    ともに事故にありその後行方が知れなかった友人。
    当主の父である藤沼一成の遺した絵に執着する男たち。
    一癖も二癖もありそうな登場人物が並んでいる。

    「十角館の殺人」にも登場した島田潔が探偵役となって事件を解明していく。
    いろいろなトリックが出尽くしたとも言われているいま、けっして驚愕するようなトリックではないかもしれない。
    けれど、綾辻さんが作り出した物語の世界観は十分に面白い。
    そして結末に現れるある真実。
    何とも言えない気持ちにさせられる物語の終わりだった。
    「中村青司の建築物」をめぐるシリーズはすべて読んでみたい。
    そんな思いにかられるシリーズだ。

  • 新装改訂版が出たとのことで、懐かしさを感じつつも読んでみた。
    とは言えほぼ覚えてなかったので1からの推理。
    1日で読んでしまうほど楽しく推理させて頂きました。

  • 早い段階でメインのトリックには気づくことはできたが、ふむなるほどそういうところでトリックを使うかとでもいうのかな。そこは想定しなかったなぁという。どこまで明かせばフェアなのかという点があるのかもしれない。

  • 「十角館」の方も、ミステリーの王道という感じで良かったが、こちらもミステリーの鉄板という感じで良かった。現在と1年前の過去が交差し、事件の全容解明までに繋げる手がかりを掴むのは面白い。過去と現在につながるものが徐々にわかり、思想の変化やなぜ事件を起こしたのかなどの背景が紐解かれていくこと、狭い空間で起こった様々な出来事、ある人物が鍵を握っていること、その人物は「十角館」の時とは違うテイストを出していたのも物語を面白くさせる要素だろう。最後に展開がひっくり返り、無事解決し、その後どうなったのか含みを感じる。

  • 嵐の中で軋み、回り続ける三連水車。
    外界から閉ざされた山奥にあるそんな水車館で起こる連続殺人事件。
    車椅子に乗った仮面の主人、年一回集まってくる怪しい客人達。
    綾辻行人の館シリーズ第二作目は、今時まず出会う事のないであろうベタベタなシチュエーションの本格ミステリです。
    現在と過去の2部構成は、いつでも何か仕掛けてやるぞ、と言う読者を決して油断させない様な雰囲気を感じます。
    館の設計者の中村青司、探偵役の島田潔が作り上げる世界観がとてもワクワクします。

  • 同じく中村青司が建築した水車館での殺人事件。
    これは正直、見抜きやすかった。
    だって主は大火傷を負った過去のせいでマスクをしてるって…じゃあベタなミステリとしては「あなた入れ替わった犯人でしょう!」っていう。
    けどこの作家が目指してるのは、最近のミステリみたいなのじゃなくて、ホームズとかエラリー・クイーンみたいな古典ミステリなんだよね。そういうとこが好感もてますわ。

  • 時間が交互する系は苦手。
    面白くないわけじゃないけど、なんか入り込めない、でもあんまり苦にならずに最後まで読める。

    不思議〜な小説。

  • 結構早い段階で犯人がわかった。過去と現在を行き来する手法は読んでて面白かった。

  • わりと早い段階で、気づいてしまった。そう思って読むと、あからさまにそうだという。でも面白かった。火曜サスペンス的な感じで。ドラマで見たいかも。

  • 面白いがのめり込みはしないかな。

    新本格ミステリーとして館シリーズは面白いのだが、何故か熱中出来なかった。

    何だろう?トリックは良くできてるけど、キャラが弱いんだろうか?

    個人的にはたのしめたけど、自信を持って他人に薦められらないので★3つ。

    まぁまぁです。

  • 2016年10月25日読了。
    2016年94冊目。

  • 読み始め…16.8.7
    読み終わり…16.8.10

    水車館に住まう当主は....と語られる冒頭でおおかたの推理ができてしまうかなというミステリの王道といえるトリック。まさか殺人手段のトリックのすべてまでをも解き明かせるはずはありませんでしたけれど、犯人とその周囲の人々との人間関係などは予想がついてしまいました。

    それでも犯人は誰々で実はこうなんじゃないか...と読み手にわかってしまうような展開とうのも案外楽しめるものですね。全く分からず進んでいって最後に知る面白さや予想がつかないどんでん返しにしてやられる面白さもあれば、読み手にも途中で解ける正解があるというのも意外と嬉しかったりして、当たりのまま幕を閉じてくれると思わずにんまり。^ ^

  • こういう館に住みたい。水車いいな。
    入れ替わったということを念頭に置いてもう一度読みたいな。

  • 犯人、トリック共にここまで正確に当たった作品は他にないかもしれない。十角館では、犯人が始めから予想していた通りだったが、今作はトリックや事件の背景もほぼ予想通りだった。最後はちょっとひねってあって、おお、となったが。

    こういう状況ならここを疑う、こういう人物が出てきたらここを疑うという、ミステリーの基本に忠実に推理すると、自然に犯人・トリックが当たるので、他の方がおっしゃっているようにフェアなミステリだと言えるのかもしれない。

    私が疑ったポイントメモ
    ・マスクをした登場人物→人物の入れ替わり
    ・黒こげの死体→死亡した人物のすり代え(すり代わっている場合、生きている人物が犯人の確率が高い)
    ・唯一身元を特定できる体の一部→生きている人物のものでは有り得ないかどうか
    ・夫に対する態度の変わった妻→夫の入れ替わり
    ・密室から消えた人物→生きていない状態での運び出しは可能か
    ・怪しい人物の目撃情報→目撃者は複数か、それらの人物の狂言の可能性はないか
    ・被害者が殺される理由→被害者の過去、状況、被害者しか知らない情報の有無

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。一年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは…!?本格ミステリの復権を高らかに謳った「館」シリーズ第二弾、全面改訂の決定版。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    人里離れた深い山中の館。
    当主は仮面の男。
    その妻は、天涯孤独で可憐な美少女。

    一年に一度、数人の客が集うその夜、惨劇が起こる...
    折からの台風によって山は崩れ、電話線は切れ、
    誰の干渉も受けることが出来ない密室...


    と来たらもう、新本格ミステリーのごった煮ですよ!奥さん!
    東野圭吾がうんざりする密室ミステリーですよ!もう!

    それにしてもすごいですよね。
    同じ「密室」「館」と言う大まかなプロットだけで、何本も作品を書けてしまうその才能に。

    この作品は、初っ端からエグいです!
    いきなり読者を引き込む仕掛けがありますね。
    でもちょっとえぐすぎて...最初から少し引いてしまいました...

    一年前の同時期に起こった事件に端を発しているので、
    現在と過去が交互に語られます。

    登場人物もほぼ同じなので、ちょっと混乱しました...
    何度か時間軸を確認しながら読み進め。

    この作品はフーダニットで言うと割と分かりやすいですね。
    ヒントがあちこちに転がっていて、たぶんこうだろうな?と思ったことがそのまんまでした。

    それがダメかって言うと、ぜんぜんダメじゃなくて、
    一種のカタルシスを味わえてよかったです(*´∀`*)

    これぞミステリーの醍醐味!って言いすぎですけど。
    ←たまに分かるとこう言うこと言うww

    にしても、軟禁された美少女がちょっともろすぎて不安w
    世の中に出たいらしいけどその状態で出たら確実に危ないよって言うw

    館シリーズは楽しいですね...
    タイムスリップしたような気持ちになれます...
    (何時代に、とか聞かないでね)

    にしても、アリスシリーズ含め最近人が死ぬ作品ばかり見すぎ
    ちょっと違うジャンルも読んでみたいなぁ~。

    何かお勧めあったら教えてください♡

  • 古城を思わせる異形の屋敷「水車館」。 それは一年前の嵐の夜。塔から落ちた一人の女、およそ不可能な状況で消失した一人の男、盗まれた一枚の絵。その事件はひとつの「解決」のうちに葬り去られたはずだった。しかし、探偵・島田潔が訪れたとき、再び惨劇は幕を開ける。


    よい。
    犯人が予測付かなかったという意味では4.5くらい。

  • 館シリーズ2作目。
    常にある不思議と暗い雰囲気。
    仮面と手袋を纏った館の主人。
    ああ、昔ながらのミステリーだなーと
    思いながらの再読。
    初回が昔すぎて
    だいぶ内容を忘れていたけど、
    犯人は覚えてた。
    でも楽しめる理由は
    犯人の犯行方法、犯行に至る経緯が
    読んでいて面白いから
    なのかもしれない。

    2016.5.1再読了

  • いやぁ仮面つけてるとはいえ気付かんもんかね。とは思った。まーお嬢さんが協力してたなら意外とそんなもんかも。しかし、焼死体が別人というのは予想し得たかな。

  • よくできた推理小説。
    書き方がフェアですね。

  • 館シリーズの2作目。10年ぶりに再読。しかし内容を全く覚えておらず、怪しい点には気付きつつも真相には辿り着けず再び驚くことができた。1作目の十角館と比べると評判は落ちるかもしれないけれど、こちらは全体的に漂う暗い雰囲気を楽しめるのが良い。

全266件中 1 - 25件を表示

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)に関連するまとめ

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)の文庫

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)の新書

ツイートする