子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)

  • 5086人登録
  • 4.07評価
    • (713)
    • (689)
    • (464)
    • (43)
    • (9)
  • 589レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2008年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (569ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062760508

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • うーん。
    辻村さんは好きなんだけどなんかいまいちだったかなぁ。
    浅葱が人を殺す理由がなんだか納得いかなかったし。最後は無理矢理いい話で終わらせようって感じで納得いかなかった。

  • 予想通り、一気読みでした。
    伏せん回収では「あーやっぱりかー」と「おわ!そうだったのか」と2種類の反応が残った。
    浅葱と月子がすれ違ってしまったのは、小さくも大きい誤解からだったんだろうな。

  • 辻村さんのキャンパスものは初めて読んだかな。誰がiなのか予想は当たったけれど、心身ともに残酷な表現が多くて何度か休憩しながら読みました。とはいっても下巻は一日もかからなかったのであっという間でした。辻村作品の良いところでも逆でもある精神に訴える表現、という意味では今回の作品は本当にしんどかった。しばらく読み返す気力は起きないです…

  • 凄惨な事件。どんでん返し。
    色々あったけど、
    最後に出てくる救いと希望!
    この終わり方はカッコよすぎです!

  • 前半は退屈
    もっと簡略できたのではないかと思ってしまう
    でも後半の展開は流石でした
    最初から浅葱に感情移入できれば、もっと面白かったのに
    これだとどうしても狐塚を中心に読んじゃう

  • 浅葱が切ない。ラストは正直読めてた部分があるけど、浅葱が月子に救いを求めてた一方で、月子も浅葱が好きだったとわかったのが衝撃。
    カッコ悪い姿を見てしまった時、人を好きになるっていうのにすごく「ああぁ」ってなった。
    後味悪い作品だなと思ったけどエピローグで救われた。でも人死にすぎるし、描写グロいし、心理描写も辛いし、読んで疲れた…
    辻村深月さんの本で、ここまで悪い意味で心をグシャグシャにする話を想定してなかったのもあり、引きずりに引きずっている。

  • 孝太、月子、浅葱、恭司他、ここに登場する大学生たちはさながら蛹のようである。成虫に羽化できるのか、寄生虫に食い荒らされるのか、その変化のときにある。一度起きたことは変えられない。だから丁寧に生きる。あいは時として破滅をもたらすが、救いであってほしい。

  • 11月13日読了。

    出てくる登場人物達が大好きすぎて読み終わってしまったことが凄く寂しい。
    浅葱くんが辛い、秋先生の考え方素敵だし孤塚くんと月ちゃん好き。ラストの恭司の行動はカッコ良すぎる。
    秋先生と恭司が月ちゃんに言った「不幸にならないで」で泣いた。
    最後はハッピーエンドなのかどうかは微妙なところだけど、浅葱くんにはどうか幸せになってほしいなと切に思います。

  • 上巻からの続き。

    人間の沙汰と思えない凄惨な殺人シーンや虐待の描写がきつかったけど、
    登場人物ひとりひとりの描きこみがやはり素晴らしかったので、
    なんとか最後まで読めましたが、結末はちょっとそう来たかという意外さ。

    ミステリーってこういうものなんだろうけど、
    誰も彼もが怪しく思えてくる・・恭司くんほんとに違うんだねぇ。

  • 上巻で、月子の名字が出てこないことは、何かのネタバレに繋がるだろうと思ってたが、あの関係はちょっと不自然では? 浅葱が、月子の名字をずっと知らないというのもおかしい。i の正体は、考えていたパターンの一つなので、それ程驚きはなし。 ストーリーは面白かったけど、とにかく長すぎ!

  • 辻村深月さんの本は、どれを読んでも面白い!
    一冊読むと次を直ぐに図書館で予約しています。

  • 評価高かったけど、なんか胸が悪くなる話でした。キレイに終わらそうとしてるが、殺された人間の思いはどうなんだと。上巻はおもしろかったんですが。

  • 読むほどに切なく苦しい。大切な人を大切にできない。でも望んでいるわけじゃない。みんな思い合っていることに、誰が最初に気付くだろう。

  • なんて切ないラストなんだろう。ごめんなさい、ネタバレ含みます。








    恭司はもうきっと二度と月子に会えない。どうしようもなくて浅葱を殴ったのだろうけれど、浅葱に自分として月子に会うことを許して。記憶を失った月子にとっての恭司は浅葱に塗り替えられてしまったから。なんて不器用で切ない愛なんだろうと思いました。けれど月子もまた、記憶を取り戻せば自分の中の浅葱を失う。どこまでも救われないラストがあまりに切ないです。

    そして細かく作り込まれたお話が素晴らしい。浅葱の名前は初めから綺麗だなと思っていたけれど、蝶と同じ名前だったなんて。そしてそこからθというハンドルネームをつけた浅葱の感性が素敵です。

    暗くて怖くて切ない、救いのないお話なのに不思議な美しさがあるお話でした。
    辻村さんの作品ではこの本とスロウハイツの神様がいちばん好きだけれど、よく考えるとまったくテイストの違う作品で自分でも驚きます。

  • 後半は話の展開が早くなり、今までは連続殺人から離れられていた主人公たちが否応なく事件に巻き込まれていく。
    メンバーの一人が犯人であり、もう一人の犯人が誰か、その動機はというところに焦点が絞られていくが、意外と犯人は分かりやすい。
    そこの意外性よりも、兄妹だった、という方が驚き(本質にはさほど関わらないのだが)。
    このように小さいミスリードを促し、しかも殺人もよく見ると、≪応酬≫になっていないなど、最後の謎あかしはそれなりに面白いが、回収できてないところもあるのが残念。
    (消えた男子学生は?)
    しかし、この作者はわずか20代半ばでこの作品を書いたことになるが、これだけ濃密な人物描写はスゴイ。
    殺人犯でありながら、その心が抱える闇は読んでいて痛く、哀しみの声を上げながら引き起こす殺人は切ない。
    これだけ暗い話でありながら話の落としどころは上手く、読後感が悪くないのも見事。

  • や…、これはいい意味でいろんな予想を裏切られた。

    とても悲しい物語だと思うのに、切なくて美しい、そんな風にも思った。

    「人間には誰でも、大好きで泣かせたくない存在が必要なんだって。
    君が生きているというそれだけで、人生を投げずに、生きることに手をぬかずには済む人間が、この世の中のどこかにいるんだよ。」

  • 秋先生の言葉「大好きな花達に害虫が寄り付くことが許せません。枯れていく花自身がそれを受け入れて許すとしても、僕にはそれが我慢ならないでしょう」覚えておいて下さい。穏やかな声で秋山は続けた。君もです。不幸になってはいけません。

    …本当に素晴らしい言葉の数々で辻村さんの世界に引き込まれた。

  • 何度も何度も読んでいる
    大切な本。

    キャラクターがみんな
    魅力的すぎる。
    みんながみんな
    幸せになってほしい。

    浅葱が特に好きだ。
    盲目の天使がちゃんと浅葱にも
    舞い降りていたのに。
    少しタイミングがずれたことで
    過ちを犯してしまった。
    恭司も言ってるけど、
    だからこそ切ない。
    映画ではレイフ・ファインズは
    倒されてしまったけど
    浅葱は今度こそ幸せに
    なって欲しい。

    あとは秋先生。
    こんな人と大学時代に
    巡り会いたかったな。
    月ちゃんには力を使っても
    勝てなかったけど、
    私にも声を使って欲しいと
    思うことが日常たくさんある。
    言われたと思って頑張るけど。


    2016.6.10 再読了

  • 必死に読みました。読み終わった後のなんとも言えない寂しくて切ない気持ち…。この世界はきっと切なくて寂しいと感じました…。
    真実を知った時、衝撃を受けました。1度では理解できなくて何度も何度も同じページを読みました。
    辻村深月さんの作品は沢山読んできているけど、今までで読んだ中で1番真実がわかりにくかったです。

    でも、最後はハッピーエンドに終わってよかった。でも、もう少し浅葱のことを知りたいと思いました。
    彼はきっととても可哀想な人でとても辛い思いを沢山した人です。でも、浅葱は誰よりも愛される人。愛されるべき人なんだと思います。
    月ちゃんとの恋は、とても素敵でした。
    でも、浅葱は知っているんだろうか。月ちゃんが浅葱のことを好きだということを。浅葱はまだ気づいていないことが沢山あります。それを教えてあげたい。
    時には殺人ゲームのシーンが怖くて、想像するだけで頭が痛くなったりしましたが、それよりもとても切なくて、寂しいお話。
    最後は、この作品をもっと読みたいと思いました。改めてこの作品に出会えてよかった(^^)

    エピローグの恭司と月ちゃんが話してるシーン。
    あれは、恭司じゃなくて浅葱だったの?
    そう思わせるところがいくつも出てきました。
    最後の恭司の言葉が私は好きです。
    「これから先、君は君が好きだった男の話を多分いろんな場所で聞かされる。様々な形で、様々な見方から彼のことを聞くと思う。みんなが言うかもしれない。そいつは可哀想な男だった。不幸で、どうしようもなかった。そんな言い方をするかもしれない。だけどね、月ちゃん、覚えておいて。君が愛したそいつは、決して不幸じゃなかった。」
    この言葉を聞いた時、浅葱はみんなから愛されてたんだな。と確信できました。
    月ちゃんが狐塚が恭司が、浅葱を知っているみんなが浅葱のことを友達だと思ってる。浅葱を大事に思ってる。それがすごく伝わりました。

    この物語はものすごく深い。だから、まだわかってない部分が沢山あります。
    いつかまたこの物語を読み直したいです。そして、また新しい発見をしたいです。

  • 読了後の虚無感…。この虚無感が好きで私は本を読んでいるのかな。
    とりあえず月子と浅葱の愛に感動した。
    物語中で出てくる映画の少しの間の悪さというのが、2人にも共通するのかなって思った。
    一度だけじゃ完全に理解はしてないかも。また読んでみる!

  • 上巻を読んでしまい、途中でやめるのも嫌なので下巻も読んだ。上巻ほどではないが月ちゃんが殺されかけるシーンなどではけっこう貧血起こしかけたが。しかしながら救われる場面もあり、上巻よりは楽しめた。最後浅葱がどうなったのかがはっきりしないままなのがちょっと消化不良ではある。それにしてもどっぷりと話の世界に入り込む読書スタイルをなんとかできないものか、自分。

全589件中 1 - 25件を表示

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)のKindle版

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)の新書

ツイートする