忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)

  • 516人登録
  • 3.31評価
    • (16)
    • (68)
    • (115)
    • (25)
    • (2)
  • 91レビュー
著者 : 三津田信三
  • 講談社 (2008年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062761055

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三津田 信三
米澤 穂信
綾辻 行人
有効な右矢印 無効な右矢印

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • じめじめした今の時期のようなホラー。
    家自体に憑かれてしまう、現実と作品の境が溶解していく感じが怖かった。

    余談ですが、
    私も実はずっと気になる空き家があり、私はトトロに出てくるような家と思うのですが…、みんなは怖い感じといってるんです…

    この本を読んで、あまりその家を気にするのはやめようと思いました…

  • 「作家三部作」 一作目
    ------------------------------------------------------
    読んだ後、「にちゃり」が頭から離れないw
    作中作の「忌む家」が家シリーズと似た構成だったので、「成る程、その後『三津田信三』氏はこの話をシリーズ化したという設定なのか!」 とか思ってしまった私は既に作者の術中に嵌まっているのだと思いますw

    さて本作ですが、自身が書いた小説と現実が次第に曖昧になって行く、しかもその小説は勝手に一人歩きして行く、というのがなんとも気色悪くていいです。
    もの凄く怖いわけじゃないんだけど、物語全体に「不穏さ」「忌まわしさ」「厭らしさ」が満ち溢れていて、ホラーを読んだなぁという充実感が味わえました。(ミステリー要素もありますが)
    あと、乱歩をはじめとする、ミステリーやホラー作品の蘊蓄もとても面白かったです。
    紹介された幾つかの作品、いずれ読んでみたいですね。

  • 中盤は間延びする展開。何かが起こりそうで、なかなか事件が起こらない。
    ただ、最後の方は怒涛の展開で、描写も怖い。最後まで読めば、満足できる。
    ホラーっぽいミステリーかと思ったが、ミステリーっぽいホラー。

  • 嘘の配合比率が絶妙。

    ホラー系の編集を生業とする主人公が住んだ館は
    イギリスから移築された幽霊屋敷だった。

    この小説は現実から
    次第におかしな出来事が起こり
    ホラーへと進んでいく。
    その嘘の配合比率が絶妙だ。

    そもそも、小説とは
    リアルに嘘を混ぜたもの。

    その配合比率で以下のように分類できる。

    リアル>嘘
    リアル=嘘
    リアル<嘘

    例えば。
    ある解剖学書で
    骸骨の上に蠅が止まっている
    細密画があった。
    その蠅はもちろん、フィクション。
    嘘なのであるが、
    このハエがいっそうのリアルさを生んでいる。
    少しの嘘はリアルを高める。

    さらに嘘の配合比率がリアルと同じくらいになると
    読者は今がリアルか、嘘がリアルかわからなくなってくる。

    さらに言えば
    リアル<嘘
    は嘘がリアルを追い越していく。
    アンチリアルという新たな地平を拓くものといえる。
    フィクションの世界こそが人生。
    今いる人生はフィクション、仮想現実。
    オタクの立ち位置はここだと思う。
    そういった意味でオタクが
    アイドルやSF、アニメに傾倒するのは
    アンチリアルへの多いなる志向だと言える。

    この嘘の配合比率の順番に
    一番上がノンフィクションであり
    二番目が一般の小説であり
    三番目がホラーやSFという考え方もできる。


    さて、この小説。
    作者の三津田信三は
    本物のミステリー系の編集者。
    さらに作家が住んだ家の周辺も
    実際に存在する。
    作中に出てくる作家が応募した小説も
    本当に応募されたものだという。

    こうしたリアルを重ねて
    いつしか登場人物である作家は
    迷宮魔界へと足をそっと踏み入れる。

    その足の踏み出し方が絶妙で
    読み終えた後でも
    この屋敷は本当にあるのではないか。
    あってほしいと願う自分に気づく。

    「にちゃり」という笑いの繰り返し。

    イギリスの木の家、その中に置かれた家と瓜二つなドールハウス。

    愛読者が次第に変質していく様。

    この小説は多彩なホラーとサスペンスの要素をミックスして
    読者を夜眠れなくさせてくれる。

  • いや~怖かった。
    引っ越した直後の深夜に一人で読むもんじゃないです。

    道具立ては典型的といってもいいくらいで、パーツがそろった段階で全体の絵は大体想像がつくんですが、
    それを、登場人物が気づいてないという辺りは、いかにも古典ホラーを踏まえてます。
    そっちいっちゃ、ダメだ!的な。

    作中作がカットバックで交錯していって、最終的に今日実の境目があいまいになる構成はなかなか。

    編集者が主人公で、実在する現役作家の名前が出てきたり、乱歩や正史に関する薀蓄話を盛り込むなど、現実に片足が突っ込んでる分、虚実混沌が怖かったです。

    最後も、結局どうなったのか良くわからんまま閉めちゃうし。
    ハッピーエンドで青空の見えないホラーって反則。

  • この作者の作品は、初めて読みました。
    刀城言耶シリーズの作者ということは知っていましたが、とりあえずデビュー作からということで、本作品に目を通してみました。

    現実と作中作の事件及び、過去の事件とが入り混じり、正直頭のなかで整理しきれませんでした。舞台の関係性が理解できれば、もう少し面白さが増したのかなと思います。

    作中作での出来事が、現実世界にも反映されたり?と、ホラー感は、しっかり味わえました。

  • 三津田氏の作品は何冊か読んでいたけれど、そのなかでもわりと緩めのものを読んでいたのかもなと思った。
    あまり読んでいてゾッとするという感覚はなかなか(のぞきめでさえ)なかったのだけど、今回はかなり気味が悪くゾッとしつつも楽しめました。

    やっぱり本当にあったような現実と非現実の境のぼかし方がとても上手い。
    地方出身者には土地的なことはわからないので、本当にそんな場所があるのか……なんて思わせられることもありそう。

    後半は入り乱れに入り乱れ、ちゃんとミステリ要素もあり、何より後日談が君の悪さを醸し出している。
    にちゃり、という語感、字形の気持ちの悪さにただたただ脱帽です。

  • 自ら小説も書く編集者が、怪奇幻想小説の同人誌から執筆依頼を受け、雰囲気のある環境を探していたところ、偶然竹やぶと住宅に隠されたような洋館を見つけ、そこに住むことになる。

    著者自身の不思議体験談?風なのかな。そこに同人誌へ連載する小説が挟まれてる。

    とりあえず登場人物がみんな勘が鋭くて察しが良すぎる(不動産屋除く)。
    ろくに話もしないうちから怪しんだり、察して勝手に話してくれたり。超能力者だらけか!と思う。

    あと気になったのが、小説のファンで「漠然とした地名を頼りに探したら偶然」会えたと言ってる女性が手土産に大量の手作り菓子とコーヒー豆を持参してるという…こいつも超能力者か!

    意味のない伏字とかやたら「…」を多用してたり、他にも変なとこたくさんあるんだけど、それらがホラー要素として書かれてるわけじゃないので、単に雑な感じがしてしまいました。
    余計なこと書かなきゃ良いのにって。

    なんだかぼんやりしてて雰囲気説明し過ぎて怖くなくなっちゃったみたいな。

    最後に後日談として書かれた短編が一番良かった。古臭いけど怪談らしくて。

  • おおげさでしらける

  • 「忌館 ホラー作家の棲む家/三津田信三 著」読了。ホラーは苦手なので、これくらいがちょうどいい。それでも夏じゃないときついね。秋冬に読むもんじゃない(笑)

全91件中 1 - 10件を表示

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)の作品紹介

奇妙な原稿が、ある新人賞に投稿された。"私"は友人から応募者の名が「三津田信三」だと知らされるが、身に覚えがない。そのころ偶然に探しあてた洋館を舞台に、"私"は怪奇小説を書きはじめるのだが…。本格ミステリーとホラーが見事に融合する三津田信三ワールドの記念すべき最初の作品が遂に登場。

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする