NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)

  • 1687人登録
  • 3.90評価
    • (171)
    • (220)
    • (198)
    • (17)
    • (0)
  • 113レビュー
  • 講談社 (2008年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062761208

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
あさの あつこ
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • No.6の内部情報を知るために、中央管理局のナンバー3に位置する富良を捕らえたネズミたち。
    強制施設の内部構造と、近々「人狩り」が行われるという情報を得た二人は、沙布奪還の計画をたてる。
    そんな中、ネズミの体に異変が!!

    ページ数が少ないせいか、なかなか物語が進みませんw。
    次巻はやっと強制施設内部に潜入!
    物語がどう動いていくのか楽しみです。

  • ひりひりと、痛いのは、それが現実だからだ。

  • 評価はNo.6 #1に記載しました。

  • No.6の人間を捕まえ情報を得たネズミたち。沙布を助け出すために、No.6を崩すべくして物語は加速する。紫苑の新しい一面であって戸惑うネズミの姿、イヌカシの純粋な姿、すべて総括して必死に生きる人間は美しいな、と感じた。脱線するが最初のシーンといい、途中のシーンといい、ドキドキするシーンが多くて私は幸せになった(笑)
    「きみという他者なしに、ぼくは生きられない。」

  • 児童書だからと、これまで自分に言い聞かせて読んできたけれど、もう精神的なBLにしか見えない(笑)。ネズミはどうやって育ってきたんだろう?出自とか過去とかに何か重要な事が隠されてるのかも。

  • どうやったら矯正施設の内部に入れるのか。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。それが沙布を救う唯一の方法なのだから。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃し始めた。「人狩り」だ。いったい何のために…?

  • 紫苑が、闇に立ち向かっていく話。

    外での仕事についてとか、武力とか

  • ちょっと飽きてきた。

  • 2012年6月30日読了。
    ネズミの夢の真相がラスト、なのかな?

  • 2014/7/25~7/30

    どうやったら矯正施設の内部に入れるのか。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。それが沙布を救う唯一の方法なのだから。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃し始めた。「人狩り」だ。いったい何のために…?

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    どうやったら矯正施設の内部に入れるのか。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。それが沙布を救う唯一の方法なのだから。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃し始めた。「人狩り」だ。いったい何のために…。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・近未来SF・マンガ化・アニメ化

    【映像化情報】
    2011年7月-9月アニメ化
    出演:梶裕貴・細谷佳正 等


    +2+1

  •  あっという間に消されてしまう中央管理局の実質上のナンバー3、富良。まだ生きているらしい沙布。そして、人狩りにあい、矯正施設に連れて行かれる二人。話はどんどん深みにはまっていきます。

     印象的なのは、p.138 紫苑がネズミの首の付け根をとらえるところ。私などは経験したことのない、生き馬の目を抜く世界がそこにあります。

  • 間違えて四巻を購入。

  • 再読。富良さんくそ良い人。

  • 紫苑の思いが周りを変える。彼を軸に物語が展開していきます。
    紫苑と、ネズミの絆が再確認されたり、紫苑の強さを垣間見たりするシーンが好きです。
    互いを思う切なすぎるほどの感情が物語の中でよい刺激になってると思います。互いの命を預けるといっても過言ではない状況に陥るようなので、絆は重要な要素なのかなと思って読みました。

    扱っている題材が題材なだけに、世間を風刺しているというふうに読み取れますね。
    下層民に対する殺戮、ある意味そうゆう扱いをされている人は確実にいるでしょうし、私たちは見て見ぬふりをしていると思います。
    自分で考えたことを信じる。情報を鵜呑みにしない。気をつけてはいるのですが、ふとした瞬間忘れてしまうことでもあります。

    次巻からやっと敵陣営に乗り込むのですね。

  •  ナンバー6、の、治安局員にさらわれた、サフを救うため、シオンとネズミは、高官から内部情報をききだす。彼の口からは、聖都市での、恐ろしい計画があきらかに!そして、ついに、「人がり」が決行され、囚われの身となったシオンとネズミは、強制収容施設へと潜り込む。
    スリル満点、どきどきした。でも、「人がり」の場面、あれは…。舞台が2013年なだけに、他人事ではなく、怖くなった。前に読んだ、高野和明の「ジェノサイド」という作品を、思いだす。確か、大量殺戮、とかなんとかいう意味だったと思う。

  • 紫苑が西ブロックに来て、怒りなど激しい感情を知って、NO6にいた頃から変わったように、また紫苑の中で今まで表れてなかった部分が少しずつ出てきて、それが悪影響になるのかならないのかがネズミと一緒に恐怖を感じます。純粋であったが為に曲がっていったのかそれとももともと中にあったのか。人狩りで矯正施設へ連れていかれて沙布を奪還できるのかもはらはらします。

  • 沙布が拐われ、緊迫が高まる中、矯正施設へ潜入するため動き出したネズミ、紫苑、力河、イヌカシ。
    紫苑の真実の姿、ネズミの突然の発作。そして人狩り。
    ハードな展開になってきましたが、それでも紫苑とネズミの絆は強く結ばれている。
    紫苑の真っ直ぐな愛の告白に「いっしょに地獄に行くさ」とネズミの決意。
    友情という言葉では足りない結びつき。それが少し羨ましい。

  • 今度はホロコースト。
    同じ人間じゃない、という思いがどんなに人を冷酷にさせるのか。
    想像力が禁止された世界はつまらなそうだと思うけれど、子供を見ていると、そんな子ばかりではないかしら。
    想像のしかたがわからないの。物語は物語として割りきれるから、逆にどんなものにも触れていけるのかも知れないけれど。
    想像力に正解はなくて、あるのは個人差だけ。ある人のお眼鏡にたまたまかなうだけなの。
    心が豊かでないというのは、想像力がないこと。それすらも自分で掴みとれない今の社会は狂っている。

  • ①2012.5.13 読了
    ②2012.7.2  読了

  • NO.6の上層部の富良から情報を聞き出す紫苑、ネズミ、イヌカシ、力河。
    都市へ戻った富良は罪人という名目で寄生バチの実験材料にされてしまう。
    そして、人狩りが始まり、紫苑とネズミは矯正施設の入口に立ったのだった。

    富良が矯正施設について暴露するシーンは先が気になって気になってセリフだけ読んで数ページ進めてしまうほどの嵌り具合だった。
    (戻ってきちんと読むけれど)
    ネズミはだいぶ丸くなったし、紫苑はしたたかになった。
    イヌカシが実は女の子だった…。

    火藍と市長はその昔知り合いだったのか?
    火藍と市長と、紫苑の父親と研究員が仲間だったとか。
    白衣の研究員が一番の黒幕…??

    やっぱり聞き返すセリフが多くて、大げさな身振りを想像してしまう。

    ネズミが思い出す歌の正体は何なのだろう。
    矯正施設とネズミ本人の不明点が気になる。

  • 終わりまで半分ってとこですか。情報を聞き出すため高官を捕えるんだけどこの人の記述が多かった。アニメだとただのスケベおやじだったけどw紫苑の影の部分がチラリと覗き初めなのかな?変わらないで欲しいというネズミの気持ちがよくわかる

  • とうとう矯正施設へと侵入してしまいましたね。

    さて、紫苑はこれからどう変わっていくのでしょうか。

  • 描写がほんっとにリアル

全113件中 1 - 25件を表示

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)の作品紹介

どうやったら矯正施設の内部に入れるのか。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。それが沙布を救う唯一の方法なのだから。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃し始めた。「人狩り」だ。いったい何のために…。

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)はこんな本です

NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする