魔王 (講談社文庫)

  • 21112人登録
  • 3.38評価
    • (985)
    • (2349)
    • (3740)
    • (873)
    • (179)
  • 1886レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 講談社 (2008年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062761420

魔王 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 少し中途半端な終わり方という印象。
    お兄さんが死んだのは千葉のせいなのか、能力を使いすぎたからなのか。
    (分からない方は『死神の精度』をお読みください)

  • タイトルの『魔王』はシューベルトの楽曲「魔王」から来ているらしい。

    「魔王」は、父親が息子を脇にかかえながら、馬を疾走させ森を駆け抜ける、というストーリーのある曲だ。
    魔王が息子についておいでと囁くのだが、「魔王がぼくをさらおうとしている」と父親に訴えかけても、気のせいだと宥められてしまう。
    ……そんな楽曲。

    「魔王」の不穏なピアノ音が、小説『魔王』のバックグラウンドで鳴っているような気がして、なんとも不穏で不気味だった。

    お話自体は重いというわけではないが、群衆(民衆)の思いが一つの潮流となって、予期せぬ場所に向かいかけたら止められないみたいな(イギリスのEU離脱、アメリカのトランプ政権樹立のような)事象を書いていて、エンタメ作品というのでもない。

    政治の大きな流れをいち早く予感し、自分なりの方法で向かっていく、超能力(と自覚はされていないが)を持ったある兄弟のお話。

  • 能力者が出てくる、という事前知識だけ持って読み始めたら、予想していたものと全く異なっていた。

    手に取ったのは、あひるの空の日向さんがおすすめしていたから。

    たった一つの超能力を武器に、世間・世の流れに対抗しようとする兄弟の物語
    兄は常に思考をめぐらし、弟は直感的に生きる、全くタイプの違う二人


    魔物、タイトルは音楽の授業で習うお馴染みの曲からきている。
    人は雰囲気、ムードで動かされる。そうしてできた大きな流れが「魔物」だと思う。

    その魔物に気付き、流れに逆らおうとした兄弟はすごくかっこいい。
    じゃあ、自分はどうか。今のままじゃきっと魔物の一部になる。
    なりたくはない、ではどうすればいいのか。
    常に考えて考えまくるのか、世間をシャットアウトして自分の世界で暮らすのか、、
    絶対にその二つはできない。
    情報を頭に入れ続ける、どれだけしたって間に合わないし、足りない。
    じゃあ、しないとなると、それは逃げだと思う。
    せめて、なんとなくじゃなくて、自分で決めた、そう思える選択をしていかなければならないとおもう。

  • ナンか、中途半端な終わり方なんだけど。

    それとも、これはこれで、伊坂幸太郎だから示唆に富んだ終わり方なんだろうか。

    よくわからないけど、自分にとっては中途半端。

    前半は、スティーヴン・キングの「デッド・ゾーン」みたいで、後半に期待していた、というのもあるんだけど。

  • 世の中の大きな流れはいったい誰が作っているのか。
    倒幕、幕末から明治への流れ。
    富国強兵から第二次世界大戦までの流れ。
    誰かが変化を求め、声なき人たちの大きな意思を操作し、思う方向へと誘導していく。
    もしかしたら現代でも同じようなことは起こり得るし、実際には気づかないうちに起きているのかもしれない。

    物語に登場する宮沢賢治の一節。
    「諸君はこの颯爽たる
    諸君の未来圏から吹いて来る
    透明な清潔な風を感じないのか」
    純粋な人ほど激烈な個性に影響を受けるような気がする。
    そして、インパクトの強い言葉ほど人の心に跡を残す。
    安藤が危惧した未来はすぐそこに来ているのかもしれない。
    犬養に対してまっすぐな思いで反発を感じる安藤。
    一方弟である潤也は少しだけ斜め方向から物事をみているようだ。
    安藤の死から5年後の「呼吸」。
    兄の死を経てたどり着いた潤也なりの未来がそこにはある。
    「モダンタイムス」にはその後の潤也の生き方が登場している。
    「魔王」「モダンタイムス」と読んでいくとより物語が楽しめるだろう。

  • う〜ん…イマイチだったなぁ。
    伊坂作品のシュールで軽妙洒脱なフワフワ感が好きなんだけど、本作は結構シリアスな感じだったな。個人的にはあまりしっくりこなかった。

  • 自分が思ったことを他人に喋られせる能力を持った男が主人公の話し。アメリカに対する暴動、憲法改正などでおどらされる日本人が描写されていたりと不思議なかんしで話しが進んでいきます。

  • 集団の恐ろしさをじわじわと感じさせるストーリー。物事に対して深く考えすぎてしまう兄のセリフ、「考えろ、考えろマグガイバー」が印象的。主人公である兄弟は集団に流されずに考える力、生きていく力を持っていた。また、約10年前に書かれたとは思えないぐらい描かれている政治情勢が現在とリンクしていた。

  • どっちも終わらせ方が凄くって。
    楽しいとは言えないけど、なので★4つにしたけど、
    怖いくらいの凄みを感じた印象的なストーリー。

  • 集団の心理は時に怖い。みんな仲良く、は少数の犠牲者の上に成り立っている。なんて考える自分は社会に馴染むのが苦手なのかもと自嘲的に考える事がしばしばあって、仕方がないから半ば開き直っていたけど、こうして小説の中でそれを肯定してもらうと本当にいいのですか、と逆に心配になる。しかも伊坂幸太郎さんの作品の中でそんな体験が出来るのは意外だった。
    とはいえ、それは作品の中に一貫して流れるBGMのようなものであり、その上に流れる旋律、つまりストーリー展開はやはり読ませるし、彼独特のクールでユーモラスな文体は健在で、重苦しさはあまりない。
    この作品はある種、彼の挑戦なのではないか、と思う。彼自身の政治感に直接触れたことはあまりない気がするし、それが正しいかもわからない。この二つの点で続編の、モダンタイムに期待しよう。

  • 政治が絡んでくるだけあって、私にはちょっと難しいというか、なかなか入り込めないというか…。設定は面白い。そんな能力あったのなら、何に使うかな。というか何に役立つのだろう?マスターの立ち位置が気になる…。

  • ついつい魔王がどんな曲なのか聴いてしまった。周りのみんなには見えてないけど、自分だけは気付いてる恐怖というテーマもおもしろかったけど、結末が若干モヤった。

  • 伊坂幸太郎にしては珍しく政治的な作品、かと思いきや、やはり人間の機微を描いたもの。
    とはいえ、個人ではなく「群衆」という人間のかたまり単位の機微。
    その中身は確実にひとりの人、なのに、群衆になった途端に実体が見えなくなる。だから怖い。
    トランプ大統領を選んだ人たちは必ずいるのに、見えない。世の中に渦巻く鬱憤が、可視化されただけ。

  • 最後まで読んだけど、正直意味不明。

    てっきり特殊能力で何かやって、最後にはどんな結末が待っているのか楽しみにしながら読んでたんだけどね。

    そもそも2つの物語が1つになっていたというのもあんまり馴染めなかった。
    っていうか、後書き読んでから気がついた。

    だから途中で主人公がいなくなったのかと…

    解説にも書いてあったけど、
    物語に出てくる超能力が、本当に能力だったのかがはっきり示されてないし、タイトルの魔王が誰だったのかも分からない…

    ほんと、その通りだし、物語も途中で急に終わった感じ。

    読みながら、残りのページがなくなっていくのに、物語に進展が見られなかったので、途中から嫌な予感はしてたんですけどね。

    前にも書いたけど、あとは読者に考えて、的な小説は、自分には向いてませんね。

    これは自分にはダメなやつでした。

  • やっぱ伊坂幸太郎あんまり好きくない。
    頼むから書ききってくれ…。
    設定はおもしろいのに、投げっぱなし感。

  • ファシズムに巻き込まれていく人間の心理は、このようなものなのかも。集団心理の怖さを感じた。ちょうど昨日トランプが次期大統領に決まった。

  • 62
    憲法と群集の話。
    歴史は反動。
    2回目以降は興味なし。

  • 政治と大衆の関係性や浅い情報の蔓延による大衆な軽率な行動の危険性を説いた一冊だが、メッセージ性はあるものの話自体はおもしろいとは言い難いものがある。

  • 大きく2つに分かれていて、前半の主人公?の人が亡くなってしまうところで私の予想が裏切られる。
    後半はその弟の話を中心に展開。
    不思議な力をもった登場人物は、よく伊坂作品では出てくるようだが、どんどん引き込まれていった。驚いたのは、政治の描き方。まったく古さを感じさせず、むしろ最近描かれたものではないかと錯覚してしまったほど。
    子供のころ、音楽のときに聴いた「魔王」、また聴いてみたくなった。

  •  最近本を読む習慣が廃れ果てて、めったに読書してなかった。伊坂幸太郎は現代の作家で一番好きな作家だけど、ちゃんと追えていない。
     『魔王』は2004年が初出なのに、2016年に読むというていたらく。おお、十二支が一回りしている……。

     ところがこの作品、初出のころよりも、2016年現在のほうがよっぽど現実味を帯びている。
     解説によると、小泉元総理が「郵政民営化!」とか言ってたよりもさらに前に書かれたものらしい。改憲だとか集団的自衛権だとか、最近フォーカスされている政治的話題とくらべれば、郵便局を国営にするか民営にするかなんて、だいぶのどかな話だったよなあ。
     もちろん、いま言われているような問題が、その当時になかったわけではないし、なんなら日本国憲法やら自衛隊やらができた戦後間もないころからずっと議論されていたのだろう。でも少しずつ後回しにされていって、2016年になってようやく光が当たってきた、という見方もできるのかもしれない。

     政治のことはよう分からんので強引に作品の内容に話を戻すと、『魔王』は「魔王」及び「呼吸」の二編から成っており、「魔王」では兄が、「呼吸」では弟が、それぞれ超能力らしきものを得て、日本を悪い方向に導こうとする何かに抗う物語だ、と大雑把にまとめることができると思う。この「日本を悪い方向に導こうとする何か」が、シューベルトの歌曲に出てくる「魔王」に譬えられているのだ。
     ただ、この「魔王」が具体的に誰のことを指すのか、兄弟で捉え方が違うようだ。兄は超能力によって民衆を扇動するカリスマ政治家・犬養を失脚させようとするが、弟はむしろ扇動される民衆の大きな流れに抗うために行動している(ようだ)。私はちょうど最近「ハンナ・アーレント」とか「アイヒマン・ショー」とかいった映画を観たばかりなので、何も考えずに流れに従うだけの人間が一番恐ろしいと感じる。
     超能力で魔王と戦う! というとX-MENみたいなド派手なバトルもののようだが、『魔王』はまったく違う。兄弟の力は、一国を動かそうとする「魔王」に抗うには一見実にささやかで、何の役にも立たないように思える。しかし、日本は曲がりなりにも民主主義の国だ。国民に主権があり、選挙で政治家が選ばれ国民投票で改憲の是非が決まる。もちろん衆愚政治の危険性はあるが、同時に希望もある。兄弟のような超能力はなくても、ただ流されるだけでなく、自分の頭で考えて行動することができるなら、少しは良い流れを生み出せるんじゃないか。

     考えろ、考えろマクガイバー。

     余談ですが、死神の千葉君が出てきて嬉しかったです。

  • 千葉さん(死神)出てきたの!?
    全く気付かなかった…!
    読了後の感想は一言「もやっと」。

  • 大洪水の中で、私は立ち続ける1本の木になれるだろうか。

    伏線を100%回収すべく、「モダンタイムス」を読んだ後にまた戻ってくる予定。

全1886件中 1 - 25件を表示

魔王 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔王 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔王 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔王 (講談社文庫)の単行本

魔王 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする