アフリカにょろり旅 (講談社文庫)

  • 217人登録
  • 3.64評価
    • (14)
    • (27)
    • (28)
    • (5)
    • (1)
  • 57レビュー
著者 : 青山潤
  • 講談社 (2009年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062762397

アフリカにょろり旅 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東京大学海洋研究所の「ウナギグループ」による、幻のウナギ探索行。ウナギだけどアフリカ!ゆる〜い題名とは裏腹なアフリカでのハードなサンプリングの旅(というか冒険)です。今回の冒険では教授は途中で帰国してしまい、研究員の青山・渡邊組がまだ採取されていない最後のウナギ「アラビアータ」を探して4000kmの爆笑冒険行を繰り広げるのですが、場所はアフリカの大地溝帯に位置するマラウイ、モザンピーク。どこまでも続く荒れ地を縛られたニワトリと一緒にピックアップトラックに揺れら、バスに置き去りにされ、毛穴から入って脳を犯す住吸血虫の蔓延する湖で人食いワニをかわし、カバと衝突、夜は蚊の大群と戦い、陽気ななアフリカ人に暗いアフリカ人・・・ほとんどウナギは出てこない。考えてみれば、まだ採取されていないくらいなんだから、身近にいる訳もなく、とんでもないところまで入って行くサンプリングっていうのはまさしく冒険なのだなぁ。google earthなどで道筋をたどるとなお面白い。モンキーベイの野良象の群れやカバの写真もあります。後半、50度を超える暑さと水不足で身も心も消耗してく二人。だんだん笑えない状況になってくるのですが、その分リアル。でももう少し、ウナギの学術的な話や、サンプリングした後の成果などにも触れてほしかった。にょろり旅の後のニホンウナギの産卵場を探査する冒険行は阿井 渉介著「うなぎ丸の航海」に詳しい。こちらも、同行した小説家である著者という第3者の目から見た冒険行でとても面白い。

  • アフリカおそろしいところだな。
    おもしろかったけど、こんな大変な目にあう必要はあったのだろうか。

  • 【館長の本棚】 常吉図書館長著作
    ★SIST読書マラソン2017推薦図書★
    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=11730088

  • マラウィ、モザンビークと、ウナギを求めてさまよう若手研究者のサバイバルストーリー。
    東大の研究者でもこんな過酷な中、命がけで研究しているのだ、と感心しきり。誰でもできるものではなく、生命力が強いと無理。

    面白かった。フィールドに出てみたくなった。

  • 訪れた土地の背景や文化にもう少し触れてほしかった、が、多分著者の興味がそこに無いんだろうなあ。

  • 昔、アフリカに行った時のことを思い出した。旅なら楽しめるけど、いつ帰ることができるかわからないのは辛い。
    便器が山盛りって、私もよく遭遇した。
    トイレやシャワーの水が出るだけでも、ありがたいと思ったもの。お湯なんか出ない。
    研究にも色々あるけど、途上国でやるのは、研究以外の大変な要素があるから、好きじゃないとやれない。それだけ研究が面白いということだろう。すぐに人の役に立つかはわからなくても、謎の解明にはきっと意義があると信じる研究者を日本は大切にしてほしい。
    とにかく、死ななくてよかった。
    若者に読ませたい。

  • 前半は愉快で面白いが、後半は本当につらい。喉が乾いてくる。実際、お金に直結しない研究分野はどこもこんな感じなんだろうなと思わせる。

  • ウナギの研究者によるアフリカ探訪記。
    そこそこ面白いし、旅の移動や宿の酷さについては自分たちのようなNGOスタッフをさえ遥かに凌駕していて、その辺は辛いだろうなぁ気の毒だなぁとは思うのだが、イマイチ同じ視点というか、身内という感じで読むことができなかった。序盤から中盤にかけての、現地の人をコケにしているかのような言葉遣いのせいなのかもしれず、実際にそういった言葉を吐いていたということを正直に書いていることについては評価できるのかもしれんけど、かといって好感は持てんなぁ、という印象でした。本の裏表紙の煽り文句の「爆笑アフリカ冒険記」という言葉に負けてしまった感じですかね。

    結果的に、この本に収められている旅によって、採集されていない種類のウナギが見つかる訳ですが、そのウナギの生態などについてはあまりページが割かれていません。それを見つけるまでが主軸なので仕方ないところですが、研究者らしくもうちょいその辺を掘り下げてくれても良かったかなぁ。

    総じて、ウナギなり東大海洋研究所なりに関心があればどうぞ、というところ。アフリカそのものに関心がある、といったぐらいであれば、手を出す必要はないかと思います。

  • 第38回天満橋ビブリオバトル テーマ「食」で紹介した本です。

    https://www.facebook.com/events/479108888875549/permalink/484507031669068/

  • ○水産分野の研究者で、(当時)うなぎの調査研究を行っていた青山氏の作品。
    ○アフリカの一部に生息する「うなぎ」を入手するために、悪戦苦闘した日々を綴った作品。
    ○旅行記としても読み物としても純粋に面白い。特に、うなぎの生態については、全く知らなかったので、これほどまでに奥深いとは・・・・

全57件中 1 - 10件を表示

青山潤の作品

アフリカにょろり旅 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アフリカにょろり旅 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アフリカにょろり旅 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする