ガール (講談社文庫)

  • 5694人登録
  • 3.70評価
    • (430)
    • (932)
    • (816)
    • (136)
    • (15)
  • 769レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 講談社 (2009年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062762434

ガール (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 奥田さんの目線はいつも優しい。
    ユーモアと愛が伝わるのでほっこりします。
    登場人物みんなが愛おしくなりました。

  • オムニバス形式になっているので、とても読みやすかったです。
    それぞれの、30代女性の悩みや日常が描かれていて、とっても共感がもてました。

    「うんうん」「あるある」「だよねー」と相づちを打ちながら、自分はどのタイプかなんて重ねたりして。

    30代の女性って、ホント色々な人生の選択を迫られる年代なんだなって、しみじみ思いました。
    そして、自分の将来のために、深く考えるべきだし、まだまだいくらでも選択肢があるのだと思います。

    だからこそ、30代女性ってキラキラ輝いてるんだよね!と思うんです。

    気楽に読めて、ちょっと考えさせられる一冊でした。

  • 2017.03.16
    10年以上も前の本か〜時代を感じるな〜

    若い子を意識しすぎなオーバー30の女たち。
    大手に勤めて、順当に出世してて、お金もあって…羨ましい。

    若いときちやほやされてたのは、美人だったからだろうし。

  • 奥田さんうーめー。30代の女性たちを描いた短編集だけど、女性の気持ちをよくもここまで…。
    しかしストーリーが面白いというのは頭で理解できるが、感情移入できるかといえば全くできない!むしろなんか凹みすらする!
    なんつっても主人公はみな美人、高収入、バリバリ仕事こなす、おしゃれ、昔はチヤホヤされていた=ガール!!私が苦手とする女たちじゃねえか!!
    そんな女たちの悩みとか、心中の葛藤とか、全っ然理解できんし、むしろ腹が立つとすら言えるし。
    なのになぜ4つ星かと言われたら、自分でもよくわからんけど、まあ強いて言えば興味深い?

  • 30代について、考えさせられた。
    自分はまだ25だけどそれなりに焦りもあって、あ〜30代になると女性はこんなに生きづらいんだなあと。
    ただ短編それぞれの終わり方は前向きだったので、みんな同じようにもがいて、葛藤があって、心の中ではいろんな思いが渦巻いてるけど、乗り越えて生きて行くという気持ちにはなれる。
    女性にとって年をとるって、いいことあるのかなあ。。
    なんだか考えさせられたので、30代が楽しみになるような作品も読みたい。

  • 読者のことをよく意識して、よく作られている物語たち。
    職人技だと思う。

    あとがきにある、女性のファッションが正しくかけていることがすごいというのは、まったく気付けなかった。

  • あっという間に読めちゃう本。
    微妙な年齢の女性達、微妙にしちゃってるのは世間であり、自分達なのかもしれない。

  • 男性がこんなにリアルに女性の生きづらさを描いていることに驚き。途中のイライラは相当なものですが、それがあってこそ最後にすかっとします。 自分も女に生まれてよかったなーと思えます。こんなにちゃんとできてないけど。

  • たまにはこういう本も読むよ(報告)。

  • ネットのどこかで「女性心理がここまで正確に描けるなんて」と絶賛されていたので読んでみたのだが、女性ならぬ身としては、単なるステレオタイプが描かれているだけで、「ふーん」という感じ。ちなみに登場する年下部下男や秘書室を喜び組扱いしている役員男もステレオタイプ。解説の吉田伸子によれば「女性のファッション描写が素晴しい」とのことだが、そちら方面にはとんと疎いため、これも面白さが判らず。『イン・ザ・プール』を読み返した方がまだ良かった。強いて好みを言えば、滝川由紀子、お光こと光山晴美、安西博子、三者三様の女っぷりを描いた表題作『ガール』か。

  • まあなんと申しやすか,いきなりですが,世の中女の裸ならなんでも良いと言う訳じゃあございやせん.ロリコンさんには小学生.熟女マニアはおばさんばかり,SMファンは縄と鞭.男好きならニューハーフってえ具合に人それぞれ好みってえもんがごぜえやす.あっしの場合も鳥ならなんでも良いって訳じゃあごぜえやせん.木に止まってるのやら水の中を泳いでいるのを見てもさっぱり勃起..じゃなかった,そそられねえ.やっぱり鳥は飛んでるところでなくっちゃいけねえ.しかも大空を悠々と,てえんじゃなく目の前を低空飛行でスーッとなんてのはたまんないね.群れて飛んでるのも良いいね.えっ?分かってくれる.そうですかい.江戸っ子だねえ.さっ,もう一杯いかがです?

  • みなさんおっしゃる通り、女性でもなかなか微妙な歳の微妙な心境は描けませんよ。おみごとです。奥田英朗さんは大好きな作家です。男性でありながら女性の心を見事に捉える。どんな取材をされているのか気になるところです。
    どの作品もそうですが、男性作家特有の理屈っぽさがなくて、すごく読みやすいんですよね。文字が天然水のごとくスルスルと入ってくる感じです。

  • 30代の女性が主役の短編集。読んですぐに頭から小説の内容が消えていくくらいの軽い内容だけどそれぞれはとても面白かった。
    文章も読みやすいし奥田英朗さんの作品は好きなのが多い。

    kobo

  • 20代後半のOLですが、どのお話も十分に共感できました。読んだら暗くなるかなと思って買った後温存してましたが、もっと早く読めばよかったと思ったくらい心が軽くなる内容でした。

  • なぜ男性がここまでリアルな三十代の働く女性を書けるのか?若さが武器だった二十代を駆け抜けた後の彼女達が、自分や周囲の変化に戸惑いながらも前に進もうとする。清々しい読後感がいい。

  • フツーの人たちのなんてことない日常の物語ですが、

    奥田作品によく見られる、
    皮肉たっぷりの主人公の心の声が相変わらず楽しい。

    奥田作品の面白さはここにあります。

  • 4
    総合職で働く30代女性の短編集。働く女性ならではの色んな悩みや葛藤がわかって面白い。自立した人が多く人物も魅力的。

  • 三十代の働く女性を主人公にした短編集。表題作『ガール』の一説に「女は生きにくいと思った。どんな道を選んでも、違う道があったのではと思えてくる」という言葉が出てくる。そうそう!ここ日本では、働いても家庭に入っても、子供がいてもいなくてもほかの女性と比べられていろいろ言われて、不安になることがある。でも何をしていても胸張っていこう!そう思える一冊だった。

    ちなみに、ここまで女性をうまく書ける作者、奥田英朗さんっていくつだ?とふと思ったので、そばにいた父に生まれ年を聞いたらなんと同い年だった。わお。

  • 働く女性の悩みにうなづいてくれるような、優しい小説群なのですが、リアルな小説を読んでもリアルを変えられるのは自分しかいないよね、という現実にくらっとする。

  • 配置場所:広広文庫本
    資料ID:93129023
    請求記号:080||O

  • 30代のワーキングウーマンが主人公の短編集。
    20代に謳歌していた特権がいつの間にか得られなくなった焦りと、若い女性への対抗心が痛々しすぎてキツイ。最後は前向きになったかの如く描かれているものの、むしろ無理やり諦めのように感じられてダメ押しです。
    少し前の作品なので、現在の自分の周りではこれ程酷くないと思っているのは事実なのか鈍感なのか?

  • ヤラレタ。
    心の中見られているのかと感じるぐらい痛い小説。結婚してても、働いている女性や子供がいない女性なら「アルよ…アルアルよ…」とつぶやきながら読むに違いない。

    登場人物、上司や同僚も含め、キャラの違いはあるけれども皆前向きで一生懸命で憎めない人達なのが読んでいて心地良い。

    自分も自分らしくマイペースで頑張ろうと素直に思える本で良かった。

    最後に。どうして男性に三十代(バツイチも含む)独身働く女性の心の中が書けるのか不思議。見えてるのかな。

  • 働く女性の奮闘を描いた感じ。

    読んだのは26歳のとき。
    その時は何かいまいちやったけど
    今31でもう一度読むと
    すごい共感できる

  • 奥田英朗、おそるべし、、、というくらいに、ビッシバシに、リアルです。
    奥田さん、男性なのに、1959年生まれで、この小説内の各短編が、2003~06年にかけて書かれたようなので、小説発表当時は44歳くらいの時の作品でしょうか。それでも、なんでまあ、こんなに切実にホンマっぽく、30代の働く女性の気持ちを、書くことができた(ように思われる)のでしょうかね?

    まあ、正直なところ、この世には様々な考えの女性がおられることでしょうし、僕自身も38歳の中年男性なので、実際の20代後半~30代の女性の気持ちをリアルにわかるかというと、んなこたあ全くないと思うのですが、でも、この小説は、圧倒的にリアル、だと思うのです。そう思っちゃうのですから、しゃあない。とにかく、奥田英朗、おそるべし、、、というくらいに、リアル。で、めっちゃおもろいんだもん、困っちゃうよなあ。凄いよなあ。

    で、やっぱ、奥田さんは優しいな。あったかい人だな、ということがしみじみ感じられます。文章の端々から。「最悪」とか「邪魔」とか「無理」とか、あんだけキッツい辛辣な小説を書く人ですが、絶対に優しい人だと思うなあ。その冷徹な眼差しと、「世の中そんなもんなんだよ」でもいうような達観と、それでもあったかさ、優しさのあるところ。プロ野球が好きで、ロックンロールが大好きなところ。奥田英朗、素敵な人物だなあ~としみじみ。

全769件中 1 - 25件を表示

ガール (講談社文庫)に関連するまとめ

ガール (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガール (講談社文庫)の単行本

ガール (講談社文庫)のKindle版

ツイートする