雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)

  • 352人登録
  • 4.00評価
    • (34)
    • (18)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 高里椎奈
  • 講談社 (2009年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062763264

雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前々から思っていたけれど、高遠さんもお父さんもあまりに性格が似すぎていたんだね。二人とも不器用だし素直じゃないし。
    でも今回の話しで、二人の距離が縮まったのは正直言って嬉しかった。

  • ラストにほっとした一冊です。

  • ザギが……

  • 借り物。

    面白かったけど、所々意味が分からない。

  • 砂波ちゃんがかわいい! こういう子とお友達になりたいなあ。

    秋くんとリべくんは別行動。離れ離れになってしまうので、そんなに接触はないんだけども、リべくんが電話で「師匠にお菓子食べないでくださいって言っといてください」という伝言を託したあと、ユノがやってきて、秋くんがリベザルにってユノにお菓子を持たせていたところは、なんとも言えずほっこりでした〜v リベザルはまた成長してます。この子はホントにえらいなあと思う。

  • 再読。シリーズ中でも上位に入る、好きな巻です。高遠さんと秋くんのやりとりが素敵。

  • 高遠さんの妹って言うのにまず違和感が。でもいい子です。リベザルとキツネと砂波の三人組が可愛い巻。
    最後、秋が高遠さんに不覚を取ったのが意外と言えば意外。そのときの高遠さんの、恩と借りの話が好きです。

  • 文庫版12巻

  • 最終巻まであと一巻!
    加速していくミステリーと人間との共存

    兄弟愛ってすばらしい

  • 購入済み・未読

全17件中 1 - 10件を表示

高里椎奈の作品

雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする