分冊文庫版 邪魅の雫(中) (講談社文庫)

  • 249人登録
  • 3.76評価
    • (14)
    • (17)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2009年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062763738

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

分冊文庫版 邪魅の雫(中) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2016.04.04

    やっと繋がりだした感じ。
    青木と益田がメイン。京極堂は登場せず

  • 関連性が有るようで無い連続で発生する殺人事件
    どうやら凶器がポイントらしい

    大体いつもの感じだと、このぐらいまでで京極堂の十分過ぎる程の薀蓄が語られるのだが、今回はほとんど無い。これまでの作品の脇役っぽい人達が右往左往している様子が描かれている。

    今回のテーマは、社会と世間と自分の関わり方、かな。

  • 読み返さないとどれが誰だかよくわからない

  • 珍しい。全く読み進められなくなってしまった。
    はっきり言って今回はつまらん!
    もう少し寝かせてから読むことにしよう。

  • 連続事件の関連性が、なんとなくわかりそうで実は全然分かっていない…
    事件が解決していくどころか次々に起こり、謎が増えるばかり…
    今回は青木・益田・石田の感情や考えなど、今まであまり語られなかったものがあった。

    (2011/11/24)

  •  む、今回は関口がよく喋ってる。京極堂、出番少ないなぁ。

  • 関口さんががんばった回だった。前へ進もうとする意志が見えて、下に引用した部分が、やけに印象に残った。

    事件の主犯の立場のせいか、これまでに比べて個々の登場人物が心情を表して会話する箇所が多く、新たな味わいがあった。

  • 京極堂シリーズ。

  • 感じたこととか思うところは色々ある。
    色々あるんだけど、
    どこから、何からどう言葉にすればいいかわからない。

    これは榎さんの話なんだろうけど
    どうも榎さんの話として読めなかった。
    一回だけじゃ読み切れない。
    一回読んだだけじゃ受け止めきれなかったなあ。

    益田君が、とっても人間臭く見えて好きになった。
    これを読む前に「魍魎」を読んだから、
    青木君成長したな~とか思ったり。
    あと山下さんが出てきたのが何気に嬉しかった。

    関君の“お気に入りの鞄”の話は
    ああ、なるほどな~と思う。
    ほんと上手いなあと思う。
    自分ではっきり意識してなくても
    確実に存在している感情っていうか、
    漠然と持ってる気持ちを
    いつも関君が言葉にしてくれてる。
    だから好きなんだろうな。
    こんなに同調してしまうキャラクター、今までいなかったもんなー。
    だから「姑獲鳥」なんか好きだけど読むのが辛い。苦笑
    「塗仏」も読みなおそうとしたけど挫けた。。

  • んー?
    真ん中過ぎたのに妖怪談義がまだない?
    京極堂が妖怪蘊蓄たれる前に関君が出張ったのでなんか不思議な感じです。

    というかもしやと思ってはいたけど京極堂って意外とふざけた人ですか?
    ちょっとお茶目かなーって印象でしたが、結構お茶目だな、に変わりました。大好きだ。

    益田君も好きになった。こういう人ってなんか良い。

    今回従軍時代のことがまた少し明かされそうですね。楽しみです。

  • 講談社文庫 き−39−127

    2009/07/03 読了

    面白い!早く続き!!

全12件中 1 - 12件を表示

分冊文庫版 邪魅の雫(中) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

分冊文庫版 邪魅の雫(中) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

分冊文庫版 邪魅の雫(中) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

分冊文庫版 邪魅の雫(中) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする