リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)

  • 260人登録
  • 3.71評価
    • (12)
    • (37)
    • (22)
    • (6)
    • (0)
  • 27レビュー
制作 : 古沢 嘉通 
  • 講談社 (2009年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062763929

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
ジェフリー・ディ...
ジェフリー ディ...
トム・ロブ スミ...
ドン・ウィンズロ...
マイクル・コナリ...
トム・ロブ スミ...
ジェフリー・ディ...
有効な右矢印 無効な右矢印

リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2012年の今年、見た洋画で、原作を読んでみたいと思ったのは「裏切りのサーカス」(ジョン・ル・カレ「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」)と、これ。映画版はマシュー・マコノヒー主演で、ブラッド・ファーマン監督がメガホンを執った。マコノヒーにとっては久々の当たり役になった。

    エドガー賞処女長編賞受賞作家のマイクル・コナリーによるベストセラー。主人公は裁判に勝つためなら、手段を選ばないLAのスゴ腕弁護士ミック・ハラー。かつて弁護した黒人を運転手に使って、高級車リンカーンの後部座席をオフィス代わりにしている。顧客はチンピラ。検察側との取引によって、刑を軽減させるのが主な仕事だ。

    そんなちょい悪のミックが、大金目当てで暴力事件の弁護を引き受ける。最初は簡単な仕事と思えたが、依頼人のルイスには4年前にミックが担当した別の殺人事件の真犯人ではないかとの疑惑が浮上。そんな時、ミックが依頼していた調査員が殺される…というのが上巻までの筋立て。

    小説版はミックの一人称で進んでいくが、ほぼ原作通りの展開。つまり、小説は映像的にも優れているということだろう。

  • 読み始めたところ・・・読みにくい・・・がんばる

  • 訳文に問題あり。
    序盤かなり読みづらい(>_<)。
    ブクログのみんなの書評みると、上巻の欄でうっかり下巻分のエピソードのネタバレやらかしてる人が多い(>_<)。
    お話としてはいかにも映画向き。

  • ようやくさかのぼって、
    ミッキー・ハラー弁護士の話を読む。

    「真鍮の評決」を読んだ時にも思ったが、
    裁判関係の詳細というか、
    裏事情がいろいろ書かれていて面白かった。

    例えて言えば、
    いろいろな業界を取り上げて、
    その内幕を描いたフレデリック・フォーサイスの様な
    面白さと言うか。

    テレビ番組でも業界内情もの好きの私としては、
    とても面白かった。

    (下巻に続く)

  • 7月15日読了。図書館。

  • 上巻は、半分過ぎるまでは、「耐える」感じでした。
    アメリカの裁判制度や弁護士の仕事についての前置きに、とにかく「耐える」
    しかし、後半からは、ページをめくる手が止まりません。もどかしいまでによく解らない司法制度や、主人公の弁護士が抱えている裁判が多すぎて、「これ誰だっけ?依頼人?被害者?」状態に陥ることもありましたが、
    後半から一気に物語る急展開。
    ハラハラドキドキでした。

  • 会社の先輩の旦那様にすすめられた本。
    私には少し難しかったのかな。
    弁護士用語にどうしても馴染めなくておもいしろいとは思えませんでした。
    映画だとまた違っておもしろいのかもな。

  • いやだ!意外な展開に!!!下巻読むのが楽しみすぐる!

  • 次回作にハリーボッシュが出ると聞いて読んでみました。
    前半はなんとなくまどろしかったけれど、相棒のレヴンが殺されてから
    俄然、おもしろくなってきました。

  • 基本的に読み方を間違っていると思うのでノーコメント

  • 映画化されるというので原作を読んでみました。
    最後はドキドキしました。

  • 2012年7月14日 公開

    監督 ブラッド・ファーマン
    キャスト マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ジョシュ・ルーカス、ジョン・レグイザモ、マイケル・ペーニャ、フランシ

    http://tll-eiga.com/

  •  リーガル・サスペンスは法曹界に身を置く人により副業として書かれ、それが成功に結び付けば作家業として転身、というパターンが多いように思う。だからこそ、業界に身を置かぬが既にプロである犯罪小説作家が、このジャンルに手を付けるというのは、対本職という意味でのハンディを負っており、それゆえに相応の決意と準備とが必要とされるものだと思う。

     アメリカン・クライム・ノヴェルの現役頂点に立つ作家と言って過言ではないコナリーでさえ、本書の執筆に5年を費やしたそうである(ボッシュものだと通常執筆にかける時間は2年)。法曹界もののスリラーが、作家にとっての新ジャンルとは言え、質の高い創作が常に求められる頂点の作家であればこそ、かくも慎重なる5年であったことだろう。この作品の、どのページからもそうした並々ならぬ創作側の苦労と決意が滲み出ている気がする。

     これまで、なぜ誰も書かなかったのだろうと思われるのが、まず表題ともなっているリンカーン弁護士のような存在である。事務所を持たず超零細経営で、裁判所から裁判所へと渡り歩き、ケチな報酬をちびちび稼ぐという、何だか夢のないリアリズムいっぱいの商売に従事する弁護士のことであるらしい。

     我らが主人公ミッキー・ハラーはどうであろうか。事務所はリンカーンの後部座席、保釈を勝ち取ってやった犯罪者を報酬の支払い一部として運転手として用立て、広告に記載されている連絡先は、元妻兼マネージャーの住居の電話を当てがっている有り様だ。

     ミッキーは、依頼人としてとうとう金の成る木を掴まえる。不動産女王からの依頼により、息子を暴行事件の容疑から逃れさせて欲しいというケースである。有能な調査員とのコンビにより調査が進むにつれ、事件は、過去にミッキーが弁護を手がけたある裁判に結び付く。

     過去の自らの判断への懐疑が産む、罪悪感にプラスして、なけなしの正義感。別れた妻二人と残された娘の命を危険に曝しながら、捜査線上に浮かび上がる邪悪なものへの脅威が徐々に増してゆく。

     LAの迷路のような世界、煮立った鍋の底のような世界を、職業と生命を賭けて切り抜けようと足掻く壮年弁護士のサスペンスに仕上がったこの一作。

     コナリーはまたも新たなアンチヒーロー像を作り上げたのである。彼の行手には、完璧なサスペンスを楽しめる複雑な迷宮。次回作も既に上梓されているそうで、そこではボッシュとの競演が見られるらしい。これまた実に楽しみな話である。

  • 久々のコナリー。しかも、非ボッシュだったが、これは面白い。刑事弁護士の描き方にうなってしまった。

  • 上巻は中盤から一気に盛り上がり

  • 私の評価基準
    ☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版
    ☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも
    ☆☆☆ おもしろい 気が向いたらどうぞ
    ☆☆ 普通 時間があれば
    ☆ つまらない もしくは趣味が合わない

    2011.10.16読了

    さすがに、普通に面白い。

    当然だけど、文章は上手くて、下巻は切れ切れに読むようになってしまったのだけれど、少し読むとスッと話に入って行けました。

    ただ、いつも私が書いている、小説ならではの雰囲気というか、そういうものがなくて、いまひとつ、引き込まれなかった。

    多分、新しくシリーズになる最初の作品になるので、その周辺の説明をしなければならなかったこと、その分野がリーガルサスペンスなので、精神的にはともかく物理的に、従来の作品と比べて、スリリングな進行ができないこと、それから、新しいリンカーン弁護士というキャラクターを、そのスタイルも精神性も、私自身が、イメージし難かったというのが要因だと思われます。

    しかし、その要因を払拭するかのように、次回作はボッシュ刑事と共演していると解説にあったので、期待しましょう。
    ま、でも、コナリーの作品はいつもおもしろさ優先で、空気感というか雰囲気は、あまり無いよね。

    ちなみに、あのボッシュが同じ名前を持つ、難しい名前の画家の作品を、まだ見たことが無いんですが、本当に実在するのかな。

  • 最後の方は緊張感があって、一気に読んでしまった!うまいね!!映画版にも期待(^^)

  • うーん…と言う感じ。
    説明が長く、日本語訳のせいなのか、どうにも引き込まれない。
    登場人物に魅力的な人がいないから?
    主人公の弁護士に魅力が感じられないのが何とも…。

  • 作品の前半にあたるので、刑事弁護士としての日常を語る事前説明が多く、人物名も多く出てくるので、ともすれば退屈してしまうが、微妙に後半への伏線をはっているので、後半に乞うご期待。特にさいごのところで、いよいよハラハラするそれらしい展開が見えはじめ、後半は息もつかせず読み込んでしまう。

  • 私の中では『ユダの窓』と本作品がリーガル・ミステリの双璧。
    長めの助走を経て、物語は一気に加速する。中盤にサスペンス色を際立たせた、リーガル・ストーリーの挟み撃ち。この構成は素晴らしく、どうやっても抗うことのできない吸引力となって、読者を確実に支配する。サスペンスフルな展開の中にも、リーガル・ミステリとしてのテリトリーをキープしているので、全体のトーンは統一されている。
    保釈保証人や調査員、検事である元妻や囚人など、脇役が次々と事件に絡んでくるストーリーもいい。その辺りに無駄な動きは一切なく、また過剰にキャラを利用して話を歪めるという欲深さもない。
    刑事弁護士という主人公の立場は、いろんな局面でクローズ・アップされる。小さな手掛かりから繋がる謎の連鎖は読者を驚愕させ、主人公を苦境に立たせる。法廷シーンだけがリーガル・ミステリではないことを実感させられるだろう。弁護士という職業を逆手にとり、弱点を物語の根幹に据えた作者の手腕には脱帽するしかない。 続編を所望する読者も多いのでは?
    マシュー・マコノヒー主演で映画化されるそうだが、彼は若干あくどさに欠ける。『エンゼル・ハート』の頃のミックー・ロークが私のイメージに近いかも。

  • ミッキー・ハラーは、リンカーンを乗り回すやり手の刑事弁護士。
    ちょっと久しぶりな気がするマイクル・コナリーの作品です。
    刑事ボッシュ・シリーズではなく、弁護士が主人公。
    二度の離婚経験のあるミッキー、仕事に追われて幼い娘に会いに行く時間もなかなか取れない。
    広大な州に点在する裁判所や刑務所を回っているのだ。
    そこそこ成功しているが、大仕事には最近恵まれていなかった。前半、現実的な事件の描写は余り盛り上がらないが、勤めている大人にはわかりやすいかも。
    そこへ飛び込んできた事件は…
    大金持ちの一人息子の30男が、女性に暴行で訴えられたのだが無罪を主張。
    事件のほとんどは常習的な犯罪者で、無罪の人間は少ないという現実があり、これは珍しい無罪かも知れないと思う…
    弁護士にとってはやりにくいんだそうです。なるほどね?
    人生を変える事件に巡り会った中年の弁護士の奮闘を描きます。

  • ハリー・ボッシュ・シリーズではなく、新しいヒーローの登場です。高級車の後部座席を事務所代わりにし、ロサンジェルスで活躍する刑事弁護士ミッキー・ハラーが主人公。依頼人は婦女暴行容疑で逮捕された資産家の息子ルイス・ローレイ。確かに物語が動き出すまでやや長く、退屈でもあったのですが・・・。下巻に続きます。

  •  マイクル・コナリーは面白いのに、たなぞうでは人気がないなぁ〜。もったいない。でも、この主人公はちょっと……待ちに待ったコナリー最新作なのに。う〜ん、残念。内容(「BOOK」データベースより)高級車の後部座席を事務所代わりにロサンジェルスを駆け巡り、細かく報酬を稼ぐ刑事弁護士ミッキー・ハラー。収入は苦しく誇れる地位もない。そんな彼に暴行容疑で逮捕された資産家の息子から弁護依頼が舞い込んだ。久々の儲け話に意気込むハラーだが…警察小説の名手が挑む迫真のリーガル・サスペンス。わくわくしながら読み始めたものの、主人公の刑事弁護士ミッキー・ハラーを「なんていけ好かない男なんだ」と感じてしまい、がっかりしてしまった。なぜなら、ハラーはいかに多くの報酬を得るかということにしか関心のない弁護士だったからだ。仕事の進め方も、依頼人を第一に考えるのではなく、より多くの報酬を見こめる手順を踏もうとする。悪徳とは言わないまでも、嫌なタイプだ。<ハリー・ボッシュ>シリーズが最高で、気に入ったマイクル・コナリー。本書は彼の最新作。それで期待に胸躍っていたのだが、予想外の幕開きにはちょっと引き気味になってしまった。ところが、やはりコナリーは裏切らない。中盤から後半、新たな動きが……一気に期待もテンションも高まる。当初嫌悪感を抱いた主人公ハラーではあったが、ちらりと正義感を覗かせ、下巻へ繋ぐ。さあ、どうする、ハラー?急展開は、コナリーの真骨頂。一筋縄では行くわけはなかった。こう展開させるために、ハラーの人物設定をそうしたわけか。こういう展開があるから好きになったのを忘れていた。

  • 感想は下巻に書きました。

全27件中 1 - 25件を表示

リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)の作品紹介

高級車の後部座席を事務所代わりにロサンジェルスを駆け巡り、細かく報酬を稼ぐ刑事弁護士ミッキー・ハラー。収入は苦しく誇れる地位もない。そんな彼に暴行容疑で逮捕された資産家の息子から弁護依頼が舞い込んだ。久々の儲け話に意気込むハラーだが…警察小説の名手が挑む迫真のリーガル・サスペンス。

ツイートする