赤い指 (講談社文庫)

  • 15893人登録
  • 3.66評価
    • (1029)
    • (2100)
    • (1973)
    • (358)
    • (71)
  • 1357レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (2009年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764445

赤い指 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 息子が幼い女の子を殺してしまう。その罪の隠蔽のために、自分の認知症の母親を犯人に仕立てようとする。しかし、母親は、実は認知症じゃなくてその振りをしていた⁉️オヤジの本当の気持ちはどこに…どこまで正直になれるのか…なんて切ない結末…人間の心情描写がよくわかる、感動の一作。

  • 東京出張になり、読み止しの本があったのだがもうすぐ終わりそうだったので、手を付けていなかったこちらを持って出る。往路、殆ど読めなかったが、復路だけで読了。
    冒頭から松宮や金森が登場。読み進めば、加賀と父親の関係も分かり、最終話に繋がる加賀の母親の話も語られる。
    「新参者」から読み始め「祈りの幕が下りる時」まで読んだ後、シリーズ最初に遡った者からすると、ここまでシリーズと言いながらそれ程シリーズ感がなかったのだが、ようやくシリーズ物らしくなった。
    今更ながらに「東野圭吾全小説ガイドブック」を紐解けば、作者にとって加賀は『自分がやったことのない実験作に挑む際に登場させることが多い、頼りになるキャラクター』だったらしく、私が知っているシリーズのテイストは、ここから始まったという感じ。
    そして内容は殺人事件を隠蔽しようとする家族の話をメインに、嫁姑の問題、息子と親の関係、そして年老いた親の介護問題などを絡ませ、加賀の推理が冴え渡る内容。

    惚けた父が入退院を繰り返しながら寿命を全うした時、離れて暮らし時々見舞う程度の私でも一面ホッとして、近くで長く付き合った母の思いは如何ようかと思ったのだが、母としては惚けて病気であっても死なれるよりは良かったようで、その絆の重さに痛み入った覚えがある。
    そうした夫婦の関係は傍から見ていても計り知れず、この本の夫婦も年老いた母の思いが分からなかったようだが、私も両親に対してそうであったように思う。
    私ら夫婦に対してまた息子たちもそうなのだろうか。
    息子たちに対してどうしようもないと思う時、それはそのまま自分の育て方が悪かったのだと気付かされ、それ以上何か言うことを諦めてしまうのだが、そういうことだといけないな。
    話の面白さとともに、色んなことを思ってしまった新幹線の車中。

  • 親が子を思う気持ちと、子が年老いた親を思う気持ちってこうも違うのかと。家族ってなんだろう、、、
    考えさせられましたし、
    最後泣けました。
    さすが東野圭吾、伏線が繋がったときはなんとも言えない感情が込み上げてきました。

    何度でも読みたい一冊になりました。

  • 何回読んでも泣いてしまう。
    介護の仕事をしてるだけに尚更…

    毎回思うが東野作品は終わり方が気持ちいい。
    読み終わった後余韻に浸ってしまう。

  • 赤い指って、なんだろう?
    と思いながら読み進め
    最後の最後で理解。

    家族の形が変容し
    他人への愛が薄くなった
    と言われる昨今
    まだ人間としての
    本質的な愛情は
    失われていないんだな
    と考えさせられた作品ですね。

    久しぶりに一気に
    読み進めました。

  • 無惨に殺害された我が子の無念を思い、極刑を求める親がいる。
    どんなに残忍な犯罪を犯したとしても、命だけは取らないでくれと嘆く親がいる。
    どちらも子どもへの愛があり、そのどちらの思いも親ならばこそのものだろう。
    老婆の指についていた赤い色。
    そこにはどんな思いが込められていたのか。
    親としてどんなあり方が正しいのか、私にはわからない。
    けれど、子どもに正しいことは何なのか・・・を教えていくのは親の務めだと思う。
    ミステリー色よりも、家族をテーマに据えた人間ドラマのように感じた。
    人は、人として生きるために絶対に失くしてはいけないものがある。
    それを考えさせられる物語だった。
    それにしても、昭夫にとって家族とはいったい何だったんだろう。
    もしも人生の岐路が結婚だったとしたら、きっと昭夫はそこで選択を間違えてしまったとしか思えない。
    昭夫自身にも養母にも愛情を感じられない時点で、八重子にとっては家族は息子の直巳だけだったのかもしれない。
    ならば、直巳のためにどうすればいいのか・・・もっと真剣に考えなければならなかった。
    結局、八重子が愛していたのは直巳でもなかったような気がする。
    自分自身だけが大切だったのでは?とも思う。
    印象に残る場面が多い物語でもあった。
    自転車を引きながら歩く昭夫。
    黒いビニール袋からのぞく白い靴下を履いた小さな足。
    そして老婆の赤い指。
    読みごたえはあったけれど、どこかに重石を載せられたような気分になった。

  • タイトル通り赤い指がカギを握る。家族もテーマ。少しうるっときた。

  • 読んでる途中で、ん?テレビドラマで観たぞ・・と思い出した。
    でも、活字で読むのとテレビドラマで観るのとでは、持つ感想の観点が違うから面白い。

    いろんな親子がいるもので、いずれもそこには親の愛情があるのだけれど、他人には理解しがたかったり、通じ合えなかったり、歪んでたり、不器用だったり・・・。
    でも、歪んでいてもそこには紛れもなく愛がある。
    子はそれに気づけるかどうかというのが、子として人間として正しく生きれるかどうかにかかってくるのだと思う。

    年老いていく親との付き合い方も、考えさせられた。
    最初から立派な親はいなくて、子育てをしながら親になっていくのと同じで、今度は子が、親の介護をしながら親を尊重していくことを学んでいき親の子になるのかなぁ・・と思った。

    結婚して価値観や共有してきたものが違う人が混じったとき、どんな化学反応を起こすのか・・・。その時にどう対処していくのか・・ていうのがリアルに考えさせられる。

    ストーリー展開や、登場人物のキャラ設定も面白かったけど、「親子」「家族」について考えさせられた一冊。

  • 加賀恭一郎シリーズ。

    泣けた。。
    家族の絆を考えさせられる内容だった。

    加賀恭一郎がいちばんかっこよく感じたお話でした。

  • 大学卒業時に友達から蔵書を大量にもらった中の一冊。
    積読状態のものを読破。

    普通に面白いが、普通な一冊だった。
    ものすごい起承転結があるわけでもなく、
    淡々と物語が進行していった印象。
    前半部分は、夜中に一人で読んでいると背筋が寒くなった。

    確かに、もし同じような状況が自分にも身に降りかかったら、
    自分はどうできるだろうと考えさせられる一冊。

  • 加賀シリーズ7作目

    加賀刑事の従兄弟と2人で
    展開して行く。
    やっと松宮刑事!
    最初に10作目を読んで
    しまったので、
    色々繋がってきました。
    こうやって出会ったのね!

    内容はなんとも薄暗く重い。
    グロではなく、精神的に。
    でもよかった。途中で人間に戻ってくれて。
    自分の子どもが罪をおかしたら
    私はどうするんだろう。

    毎回思うけど、
    東野圭吾はタイトルの回収が
    気持ち良いね。


    2017.1.6 読了

  • 倒叙ミステリー。最後に明らかになる事実に衝撃を受けた。

  • H29.01.01 読了。

    古本屋さんで50円でたまたま売っていたので購入。
    初めてこういう「2時間サスペンスドラマ」な話を読んだ。

    まず、ストーリーが今時。
    親の介護、子どもの引きこもり。

    しかし、ありえなくもない話。
    こういう家庭ありそう、って話で、
    自分の家庭もこんな最悪なことにならないように、と思った。

    事件解決も割とスッキリして良かった。
    東野圭吾さんの「ガリレオ」はあまり合わなかったが、この作品は良かった。

  • 非常に胸糞悪いストーリーだった。

  • ☆3つですが、つまらなくはないです。
    読んだのは少し前なので覚えている限りでのレビューですが。
    犯罪者の自首を促す加賀恭一郎の手腕が大きな見どころだと思う。
    毎度ながら加賀恭一郎の感じの良さに惚れる。素敵な人だ。

    他の方のレビューでは涙したとのコメントが多いけど、泣きはしなかったかな。
    殺される少女の死体の描写が生々しくて、ちょっと耐えられなかった。コドモが殺される話はツライ。
    それに、悪い意味で息子可愛がりな母親と、悪い意味で没交渉の父親が酷くて、犯人の息子もグズで、イヤになる。☆3つしか付けられない理由はそのあたりかも。

  • 息子が起こした殺人を痴呆の母親の責任にする話。
    最終的には感動話になるが、息子の殺人の動機が曖昧な点と、偽装工作が素人すぎて話の面白みに欠ける。
    東野圭吾の安定の読みやすさで簡単に読破できるが、すっきりしない後味。

  • 外で読まない事をお勧めする本
    涙が止まらない

  • よその家の女の子を自分の息子が殺してしまった父親と、それを捜査する刑事の話し。

    家庭に無関心な父親と過保護な母親が生み出してしまった、自尊心ばかりが強い不出来な息子。あり得ないようでいて、割とこういう家族って多いんじゃないかなあ…と思ってしまった。

    シリーズものとは知らずに読んでしまったので他のも読みたい。

  • 卒業を読んですぐ読んだのもあり、加賀親子の事情が切なく感じた。
    そして老人介護・痴呆など身近とはいえないが避けて通ることができるのかも
    わからない問題で興味深かった。


    加賀恭一郎シリーズ。

    「卒業」では現役の警官だった父親が、定年後、癌になって入院している辺りの件が丁寧に書かれてい気がした。

    ただ、「卒業」を読んだ時には加賀恭一郎は東京以外の都市に住んでいたのかと思ったのだが。父親も東京に住んでいたというあたりがあれ?っと思った。
    というのは、「卒業」で聡子が就職先を東京の会社に決めてきたところ父親に反対されそれでも家を出ていくというエピソードがあったからなのだが。

    と、対比はそれくらいで。。

    「赤い指」は、最後、ぐっと来るのだけれど悲壮感がないあたりがよい。

    東野作品は、ラスト、救われないものも多いから。


    東野ファンとしては十分楽しめた。

    ミステリーとしては、どうなのだろう?

    犯人は最初からわかっていて、刑事がどうやって暴いていくかというものなのだけれど、人間ドラマのほうに引き込まれてしまう。

    家族の中で、一人孤立した老女の心中を思うとやるせない気持ちになる。

    認知症を旨く絡めて書かれている。

    老人介護、認知症。

    高齢の親を持つ身としては、いろいろと考えてしまう問題である。

  • 認知症の母親が実は?息子は引き篭もりだし、切ないお話し。

  • 加賀恭一郎シリーズはこの作が初めてだった。
    オチはどこかで見たような気がする。
    最後は前原家も加賀家も切ない終わり方で泣いてしまった。老人の意思は尊重するべきというのが印象に残っている。
    自分も将来、親にはそうしようと思った。

  • 加賀シリーズで二つの家族の物語。今までの加賀シリーズとは一味違うと感じました。今まで読んできた推理小説は殺人だけどフィクションとして受け入れられる物語でしたが、赤い指では内容が"親子の問題""介護"といずれ自分が向き合う事柄として感じたため、とても生々しいフィクションに感じました。事件自体は加賀不在でも解決できたかと思いますが、真の解決をした加賀の人情には感動しました。最後の加賀のツンデレぶりにも感動しましたが、そのツンデレに付き合わされた看護師は大変そうだ(笑)

  • 赤い指の意味、意図が分かったとき
    涙が止まらなかった。

    認知症のフリをしようと決断したとき、
    自分に罪を着せようと画策している息子夫婦の真意に気付いたとき、何度もメッセージを送っているのに息子が気が付いてくれないとき、
    何度家族に裏切られ、踏みつけられたんだろう。

  • やはり東野圭吾さんは温かくて切ないお話を書かれる。人の奥深いところを浮き彫りにするこの話も、読後色々と考えさせられる。これも特別な本。

全1357件中 1 - 25件を表示

赤い指 (講談社文庫)に関連するまとめ

赤い指 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

赤い指 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする