獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)

  • 5476人登録
  • 4.40評価
    • (1125)
    • (766)
    • (235)
    • (11)
    • (4)
  • 571レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 講談社 (2009年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764469

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恥ずかしながら、上橋さんの作品は未読でした…ファンタジー好きなのに!

    霧の民の特徴である緑の瞳を持つエリンは、闘蛇衆の皆から冷遇されていた…あるとき、母は「牙」を死なせた責任として処刑にかけられ、巻き添えになったエリンを救うため禁を犯す…

    瀕死のエリンを拾い、我が子のように育ててくれたのは養蜂家のジョウンだった…

    「闘蛇編」は母とエリンの、またジョウンとエリンの絆を強く感じる。王獣についてもまだ詳しくは描かれない。先が気になる…!

  • 本屋さんの平置きになってる箇所にあって、目にとまった。大人向けファンタジー…見た瞬間購入決定。「闘蛇編」は主人公エリンの壮絶な人生を歩むこととなる母との別れ、蜂飼いのジョウンの養子となり知識を得て成長していく様、傷ついた王獣リランと出会い心を通わせるべく試行錯誤していく様が描かれている。このジャンルは読み出したら止まらない質なのであっという間に読みきってしまった。エリンを主軸とし、これから関わっていくであろう王国の争い、その周りを取り囲む人々など伏線がいたるところに散りばめられていて、早く先が読みたくなる。壮大なファンタジーではあるが、エリンや周りの人々の思想は考えさせられることが多く、現在にもリンクできる事柄がたくさんある。違った視点で自分を見直すきっかけにもなる本かもしれない。

  • 獣の奏者
    Ⅰ闘蛇編を読み終え、「うーん」と唸ってしまう。
    レビューに何と書けばよいか。
    単純に面白い。だけでは伝えきれないがとにかく夢中になって読み込んだ。
    それってシンプルに「面白い」ってこと。

    エリンを通じ、人との別れと出会い、命の大切さ、人の優しさなど人として必要なことがこの本には全てがある。
    ジョウンとの4年間という短い日々だったが、そこには過ごした年数以上の充実した2人の時間があった。
    一生のうちに数少ない大切な出会い・・・。
    そして別れ。

    さらに自然の描写が素晴らしい。神々の山脈を始めて見たエリンが息をのんだ場面、読んでいる側も息をのむように山の美しい景色が目の奥に浮かんでくる。
    夏の小屋へ行った場面も同じように素晴らしく、自分もそこへ行ったような行ってみたくなるような気持ちになる。

    エリンがリオンの世話をすることが決まり、音無し笛を渡され、エリンの生涯を決定的に変えることになる日々が始まった。と書かれたこの場面は最高で読んでいてぞくぞくしてきた。
    これからどんな面白い話になるのか。

    Ⅱ王獣編。楽しみ。慌てずじっくり読みたい。

  • あああ。ああ。ああ。もう溜め息しか出ない!
    もうね、素晴らしすぎて言葉が出せないの。
    陰謀。情。謎の種族。ぐるぐるごった煮。なのに、この世界が本当に身近にすぐそこにありそうで…
    名前の感じから韓国とかモンゴルとかそんな感じかなーとちょっと思ったり。
    獣と人と。狐笛のかなたで少し触れた、人と人ならざるものの、触れ合いが始まりそうな、そんな予感がしていて、早く本屋さんに駆け込んで続きを買いに行きたいです!!
    上橋さんの書く女性は強い。ただ子供を産んで育てて終わるわけにいくまいときっと唇を引き締めて前を向く姿に、とても励まされます。
    視点はだいぶぶれるなあとは思いつつ。でもそんなこと気にならなくなるくらい面白いのだもの。
    ユーヤンがかわいくてかわいくてたまらなかった。こんな友人が一人欲しい。

  • 「守り人」シリーズを
    この夏に読んで
    すっかり 虜に なってしまいました

    そして
    「秋」になったので
    満を持して
    手に取った 「獣の奏者」闘蛇編
    夜の帳が早く落ちて
    虫の音に包まれて
    灯火親しむ夜が
    まことに 待ち遠しい

    ちょっとつづ
    読み進めていこうと 思ってはいるのですが
    ついつい 
    夜更かし
    と 思って ふと 時計を見ると
    えっ もうこんな時間

    素敵な「本」は
    秋の夜長を
    満喫させてくれます。

    エリン の 中に
    どうしても バルサ を
    みてしまいます
    そんな 読み方が 楽しいのも
    上橋ワールドの楽しみ方です

  • なんて面白い話…!!
    ファンタジーは心の何処かで苦手意識があるのだけど、そんなことなかった。
    面白いものは面白いんだということがわかりました。

    続きを読むのが楽しみで仕方ないです。

  • 上橋さんは、並の小説家とはレベルが違う。
    もちろんジャンルが違うからそう感じるのかもしれない。しかし、この世界を創り上げ、さらには感動的なストーリーを導く。エリンの心の葛藤をわかりやすく描き、政治も織り交ぜる。断じて子ども向けではない。あらゆることを知った大人こそ面白いと感じると思う。

  • 母を失って故郷を離れた少女が、養い親に拾われ、母と同じ獣医師を目指す。バルサと生い立ちが似ているかも。

    蜂飼いおじさんの過去への苦悩、主人公の決意表明。王道であるが胸を打つ。
    この作者は、余人の追随を許さない設定を生むのがうまい。

  • 何て壮大な物語!

    児童文学らしいけど、大人が読んで最高に面白い!
    大人と子供では目線が違うから、捉え方も変わってくるだろう。
    大人に成って読んで、やっとこの物語の真髄に触れれる気がする。
    ファンタジーと呼ぶにはとても重厚なテーマが付随してくる読み物。

    死生観、生き物への敬愛、自身の成長、色々考えさせられる。

    エリンがこの先どの様に成長してどんな人生を歩んで行くのか。
    早く読み進めたいし、じっくりゆっくり読んで行かなきゃもったいないしという贅沢な矛盾に悩む。


    母娘の別離のシーンは何度も読み返してしまった。
    ほんと泣ける。

    序章なのに既にクライマックス!

  • ジュニア向け本格派ファンタジーが大好物である。あまりにメジャーなハリーポッターも素直に大好きであるし、児童ファンタジーの雄、指輪物語やゲド戦記も文句なしにベスト本に入る。
    名目上は子供向けなので言葉は平易、わかりやすいうえに夢中になって読み進んでしまうストーリーの巧さ、明快なメッセージ。
    壮大な架空の世界を舞台に繰り広げられるドラマの構成の見事さはもちろん、架空の世界だからこそ響く、重みのある、噛みしめたくなる言葉の数々が魅力だ。

    さて、本書は、架空の世界といいつつトロルや龍や魔法使いなどわりと決まったアイテムが登場する西欧ファンタジーに対し、オリジナルな和製ファンタジーともいうべき大作である。登場人物の名前や国々の情勢からは無国籍な雰囲気が醸し出されている。そしてこの世界に生息する「王獣」と「闘蛇」という作者が生み出した架空の獣の生態がとても緻密にリアルに描かれていることが、このものがたりを説得力のある骨太なものに仕立てている。文化人類学者でもある作者ならではの好奇心や探求心がストーリーのあちらこちらで顔をのぞかせる点も大きな魅力だ。

    作品はリョザ王国という国が舞台になっているが、そこにもちあがる様々な問題は、現実世界と重ねて読み取れるようになっている。
    戦争に利用されるとわかっていながら真実を探求することを止めることができない研究者エリンの行動は、私たちが直面する核や遺伝子などテクノロジーと倫理の問題に置き換えることができるし、為政者たる真王セィミヤの迷いや苦悩は、一国民として押さえておきたい視点である。また、端々に出てくる貴族への揶揄は、痛快な官僚批判と受け取っておこう。人間のどうしようもない性(さが)に切り込んで政治的な問題が描かれていて、引き込まれるのだ。
    また、優秀な研究者エリンは女性であるし、ものがたり中の重要人物、リョザ王国のセィミヤ真王も女性である。ここに私は、フェミニズムテイストもしっかりと感じ取った。

    エリンが人間として成長するなかで気づき、悩むことがらは、私自身の経験と重ねて味わえる部分が多かった点も、このものがたりの読書体験を特別なものにしてくれた。
    たとえばエリンが初めて国境付近へでかけて異国人に出会い、外交の事情を知り、自国の狭さと自分の世間知らずさを思い知らされるシーンは、若かりし頃初めて海の向こうの広い世界に思いがおよび、自分の目で見てみたい、と衝き動かされるようなエネルギーが胸に湧いたときの鮮やかな感覚がよみがえってきた。異国への憧憬は今でもつねにあって、それが自分の考え方や行動に影響しているのだと今いちど感じさせてくれたあの箇所は、大好きな場面の一つだ。
    旧友のユーヤンのようにのんびりと幸せな家庭生活を送る代わりに、猛烈研究者であるがゆえに武人である伴侶イアルとともに生き急ぐことしかできないエリンが、自分も幼いころに母との別離を経験しているだけに母親としての在り方に悩む心の葛藤も綿密に描かれていて、母親である私の心に力強く訴えかけてきた。

    少し驚きながらも感心してしまったのが、児童書でありながら、動物という存在の要である生殖能力・性について、獣たちを通してきちんと語っている点である。人間がゆがめてきた性的能力がエリンによって解き放たれた王獣は、異性を意識して興奮し、胸の羽毛が真っ赤になり、ついに耐え切れなくなったように飛翔して空中で交わる。この悦びに満ちた王獣の求愛・性行為を描いた箇所は、すごくエロティックで美しかった。性というものの輝かしさをよくぞ真正面から描いてくれたと喝采を送りたい。

    「人はなぜ戦争をするのか。国はなぜ他国を侵略するのか。」
    「人というものはどうしようもなく愚かで殺し合いをきっとこれからもやめない。それでも人は道を探し続けながら生きてきた。そのためには、真実を知らねばならない。」
    沖縄に住み、日々みずからにも問いかけるこの人類の永遠の問いを、エリンは生涯を賭した命題として問い続けた。わたしたちも問い続け、答えを探し続けなければならない。

全571件中 1 - 10件を表示

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)に関連するまとめ

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)の作品紹介

リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが-。苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける。

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)の単行本

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする