獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)

  • 5314人登録
  • 4.40評価
    • (1106)
    • (755)
    • (233)
    • (10)
    • (4)
  • 562レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 講談社 (2009年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764469

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 情景の描写が繊細で、まるでいまその情景に自分が溶け込んでしまうような錯覚を起こす。ファンタジーの金字塔。

  • 巨大な闘蛇を操る母親と暮らす少女エリンが、様々な人や厳しい現実や掟などと出会いつつ成長していく物語。
    優れた教育者で養蜂の得意なおじさんジョウンや、空を翔ぶ王獣の面倒を見る学校のエサル先生や、魅力的な人が沢山いてどきどきする!
    物語は、傷ついた王獣リランとエリンの心が通う?かもしれないところまで。うう、わくわくする。

  • 本当はよそ者はいてはいけない地で生きて来たエリン。母はそこに棲む闘蛇を育てる係ですが、辛さからかほぼ殺してしまう。エリンを逃がした上で罰を受ける。エリンは難を逃れもうひとつの国へ流れ着き助けてくれたジョウンと暮らす事に。とても王道な始まりで、とても賢い主人公にこれからどうなっていくのか楽しみです。学校へ行き、目指せ獣医。

  • アニメで知って、もっと細かく知りたくなって小説を読みました。
    テーマの1つ1つが重く考えさせられ、登場人物や動物にもリアリティーがあり、感情移入してどっぷりはまってしまいました。

  • 上橋菜穂子さんというと児童文学、ファンタジーといったイメージが強く、手を出すのを躊躇していた部分がありましたが、まずは読んでみないことには…と思い、読了。
    他の本は読んだことがないのでまたイメージが違ってくる可能性もありますが、物語の構成や文章等、上橋さんはまさに正統派の端正といった感じでとても読みやすく、イメージもしやすい。
    これからどうエリンが成長していくのか、エリンの運命がどうなっていくのか、非常に続きが楽しみな物語。

  • 獣の奏者 上橋 菜穂子

    獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山中で天を翔ける王獣と出合う。その姿に魅了され、王獣の医術師になろうと決心するエリンだったが、そのことが、やがて、王国の運命を左右する立場にエリンを立たせることに……。(講談社、単行本紹介文から引用)


    この作品は1(闘蛇編)ー4(完結編)まであり、さらに外伝もあります。
    結構なボリュームもあるんですが、読み始めたらとまらんかったーー。
    予想通り間違いなく面白かったです。


    この作品の根底に流れるテーマは、
    ヒトも含めた生き物たちの「生の在り方」
    かなぁと思います。



    エリンは獣の生態を探り続け、その先にある矛盾や隠されている事柄を知ります。
    闘蛇や王獣には国が定める規範があって、それに従った管理をしなければいけないんですが、エリンは悩んだり悲しんだりしながらも、規範を越えて、その先にあるものを見定めようとするんですね。


    「家畜の安寧 虚偽の繁栄♩」
    じゃないですけど、エリンは王獣だろうが闘蛇だろうが人間だろうが、家畜のように管理され囲われた生を悲しみ、それをよしとせず、
    獣の秘された生態を露わにし、過去の人たちが隠し通していた技や秘密を自らの探究心でもって明らかにしていきます。
    ここらへんは漫画版ナウシカとちょっと共通してると思いました。


    「秘密を明らかにする」
    というのは、実際どうなんでしょうね。。
    ナウシカでもこの本でも、罪深いことではありつつも割と肯定的なこととして書かれています。
    でも秘密にしておいて、深追いしないほうが安全だったような気もするんだよなぁ。

    みんながエリンやナウシカみたいに慈悲深く思慮深い人ばかりではないし、バカな人がバカなことを考えないように為政者や過去の人が秘密を隠すというのも間違いではないと思うんだよねぇ。

    例えば「財政難なのに公安の会計はオープンにされていない。問題だ!」という論調が時々あったりもするようですが、
    秘密裏に捜査や調査も必要なわけで、そこをオープンにして国家や治安が危険になるのはダメだよなぁとも思うわけです。
    ただの一般人がちょこっと知って納得したいがためにそこをオープンにするのはリスクが大きすぎるような気がして。。

    隠すこと=悪い
    と杓子定規にはいえないよなーと。
    この物語でもそんなことは言ってないけど、なんかエリンに同感しすぎるのも危ういよね、とも思うわけですわ。

    ま、そうはいいつつ、エリンやナウシカみたいな、ある側面からみると破壊者的な行動、私は大好きだし、自分もこうありたいと思うんですけどね(笑)



    こういうのは人によっても立場によっても状況によっても考えは違うと思うので、だからテーマになるんだろうね!



    Kindleは場所をとらないもんで、
    小説だけじゃなく色んな種類の本を読むようになりました。
    で、気付けば小説を読んだのが久しぶりになっちゃってたんですが、小説はハマると危険ね。
    続きが見たくなっちゃっていけません(笑)

    いつでもお手軽に読める小説以外の方が今のライフスタイルにはあってるんだなぁとしみじみ思いました。



    ワタクシ的名言
    「エサル師は、あんたが霧の民の血をひいとることは無視せぇって、おっしゃったけど、それは無理やんなぁ?違うところがあったら、気になるんが、人ってもんやん。
    わたしはなぁ、無視するんじゃなくて、その違いを勝手に悪い意味にとるような、くだらんまねはせんって、はっきり伝えることのほうがずっと大... 続きを読む

  • エリンが闘蛇村から逃げて蜂飼いのジョウンに助けられ一緒に暮らすことに。運のいい出会いもありなんだろう。

  • 本当に読みやすい。読み始めたとたんにスッと物語の世界に入ってしまい、ページをめくる手がスイスイ進みました。エリンの成長が気になるので、続けて「王獣編」に進みます。

  • 主人公エリンの心情の移り変わりの描写が丁寧で、物語に引き込まれる。続きが楽しみ。

  • エリンの旅が今ここに始まる。

  • ◆王国の矛盾を背負い、兵器として育成される凶暴な蛇――闘蛇。

     リョザ神王国。獣ノ医術師の母と闘蛇村に暮らす少女エリンの日常は、ある日一変する。世話をしていた戦闘用の獣、闘蛇が大量死した責任を問われ、母が処刑されることになったのだ。母が大罪と呼んだ母の不思議な指笛により生きのびたエリンは、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得て、ジョウンに育てられることになる。
     エリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが――。

     各界で話題騒然! 傑作ファンタジー巨編、ついに文庫化。苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける!


    (^^)<Comment

  • 長い物語の第一巻。主人公エリンが生まれ故郷を離れる10歳から数年間の話。ノンストップで読了4時間。映画を観たようにヴィジュアルを想起させる筆力が圧巻だった。

  • 母が闘蛇に食い殺され、その母に助けられたエリンが錠ンと出会い成長していく姿に引き込まれていった。

  • 請求記号:X1850-1/913.6
    資料ID:50084189
    配架場所:図書館1階

  • とてもおもしろい。

  • 守り人シリーズで感動して、鹿の王でちょっとがっかりして、これはどうかと思ったら、はまりそう~ これは結構話がすっきりしてて登場人物を理解しやすい。エリンがどんどん成長してきてるのが嬉しい。はやくⅡが読みたい!

  • 面白い。息子が面白いと言うものだから読んでみたら面白かった。

  • 鹿の王を読み終えて、こちらにも手を伸ばしました。
    これまで読んでこなかったのが悔やまれる・・・!
    主人公のエリンが、過酷な運命にさらされながらも、
    ジョウンやエサル師といった周りの優しい人たちや、生き物の営みに心奪われていくうちに、少しづつ癒されていくような、そんな物語でした。
    闘蛇の設定が細かすぎて、実際にいるんじゃないかっていうリアリティーがありますね。

  • 初読みの作家の方。一巻目は獣ノ医術師だった母親と別れ、理解ある人に拾われて紆余曲折を経て母親と同じ道を歩み始める話の流れ。正直、ルビ入りの特殊な読み方が多く、読むのに少し戸惑ったが、興味深く読むことができた。今後、エリンがどの様にして獣ノ医術師としての道を歩んでいくのか?。メインはその部分だと思うのでその点に注意しながら読んでいきたいと思う。

  • 覚書
    闘蛇を操る長の母を持つエリンの、数奇な運命の物語。母の壮絶な死からジョウンと出会い、カザルム王獣保護区へ。

  • 引き込まれて一気読み。久しぶりにやめられない本に出合った

  • 上橋菜穂子による壮大なファンタジー大河第1弾。
    主人公エリンは10歳にしていきなり目の前で母親を失うという過酷な運命を経て、たくましく生きていく。読者はその姿を見ながら生きることについて深く考えさせられる。
    もともと自分は物語としてのファンタジーはあまり食指が動く方ではなく、もっぱらミステリーや冒険小説を好んで読んでいるが、「鹿の王」で作者の懐の深さを知って以来、ファンタジーを毛嫌いするのは美味しい物の味を知らないのに食わず嫌いしているようなものだと思い、名作の誉れ高い本作を手に取った。
    本作は正にファンタジーだからこそ成り立つ舞台設定の中で、ある意味普遍的ともいえるテーマを少しずつ掘り下げていく。その展開は宮崎駿が「風の谷のナウシカ」で提示したようなエンターテイメントとして楽しめながらも、作者からのメッセージをベースとして読者にそれとなく、かつしっかりと問いかけていく。
    エリンがおかれた境遇がどうしてそうなのか、それはややもすると現代に生きる一人一人に置き換えられるところもあるかもしれない。それをどのように打開していくのか、その様を見ながら自分たちも勇気をもらえる。そんな物語が紡がれていく。
    まだまだ導入部といえる本作を読み終え、すぐに続巻を貪り読みたくなる。

  • 2016.6.24読了。自分にとって特別な本がある事はとても幸せな事だ。初読はハードカバー版で読んだけど文庫版は買った後読んでなかったから友に貸す前に読んどこうと思い読み始めた。実はソヨンの例の猪肉料理を食べたことがある。猪肉が手に入った時に『バルサの食卓』を参考にしていそいそと作ってみたのだ。少し焦げてしまったが美味しかったのを覚えている。猪肉は甘かった!そして改めて読んでみるとソヨンは逃げようと思えば逃げられたんだなと思う。子は親にとって大切なものである自負を意識的にも無意識にも持っているものだと思う。子を守るのは生物の本能だし特に母性本能に刷り込まれたものだから子には守られる本能みたいなものがあるのではないか?エリンもイアルもそれを裏切られたんだなぁと母親にとって自分より優先すべきものがあるという事実を幼い時に突きつけられたんだなぁと思った。そしてエリンは私と本当によく似てる。発想や行動や考え方が。ジョウンに対しての別れの覚悟も経験に沁みてよく知ってる。あれは、本当に、辛い。でもエリンの方が情熱的行動派だ。ついでにエリンの方がポテンシャルが高い。音感とか観察眼が。エリンが行動に移れるのはバックに何もついていないからなのかなとも思った。自分は行動を選ぶ時、これをしたら家族はどう思うかな?という考えがよぎるからだ。エリンにはそれがない。次巻の方がそれは強く感じる。また、エサルがエリンに野生と否との違いを見つけてみたい?と問うた時はエサルは狡猾な人でもあるんだなと思った。そんなこと問われてエリンが否と言うわけないじゃないか。ところで王都からカザルムまで馬車で1日とあったが次巻でイアルが馬でカザルムまで半時間くらいで走ってた気が…確認しよう。

  • 上橋さん、本当にすごいです!ファンタジーなのに、あっという間にその世界観に連れて行ってくれる、その文章。どんな展開になったいくのか、楽しみ☆2015/5/19完読

全562件中 1 - 25件を表示

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)に関連するまとめ

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)の単行本

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする