獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)

  • 4409人登録
  • 4.47評価
    • (1065)
    • (613)
    • (171)
    • (6)
    • (4)
  • 459レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 講談社 (2009年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764476

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • リランと心を通わせ、彼女が飛べるようになったり子を産んだところまでは良かったけれど、エリンはどんどん政権争いに巻き込まれていく。ダミヤは最初から割と気に食わなくて、黒幕オーラバリバリだったけど、野望が阻止されて一安心。イアル強い。
    ラスト、リランがエリンを助けに戻ってきたシーンが本当に良かった。エリンの手を食ったけど、それでも通い合うなにかがあったんだな…うう。それと親戚(祖母)との決別シーンはしんどかった。
    あと最初はキツいバb…お姉さまだと思っていたエサル、大好きになりました。王獣や闘蛇がのんびり暮らせる世の中が続くといいな。

  • 続きが気になって一気に読んでしまいました。エリンが王獣リランとの交流で喜びと悲しみと痛みを経験し、悩みながらも道を選んでいく様は、私にはとても出来ないくらい決意が固いもので、凄いとかそんな簡単なものでは表現できないですね。二巻で当初完結だったものが、続きがあるとの事なので、楽しみです。

  • とても面白かった。
    なかなかない作品ですね。
    一気に引き込まれました。
    ファンタジーとしては、最上位ではないでしょうか?人物描写もとてもよく、魅力的にかかけれています。
    次巻も楽しみです。

  • 学生になったエリンは王獣と心を交わす、それは禁じられた行為だったがエリンは突き進み、最後に王獣の強さと怖さを知る。王獣強すぎるだろう。

  • 闘蛇編〜王獣編読了。
    物語は伏線を回収しながらだいたい想定通りに進んでいく。
    あとがきにもあるが、「その後どうなったのか」を書かず、読者に想像させる終わり方がわりと好き。

  • 王獣リランとの運命の出逢い。グイグイ引き込まれラストまで一気読み。この後のストーリーに大きく関わる人達が続々登場、エリンの運命は・・・!。後半に進みます。

  • 分かりやすい素直な文章でさくさく読めてしまうのが逆にもったいなくて、意識してゆっくり味わった。古くから正しいと言われていることでも、自分でその意味を考え納得できねば従わないエリンの意志の強さに胸を打たれる。人間どうしの争いに巻き込まれ深く傷つきながらも、一番大切なものを見失わずに貫く姿に心が震えた。

  • 王獣がエリンになつく…
    そんなことがあってよいのか。
    王獣を操るエリン。それを知る王。

    エリンの第2章が始まる。

  • 2016年10月23日に開催された全国大学ビブリオバトル2016~京都決戦~奈良・和歌山地区予選で発表された本です。

  • ◆王権の象徴として、神々が遣わしたとされる聖なる獣――王獣。

     成長し、母と同じ獣ノ医術師を目指してカザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、そこで傷ついた王獣の子リランに出会う。真王の象徴で、決して人に馴れず、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣。その王獣を理解したいと願い、ついに心を通わせる術を見いだしてしまったエリンは、やがて王国の命運を左右する戦いに巻き込まれていく――。

     穢れなき真王と、軍事の一切を担う大公が並びたつリョザ神王国が舞台。おかしてはならぬ禁忌も、人と獣の間の越えがたい壁も乗り越え、なぜ生き物はそのようにあるのかという問いの答えを探求するエリン。その姿は知ることの絶望と希望とを感じさせる。
     
     数々の受賞に輝く世界的注目作家、上橋菜穂子――新たなる代表作。
     新たなる時代を刻む、日本ファンタジー界の金字塔。


    (^^)<Comment

  • シリーズ第二作。1巻には登場しなかった政治・戦争という要素が加わり話が展開する。主人公エリンが15歳〜21歳頃の話。
    聡明な老女王・新女王、狡猾な副官、無骨な護衛官、無愛想だけど心根が優しい女教官、というキャラ達が登場。

  • 闘蛇を食い殺す王獣と出会い、エリンは特殊な能力が開花して王獣使いとなり、そのために数奇な人生を送ることになる。技を使ってはならないという厳しい戒律の謎も明らかになる。

  • エリンとリランの関係が微笑ましくも切なかった。エリンもリラン家族も、そしてイアルも幸せになって欲しいなぁ。

  • おもしろい。でも好きな終わり方ではないです。

  • 請求記号:X1850-2/913.6
    資料ID:50084190
    配架場所:図書館1階

  • とても良かったし、納得できるストーリだった。楽しめた。当初はこれで終わりだったんだね。続編書いてくださって良かった。まだ続きが読めるというのが嬉しい!

  • 面白いぞ。作者もあとがきで書いていたが子ども向けに作ったのではなく大人が読んで面白い小説だ。

  • 王獣という、闘蛇をやすやすと食い殺す獣の王は、決して人に慣れないとされていた。けれども、エリンは、その王獣・リランと意思疎通をする術を編み出してしまう。
    ヒトと獣は決して本当に理解しあうことは出来ず、その間の壁を守らなければならない。そんな母の言葉に果敢に挑むことになっていくエリン。しかし、そのために、エリンは、政治に巻き込まれてしまう・・・。

    前半は、次々とエリンの工夫が当たり、リランが野生の王獣のように立派に育っていく様にどきどきしますが、中盤から、政治的な争いに巻き込まれ、王獣を人間の武器として扱う恐ろしさや卑しさに苦悩する場面が多くみられ、こちらも苦しい気持ちになりました。
    ラストシーンは、希望ある終わり方ですが、少し終盤展開を急いたかな、と思いました。

    人と獣の話にはとどまらず、生き物の営みの複雑さ、その尊さを感じる物語でした。

  • エリンは王獣のリランと意思の疎通ができるようになり、そのことが結果的には国中を混乱に陥れる事態にまで発展する話の流れ。話の展開が早くエリンも読んでいる方もこの先どうなるのだろうという気持ちで一杯になる。まさに運命に翻弄されるエリンの様子を見事に描き切っていると思う。この後話はどう展開していくのだろうか。引き続き読んでいきたいと思う。

  • 2016.7.10読了。久々に本に夢中になり過ぎて電車乗り過ごした。いやー流石私にとっての特別な本!(笑)改めて読むと時間軸早い物語だな。そして文が本当に巧妙。リランの出産が描かれなかったことが意外だったが、今読み返すと著者がわざと省いたのかなと思う。この物語で描きたいのは人と獣の絆だとあとがきにて述べていたように交合は物語の上で大きな意味を持つが出産は実はほとんど関係の無いのだ。個人的には胎生で羽毛のある生物の誕生はかなり気になるのだがな。王獣って授乳するのか?幼獣を雛、体毛を羽毛と書いてる時もある。エクがもともと別の子の父親であったことから王獣は一夫一妻制ではない。でもつがいの時の仲睦まじさと雄が子育てに参加している点で多妻制でもない。一夫一妻制は鳥類に多いけどそれに哺乳類を合わせた性質って感じだよなぁ。実在しないのだけれどリアル過ぎてついつい推測を立ててしまう。そして今の私はエリンよりもエサル寄りかもしれない。森でのアーリョの忠告で行動できずに色々思いを燻らせたまま生きているとことか。そしてエリンは凄いな、なんだかんだでちゃんと首席になるんだから。私も事実上の首席になったことがあるからわかるけど、あれは本当に誇らしいくて親に伝えて喜んでほしくなる。それができないエリンは切ないなぁ。そういや異色の容姿や孤児や首席とかの点で赤毛のアンのような要素もあるんだな。イアルとエリンの初対面の時に初めてエリンの髪の色が麦藁色と出てくるんだけど、後の『刹那』で亜麻色とも出ていた気が…とりあえず薄い茶系ってことか?ところでダミヤがイアルに盛ったのは致死毒のはず。遅効性にしたのは他者に襲わせて大公かサイ・ガムルの仕業に見せる為だろう。イアルはきっと毒に耐えられるように鍛えてはあると思うけどエリンは特別解毒はしていない。消毒に使ったのは特滋水だけだ。でも特滋水って生物の性質を変えてしまうほどの劇薬なのだから傷口から体内に入れただけでも致死毒くらい解毒できるのかも…そう思うと相当恐ろしい液体だよなぁ。そしてイアルとエリンの会話の時イアルがセ・ザンとしての時の発言は一人称が私なんだけど私的なことというか素の時はおれなのがなんか良い。てかエリンの名前呼んだの旗の時だけだったのね。セィミヤは初め読んだ時頼りない姫だなと思っていたけど改めて読むと見聞や経験が浅いだけでちゃんと王女なんだなぁと思った。ラストシーンにてエリンが思う事は本当に胸に沁みる。知りたくて、知りたくて…ついでにアニメ版も一気見した。原作とは違った良い作品ではあるのだけど、個人的に蛇足に思う部分や不満がある。けどどうしてこうしたかの理由も推測できるからなんとももどかしい作品だったなぁ。ところで本屋で初めて文庫版の表紙を見て手にとって闘蛇編と王獣編を合わせた時、鳥肌がたった。頭の中で風の音が響いた。内容を知っていたからこそだったのだと自分では思うけど、表紙見て鳥肌たったのはやはりこの作品だけだなぁ。

  • 覚書
    王獣を操る竪琴を奏で、操るエリンは自身の望まない運命の道を歩かされる。奇しくも対立する国の存亡を左右する存在になってしまう。
    その後の物語も気になる。

  • あとがきでは ここで完結、とありましたが
    まだあと二冊ある喜び(笑)ここで終わったらだめでしょ~

  • 上橋菜穂子による壮大なファンタジー大河第2弾。
    闘蛇衆だった母を闘蛇に屠られたエリンは一族を憎みこそすれ、何の未練もなく育っていく。ある時、怪我をして瀕死の王獣をそれまでの規範からかけ離れたやり方で救って以来、エリンを取り巻く環境が大きく動いていく。
    闘蛇や王獣というファンタジー特有の生き物が人間とどのように関わっているのかも非常によく練られた設定の上に描かれており、物語中でそれらの存在を疑うような展開は全くない。むしろ、今それらの獣たちがここにいてもおかしくないくらいのリアリティをもって描かれている。
    それらの獣たちがエリンの住む世界で政治の道具として扱われるさまは、現実世界でいえば警察や自衛隊のような武力をどう制御していくのか、という問いかけと無縁ではないように思う。
    武力のバランスというのは現実でも非常に危ういせめぎ合いの中で成り立っているが、本作中でも同様で、そのバランスを崩そうという勢力と何とか立て直そうとする人々の良識の戦いを描いていると言っても過言ではない。驚くほど現実世界に当てはまる物語が展開する。
    エリンがおかれる立場は相変わらず過酷で、読者としては何とか幸せになれるよう祈りたいが、なかなか作者はそうはいかせない。とはいえ、この先のエリンの行く末も気になるので、相変わらずすぐに続巻に手を伸ばすことになる。

  • エリンは少し青すぎる。
    もちろん物語は青すぎるのをよしとする流れなんだけど。そんなこんなで、国を巻き込む物語へと発展。ちょっと消化不良な感じで終わりました。

    人より獣の描き方が秀逸だと思った。
    リランがこの物語の中で一番美しい心を持っている。

  • 面白い!どんどん引き込まれました。ストーリーとして楽しんだけど、もっと裏に表現されたものを感じられる人間力を高めたいなー。続きがあるようだから、楽しみ。2016/5/24完読

全459件中 1 - 25件を表示

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)に関連するまとめ

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)のKindle版

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)の単行本

ツイートする