空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

  • 5947人登録
  • 4.47評価
    • (1474)
    • (922)
    • (205)
    • (17)
    • (2)
  • 674レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2009年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764537

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 上巻でかなりヒートアップしてしまい、子どもに当たったりしたのを反省。ビブリアを挟んでクールダウン、したはずなんだけど、読み出したら加速して熱くなってしまった。
    赤松さんの窮地は中々好転せずヤキモキ。
    それでも踏ん張る赤松さん。自力で、自分の足で真相に近づいていく。
    拓郎くんの男気、はるな銀行の誠実、某運送屋技術屋の意地、PTAの仲間。
    赤松さんを後押しする人たちに胸が熱くなる。

    45.319.そして369頁。
    とにかく今までの悶々がスカッとする。私もなだらかな海面がぐんとせり上がってきた。
    最後は驕りと慢心に足をすくわれたような気がしなくもないけれど。
    とにかく、赤松さんの不器用なまでの潔さが清々しい。
    PTAのことだっていくらでも根廻しが出来ただろう。
    「俺はとことん愚直でいく」
    馬鹿にする人も多いだろうけれど、ラストの爽快感はそれだからこそ。
    御天道様はいつだってみてる。

    「将来を思い描くのは、それがなんであれ、またどんな時であれ、素敵だ。」

  • トラックの脱輪による死亡事故。
    その原因、責任の所在を巡る大手自動車メーカーホープVS赤松運送の闘い。
    面白い!とにかく面白かった。
    正義とは?信念とは?
    言葉で書くと簡単だけど、それを貫き通すことの難しさ。
    ラストには赤松社長、家族、従業員、そして高幡刑事に拍手喝采!

  • うわー、びっくりするくらい面白い!!
    レビューも評価が高めなので期待はしていましたが、想像以上。こういう時、どう表現していいのか…、自分のボキャブラリーの少なさに歯痒くなります。
    心震わすとはこういう事なのでしょうか、とても充実した読後感です。

    池井戸潤の作品は初めてでしたが、序盤から加速度を増すばかり、息つく暇もないです。

    実際に起きた事件が題材になっているという事で、私にもその事件はまだ記憶に残っているし、とてもフィクションとは思えない現実感がありました。

    感動した、とひと言で済ます事が出来ないくらい何度も目頭が熱くなりました。オススメです。

  • 読後に震えるような感動を覚える作品には、なかなか出会えない。この作品がまさにその一つである。

    上巻の感想にも書いたのだが、財閥系大企業のコンプライアンスに深く斬り込んだ傑作小説。赤松という熱血漢の愚直な社長が率いる中小企業と財閥系大企業の闘いが、学校、警察、出版社、銀行をも巻き込み、ダイナミックに描かれている。

    赤松の勝利も嬉しいのだが、事件を巡る被害者遺族、赤松の家族、赤松運送社員の大きな変貌も非常に嬉しかった。

    また、逆の見方をすれば、品質上の大きな欠陥を隠蔽しようとする大企業の失墜の過程も非常に興味深いものであった。

  • 池井戸潤さんの「空飛ぶタイヤ 下巻」読了。面白かったというより、清々しい気分になった。たくさんの人に読んでもらいたい作品。部品返還を求める赤松社長と秘策を持って臨んだ沢田の打合せに始まり、読めば読むほど、いろんな分岐点が存在する。中小企業と大企業の内部事情、はたまたPTAの会合に至るまで。立場の異なるたくさんの人物が描かれてます。そのなかでも、赤松社長の人情味あふれる行動が一番♪ページ数は多いですが、読みやすいです。会社勤めの人に特にオススメ。

  • 一級のエンターテインメント。

    重厚だし、とても長い話なんだけど、まったく飽きることなく最初から最後まで楽しめた。

    これほど感動したり、怒ったり、様々な感情を沸き立たせてくれる小説はそうないと思う。

    読めばわかると思うけど、ホープ自動車という、ホープグループを含めた巨大企業の驕りみたいなものが、実在の企業とリンクしているので、そこに現実感があるのだ。

    それにしても、池井戸潤、安心して楽しめるね。

  • 久しぶりに途中で止めることができない小説に巡り合った。
    登場人物それぞれの思惑、立場、感情が交錯し、息をつかせぬほどのドラマを繰り広げる。
    その中でふと出会う人情や、純粋な夢に心を打たれたと思ったら、また暗雲が立ち込める。
    早くハッピーエンドになってくれ、という願いをあざ笑うかのように過酷な現実が主要人物に降りかかるのだ。

    これは、実際に社会で働く男たちにとって少なからず共感せずにはいられない内容だろう。
    正義や野心、それぞれの中にある「軸」がどこにあるかによって、シンパシーを感じる人物は異なるように思う。
    いつの間にか組織に染まったことを自覚しながらも、己の野心のために動く男や、絶望的な状況に何度もさらされ、ボロボロになりながらもすすんでいく男。

    読み進めるごとに、状況が変化し、登場人物の感情が浮き彫りになっていく。

    あまりのリアルさに自分もその潮流の中にいると思わされるのだ。

    まとまらないのだけれど、腐敗した組織とそれに立ち向かう人情や誇りという構図に心を動かされなかったら嘘になりますよ、ということである。

  • 上巻から続けて読了。一中小企業の経営者が国を代表する財閥グループの自動車メーカーに闘いを挑み、様々な苦難の末勝利を勝ち取るストーリーには爽快感を覚えないわけではない。しかし、その陰で犠牲になった母が還ることは決してなく、まだ幼い子供の心の傷が癒えることはない。現実に起きた事故のことを思うと、純粋にエンターテイメントと割り切れない読後感で一杯。そして、ある意味、この物語の中心でキャスティングボードを握っていた東京ホープ銀行が無傷で済むというのにも無常さを感じる。そうした問題提起も含めて渾身の力作と思う。

  • 父親に勧められて読んだ本。
    読み終わって何故父親が私にこの本を勧めたかを考えてぐっときました。
    私の父親は中小の経営者です、この本の主人公は小さな運送会社の社長。


    池井戸さんらしい作品でした。

  • 「下町ロケット」が有名な池井戸さんの、「空飛ぶタイヤ」です。
    上巻からのレビューの続きです。
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4062764520

    社会を風刺したような雰囲気の中で、“正義は勝つ!”と言う王道を組み合わせて、ジリジリとさせられ、スカッとして。
    銀行のネチネチとした陰湿な感じも、本当に腹が立つ。善悪を明確にしつつも、割り切れない微妙な感じとか、上手いですね。


    確か、この通りの事故が現実にありましたよね?
    そして、財閥系の自動車会社と言う書き方ですが、明らかに現実にクレーム隠しを行った三菱自動車の事だし。
    出版に関して、かなり苦労されたのでは?と思わずにはいられません。


    そんな事とは関係なく、
    弱者の正義が最後は勝つ。腐った組織にも正義の芽があり、再生を目指す。
    希望のある読了感が心地いいです。

    こう言う小説を多くの人が求めるって事は、それだけ現実が・・・って事の裏返しなのでしょうか?

    面白かった。これはオススメです。

  • 面白かった~!!
    勝つとは分かっていたが、本当に後ちょっと、がんばれ~。踏ん張れ~~っと。
    感動しました。

    勝ったという余韻のまま終わる小説も多い中、敗者の結末も書かれており、そうでなくちゃ!っと思った本です。

    正義は本の中だけでも勝ってくれないと♪

  • がんばれー赤松社長!負けるな!
    大企業に立ち向かう中小企業。
    これでもかっていうくらい赤松社長を襲う数々の困難。
    でも絶対最後には正義が勝つと信じて読み進めて、そして感動のラスト!
    涙なしでは読めない!
    最後の章のタイトル「ともすれば忘れがちな我らの幸福論」ってのが秀逸。

  • 某メーカーのトラックの車輪脱落による死亡事故をモデルにした話と思わされるが、本作はフィクションとのこと。

    「下町ロケット」を読み終わった勢いで、続けざまに本作も一気に読んでしまった。

    「下町ロケット」でもそうだったが、本作も街の中小企業が銀行、大企業、警察などととやり合うシーンは痛快。

    中小企業の経営者の方には(もちろんそうじゃない方も)、ぜひ読んでみてもらいたいと思ってしまう一冊です。

  • 2017.9.2
    あの事件、あの財閥だよね。
    人の命より出世や金銭が大事、他者を蔑む態度
    本当に腹立たしい。
    苦労してギリギリのタイミングで誤解をとく、幸せを掴むのはいつものパターンだけど、読書がやめられない。
    そう、いつものパターンなんだよ。
    でも魅力満載なんだよ。
    大企業の勘違いは現実にあるのかなぁ。
    正義を信じていきたいです。

  • 面白かった。赤松の努力が報われ、また人柄により救われ、本当に良かった。ホープの沢田を嫌う人も多いが彼も彼の立場なりに良い仕事をしたと思った。

  • そんな大それたことは俺にはできない。だからお前を尊敬していたんだ。
    ホープ自動車と闘ったところで何も残らない。そんなことより、事件を風化させないことのほうが大切だと思います。それは法律やお金とは関係のないことです。

    どうしたら納得できるんやろ。悪事を働かれた場合に、それを許すか許さないかの基準はどこなのだろうか。許すことで得られる自尊心の充実(見せかけかもしれない)と結局損したんだなで終わる虚しさ、許さないことで感じる己の器の小ささと嫌いな人に向かい合い続ける嫌悪感。また、相手の謝罪と補償金の誠実さと。
    こっちが相手に敵意を向け続ける限り、相手も自然と敵意を返すもの。どうしたら相手の心からの反省を聞くことができるのか。

  • 事故原因の核心に関わる衝撃の事実を知り、組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱いた赤松。だが、決定的な証拠はない―。激しさを増すホープグループの妨害。赤松は真実を証明できるのか。社員、そして家族を守るために巨大企業相手に闘う男の姿を描いた、感動の傑作エンターテインメント小説。

  • 面白かった!

    沢田がいちばん嫌な奴だったが、あいつはほぼ無傷で残念だった。

  • ちゃんと、最後には正しいことが勝つので、安心して読める。
    途中は、色んなことがうまくいかず、どんどん追い詰められていく赤松社長に、ハラハラしたり、悪いことをしているのに平気な顔で勝ち誇っているホープ自動車や銀行の人らにムカついたりしたけど、最後はちゃんと逆転して、正義は勝つ!みたいな様子で終わって、その圧倒的な正しさが、読んでいて気持ちが良かった。

  • スカッと大円団。
    池井戸さんの本はおさまるべきところにすべてがしっかり収束される終わり方で、後味抜群。


    それにしてもモデルになっているらしきこの自動車メーカー、この間も軽自動車の燃費データ不正やってた記憶が。罪罰体質はまったく変わってないってことかな。

  • 人身事故を起こして潰れそうな赤松トレーラー
    リコール隠しに走るホープ自動車
    ホープ自動車への再建融資を検討するホープ銀行の3社がストーリーの中心。赤松の子供が通う学校でのイジメ事件なんかも絡んで物語は展開する。

    最終的には、赤松の集めた証拠が警察を動かし、社内政治に負けたホープ自動車の沢田の内部告発が決めてとなり、ホープ自動車のリコール隠しが明るみになるというストーリー。

    池井戸潤の本は毎回ストーリーが一緒だけど外れがない。

    勧善懲悪。実際、会社にはそこまで純粋な悪はいないと思うがそれは自分がウブなだけかな。

    印象的だったのは、
    ホープ自動車やはり沢田の思い悩みの部分。

    自分がリコール隠しに、協力すれば希望の部署に行ける。そこでなんのために働くのかを逡巡する。20代は必死に顧客に向いて仕事をするが30代になってスタッフになり、政治にどっぷりつかっていく。大企業である会社は絶対に潰れない船であり、その中でいかに自分の利益を最大化するかの戦いに明け暮れる人達。
    沢田は結局リコール隠しに、協力する選択をするが、最終的に自分がそこで政治に負けたことに気づく。

    営業フロントにいると全く見えないけど、うちの会社もふたを開ければそんな感じなのかもしれない。サラリーマンを続ける意味を考えさせる本。

  • 最後は、スカッとした読後感で良かった。最後まで、真相を追い続け、メーカーとの問題、学校のPTAの問題など、様々なこんなんが降り注ぐが、諦めずに最後まで見解を述べ闘う姿に胸が熱くなるほどだった。メーカーの隠蔽体質、学校のPTAのボス的存在、自分より下の人に対してとことんいじめる所謂女王蜂の存在など気分が萎える場面もあった。それらにめげずに家族、従業員、自分の味方にしてくれる存在を信じ、彼らに支えられながらメーカーの不正等が暴き、最後に暴かれ、因果応報だと感じ、正義は勝つとはこのようなことだと体感させた。

  • 中小企業の赤松社長とホープ自動車の狩野常務の比較から、一層赤松社長に感情移入させられる。栄転をちらつかせられ内部告発を葛藤する沢田、沢田の奥さん、週刊誌記者、色々な角度からリコール隠しが語られる。後半からは、逆襲のはじまり、結末はハッピーエンドはわかっているが、引き込まれ、一気読み。

  • 下巻に入っても、赤松社長の苦難の日々はなかなか出口が見えなくて、今に見てろ! と何度心の中で叫んだことか…。
    生ぬるい企業風土に胡坐をかいて、ひたすら保身に走るホープ自動車の面々。こうした隠蔽体質がもとで実際に事故が起きたかと思うと、痛快なラストにも苦みが混じる。
    大手だから、老舗だから、有名だから、きっと間違いないだろう。自分もついそんなイメージにとらわれてしまう。先入観ってつくづく危ういものだなぁ。

全674件中 1 - 25件を表示

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)に関連するまとめ

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)の作品紹介

事故原因の核心に関わる衝撃の事実を知り、組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱いた赤松。だが、決定的な証拠はない-。激しさを増すホープグループの妨害。赤松は真実を証明できるのか。社員、そして家族を守るために巨大企業相手に闘う男の姿を描いた、感動の傑作エンターテインメント小説。

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする