ふりむく (講談社文庫)

  • 467人登録
  • 3.86評価
    • (25)
    • (29)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 江國香織
制作 : 松尾 たいこ 
  • 講談社 (2010年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765923

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ふりむく (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 松尾たいこさんの絵に江國さんの文章がつけられている、とても素敵な本です。
    まず最初の絵と、文章を読んで鳥肌が立ちました。
    「ふりむく」というのは、何か気配を感じるということでしょうか?水しぶきだったり、風の音だったり、動く物、そこに存在するもの。
    絵本とはまた違った感性、想像力が楽しめます。

  • なんだかすごく満ち足りた、贅沢な時間を過ごした気がします。松尾たいこさんの絵に、江國香織さんが文を書かれている本です。この絵からこんな文が出てくるのか、と、面白く読みました。どのお話も、寂しかったり清々したりといろいろ思い浮かぶのですが、1番初めの犬のお話が好きです。時々本棚から取り出して、ぱらぱらめくると素敵な時間を過ごせそうです。

  • 絵を見て作家が文章を付ける、と言う少し変わった試みの本。
    絵と文章にしっかりとした繋がりは感じさせず、しかし文章はその絵の醸し出す雰囲気をしっかりと纏って。
    この絵にこう文章を持ってくるのか、と思いもよらぬ方向の言葉に唸ったり「ああ、たしかにそんな感じ」と納得したり、色々な見方やイメージが膨らむ本でした。

  • 2016 7/24

  • 松尾たいこさんの美しい色合いに
    やさしくて甘い江國香織さんの言葉が
    のせられ。

    やわらかい気持ちになりたいとき、
    パッとあけたページから
    甘さや苦さや、いろんな味が
    ふんわりひろがる。
    そんな心持ちになれる一冊。

  • 一枚の絵から広がる文章。
    短い文章だけれど、絵と絡み合って深い物語になる。

  • わたしはうしろむきでオッケーなわけですが、みんなにはふりむいて欲しいと願っていますよ。
    ひとはみんな孤独なんですよね。
    うんうん。よかった。ちょうどよかった。お風呂でその行間を読みました。

  • 一枚の絵に、一枚の物語。

    このコンセプトがすばらしいと思いました。


    さようなら、
    からはじまり、

    でもすこしだけ、誰かのものになれてうれしかった。

    で終わる話が一番好きでした。

  • 笑ってしまった。江國さんらしくて好き。

  • 2013.1.2読了

全37件中 1 - 10件を表示

ふりむく (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふりむく (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふりむく (講談社文庫)の単行本

ツイートする