「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」 ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (講談社文庫)

  • 80人登録
  • 4.50評価
    • (16)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 講談社 (2010年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062766036

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」 ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 憲法第9条改正だの、必要な戦争もあるだの、日本人としての誇りを養うには徴兵制をだの言っている輩は、この本を読むがいい。
    戦争とはどういうものかよく分かる。

  • 帰還兵の手記はたくさんあるが、これは読みやすい上、全く呼び知識のない子供にも戦争の恐ろしさがリアルに伝わる。
     飢えから逃れたい、誇りを持って生きたいという貧しく鬱屈した若者を巧みに勧誘して兵士にする。訓練は殺す技術の習得と洗脳。殺す相手は同じ人間ではなく、醜い下等な生き物だから、心を痛める必要はない。それどころか、狩猟感覚で楽しんでよい。そして、それを心から楽しめる鬼畜は、戦場では英雄扱いされる。
     著者はベトナム人と会話をし、ベトナム人の女性の出産に偶然出くわしたことで、ベトナム人も自分と変わらない人間だということに否応なく気づかされる。もし、そういうことがなかったら、自分で自分を終わらせたかもしれない。そういう帰還兵もたくさんいたはずだ。
     戦場で多くの人を殺し、帰還後PTSDとなり、改めて贖罪に生きる姿は、心を打つ。
     この本は、読解力はあまりいらないし、長くないので、是非ともあまり本を読まない中学生に読んでほしい。いざ戦争ということになったら真っ先にリクルートされるような、貧しい家庭の子どもに、親とうまくいっていない子どもに。

  • Amazonで中古にて購入。実は『戦場で心が壊れて』を先に読んだのですが、どうしてもどうしても、こちらの方も読みたくなりました。ところが、出来るだけ新品で読みたいというのもあって書店で売っていないか探していたのですが、なかなか見つからない。仕方なくAmazonで注文しました。本日読了です。

    アレン・ネルソンさんの戦場での体験がメインで語られています。表題の質問、「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」のエピソードは序盤に出てきますね。ベトナム戦争帰還後ホームレスをしていたアレンさんのもとに小学校教師をしている元クラスメートが現れて、戦争で体験していたことを子どもたちに語って欲しいと請われる。最初は嫌だったアレンさんも、子どもたちから手紙や絵を受け取ったりする中で子どもたちの前で話そうと決心する。そして当日、同じアフリカ系アメリカ人の子どもたちを前にして戦争について語りだすアレンさん。しかし、口から出てくるのは、戦争に関する上辺だけのキレイゴトの話ばかり。「ほんとうの戦争」については一切語らないまま、語れないまま、話は終わり質問タイムへ。子どもたちからの様々な質問が出てくる中、最後に手を上げた女の子の質問が、
    「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」

    私はおそらくこの本で初めて「ほんとうの戦争」では何が起こっているのかを知ったように思います。
    本当に、アレンさんはよく人間性を失わないで戦場から帰ってこれたなぁと思います。私が同じ状況だったら、海兵隊員だったら……死体を見て発狂するか、徹底して殺人マシーン、モンスターに進んでなろうとするか、どちらかになるのではないか……

    そして、女の子の質問に対してよくぞ、YESと、答えたなぁと思います。いや、「答えた」のではなく、アレンさんの人間性そのものがアレンさんの口にYESと「答えさせた」のかもしれません。
    本当に答えにくかったろうと思います。事実としては人を殺した。でもそれは認めたくない。YESと子どもたちの前で答えてしまったら、その瞬間から子どもたちの目の前にいるのは「ネルソンさん」ではなく「人殺し」。逃げ出すべきか、誠実に答えるべきか……。その壮絶な葛藤、しんどさが読んでいる私にも伝わってきて、胸が苦しくなりました。
    しかし、そのなかでアレンさんはYESと言った。ここから、ほんとうの懺悔の日々が、戦場とは言え「人を殺した罪」を身に引き受けて、背負っていく日々が始まったのでしょう。そして、このことがあったればこそ、アレンさんを通して私たちは「ほんとうの戦争」について学び、考えを深めることが出来るのだと思います。
    特に、沖縄に関することは決して他人事では済まされません。日本は米軍を沖縄に駐留させることを認めたために、間接的にもベトナム戦争に加担してきた戦争責任があります。そして、未だに基地被害があるのにも関わらず、基地を撤退させようとせず、むしろ基地を増やそうとまでしている。
    これがどれほど残酷なことなのか、悲しいことなのか、人道を無視したことなのか。アレンさんから「ほんとうの戦争」について聞くことがなかったなら、考えもしなかったろうと思います。

    どう戦争と向き合うべきなのか、改めて問い直していきたいと思います。

  • ベトナム戦争で戦った元米軍兵士の手記を初めて読んだ。兵士が語る戦争体験ものって、実はフィクション(「野火」とか)しか読んだことがなかったのに気づいた。
    貧しい黒人の若者が入隊して、研修で徹底的にしごかれて自分でモノを考えられないようにするというくだりの描写が、日本の部活動とか学校教育とダブって怖かった。自分で考えない、感じない、上官の命令にのみ従って動くとどうなるか。恐ろしい。

  • うむむ…。

  • 日本のことがやけに多く出てくると思ったら、日本に縁深い方だったんですね。憲法9条の是正は難しいところですが、残していってほしいものだと思います。
    ベトナムの方々の方では、どう思っているんでしょう。根強い反日反米感情があってもやむなしという気もします。
    米国では退役軍人への手厚いサポート、民間企業でも割引があったりします。それらは政府による支援があるものと想像しますが、それだけ過酷な環境に派遣していると、政府も把握しているということなんでしょうね。

  • ベトナム戦争を体験したネルソンさんに、子どもたちの一人が質問した「ネルソンさんあなたは人を殺しましたか?」ネルソンさんは、うつむき目を閉じて答えを探す。どれだけの沈黙があったのだろう。
    ことし後半に、探して図書館で借りて読んだ。
    単行本版のほうだったけれども、コミック版も、いつか探して読んでみたい。
    重い本だけれども、子どもにも読みやすい感じになっている。

  • ベトナム戦争の体験談
    「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」

  • 元アメリカ兵であり、ベトナム戦争で戦った兵士の実話。
    ベトナム戦争の悲惨さを描く。

    でも、何より怖いのが、これが現実。
    未だ残り続ける現実の世界。
    あたしには、ベトナム戦争は現在でいうイラク戦争。
    人間を人間と思わない世界。

    たくさんの人に読んで欲しい一冊。

  • 日経新聞夕刊 8/15/2012 読書日記 平山夢明

    烏兎の庭 第四部 箱庭 2.23.13
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto04/diary/d1302.html#0223

全23件中 1 - 10件を表示

アレン・ネルソンの作品

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」 ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」 ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (講談社文庫)はこんな本です

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」 ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」 ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする