ミノタウロス (講談社文庫)

  • 364人登録
  • 3.71評価
    • (25)
    • (42)
    • (24)
    • (11)
    • (3)
  • 41レビュー
著者 : 佐藤亜紀
  • 講談社 (2010年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062766517

ミノタウロス (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 希代の物語の語り手、佐藤亜紀の人気作。何よりも構想の巧みさと雄大さに感嘆する。物語はロシア革命の混乱期にあったウクライナを舞台に展開する。しかも、キエフやオデッサならともかく、日本の読者のほとんどが聞いたこともないようなミハイロフカやエリザヴェトグラドといった地が選ばれている。1917年の2月革命から10月革命、そしてソヴィエト連邦の成立と観念的に理解したつもりになってはいても、あれだけ広大なロシアの地。そんなにスムーズに革命が遂行したはずがない。そこに展開する作家の想像力にはただただ驚嘆するばかりだ。

  • 第一次世界大戦のあった帝政ロシア崩壊直後のウクライナ地方が舞台。
    成金青年が殺人や強盗等の悪事を尽くしながら狂奔する物語。

    どうやらこういった悪者物語はピカレスクロマンとのこと。
    1人称で物語が進み、坊っちゃんだった青年が徐々に変貌していきます。

    主人公の青年は殺人・強盗・強姦等をどんどん行います。
    まさに弱肉強食の地獄で必死に生きようとします。
    っというよりもみんな悪事をするのが当たり前の状況です。

    物語はかなり堅い文章ですが、読みごたえを求める方にお勧めの作品です。

  • ロシア革命を背景とした、不良少年の転落話。
    と云ってしまうと身も蓋も無いのですが、
    文章が大変巧みで、それだけで最後まで引っ張られて
    しまったと言っても良いです。
    殆ど改行しない、行間を読めとか云う下らない装飾も無し。
    ギッチリ詰まった日本語がとても美味しゅうございました。
    ストーリーはタイトルのミノタウロス通りとして、
    それでも中盤のシチェルパートフとの遣り取りは
    心臓にギュッと来るものがありました…
    ラストはあっさりした物という印象ですが、
    その湿った世界観と云うか、臭いから抜け出すのに
    暫く時間がかかりそうです。

  • 佐藤亜紀さんの作品はほぼ読んできましたが、やっぱりいいですね。
    いえ、世間的な評価とかストーリーのおもしろさとかじゃなくて…こう、読んでるうちに空気や臭いが感じられる気がするのが好きなんです。もちろん、この時代のウクライナに行ったことはないんですけどね笑

    バルタザールの遍歴と同じく、転落の物語。
    でも転落と言っても、テイストはかなり違います。
    この結末じゃなきゃ、救いはなかったのかなぁ。

  • 読後に残る後味の悪さと奇妙な清々しさと達成感がなんとも言えない。ロシア革命に翻弄されたウクライナを舞台にしながら、歴史的背景を親切に解説する気なぞ微塵も感じられない、暴走機関車のようなピカレスクロマン。

  • 悪いヤツが悪いことを散々やるお話です 笑。
    舞台は帝政ロシアが崩壊した自分の、ウクライナ。
     
    ピカレスクロマンの傑作、と言われるだけ合って、
    この小説には人を殺してもなんとも思わない糞野郎ばかり出てくるだけ有り、話の筋はそれなりに凄惨で残酷です。
     
    そういうのが苦手な人は読まないほうがいいかも。
     
    加えて、かなり重めの文体なので、腰をすえて読むことをオススメします。
    ただ、厳しい冬・農奴の生活の様子の描写は見事。
    妙に生々しいです。
     
    ただ、主人公の、どこか爽やかさすら感じるくらいの無法っぷりは一読の価値アリ、だと思います。
     
    ・・・しかし、ロシア系の名前はなんでこんなに分かりづらいのか 笑

    なんとかコフとかなんとかヴィチとかばっかで、

    「コイツ誰だっけ!?」

    って良く読み返しました、、。

  • ピカレスクの語源は悪漢小説。
    この小説の主人公、自由奔放に生きる地主の息子ヴァシリも見事な悪漢です。
    とにかく密度が濃いです。時代設定も二十世紀初頭ロシアという知る人ぞ知る非常にマニアックな選択。
    裕福な地主の次男として生を受けたヴァシリは、成り上がりの父を継ぐことを夢見て農業を学ぶも生来女好きな放蕩癖あり、下宿先の叔父の家の女中や故郷の娘とたびたび関係を持っていた。
    しかしそんなヴァシリの運命はロシアに迫り来る戦火に煽られ風雲急を告げる。

    強盗・強姦なんでもあり。
    人倫を踏み外す行為全般に一切ためらいない主人公の破滅的生き様は凄い。
    殺人や悪事に手を染めても一切心を痛めず自分を貫き生きるさまはいっそ清清しい。
    良心の所在が人間を定義する必須条件ならヴァシリの生き様はけだものさながら自由で獰猛で野蛮。
    常識に束縛されず倫理に唾し欲望に正直に生きるヴァシリはやがて脱走兵のイタリア人少年・ウルリヒと出会い意気投合する。
    このウルリヒがすっごいいいキャラしてるんですよ!
    ニヒルでいながらユーモアセンスに冴えて、飢えと寒さに苛まれたみじめな逆境でも軽口を忘れない。これにフェディコというびびりの少年をくわえ、やがて三人で盗んだ馬車を駆り、略奪と殺戮とどんちゃん騒ぎをくりひろげつつロシアを縦横無尽に奔走する帰るあてなき旅が始まる。
    そんなヴァシリたちのやりたい放題の暴走ぶりを「おいおいそのうち因果応報天罰がくだるぞ…」と眉をひそめ読んでいくと案の定後半で…ラストは言わぬが華ですがああ無情なかんじです。天罰というか人誅のほうでしたが。ヴァシリは自業自得だけどなあ…ウルリヒ…。
    文章の密度もかなり濃い。
    主人公が初めて人を射殺するシーンは比喩の秀逸さに感動しました。
    嗚呼美しい、官能的…ため息。
     
    佐藤賢一さんの「傭兵ピエール」や森博嗣さんの「スカイクロラ」なんかが好きな方にもおすすめです。

  • 苦手です。

  •  硬い文章が時々読みたくなるのだが、読み始めて後悔するほど硬くて、全然進まない。特に登場人物の名前が覚えられず、最初は前に戻って確認しながら読んでいたが、途中から覚えられないまま読んでいて、その人が死ぬと安心したのだが、回想で名前が出てくると、くうと思った。メモしながら読むべきであった。

     お坊ちゃん育ちの青年の地獄めぐりであった。仁義もなにもなく、仁義があるのは余裕のある時だけ、それでも意地だけはある。現代の世界でも難民の生活や紛争地帯はきっと同様の地獄が存在しているであろうことを思うと心が痛い。

     女性に対してむごい描写や辛辣な表現が多々あるのだが、男性作者が書いたら読めたものでない感じがした。特にマリーナというお姫様みたいな女がひどかった。きっとそういうタイプが嫌いなのだろう。

     田舎者の訛りが新潟弁で面白かった。

  • 歴史もっと勉強するんだったー!と思わずにはいられない。

    時代背景がすでにロマンを感じると思って読んだものの、勉強不足で知識が追いつきませんでした…

    それでも、十分楽しめましたし、のめりこむことのできる一冊でした。
    強いて言えば主人公の周辺が淡々とかかれていく感じが、普段読む本に比べて心理描写少なめで物足りなかったかな?という感じです。

    他の作品も有名なようですので読んでみたいと思います。

全41件中 1 - 10件を表示

佐藤亜紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 亜紀
米澤 穂信
冲方 丁
伊坂 幸太郎
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

ミノタウロス (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ミノタウロス (講談社文庫)に関連するまとめ

ミノタウロス (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミノタウロス (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミノタウロス (講談社文庫)の作品紹介

帝政ロシア崩壊直後の、ウクライナ地方、ミハイロフカ。成り上がり地主の小倅、ヴァシリ・ペトローヴィチは、人を殺して故郷を蹴り出て、同じような流れ者たちと悪の限りを尽くしながら狂奔する。発表されるやいなや嵐のような賞賛を巻き起こしたピカレスクロマンの傑作。第29回吉川英治文学新人賞受賞。

ミノタウロス (講談社文庫)の単行本

ツイートする