しずかな日々 (講談社文庫)

  • 1425人登録
  • 4.08評価
    • (191)
    • (234)
    • (104)
    • (18)
    • (2)
  • 233レビュー
著者 : 椰月美智子
  • 講談社 (2010年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062766777

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
有川 浩
村上 春樹
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

しずかな日々 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 少年の夏を描いた作品というと『夏の庭』が真っ先に浮かんでいたのだが、
    これもまた忘れられない一冊となるだろう。
    登場人物の誰かを死なせて劇的にしようとする作為がないあたりは、非常に良心的だし、
    淡々と描いているのに叙情豊かに感じるのは作者の筆力かな。
    何しろ遅読の私が、一日で読み終えたのだ。
    そうか、子どもはこうして大人になっていくんだなと、読後数日経過しているのに、いまだに
    深い感慨に浸っている。

    小学5年の主人公「枝田光輝」が語り手で話は進む。
    冷静に、静かにふりかえるその語り口が、まさにタイトルにふさわしい「しずかな
    日々」で、勉強も運動もからきしダメな自分を自嘲するでもない。
    ただ、その後の展開で、なぜそうなのかが少しずつ明らかにされる。
    むろん、説明らしきものはない。ただ、読み手に想定させるのだ。
    そうか、子どもはこうして人生を「降りて」いくのかと、涙もろい私などは
    何度も涙腺がゆるんでしまった。

    そして、小さな小さな希望が学校生活に生まれていく過程が、また心憎い。
    人に名前を呼ばれて話しかけられた時の新鮮な驚き。
    あだ名がついたときの驚きと喜び。遊びに誘われた時の気持ちの高揚。
    今日の楽しさが明日への希望に繋がっていく行程が、秀逸な描写で綴られていく。

    突然居候することになった祖父の家、祖父の存在。そして新しい友だち。
    そこを基盤に、あとはもう、どこにでもある夏休みの風景だ。
    花火だのラジオ体操だの草野球だの水泳大会だの、そして自転車で遠乗り
    したことだの、宿題の制覇だの。
    だが、読み手は枝田少年と一緒になってどんどん心の翼を広げていく。
    決して幸せとは言いがたい現実でも、受け止めて成長していく少年を、
    いつの間にか応援してしまうのだ。

    終盤になって祖父に、顔も知らない父親のことをようやく尋ねるという
    構成も素晴らしい。
    これを聞いたおかげで、自分の生をようやく肯定し、前を向いていけることだろう。
    その後の、大人になった主人公が少年時代をふりかえるラストは、もう小津作品の
    名画のように心に残る。
    未来につながる希望、これをこそ子どもは本能的に欲しているんだなと、
    それを自分はこれまでの人生で子どもたちに与えられたかなと、そんな反省も
    込めつつ、ひとりでも多くの人にこの一冊をおすすめ。

    (最後に、お祖父さんの作るおにぎりと漬物が、すごく美味しそうなのであります。)

  • 小学五年生の少年・えだいちが、
    おじいさんの家で過ごした、きらめきの夏休み。

    ”はじめて”がいっぱいだった小学生のころ。
    前の日にはできなかったことが、次の日にできるようになるうれしさ。
    毎日がワクワクの連続で、明日のことばかりを考えていた。

    ラジオ体操の朝の空気。
    照りつけるような日差し。
    ノースリーブのワンピースと麦わら帽子。
    ときおり、耳がびーんとしびれるほどのセミの合唱。
    アサガオ、ひまわり、プール、絵日記。
    やさしかったおばあちゃん。
    塩をかけて食べたスイカ。
    薬缶で麦茶を煮ている香ばしい匂い。
    そういえば、昔の麦茶は甘かった…。
    遊び疲れて畳の上でお昼寝。
    目が覚めるとお腹の上にタオルケットがかかっていた。

    通り過ぎてみてはじめて気づく人生の至福の時間…。
    よみがえってくる記憶は、音のないしずかな世界。

    ツクツクボウシの声が聞こえる。
    この季節に、この本を読むことができてよかったです。

    児童書ですが、
    これはかつて”えだいち”だった方々にぜひ…。

  • 素晴らしい小説。児童向けだからと、こんないい本を読み逃している人がいたら大きな声で言ってやりたい。「子供時代の君が本の中で待ってるよ」
    このブログのおすすめで、多くのひとが推薦していたので読んでみたが、皆さんには感謝したい。「素敵な小説をありがとう」
    内容はあえて書きません。読んでみてください。

  • 初の椰月美智子作品です。
    ドツボでした。
    作品からにじみ出るやわらかい雰囲気とか、文章の感じとか、お話の流れとか、好きだー!!って思いながら読んでました。

    おじいさんの家で暮らし始めるところからが話のメインになると思うんですけど、そこに行くまでの話もとても好きです。
    押野のキャラがとてもいいし、三丁目の公園は優しくて、転校したくないって泣いてしまうところは、読んでいてじわっときました。
    おじいさんと暮らし始めてからの話も素敵でした。
    特に押野のロボット工場の話とか。こういう、些細だけど子供にとっては大きな出来事がきっかけで、僕らは成長してきたんだよなあって思うと、さびしいようなあたたかいような気持ちになりました。

    ラストもよかったとは思うんですけど、一気に大人になってしまったので、ちょっとさびしかったです。
    この作者の他の作品も読んでみたいと思いました。

  • 読み終わったあと、胸がきゅうんとして少し泣いた。
    もう戻れない、苦しいほど眩しくて暑くて無我夢中だったあの頃、小学生だった私はどこかでこのキラキラの終わりを予感してたようなきがする。
    あの頃には戻れないけど、このキラキラは確かに自分の中に息づいて、今の自分を形作っている。
    そんなことをふと思った。

  • 夏はどこか懐かしい。ラジオ体操、プール、宿題ドリル、自由研究、花火…。すべてが新鮮で驚きに満ちていた子どもの頃の、遠い記憶に包まれる優しい物語。

    主人公 えだいち君と草野球仲間(押野、じゃらし、ヤマ)の豊かな感受性に触れて、なんだか清々しい気分。私も彼らと一緒に、おじいさんの家の涼しげな縁側で、漬物をぽりぽり食べたくなった。もちろん熱いお茶も!

    「そんな難しく考えんでも、自然にしてたらいい」
    おじいさんの名言と調和した穏やかな最終章、心に沁みるなぁ。

  • なんてことはない日々の連続が今の自分に続いている。

    幸せ。何も大きな事件は起きないのに(小学生にとっては大事件かもしれないけど)、最後まで引きつけて離さない話。主人公は小学5年生の枝田光輝。父親は不在。彼の一人称で小学5年生の夏休みを中心とした「あの頃」の話。小学5年生になり、新しい友人・押野と出会う。そこから少しずつ変わっていく「えだいち」。新しい仕事を始める(何やら新興宗教?)母親と離れ、祖父と二人で暮らし始めた日々。

    主人公の成長が愛おしい。何かをきっかけに、少年は目を見張るほどに成長していく。ひねた「大人」になるのではなく、「子ども」を脱していく。それは、新たな世界を得たことも、自分の気持ちを言えるようになるということも、母との距離も、祖父の家で与えられた役割も、すべてが関わっている。この話は大人になった主人公が、過去を振り返っているが、このように「あれが自分の大人の一歩だった」と振り返る時期が誰にでもあると思う。それが、このような愛おしい記憶であるならば、幸せだろう。

    かつて子どもだった人にも、これから大人になろうという人にも、優しい話。

  • 夏休みって大人になった今でもウキウキする。
    それって、小学校時代の記憶だったり思いでだったりするわけで、懐かしい思い出なんだけど鮮明に記憶されてるのは小学校の夏休み。
    ラジオ体操やカブトムシや花火、度胸だめし。
    この本の中でも一番気に入っているのは、押野が泊まりにきて二人で夜語りあい、夜空を見上げる。昼間言えなかったことも、夜の闇にまぎれてしまうと許されるような気がする。とえだいちが感じる一瞬。
    野間児童文学賞、坪田譲治文学賞のダブル受賞の感動作に納得。

  • 一人の少年の、小学校5年生の夏休みの思い出を綴った物語。

    本当に特別なことは何もない、普通の小学生の普通の夏休み。
    友達と遊ぶこと、小さな冒険をすること、そして、ただ笑いあうこと。
    大人になると、多分、きっと、忘れてしまいそうな、小さな小さな思い出だけど、でも、その瞬間瞬間を精一杯生きている子供たちにとっては、何一つ欠かすことの出来ない大切な思い出なのだと思います。

    読んでいて、胸がいっぱいになりました。
    涙が出そうになりました。
    なんとも言えない、すごくすごく、不思議な感情が溢れてきました。

    おじいさんとの距離が少しずつ縮まっていく様子も、なんだかとても微笑ましかったです。

    とっても素敵なお話でした。

  • 友達もいなくて勉強も運動もからっきし、小学五年生の男の子である主人公の夏の記憶。
    ターニングポイントとなる友人との出会い、母親と離れての祖父との暮らし。
    「夏の庭」を思い出した。
    繊細でみずみずしくてすこやかで泣きたくなるほどやさしい。
    なつやすみ、ってなんてすてきなんでしょう。って思い出せる小説でした。

  • ☆4.5

    とても良かったです。しずかな日々の名の通り、穏やかで平和なのに、暇とかつまらないとかそんな事は全くないキラキラとした毎日。
    土に染み込む水の匂いとか、漬物の歯ごたえとか、縁側の涼しげな感じとか本当にえだいちの5年生の夏に飛び込める。
    最後は全てがまとまっていて社会人のえだいちの言葉がまた、良かった。

    今の自分というのは、これまでの過去を全部ひっくるめた自分なのだ。

    これにはすごく共感した。
    別の方法をとっていたら、とか、
    あの時こうだったら、とか、
    色々考えたりするけれど
    結局「もし」なんてものは無くて
    自分は自分である他の可能性なんて0なんだと、そう私も考えたりするからだ。

    この田舎の世界観が好きでした。
    自然の匂いとか夏の日差しとか2人で行く自転車 のちょっとした冒険とか…。
    またいつか、えだいちの夏に飛び込もうと思う。

  • 宝物みたいな、あの夏の日々。

    地味で内向的な小学五年生の「ぼく」。明るくクラスの人気者の押野と出会い、彼に引っ張られるようにして、「ぼく」の世界は少しずつ変わっていく。
    縁側でスイカを食べたり、空き地で野球をしたり、自転車で小さな冒険をしたり。そこにあるのは本当に何てことない日常なのだけど、それがとても活き活きと伸びやかに描かれているのが、すごく良い。
    小学生の夏休みは、こんなにもキラキラしてるんだなぁ。

    押野がとにかく気持ちの良い奴で、どんな物事も明るく笑いに変えてしまえる彼の前向きさはすごい。彼以外の登場人物一人一人にも隙がなくて、口数は少ないけど優しいおじいさんも、どこか茶目っ気がある押野のお姉さんも、皆いい味出してて好感が持てる。

    人生は劇的ではない。でも、だからこそ素晴らしい。

  • 大人の児童文学
    という紹介を受けて読んでみた。

    母との孤立した生活から
    突如として生まれた祖父と友だちとの関係。
    内面で様々な感情を抱えながら
    表面上はタイトル通りしずかな日々を送っています。

    学教教材として扱われることも多いとのこと。
    子供たちに触れて欲しいとは思うけど、
    決して押しつけて欲しくはない作品。

    好きなときに読み、
    好きなように感じるからこそ
    読書は楽しいのだ。

  • 久々に星を5つ。
    美しい文章で、特別なことが起きるわけでもない「しずかな日々」を描いている。
    ここに描かれている小さなエピソードたちは、その本人にとっては特別なことであり、読者にも何かしらあるであろうそういう小さな思い出を呼び起こさせるような作品。
    読み終わるのが惜しい気持ちになった。

    いま5年生である娘がもう少し大きくなったならこの作品をぜひ紹介したい。

  • カンタベリ物語の下巻を読もうかと思ったが、何となく現代のものが読みたくなったのでこれを手に取った。
    いつも通りタイトルだけで買った作品。
    私が思春期を振り返る時、一番鮮やかに浮かぶのは夏の記憶だ。時代が小学校でも中学校でもそれは変わらない。多分、夏という季節の印象がそのまま、実際以上にきらめいて見える過去の印象に重なるからだろう。
    この本の内容をひと言でまとめるなら、少年のある年の夏の思い出。ただそんな概要だけではこの作品の魅力は言い表せない。
    ラジオ体操、スイカ、自転車での遠出、プール。
    何でもない、しかし思い出すと眩く映る夏の風景を、細やかな筆致で丁寧に描きだしている。
    そんな内容なのに、文章が懐古的でないのがよかった。子供の視点で描いているから、分からないものは分からないままになっているのも好きだったな。
    また同著者の別作品も読んでみようと思う。

  • 実景を背にした二台の自転車が置かれた『広っぱ』ジオラマ写真をジャケットにしたセンスに激しく魅かれて購入。主人公が自らの人生において一つのターニングポイントとなった「小学校5年生の夏休み」を淡々と綴る回想録にあって筆者の客観的な描写力は読む者自身が『パラレルワールド』で経験して来たかのようなリアルな生活感が不思議であり心地よい。最後の一行で表題の意味が理解できた瞬間、何とも言えないホッコリとした読了感に包まれ、そして改めてジャケットデザインの「趣旨」に敬服。現実に疲れ、心がささくれた時の「処方箋」的な一冊。

  • 温かく心にしみる話。
    えだいち、押野、おじいさん…
    ノスタルジーだけじゃない。みなそれぞれの人生を生きていく。
    エネルギーや勇気をもらえる本。

  • 本当に素晴らしい本でした。 せつなくて、胸がずっと疼いて。 絶対に戻らない、戻ってきてはくれない楽しく幸せだった

    子供だったあの頃。 そんな大切な日々にしっとりと戻らせてくれる。 そんな、大切な1冊。

  • タイトル通り、しずかな何気ない日々を描いたもの。読んでいて、段々胸にじーんとくる。
    引っ込み思案の主人公がクラスメイトの活発な押野くんという少年から野球に誘われて、そこから友達になっていく姿にとても感動する。
    自分も主人公に似たところもあったので感情移入して読めた。

    また、担任の先生がとてもすきだ。優しくて、主人公を温かく見守って、そっと背中を押してくれる。自分の意思を押し殺して、我慢してしまう主人公にも直ぐ気づいてくれ、優しく抱きしめてくれる。とても素敵な先生だ。

  • ずっと読んでいたい物語でした。

  • 書店でみかけてもぱっと目につくようなタイトルじゃない。
    でも何故か気になって買って、読んでみたら私の人生の中で大切な一冊になった。

    この物語は、変哲もない(いや、人よりも臆病で平凡すぎる)少年のある夏休みの話である。
    母親のなんらかの理由により、無口で一見怖そうな「おじいさん」の大きな大きな田舎の古い家に引き取られた少年が、新しい学校や豊かな自然、おじいさんとの生活を通して、心の美しい変化を描いていく。
    何をしても駄目で、勉強もスポーツも上手くできないけれど、それでも友人たちと少しずつ友情を深め、成長し、穏やかで優しい日々を過ごしていく。

    タイトル通り、明確な起承転結は何もない。
    本当に、ある少年のある夏の出来事をなぞっている作品である。

    しかし、その単純に見えるストーリーの中に、心にぐっとくる台詞や、どこか懐かしい情景、切ない感情が散りばめられて、決してあっさりと読み流してしまう内容ではない。
    ラストには少年の母親の謎がちらりと垣間見えるが、彼の母親がいったいどういった人物で、今何をしているのか、どうして彼が母親と離れて暮らすことを決めたのか、彼が母親を本当はどう思っているのか、などは結局のところはっきりとは書かれていない。
    全体に、少年の母親、つまりシリアスな問題のことはそっちのけで、美しい自然や懐かしい日本の姿が押し出されている感がある。
    わざと語りたくない、ような。
    けれど、それが納得できるくらいには、途中途中で様々な考えさせられる言葉がたくさんあるから、その答えは読者が自由に解釈していいと思える。

    そしてある意味穏やかにぼんやりと過ごしているように思える少年も「あるがままを受け入れる」ということで、確実に強い人間になっていることがわかる。

    ラストは大人に成長し、サラリーマンとして平凡な日々を続けている彼が締めくくるが、その最後の台詞がなによりも良い。

    「人生は劇的ではない。ぼくはこれからも生きていく」

    辛いこと、苦しいこと、楽しいこと、嬉しいこと。
    そういうことを全部ひっくるめて捨てないようにしながら、それでも生きていこうとする強さと、そして物事に対する愛情が感じられる。

  • 児童文学出身の人はやっぱり安定感がありますね。小学5年生の男の子が主人公ですが、スタンドバイミー的な、少年時代の忘れられないひと夏の思い出系。それだけだとありがちな話ですが、すでに大人になった主人公が淡々と当時を俯瞰で振り返っているので過剰な感傷がないのが良いです。人生はとくに劇的ではないけれど、それでも続いていくし、心のよりどころになる思い出がひとつでもあれば人は生きていけるっていう、前向きだけれど押し付けがましくないところが好きでした。

  • 父が病気がちで入院生活を繰り返していた頃、母親はパートに出かけるようになり、僕の家がたまり場であった。あの頃、家に遊びにきていた奴らは今、どうしているんだろうか。悪い事をするでもなく、放課後遊んでた。中学校で部活動が違い、離れていったり、高校が違いお互いに合うこともなくなった。もしもって考える事なんて人生のずっと後になってからで、こう生きる事があたり前だった。
    大人になり「しずかな日々」が嫌だと感じ、悩んでいた日々もある。
    年月を重ね、どうやらわたしも静かな日々を取り戻せそう。
    心がそこに収まっていく日。そのひとつのターニングポイントになる
    小説でした。

  • 確か中学生の頃、自分にとっての「普通」は今ある自分であって、他の道を歩いている自分は想像できない、と思ったことがあります。自分にとっての「普通」が自分を作り上げているんだな、と。
    ある小学生の、ある年の夏休みの話です。小学5年生。大人を無条件に信頼できたギリギリ最後の頃でしょうか。家族は母親だけ、閉じた生活を送ってきた少年でしたが、初めて友達ができ、母親の仕事の都合でほとんど会ったこともない祖父と暮らすことに。「だれかと一緒にいるっていうのは、こんなに楽しい」と知った、光輝くような夏の思い出。「人生は劇的ではない」と大人になった少年は言います。過去をひっくるめて、起きたことや起こることを静かに受け入れて生きていく。タイトルの「しずかな日々」はそのまんま人生でもあるのです。
    穏やかな波にのっていたらそのリズムがしばらく体に残って消えないような、余韻の残る一冊です。

  • 一日一日が宝物。
    そんなノスタルジーあふれる物語。
    特別な出来事などなく、二度と戻ることもできないけれど、
    キラキラと眩しい思い出がちりばめられている時間。
    その日々があるから、自分はこれからも生きていけるのだと思うことができる、静かで強い物語だった。

    胸にじんとくる、静かな感動。

全233件中 1 - 25件を表示

しずかな日々 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しずかな日々 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しずかな日々 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

しずかな日々 (講談社文庫)の作品紹介

おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に-。おとなになってゆく少年の姿をやさしくすこやかに描きあげ、野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞した感動作。

しずかな日々 (講談社文庫)の新書

しずかな日々 (講談社文庫)の単行本

しずかな日々 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする