酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)

  • 244人登録
  • 3.68評価
    • (18)
    • (41)
    • (42)
    • (5)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 鴨志田穣
  • 講談社 (2010年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062766883

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本を読むたびに涙が出てきますがアルコール依存症で、奥さんにも捨てられた男が自らアルコール病棟に赴き、病を治して家族のもとへ帰っていく話です。生きることの重みを伝える本です。

    永作博美と浅野忠信主演で映画化されるというので、久しぶりに読み返してみた。涙が出た。リリー・フランキーの帯にある、
    『なんだかんだあっても、幸せな男』
    というように、彼は、鴨志田穣は『幸せもの』だとおもう。本当に。

    内容はというと、アルコール依存症で十回血を吐いて閉鎖病棟で治療をする鴨志田穣と離婚をしながらも『家族』として彼を支え続ける西原理恵子とその子どもたちの家族の物語である。僕は、ほとんど酒が飲めない。でも、それが救いになっていて、おそらく現在の僕のような経験をすると、アルコールに限らず何らかの依存症になってしまうのではないか、と思うからだ。

    鴨志田穣は、帰る家を見つけて、愛する人の膝で、最期を迎えた。立派で品行方正な人間の人生には少しもシンパシーを感じないが、不思議と彼の人生にはシンパシーを感じてしまう。それは僕が、『ダメ人間』であるからに他ならない。そんな『本性』をひたすら押さえつけて『世間』という実体のないものとひたすらおり合わせようとしている自分がいるんですけど、「はたしてそれでいいんかね?」と自問している自分が最近います。まぁでも、彼は結局、帰ることが出来る「場所」があった。僕はたぶん、ないだろうな。

    まぁでも、「帰らぬ道は誰もおなじ」ですからね。くいのない生き方をしましょう。それが彼にとっての供養です。

  • 誰も鴨ちゃんを見捨てなかったのは、鴨ちゃんが見捨てられない人だったから。
    愛されていたのですね。

  • 西原理恵子の夫だった著者のほぼ実体験の話だと思う。
    フィクションとしてあったが概ねノンフィクションなのではないだろうか。
    アルコール依存症で入院という重いテーマを軽く書きあげている。
    塀の中の懲りない面々のように濃いいキャラの人ばかりでてきて、感心する。
    最後、酔いをさまして、うちに帰る主人公が哀しくて切なかった。

  • 西原理恵子の元夫で戦場カメラマンの鴨志田穣の本なですが、
    腎臓がんで無くなっていてその原因はアルコール中毒。
    そのアルコール中毒の療養のための入院生活を綴った本です。

    闘病生活と戦場カメラマンの話題とあるかなと思ったものの基本的には闘病生活について書かれています。

    とはいえ、アルコール中毒となった原因に戦場カメラマンとして過酷な現実と向き会ったことによるストレスがあったみたいで、
    著者が戦場カメラマンになった経緯や
    戦場の兵士について、
    ポルポト政権の取材についてだとかも書かれています。
    ほんとに軽くですが与えられたインパクトは大きかったです。

    はなしの基本となるアルコール病棟という閉鎖された世界についてや
    アルコール中毒の辛さについてだけでも
    自分にとって未知の世界で面白いのですが

    この著者は
    子供の時に見た夢を叶えるチャンスを
    酒場でつかみ
    叶えるため努力し活動し叶えたものの
    現実の辛さから逃げるために酒を煽り
    仕事が出来なくなり
    人間関係も壊して身体も壊す

    というお酒で得たものも大きく失ったものもそれ以上に大きくとすごく複雑な気分にさせられて考えさせられました。

    この本で一番印象に残った言葉は酒場で言われた
    「カメラさえあれば君もカメラマンだ。
    あとは儲かるかどうかだけ。」
    という著者の師匠に当たる人から著者が出会った時にもらった言葉です。

    夢に飛び込むことがじつは簡単なんだけどその世界で生き抜くことの難しさを感じさせられてすごくかっこいい言葉だと思いました。

  •  鴨志田氏が亡くなっているからこそ、しんみりと冷静に読める。しかし、彼がいまも生き続けたら何を書いたのだろうか。それは、冷静に読めることでも無いかもしれないし、なんというか、いろいろと考えてしまうけれど、それでも読んでみたかったなぁ。
     中島らも氏もそうだけれど、アルコール依存症というのは、死に至る病であると思う。

  • 自分自身、相当な酒飲みと思っていましたが、これを読むとまだまだ大丈夫なんじゃないかと妙な自信を抱いてしまう、そんな一冊。

    アルコールに由来する様々な病的症状はおぞましいほど深刻なのに、妙にそれを感じさせない明るさが全編を包んでいるから不思議。

    とはいえ、家族が心配するのをよそ目についつい飲んじゃう主人公には、少々苛立ちを覚えることも。

    同じ酒飲みからすると、どうせ飲むなら他人に迷惑をかけるなよ、と思ってしまうので。

    だけど後半、余命を知った後にようやく自身の過去を振り返る姿を見ると、何となく私自身の行く末を見たような気がして共感。それ故か、最後はなんかホロっと来てしまいました。

  • いい本だなあ

  • 決して上手な文ではないですが、温かい人であることが伝わってきます。
    壮絶な人生ですが、非常に情けないものが大半で、しかし思ったとおりに生きていて。そのしょうもなさと子供さが、やっぱり昔から僕のヒーローです。ご冥福をお祈りします。

  • こんなふうに笑いの要素を盛り込めるということは、自分の嫌な部分や情けない姿を、一度真正面から見据えたうえで赤裸々にしているのであって、できないものだよ、なかなか。

    そして「抗酒剤」「奈良漬けで再燃」など、知られざるアル中の苦悩に、わたしは驚く。
    加えて、悲しすぎる幼少期。
    戦い、敗れ、戦い、戦い、敗れ、敗れ、
    西原理恵子さんに会って、結ばれ、別れ、また近づき、
    そうして鴨志田さんは最期に、どんな気持ちになったのだろう。

  • アルコール依存症で42歳の命を散らした筆者の一生を描いた作品。
    前半の怒涛の飲酒描写に、終盤で漂う何とも言えない虚無感。
    過度にあっさりした文体で中盤がややダレてしまってるけど、全編を2倍ぐらいの長さに膨らませてたら間違いなく名作だった。
    アジア放浪時代に民主カンプチアでイエン・サリにインタビューしたって1ページも使わずにサラっと書いてるけど当時の情勢を考えたらかなりすごいことで・・・。
    著者の渾身作『アジアパー伝』シリーズも読んでみようかな。

  • 以前映画を先に観ており、気になって読んでみた。この前の「日本はじっこ自滅旅」からの続きとして、アルコール病棟に入院して、癌を告知されるまでを小説として描いている。からっと笑いを交えて書いているが、なかなか壮絶な話だ。どうしようもない酒飲みだったが、きっと優しい人だったのだろう。

  • さいばらの夫。食べ物を食べずに、お酒でカロリーを摂る日々。アルコール中毒との闘い。アルコール中毒とは何か⁉どういう症状の病気かおしえてくれる。立派な闘病記‼

  • 一日でバーッと読みました。毎日かあさんを観たばかり。同じ時期の話だけれど各々の視点なので、また違う。あんなに酒で死ぬと云われ、現に死にかけたのに本当に死ぬのが癌なんて…。何をするにせよ依存症は病気!本人の意志が1番だが、家族の協力なしでは完治しない。家族をやり直せる兆しが見えてただけに残念。鴨志田さんは見捨てられない可愛い男。西原さんは妻と母ちゃんの鑑な女。

  • 日本版「聖なる酔っ払いの伝説」。酔うことは現実からの離脱の意味もあるのだろう。苦々しい思い出からの脱却もあるのだろう。こんな苦しい現実なんて逃避しちゃえばいいじゃない。みんな酔え。そして死ぬんだ。それが文学じゃないか?

  • 「この物語はフィクションです」とは、よく言った!
    こういう、深刻なことを深刻に語らない作品は好きだなぁ。

    軽く書くことにこだわりすぎているせいなのか、ちょっと説明不足ではないか?とか、話が飛ぶなぁ?とか、若干構成に不満が無いわけではない。
    だけど、すっきり読めて、だからこそ考えさせられた部分も。
    誰だって、好きでアル中になるんじゃないんだよね。

    それにしても、鴨ちゃんは愛される人でよかったですね。

  • 購入者;吉田愛(2011.12.14)
    2011.12.21
    私はほとんどお酒を飲まないので、アル中というものはどんなものなのだろうと、患者さんには失礼なのですが興味があり購入しました。
    「ぼくんち」等を書いてらっしゃる西原理恵子さんが奥さんで、度々文中に登場します。
    西原さんの作品にもよく鴨志田さんが登場します。
    もっとお二人が一緒の作品を見たかったなあと思います。
    岡田(2012.9.11)
    途中ちょっとしんどくなったけど、僕も気をつけようって思えました。。
    貸出:清水(2012.12.3)返却(2012.12.12)
    アル中の実情がよくわかりました。なんでもやりすぎると良くないですね。特に、体のことには気を付けていかなくてはいけません。

  • サイバラが好きでずっと読んでいるので、だとしたら、これも読まねばなるまい。アルコールでボロボロになってしまった自分を見据え、それを突き放して書いている著者。自分を突き放せるくらいの距離感を戦場で見たものに対して取れたなら、彼はこんなふうにならないですんだのではないだろうか。戦場に行くには優しすぎる、繊細すぎる人だったのだろうと思う。
    いくら辛くても、帰れば抱きしめてくれる人がいる場所を持っている人は幸せなのだと思う。それは何もしなくても自然にできあがるものではない。それは、自分が思いを注いで、相手のために頑張って、作り上げる場所。お酒を止められてからの時間は短かったけれど、鴨ちゃんはサイバラと子供たちの待つ「うち」に帰っていった。最後の一行に、言葉では言いつくせない愛情を感じる。

  • そうか、フィクションなのか。

  • なんも言えない。壮絶!

  • 漫画家の西原理恵子のダンナさんで、元戦場カメラマン。2007年腎臓ガンで死去。
    アルコール依存症に苦しみ続けた著者と、愛する妻、子どもたちとの物語。

  • 完全にエッセイと思って読んでいたので、巻末に「この物語はフィクションです」とあったのに驚いた。自伝的小説なのか。

    アルコール依存症での入院生活を主とした
    「毎日かあさん」の裏側。

    面白かったが最後ちょっと雑と言うか力尽きた感じ。

    この映画も見たいな〜。

    【図書館・初読・4/20読了】

  • 内容としてはとてもつらい事を書いているはずなのに、「おかゆ念仏作戦」や、カレーで一喜一憂するシーンなど、微笑ましく感じるところがあるのがすごい。
    一番最後の体験発表の、「三百万の罪なき人々の死の歴史より一人の女性の死のほうが大切だったのです。」という台詞には鳥肌がたった。

  • アルコールをたたなければならないのに断てない、葛藤がよくわかる。
    最後の告白の場面が圧巻。

  • 軽いタッチだったが、最後の独白で一気に話がしまりました。

全43件中 1 - 25件を表示

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)はこんな本です

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)の単行本

ツイートする