びっくり館の殺人 (講談社文庫)

  • 1468人登録
  • 2.86評価
    • (19)
    • (59)
    • (229)
    • (120)
    • (20)
  • 149レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 講談社 (2010年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062767170

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

びっくり館の殺人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ミステリとして読むと大満足とはいかないが、幻想小説のような雰囲気が作品全体に漂う。アヤツジストなら読まない理由はない。暗黒館まで順番に読んだ読者は、この小説を飛ばして、奇面館を読んでも問題はない。

  • 館シリーズにしては覇気がないと言うか、
    トリックが甘いと言うか、
    いつもより微妙だと思っていたら、
    別コンセプトで子どもでも楽しめる様に書かれた作品だったんですね。
    なら納得。

  • まずページをめくって声を上げないように…
    若干ホラーちっくな絵があります
    子ども用に作られた作品ですが、大人でも楽しめる作品です

  • 児童書ということ。
    文字が大きく行間もあり、小さい子でも読みやすい。
    が、不向きな部分もあると思う。
    ホラーのような要素を持った本である。

  • 「少年少女と、かつて少年少女だった大人」に向けて書かれた作品らしいが、全てが中途半端で誰のための作品でもなくなっている。作者は「子供向け」を「幼稚さ・チャチさ・チープさ」と取り違えているのではないかと推察する(少なくとも作品の出来はそうだ)。
    児童向けの作品を書くというのは、それはそれで大した才能がいるのではないかという認識をもった。

    「いじめ」「自殺」「近親相姦」「子殺し」「発狂」という内容が、テーマとしてではなく都合のいい“記号”として使われており、子供向けには似つかわしくなく、大人向けにはあまりにも安っぽい。

  • 不気味。ホラーに近い。

  • 児童向けかと思わせて闇が深い。
    騙し討ちみたいなトリックだが意外性はあると思う。
    オチについては人それぞれのご感想があるかと。

  • 低年齢層向けミステリーという事で、色々とサラッと読めた内容。
    館シリーズに関しては、奇妙な館の特性上、フェアとアンフェアの境界線を入り混じらせて話が進んで、そこがとても面白く、世界観の設定としてとても秀逸だった記憶があるけど、これに関しては2転3転させずすっきりと進んでいった。
    でも、これはこれで悪くない。
    少年探偵団的な雰囲気を醸し出そうとしているのか、おどろおどろしい雰囲気で話を進めていることに重点を置いているのか、疑問点が何点か消えなかったり、ラストの締め具合だったりと、ラストに向かって謎が収束していくという爽快感が味わえるかと言うと、いままでの綾辻行人とはちょっと違う。

  • 番外編って感じなので評価はいまひとつ。
    とにかく全体的に漂う雰囲気が異様で良い。

  • 2016年1月10日読了。
    2016年20冊目。

  • 学校と家を行き来するだけの僕の日常にするりと入り込んできたびっくり館と
    そこに住む新しい友達。
    リリカと呼ばれる腹話術人形。
    壁一面のびっくり箱。
    非日常の蓋が開き、目の前に出現する事件と怪奇。
    謎は解けても妖しさは嚥下できずに喉元に残っている。

  • 館シリーズということで手にしたら、さっそくびっくり。挿絵がある。児童書として出ていたものだったとは知らなかった。
    これまでの館シリーズからはたしかに文体が軽く、さくさくと進んでいった。
    他のシリーズと比べれば物足りないところもあるけれど、児童書として色々考えられているなぁという印象。
    ただ、許せなかったのは「幸いにも阪神淡路大震災があり、」という文があったこと。あの出来事を、そんな表現で書いてほしくなかった。

  • 内容はともかくとも、
    挿絵が怖い…

  • 館シリーズ8作目。番外編ではなく正統とのことだが、ほぼ全くミステリーではなく、どちらかというとホラーに近い。鹿谷もほぼ出てこない。全く面白くなかった。あとがきによると館シリーズもあと2作(1作は未発表)なので頑張って読みたいが、本格ミステリーでお願いしたい。

  • 児童向け推理小説の趣。
    なんかもうちょっとぞくっとさせられるのかなぁと思ったけれど、そんなにだったのは、やはり児童向けだから?

  • 館シリーズの中では1番物足りなさが残った作品。読みやすく気になる展開で面白いのだが、醍醐味である館のカラクリトリックがなかったのが残念。

  • 20150816
    ホラーっぽいけど、館シリーズ。
    ラストシーンは蛇足?

  • 2015.8.7-44
    子供向けのようだと思ったらまさに子供向けのミステリーでした。

  • 今までの館シリーズとは、少し違う雰囲気。
    ミステリーというより、ホラーのように感じた。

  • 館シリーズ第8作目。今回の館はびっくり館。
    挿絵があったり物語全般が子ども目線で進んだりとこれまでの館シリーズとは一味違うなと思ったのですが、その秘密はこの本だけ講談社の「ミステリーランド」というレーベルから発表されているところにありました。このレーベルは「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」をコンセプトとしているのだそうです。
    なので館のからくりも単純ですし真相もそこまで複雑ではないです。ただ、ラストまで読むとこの本はミステリーというよりもホラーに近いのでは…と思いました。ぞくっとする終わり方です。

  • 長かった前作、「暗黒館の殺人」。
    その次に子供向けに書かれたこれを持ってくるとは、あらかじめ計算されてたのかなあ。

    私は、重い内容の本を読むと、次は軽めのエッセイか何か読みたくなったりするので、重→軽という意味ではうってつけでした。

    ところどころに挟まれた挿し絵が薄気味悪くて、シリーズ中一番ゾクゾクしました。

    子供の頃にこれを読める小学生たちは、幸せだなあ。
    うちの子もいま6年生。
    ちょっと目の届くところに置いといてみようかな。

  • 綾辻行人らしくない
    だが綾辻行人らしい
    といった矛盾が残った作品
    館シリーズを読んでいるからこそといった作品
    このタイミングでのラノベはあまり好まないが、、、

全149件中 1 - 25件を表示

びっくり館の殺人 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

びっくり館の殺人 (講談社文庫)に関連するまとめ

びっくり館の殺人 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

びっくり館の殺人 (講談社文庫)の作品紹介

あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが…クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇!悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!?ミステリーランド発、「館」シリーズ第八弾、待望の文庫化。

びっくり館の殺人 (講談社文庫)のKindle版

びっくり館の殺人 (講談社文庫)の新書

びっくり館の殺人 (講談社文庫)の単行本

ツイートする