名前探しの放課後(下) (講談社文庫)

  • 4353人登録
  • 4.27評価
    • (704)
    • (598)
    • (231)
    • (22)
    • (3)
  • 483レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2010年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062767453

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「いつか」書こうと、ずっと思っていた。
    「あすな」ら、書けるのではないかと思った。

    この本は───何度読み返しても、幸せな気持ちになれる感動の物語。
    ひたすら「素晴らしい青春群像劇」だというしか、他に評価する表現手段を私は持ち得ない。
    タイムトラベル、タイムスリップ。
    三ヶ月先に起こる同じ高校の生徒の自殺を突然知ってしまった主人公、依田いつか。
    彼は多くの友人の助けを借りて、奔走する。
    その“誰か”を、絶対に守るために。何とか死なせないために。
    いったい誰が自殺するのか。
    絶望と暗闇の深淵の中に飛び込んでしまうのは誰なのか。
    “いつか”は、自殺する人間を見つけ出すために、放課後に名前探しの旅を始める。
    残された期間はわずか三ヶ月。
    その間に“誰か”を探し出し、なんとしても自殺を食い止めなければならない。
    それが、三ヵ月後の未来を図らずも知ってしまった自らの使命だと頑なに信じて。
    その真剣な思いを感じ取ったからこそ、友たちも“いつか”に手を貸し、それぞれの役割を担い、“誰か”を探し、助けようとする。
    はたして自殺は食い止められるのか?
    高校生たちの絆は未来を変えることができるのか?

    友たちのつながりは、ある意味非常にドライのように見える。
    固い友情で結ばれたというような、ありきたりの関係ではない。
    ギブアンドテイク。
    “いつか”を手伝うから、その代わりに何かしろよ、というような代償を求める者もいる。
    でも、それは一種の照れ隠し。
    本音では彼らも、その”誰か”の自殺を思い止めさせるため、自分だけにできることで、必死に助けようとしているのだ。
    甘ったるい友情や言葉の発露がないからこそ、彼らの結び付きに心が打たれる。
    彼らの絆は、心の奥底で深く結び付いてるように思えるから、信じることができる。
    幾度読み返して、幾度、感動の涙が頬を伝ったことか。

    単なるミステリーとして語れない、天才“辻村深月”の世界観がこの作品にあります。
    是非みなさん、ご一読願いたい。
    『無人島に持っていくならこの本』と自信を持って言えるお薦めの一冊です。
    最後の最後で、見事な伏線回収の、素晴らしき『辻村深月ワールド』を体験してください。

    註:皆さんが書かれているように「ぼくのメジャースプーン」を先に読んだほうが、エピローグでの秀人の言葉の意味が分かることは確かです。
    ただ、私はさほど気にせずに読み流しました。
    その言葉の意味が分からなくても感動したので。

  • 完全にしてやられました!!もう…この子たちってば!大人に心配かけて!

    スピンオフ構造分かってたのにダミーにまんまと騙され、秀人の正体に気づいても見逃していた私のおたんちん!
    あんなにちっちゃかったあの子がね、ぽろぽろと涙をこぼしていたあの子が、立派に大きゅうなって!
    見事に立ち直ってしっかりと前に進んでいたんだなぁ…なんだか親戚のおばさんのようですが思わず涙ぐみそうになります。


    河野基が知り合いの話し方に似すぎていて、本当このタイプは感じが悪い、ように見えて思ったよりかなり感じがいい(笑)
    男に二言はない。の台詞にはしびれました。鉄男くん、いいじゃないか。何より…演技力ありすぎやろ~!

    もう少しでお友達ぱんちをお見舞いするところでした。そしていつかくん…惚れてまうやろ~!


    母にも読んでもらい、同じ驚きを共有しました。
    「凍りのくじら」も早く読みたいなぁ。直木賞なんて獲ってしまったから尚更図書館では予約待ちだけど…


    ネタバレになりますが、今回感じたのは加害者・被害者役を役割として与えた場合、人はそれを鵜呑みにしてしまうということ。大津市のいじめ連想しながら読みましたもの…ハルくんごめんよ~。
    真相のあたたかさに救われました。また読み返したくなる作品。

  • もうこれヤバイでしょ。今、辻村作品を順番に読んでいる処ですが、改めて彼女の才能に驚かされます。そして順番に読んでいるからこそ感動が大きくなる。辻村作品は読む順番が大事ですね。
    同世代にこんな素敵な作家さんがいるなんて…嬉しくもあり羨ましくもあり、今私の心は熱く、ぶくぶく沸騰している様です。

    3ヶ月後からタイムスリップしてしまった男子高校生の依田いつか。同級生が自殺してしまうという記憶が強烈に脳裏に焼き付いてるんだけど、それが誰だか思い出せない。自分になにができるのか、仲間達と悪戦苦闘していきます。

    学園もののSFという感覚で、あー私ってなんだかんだで青春ものが好きだよな~と楽しく読んでいました。

    終盤に近づくと、知っている名前がチラホラでてきて「おっ?」という感じで、「あれ、とゆーことは……」ってあの二人じゃん~!!秋先生らしき人がチラッと登場した時や、うさぎのシールなんかが出てきた時は「むむ?」ってなったけどやっぱり最後まで分かりませんでした。でも良かった、幸せに成長してた。うんうん。

    いろんな物語が絡み合っていて、一言では言い表せないですね。とにかくやっぱり愛!いろんな愛が溢れてます。

  • 上巻に続き、自殺者は本当に彼なの??と疑いなら読んでいたけど、
    最後に、やられました!!けど清々しいやられ感でした。面白かった!!
    いろんな伏線が最後にきれいに回収されているのは さすが辻村さんです。

    誰かのために必死になるっていうのは素敵だし、仲間っていいよな~と思わせてくれます。「あすな」と「いつか」の微妙な距離感も良かったし、「あすな」のおじいちゃんが素敵です!!

    「ぼくのメジャースプーン」「凍りのくじら」を読んでいたので、彼らにまた出会えたのがうれしかった。(途中まで気付かなかったけど・・・)
    スプーンのキーホルダーも出てきてうれしかった。

  • 最後のどんでん返しにびっくりしました。

    避けてきたことにきちんと向き合ったり、逃げたままでいたことにもう一度挑戦したり・・・。

    きっと、そのままにしていても、生きていくことはできる。
    だけど、自分の手が届かなかった場所にいる誰かを見るたびに、後悔や苛立ちがまとわりついてくる。

    義務感や正義感じゃない。ただ、ここに居てほしい。

    この世を、自分の意思で離れようとする人を繋ぎとめることができる、最大の言葉だと思う。

    こんな気持ちを持ち、自分と必死になって、向き合ってくれる人達がいるって、最高に幸せだよなと思った小説でした。

  • 「自殺者」の予想は何となく当たっていたが、まさかこういうこととは思わなかった。辻村さんの本ではいつも、自分の予想が一応少しは当たりはするのだが、真相はその一手、いや十手以上先にあり、してやられた感。多くの読者がそうなのではないかと思う。おそらく、そこまでは当てられると見越した上でのジェットコースター的どんでん返しなのだろう。こんな青春、羨ましいと思えるようなまぶしさ。登場人物が素敵で、読後感もいい。

    しかし、何と言うかいくらなんでも無理があると思う。みんな演技力が高すぎる!それと多くの方が指摘しているが、『ぼくのメジャースプーン』を読まないと肝心のオチが中途半端になるというのはさすがにどうなのかな、と思ってしまった。作品同士の関係性があるのは面白いし、他の作品も読んでみようと思わせるきっかけになると思うのだが、一つの作品がそれだけで完結してこそのファンサービスであってほしい。海堂尊氏の「桜宮サーガ」のように。

    これはいつものことなのだけれど、『ぼくのメジャースプーン』を読んだのが結構前なので、関連性は椿さんのフルネームが出るまで気づきませんでした。ふみちゃん、ちゃんと過去を乗り越えて素敵な女子高生になっていてほっとしました。

  • すごい!すごい!
    本当にすごい!

    実は上巻の途中からこの小説の結末が見えていたんです。
    いや、見えたつもりになっていたんです。
    でもそれでは不十分でした!


    椿が「ふみちゃん」だったなんて!
    良かった。ずっと気になってたから元気になっていて安心した。
    それに「僕のメジャースプーン」を読んで大好きになった「僕」が秀人だったなんて。
    「郁也」が大きくなってたから、「ふみちゃんや僕も大きくなってるのかなぁ」なんて考えてたのに、気付かなかった。

    他にも大好きな登場人物がいっぱい出てきて嬉しかった。
    読めて良かった。

    辻村さんに感謝。

  •  たった一人の誰かのために作られた物語。

    フィクションはフィクション、
    作り物は作り物であって、
    偽物だとは言うけれど、

    そんな作られた環境が
    誰かの命を救うことだってあるのかもしれない。

    それを作り上げる仲間たちが本気であるのなら。

    人は強く、そして、脆い。


    貼られたリンクに、それぞれの物語を添えて。

  • 辻村作品の中でも大好きな部類に入る、特別な作品。再読。
    現実にやるとしたらなかなか難しいかもしれない内容だけれど、そうゆうの差し置いて楽しむことができた。
    未来を変えたい、そう思って友達を巻き込んで、該当者に対してはひたすら騙し続け、でもみんなの中で友情ができあがっていく。
    最後の模試の日、全員が一斉に動き出すところではついつい手に力が入ってしまった。
    一番お気に入りはトモの存在。
    あすなに対するいつかの想いや、基とトモの関係、バイクのこと、最後にぶわっと回収されて興奮してしまった。
    ファンサービスが強くて、この本が集大成というのもうなずける。
    郁也、たえさん、りほこ、チヨダコーキ、秋先生などたくさんの人物が登場する。叙述トリックに近い手法はもはや定番になっているけれど、どこかでだまされているんだろう、と思いつつもやっぱりすんなりとだまされてしまう。
    叙述トリックと、細やかな心理描写が辻村作品の魅力だな、と改めて思った。

  • 登場人物のネタバレを読んでしまっていたので、秀人と椿ちゃんの仲睦まじい様子に嬉しくて頬が緩みまくり。にもかかわらず、この展開を予想してなかった。騙された(*´д`*)元はと言えば秀人なんだけど、これはいつかを救う物語だったんだな。人生が寂しいものにならない為に、いつかが必死になった結果だ。人生にはイベントが必要、か。。。それにしても、みんな演技上手すぎるよ(´・ω・`)

  • 面白い。上巻でいきなりSF(少し不思議)な空間に投げ込まれる。
    そのまま、世界は少しばかり細か過ぎると思えるほどの日常が過ぎて行き、下巻最後の60ページで一気にすべての物語が爆発する。
    辻村深月 今回も見事なストーリーテラーぶりだった。
    面白かった。

  • わたしが唯一、文庫化されるのを心待ちにして新刊がでているのを本屋で見つけるたび即買いする作家、辻村深月の「名前探しの放課後」読了しました。

    今回も、面白かった。

    辻村作品にももう慣れているはずなのに、やっぱり最後のどんでん返し、その怒濤の種明かしには悔しいくらいしてやられる。(きっとわたしの騙されやすさも起因している。"騙される才覚"があるのです!プラネタリウムのあれで言うところの)

    とは言え、このどんでん返しがなくても十二分に、きっとわたしはあぁ、読んでよかったと、思ったのだと思う。考えたし、何度泣いたか。
    わたしの辻村好きはたぶん仕掛けによるものではないしね。そうじゃなくて、文章が肌に合ってる、とかもあるけどやっぱり、彼女が描く人間が好きなんだ。人物そのものより描写が、というか。彼女が書く登場人物の心の、中。その交わり。表れ。


    もう1回読みたいね!全部知った上でもう1回!
    しかも今回以前の辻村作品の登場人物も絡んでるから(読まなきゃ絶対わかんない楽しめないってわけじゃないけど、読んでたほうが楽しめるし、スッキリするって話。興味がある方は是非、別作品から。)、わたしのこの頼りない記憶力を呪いながらもう一度全作品読み直したいところ。


    ああ、すごいなぁ

    しかし__うますぎだろ高校生!

  • 上巻はわりと淡々と進んで、特にスリルも何もなく、下巻で一気に加速化と思いきや、やっぱり淡々と進んでいく話に、いくらなんでも静か過ぎやしないかと思いながら読み進めていたんですが、10章から先が凄かった!

    上下巻合わせて900ページ近い本なのに、その1/10の、最後の90ページで、この本に対する評価がガラッと変わる。最後の90ページが本当に面白かった!


    自殺者はあすなだろうという予測は正しかったけれど、すべてが大掛かりな芝居だというのは思いつかなかったなぁ。いつか達と関わったことで自殺の原因が変わるだけだと思っていたのに。


    毎度のごとく、「スロウハイツ」のチヨダ・コーキを筆頭に、「メジャースプーン」や「凍りのくじら」の登場人物がさりげな~く関わっているところも良かったです。
    辻村作品は、この同一時間軸で起こっている感じがとても好き。
    どの作品も大作過ぎて、立て続けに読めていないから、あまり前の登場人物をちゃんと覚えていられないのが難点だけど(笑)

    やっぱり辻村深月は最高!

  • 名前探し(下)

    裏切り者ー!!!!笑
    完璧に裏切られた。やられた。
    そのくらい鮮やかに、すぱっと投げられた。

    もうすごすぎる。
    伏線がきれいに回収してあって、そして作品ごとに繋がる人物。

    余談だけど、ある人物が、あの作品のあいつなんだ。
    あいつなんですよー!!みなさん!!


    読み終わった時、別の作品ももう一度手にとりたくなる。
    策士だなあ、辻村さん。

    快哉を叫びたくなるような読後感。
    大好きな一作に成りました。

  • 上巻読了後、いろんな展開を予想しましたが、それらを遥かに超える驚きの展開に唖然とさせられました。多分、今まで読んだ本の中で最も驚かされたと思いますし、今後本作以上のインパクトがある本に出会える気がしません。

    中盤「究極の予防策」のエピソードや、終業式の日あたりまでを読んだ段階で、とてもよく出来た青春ストーリーという印象を受けました。おそらくこのタイミングで“終劇”していても「良い話だなー」と高評価していたと思います。

    しかしその後の大ドンデン返し、なにより登場人物数名の“正体”が分かったときの驚きは…言葉にできません。部屋で一人、年甲斐もなく「うぉーっ、マジか!?」「そういうことか!」と唸ってしまいました。

    そして最期のセリフが小説的に最高にカッコ良く、また“オシャレ”で“粋”ですばらしいです。本作が発表される以前に刊行された辻村作品を全部読んできましたが、それらの集大成にして(今まで私が読んだ中では)最高傑作だと思います。

    辻村作品は期待を絶対に裏切らず、予想を超える展開と最高に幸せな気持ちになれるエピローグがあるところが良いですね。また本屋で何を買おうか迷ったときはこの人の本を選ぼうと思います。

  • 3か月前の過去にタイムスリップした「いつか」という高校生の男の子が、クラスメートの自殺を止めるために、頑張るお話です。

    ただ、誰が自殺したのかは分からない。
    だから、その自殺者の名前探しの放課後という訳です。


    「自殺するのはあの子で、いつか君を過去にタイムスリップさせたのはあの人なんだろうな」と思いながら読んでいたのですが・・・そうか。
    いろんな意味で騙されました。

    あの子のために、皆が必死になってやったこと。
    ああいうのを、「優しい嘘」っていうのでしょうか。
    いや、もう嘘というレベルではありませんでした。
    もっともっと、深くて、温かい、そんな思いから作り出されたものだったと思います。


    人って分からないものですね。

    ついさっきまでそう思っていたことが、何かの拍子で違うものになる。
    そういった確かな「瞬間」を体験すると、今までの考えが一変する。

    誰かにとっては何でもないことでも、誰かにとっては凶器になる。
    誰かにとっては何でもないことでも、誰かにとっては宝物になる。

    自分にとって嬉しいことは、相手にとっても嬉しいこととは限らない。

    そんな風に、変わりゆく生き物だから、読み辛い生き物だから、人は思いやるのでしょうか。


    今回は物語の中で、人の「格好悪い一面」を見ました。
    「諦めること」と「逃げること」、それは悪いことだとは、思いません。
    「格好悪い」とか、そんな一言で済ませられることじゃないことだってある。
    そんなこと、本人が一番良く分かっている。

    それでも、欲を言うのなら、立ち向かってほしい。
    それは、誰かに対してもそうだし、自分に対してもそうです。
    出来ることなら、踏み出してしまいたい。

    あの子たちは、踏み出しました。
    俺は、踏み出す瞬間を見ることができました。
    そんな瞬間に立ち会えたことを、嬉しく思います。

    踏み出して、強くなった人間は、とても強いもの。
    でも、何か起こると、すぐに弱気になってしまう。
    それでも立っていられるのは、誰かに支えられているから。
    あの子たちを見て、支えてくれている誰かに、改めて感謝をしたくなりました。


    それから、この「名前探しの放課後」には、「ぼくのメジャースプーン」で登場した「ぼく」と「ふみちゃん」が、主要登場人物になってます。
    辻村深月さんの作品には、よく別の小説の登場人物が出てくるので、それも何だか嬉しくなります。
    最後、エピローグで秀人くん(=「ぼく」)が言った意味深な発言は、たぶん「ぼくのメジャースプーン」を読んでないと分からないですね。
    気になった人は、ぜひ「ぼくのメジャースプーン」を読んでみてください。
    別の視点から、この「名前探しの放課後」に感動すると思います。

  • うぬぬぬぬ。もう唸るしかない。おもしろい。何回言っても足りないけど、おもしろい。本当に。

    辻村深月は、読む順番が大事なんだろうな、と改めて思う。

    え、もしかして?

    え、これって???

    そう思う瞬間が、とてもとてもいとおしい。
    辻村深月の世界には、そんな瞬間が恐ろしくたくさん、たくさん詰め込まれてる。

    また会えてうれしかったよって、そんな風に登場人物のひとりひとりに言いたくなる。辻村深月の小説は。

    辻村深月は、天才だと思う。本当に。

  • やはりそうきたか!!
    オチの予想はついたものの、それでも面白かった。

    一番の切れ者は確実に秀人でしょうね。

    今までの辻村作品に出てきた登場人物が沢山出てくるので、ファンには堪らない一冊です。

    私は特にぼくのメジャースプーンが大好きだったので、元気でいる二人が見れて堪らなく嬉しかった。

    やはり辻村作品は面白いなぁ。

  • 「凍りのくじら」「ぼくのメジャースプーン」そしてこの「名前探しの放課後」
    これらを繰り返して3回読みましょう。
    4回目以降はどのページを開いても泣けます。

  • またしても他の作品とリンクしてるんかい〜!いやーよかった、たまたま順番に読んでたからついていけたわ〜。是非ぼくのメジャースプーンから、そして子供たちは夜と遊ぶをその前に読むことをお勧めします。

    なんだかんだで上手くいきすぎの話ではありますが、やはり友情物語は好きだなあ。

  • ラストのあれはなくてもいいんじゃ?と一瞬でも思ってしまった自分を殴りたい。
    これは「シリーズ」なんだけど、その表現だと作品の仕掛けが台無しになってしまうから、だから「辻村ワールド」という表現がすごくぴったりハマるんだ、と理解した。
    依田いつかが坂崎あすなを気になっている、というふうに見せかけて、でもそれは坂崎あすなが本物の自殺者だからだったからなのだ!と、思わせておいて、本当は最初から、これは依田いつかの恋物語(?)だったんだな、と気がついた。あの冒頭からすでに仕掛けられていて、彼らの会話文を読み返してみれば別の意味が見えてくる。さすが辻村さん…と唸るほかない。
    読了後に「ぼくのメジャースプーン」と「凍りのくじら」を(特に前者)読み返してもんどりうつはめになった。辻村作品の根底には愛がある。

  • 予想が1こに絞られていく過程が楽しめました。一人だけが、突出して何かを行うのではなく、みんながそれぞれの役を確実にこなしていく中で、同じものを目指していくところが好きです。今までの中で、この話が一番好きかな。血なまぐさいところがないし。

  • 久々に「誠実さ」に泣かしてもらいました。
    あらすじも読まず、章題に惹かれて手に取ったけども、夢中で読みきりました。
    それにしても、あすなちゃんかな?とは思っていたけど、まさかまさか、そこまでやるかい。
    裏切られるこの快感、クセになるぜ。
    結末知った上でもう一度読みたくなる。
    そして椿ちゃん、そんなに気になる終わらせ方しないでー。
    これはあきらかに他の作品とつながってますね?
    うるのが上手いんだからまったく…。

    「誠実」とは言ってもフクザツな心境ではありますね。
    あすなちゃんにとても共感していたから(まんまと共感させられた、とも言いますか)、あの一生懸命な姿が、ね。
    あんたらはプロの劇団員かい。

  • 上巻内容(「BOOK」データベースより)
    依田いつかが最初に感じた違和感は撤去されたはずの看板だった。「俺、もしかして過去に戻された?」動揺する中で浮かぶ一つの記憶。いつかは高校のクラスメートの坂崎あすなに相談を持ちかける。「今から俺たちの同級生が自殺する。でもそれが誰なのか思い出せないんだ」二人はその「誰か」を探し始める。

    下巻内容(「BOOK」データベースより)
    坂崎あすなは、自殺してしまう「誰か」を依田いつかとともに探し続ける。ある日、あすなは自分の死亡記事を書き続ける河野という男子生徒に出会う。彼はクラスでいじめに遭っているらしい。見えない動機を抱える同級生。全員が容疑者だ。「俺がいた未来すごく暗かったんだ」二人はXデーを回避できるのか。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    今回は上下巻一緒にレビューしますよ~。
    と言うのも読んだのがちょっと前で、もう忘れつつある...やばい

    この人の作品は相当いろんなリンクがありますね。
    気がついたものもあるけど気がつかないものもきっとあるんだろうな。

    でもこの作品のは、かなり分かりやすいのでは!
    って言うか苗字と名前をわざと分けて書いて後でネタばれするパターン多いですね。

    こう言うのあるからこの人の作品は映像化しにくいでしょうね...
    文章だからこそばれないってあるし。

    何が言いたいかって言うと、友人の椿ちゃんね。
    この人の正体(笑)には途中で気づいた。
    最後でやっとフルネームが出ますよ。
    そして秀人もね。
    なるほど、確かにあの作品ではずっと「ぼく」だったね。
    (「俺」だった時もあるか)

    そして素敵なピアノを披露してくれる郁也。
    うう...大きくなって...
    素敵な友達に囲まれてよかったね...

    「自殺したのは誰か?」を仮想空間の中で探す旅。
    これは最初の作品「冷たい校舎の時は止まる」と一緒ですね。

    でも、この作品は...
    途中までは良かったけど...

    作者のミスリードにまんまと乗せられて、
    途中で「解決した!よかったね!」って
    涙した自分を返してほしい気持ちに(苦笑)

    おかげでそれ以降の本当の自殺者を救う行動に
    まーったく感情移入が出来なくなると言う(笑

    でも、あすなのおじいちゃんは、好き。
    その彼の想いは胸にずんと響きます。

    洋食も大好きな私にとっては、おじいちゃんのオムライスを一度食べてみたーい!

    あ、この本を読むときは先行して出されている
    辻村深月の作品を読んでからの方がいいです。
    たぶん、絶対。
    しかも連続で一気に読んだ方がいい!
    でも連続一気読みしてる私でも、設定ごっちゃになる(笑

    彼女の作品はやっぱりSF(Sukoshi Fushigi)です。

  • まず、この本は単独で読むとちょっとだけ魅力が半減します。できれば同作家の「凍りのクジラ」「僕のメジャースプーン」を読んでおいてほしい。他何作かの関連もあるんだけど、少なくとも上記2作は読んでからのこっちをお勧めします。…っちゅーか、辻村作品って本当は刊行順に追いかけるのが良いんだろうなぁ。

    という前提があってのレビューです。

    2015年新年1作目の読了、「名前探しの放課後」というより「伏線探しの正月」みたいになってしまった。読んでて「あれ?このシーンの説明あったっけ?」「この表現浮いてるな」「こいつみたいなん俺どっかで知ってる」と思える違和感が随所に出てくるんだけど、それが下巻の後半大きな事が済んでから、怒涛如くつながっていく。視界の開けようがどうにも気持ち良いのだ。

    勿論、高校生たちの青春賦やミステリーとしても良くできた作品なんだけど、この本のキモはこの「視界の開けよう」だと思った。

    読み終わっての再読はあまりしない方だし、しても時間がたってからするほうだが、この作品だけは超駆け足だったけど再読してしまった。すると違和感がすべてしっくり来る、そのしっくり感が可愛くて切なくて清々しくて…

    ポジティブで行動的な高校生、おっさんにはまばゆすぎるぞ!でもエエお話でした

全483件中 1 - 25件を表示

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)に関連するまとめ

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)のKindle版

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする