フェンネル大陸 偽王伝4 闇と光の双翼 (講談社文庫)

  • 166人登録
  • 3.60評価
    • (10)
    • (13)
    • (12)
    • (1)
    • (4)
  • 5レビュー
著者 : 高里椎奈
  • 講談社 (2011年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062768764

フェンネル大陸 偽王伝4 闇と光の双翼 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • チリの南のほうでヒッチハイク待ちしている間に読了。
    やっぱりカタカナキャラが多くて入って気づらかった…。

  • ソルドの国王の真実を伝える為、帰路に就いたフェン達が奪われた首都を奪還する手伝いをする話。大分文体には慣れてきましたが、登場人物の多さはまだ慣れません。誰が重要人物なのかが分かりづらいんだよな。フェンの珍しい子供らしい姿や、間違いに抗えるまっすぐな姿が見えたのは良かったです。それとセリフは少ないのにテオが存在感たっぷりで、フェンを大切に思っているのが伝わってきます。ラストが気になるので次巻も楽しみにしています。

  • 旗が立った場面では思わず目頭が熱くなりました。大好きなサチとアシュレイの活躍も嬉しかったです。大きなテオの腕に抱えられて、小さなフェンが肩に顔をうずめる場面も好き。アシュレイが気になりすぎる次巻が待ち遠しいです。

  • 「フェンネル大陸偽王伝」シリーズ第4作目。
    このシリーズは読み進めていくほど面白くなってる!
    話がどんどん壮大になってきてます。
    まさかこんな展開になっていくとは・・・
    1作目読んだ時はこのシリーズ読み続けるか迷ったけど、今は読んでて良かったと思う。
    続きが知りたくて、文庫落ちが待ちきれない。
    ただ、読んでて困ったのがキャラの名前が覚えられない・・・
    誰がどこに所属してるのか、読んでてわかんなくなっちゃいました。
    これは、私の物覚えが悪いからかもしれないですけど・・・

  • 折り返しな感じを受ける
    テオとの関係にニヤニヤw

全5件中 1 - 5件を表示

フェンネル大陸 偽王伝4 闇と光の双翼 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フェンネル大陸 偽王伝4 闇と光の双翼 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フェンネル大陸 偽王伝4 闇と光の双翼 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする