流星の絆 (講談社文庫)

  • 11563人登録
  • 4.04評価
    • (1106)
    • (1475)
    • (754)
    • (90)
    • (13)
  • 845レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769204

流星の絆 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東野圭吾さんのハッピーエンドはとても温かい味わい。
    この話の内容で、こんなラストを迎えるとは思いませんでした。

    読み終わった後、何かを感じるより先に
    ハヤシライスが食べたくなりました。

  • 読み終わって最初に感じたのはら流星の絆というタイトルがこのお話にふさわしすぎる、ということでした。
    このお話は小さい頃に両親を殺された3兄妹が時効がせまる14年後、犯人を見つけられるチャンスをつかみ、3人で協力して犯人を見つけ出す、という話です。
    この本で私が大好きなところは、3兄妹の結束力、そして題名にもある"絆"です。一番上の兄功一は、事件が起こった後、兄としての自覚を持って2人を率いていく姿が魅力的でした。また、2番目の泰輔は自分たちを引っ張って行ってくれる兄を心から尊敬し、妹のことを大切に思う気持ちがにじみ出ており、とても感動しました。一番下の静奈は、末っ子であるにもかかわらず、2人の兄たちのために懸命に生きる姿に心を動かされました。
    この話のクライマックスである、最後の静奈と行成の2人のシーンが私は忘れらせません。行成はなんていい人なんだろう、と思い、私もほっこりした気持ちになることができました。
    この本は、家族との絆についてすごく考えさせられるお話です。家族と度々喧嘩をしてしまったり、素直になれなかったりする方にオススメの本です。ぜひ読んでみてください。

  • 圧巻の面白さ。真実とその始末は少し気に入らないが500頁楽しませてもらったことと、登場人物たちの真の意味での生き生きとした姿に、星5つ。

  • 何年か前にドラマでやってたよねぇ。
    夢中になって見てたのを思い出して懐かしくて買っちゃった(〃∇〃)

    でも、「ドラマと原作は違って当たり前。」って事を頭に置いて読んだけどドラマにも原作にもガッカリする事なく読めた。
    たいていの場合、原作を読んでたらドラマでガッカリするパターンが多いけどアタシは「両方とも好き♪」って珍しいパターン( ´艸`)
    欲を言えば「ドラマでやってた、あの詐欺シーンも読みたかったなぁ。」とかは多少あるけどね(笑)

    功一・泰輔・静奈の強い絆は最強!!

  • 勘がいいのか読者が気付くように仕向けられていたのか、途中で犯人の目星がついてしまった。その人が犯人であると確定した途端、胸の中にドーンと衝撃音が鳴った。この衝撃は忘れられない。
    原作を読んでドラマを見たけれど、ずっと原作の方が良かった。なぜなら本は想像力を膨らませてくれるから。ドラマももちろん面白いけれど、まっさらな気持ちで原作を読んだときのあの世界を表現する事は出来ないと思う。だって、みんな頭の中の想像力は無限だから。そういう意味で、先に本を読めば自分だけの「流星の絆」が見れる。ドラマを先にみてしまえば、ドラマの世界観だけの「流星の絆」になってしまう。
    犯人が最後にとった行動が原作とドラマで違うのが少し気になったけど、ミステリーが好きな方は読む価値ありです!

  • レビューはこちら(^_^)↓
    http://ameblo.jp/ninjin1234/entry-10730004195.html

  • 東野圭吾は流石の業師だと思った。

    流星群を見に行った日に両親を殺された子供達。
    両親を殺された兄、弟、妹。3人が敵をうとうと考える。
    大きくなって,詐欺を働く。3人で組んで、お金を集め、犯人を追い詰める。

    同じ日に,その家を訪れた人の子供が流星群を見ていた。

    犯人の子供と思われる男に妹が好意を寄せる。
    最後まで真犯人が分からないところが東野圭吾流。

    糸をたぐり寄せると,みごとにほどけていく。

    子供達の絆の強さが、
    最後は崩れるかと思わせて、
    どこまでも崩れないように書ききる。

    同じ星を眺めていたのが鍵かも。

    結末の展開の鋭さ、速さ、深さの三拍子が揃った物語は少ない。
    わずかな枚数で,すべての問題に決着をつけ、余韻を残して終わる。

    将来,東野圭吾賞を作るとしたら、本書を審査基準にするとよいのではないだろうかと思った。

    文学性ではなく,人間性
    に重点を置いた賞があってもよいのではないだろうか。

  • どんでん返し。犯人がまさか…という人だった。
    理由が理由だけに切ない。
    ラスト、よかったな。
    みんなの明るい未来を感じた。
    長かったけど一気に読ませる本。長さを感じさせない。

  • 当時ドラマが始まると聞いて、ドラマを見る前に読み終わりたくて夢中で読んだ。サスペンスとしても先が読めずに意外な展開に進み大変面白くて、さらに家族愛、兄弟愛に心がしみてなんと言っても素晴らしいラストだった。

  • 犯人は自分の中で功一かと予想していたが、まんまと裏切られたなあ。
    登場人物たちは良い意味でも悪い意味でも人間らしく、わかりやすい性格だったので、途中から話の成り行きは読めた。そして読者が望むような、比較的胸糞の悪くない終わり方で、うまくまとまっていると思う。

全845件中 1 - 10件を表示

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

流星の絆 (講談社文庫)に関連するまとめ

流星の絆 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

流星の絆 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

流星の絆 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

流星の絆 (講談社文庫)の作品紹介

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

流星の絆 (講談社文庫)の単行本

ツイートする