虚夢 (講談社文庫)

  • 788人登録
  • 3.83評価
    • (63)
    • (158)
    • (96)
    • (12)
    • (0)
  • 112レビュー
著者 : 薬丸岳
  • 講談社 (2011年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769716

虚夢 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    通り魔事件によって娘の命は奪われた。だが犯人は「心神喪失」状態であったとされ、罪に問われることはなかった。心に大きな傷を負った男は妻とも別れてしまう。そして事件から4年、元嫁から突然、「あの男」を街で見たと告げられる。娘を殺めた男に近づこうとするが…。人の心の脆さと強さに踏み込んだ感動作。

    心身喪失による犯罪は、マスコミも直ぐに取り上げられなくなり、起訴もされずうやむやのまま終わってしまう。これは実際に何もしていない精神疾患の方達への差別を助長する事に繋がるのではないかとこの本を読んで強く思いました。愛する人を失った傷を癒す事も出来ずにいて、その犯人を見つけてしまったら・・・。色々考えさせられました。

  • 刑法39条
    本の刑法は39条において、心神喪失者を責任無能力として処罰せず、また、心神耗弱者を限定責任能力としてその刑を減軽することを定めている。

    犯行時の責任能力が問われなかったとしても自分自身の罪の重さを自覚できるような精神状況にまで回復したとき、自身の罪を何を持って償う事ができるのだろう。
    その現実の重さに、病ゆえに罪を犯してしまった人は耐えられるのだろうか?

    基本的に被害者目線での展開ではあるが、
    だからといって一辺倒な描かれ方ではなく、
    大きな問題提起を含む作品。
    正義と悪はそれぞれの立場によって白にも黒にもなる。

  • 刑法三十九条に焦点をあてた小説。色々な立場からの視点を通して心神喪失者の犯罪について読者に問い掛ける。統合失調症がどういうものか少し理解した。

  • 刑法39条 難しいね
    佐和子。。最後の詰めがアマすぎだけどそれがリアルなのかな

  • 出だし初っ端から結構キツい内容。
    目の前で娘を殺されると言うハードな出だし。
    一層の事、一緒にあそこで死ねればラクだったのだろうな、と佐和子と自分を置き換えてつい考えてしまう。

    精神の病を持つ青年が犯人なのだが、これまたいつ自分の身に降りかかるかと考えると更に怖い。

    しかし作者も作中で触れていた通り、精神病を患っている人が起こす犯罪率より、健常者が起こす犯罪の数の方が多いと言う事実。
    こことても大事な所ですね。

    闇雲に恐れる事はしたくない。


    娘を殺された夫婦、どうにか頑張って生きていって欲しいと思ったのですが、何だかそれすらも酷な言葉に思われます。

  • 通り魔事件で娘を失った三上と佐和子夫婦。犯人は刑法39条の心神耗弱者、責任能力が無いと判断され罪に問われない事に。後に離婚し、三上は1人で、佐和子は再婚し別々の人生を歩んでいた。
    ある時佐和子から三上に、犯人が街を歩いていたと連絡が入り確かめに行く。
    .
    立場で意見は違うくなるんだろうなぁ…
    でも私は心神耗弱者でもなんらかの罪に問われ、同じようにとは行かないまでも罪を償うべきなんじゃ無いのかなと思う。この刑法がある限り、なんとも無い人が心神耗弱を装ったり、被害者家族の怒りの矛先がねじ曲がったりするんだと思う。
    薬丸岳さんはこういうのを題材にする事が多くて考えさせられる事がいっぱい。
    でも先が気になって一気読みしてしまう。もったい無いなぁ。ゆっくり読みたいのに。私が一週間そこらで読了なんて珍しいんだから。笑

  • 永遠に悩まされるテーマ。どっちの立場に立つかによって全く違うからなぁ・・・。かなり辛くて重いけど、ずっと考えて行かなくちゃならないことなのよね。。。

  • 無差別殺害で幼い娘を失い、妻も重症を負う。
    その妻とも娘を失った悲しみから夫婦生活が行き詰まり、
    別れる。

    その殺人犯は精神疾患のため、罪を背負うこともなく、
    わずかな期間で社会復帰を果たす。
    その犯人とすれ違った元妻からの電話から物語は始まっていく。

    何が正しく、誰が悪いのか、「天使のナイフ」に引き続き、社会の犯罪者に対する疑問や矛盾を醸し出した作品。

  • 読めば読むほど苦しくなった。
    登場人物がみんな苦しく悲しい。
    統合失調症の藤崎に子供を殺された夫婦。
    何人もの人を通り魔的に殺しても刑法39条によって精神を病んでいた加害者は4年もすれば社会に解き放たれるという現実。
    それを逆手にとって自ら犯人と同じ統合失調症を患った演技をして復讐を計画する佐和子。

    よく殺人をした加害者に対して責任能力だとか、心神喪失状態だとかいう言葉を聞くけど
    被害者にしてみたら加害者の精神状態なんて全く関係のない話。
    精神が病んでいたら殺人しても罪に問われないなんてやっぱりおかしくないか?

    読後も重い気持ちになったけれど、考えさせられた。

  • 題材やストーリー展開はいい。妻のほうがこれだけ入念に計画してたわりに、最後は杜撰な襲撃を行うのがハテナ? そこまで読んだ人物像ならもっとうまくやるだろと。

  • 「本当に“あの男”の姿をみつけたいのだろうか」
    「心神喪失」の通り魔犯に娘を殺された夫婦。4年後、街ですれ違った男は“あの男”だった。
    謎解きだけでは終わらせない! 注目の作家

    通り魔事件によって娘の命は奪われた。だが犯人は「心神喪失」状態であったとされ、罪に問われることはなかった。心に大きな傷を負った男は妻とも別れてしまう。そして事件から4年、元妻から突然、「あの男」を街で見たと告げられる。娘を殺めた男に近づこうとするが……。人の心の脆さと強さに踏み込んだ感動作

  • 心神喪失者だから罰せられない。
    心神耗弱者だから刑が減軽される。
    となると被害者の気持ちはどこへ持っていけばいいのだろうか。
    加害者も病気だから行動を抑制できなかったわけだし、その周囲の人々も辛い思いをする。
    加害者、被害者ともに厳しい状況だなぁ。
    悪用する人が出ないことを望む。

  • 通り魔無差別殺人事件に、我子が、巻き込まれて、死亡してしまう。
    かばった妻も、重体に陥るが、命は助かる。
    しかし、子供を失った心の傷は、治らない。
    妻は、自ら、自分を精神異常者に、なるように仕向け、殺人を犯した、精神異常者が、刑法39条で、守られていることに、矛盾を感じていた。

    殺人犯なのに、少しの期間で退院し、普通の生活をしているのを、目のあたりにして、復讐に燃える。
    その殺人犯と、心を通わす、ゆき自体自分のした事のおぞましい事を消し去りたい思いで、精神をおかされている。

    精神の病気を持つ家族もだが、訳もなく殺されてた遺族も、人生を、どのように、過ごして行けばよいのか?、、、つらいと、思う。
    重たい本の内容であった。

  • 2015.12.15

    夜眠れなくて、本棚を物色。
    持ってることすら忘れていた1冊でした…申し訳ない。
    舞台が北海道だったので、軽い気持ちで手にとって、なんだか(テーマ的に)もやもやして、そのまま棚に行ってしまってたのかな…?
    今回はまずひと晩で読み終わりました。

    刑法三十九条がテーマのものは、触れれば何かしら思うところがあると思います。特に奪われた側は、納得できるはずもなく。
    演技なのか、本当にわからないのか、それならばなぜ、加害者側が社会に戻れるのか、影に怯え、心を蝕み、命を削る…という視点で、どうしても読んでしまいます。

    それにしても、出てくるひとが全部くるしい。
    それは、つらい。よなぁ。

  • あらすじ(背表紙より)
    通り魔事件によって娘の命は奪われた。だが犯人は「心神喪失」状態であったとされ、罪に問われることはなかった。心に大きな傷を負った男は妻とも別れてしまう。そして事件から4年、元嫁から突然、「あの男」を街で見たと告げられる。娘を殺めた男に近づこうとするが…。人の心の脆さと強さに踏み込んだ感動作。

  • 舞台は北海道。
    ある雪の日。
    三上佐和子と娘の留美は通り魔事件に巻き込まれるのだが、刑法三十九条「心神喪失者の行為は、これを罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する」が犯人を保護することとなった。
    この事件を機に三上夫妻は離婚する。
    事件から4年後、三上のもとに元妻佐和子から「犯人を見た」との連絡があり…

    薬丸岳さんの本は4冊目になります。
    初めて読んだのが3か月前のこと。
    何で、今まで読んでこなかったんだろうと、改めて思っています。
    精神を病んだ加害者と刑法三十九条。
    とても重く、難しいテーマを描いたこの本は、ずっしりと心に響きます。
    重いテーマだけに、読み進めるのがしんどいと感じることもあるのに、読み進めないわけにはいかない。
    一気に読み切りました。

  • 通り魔事件によって娘の命は奪われた。だが犯人は「心神喪失」状態であったとされ、罪に問われることはなかった。心に大きな傷を負った男は妻とも別れてしまう。そして事件から4年、元妻から突然、「あの男」を街で見たと告げられる。娘を殺めた男に近づこうとするが…。人の心の脆さと強さに踏み込んだ感動作。

  • 刑法三十九条については自分もなぜこのようなものがあるのか、責任能力の有る、無しという確実性のない曖昧なもので不起訴にも成り得るなど許せないと思っていた。が、この本に出てくる本当に精神を病んでいる人達を見て、精神を病まなければ生きられない程のものを抱えている人も辛く、物事の判断が出来ない人を有罪にしたとしてもそこに意味はないように思えた。 佐和子の企みには多分こうなのでは‥と早い段階で気付いてしまったが、最後までページを捲る手は止まらず一気に読み上げた。

  • 犯人をかくまった女性がなんで釈放されてるんだろう?
    精神疾患で弟殺したなら、精神病院から出られないのではないかと思う。彼女のエピソードがないほうがよかった。

  • 友だちが眠れないの覚悟したって言ってたけど、本当でした。
    一気読みにて読了。

  • うーん…。話については、もう現状ではどうしようもないと言うか…。話も結局、提言に留まっていたので、そこまでかと…。それよりも、女性たちが、話を進めるための捨て駒として扱われていたのが嫌でした。無意識でしょうけど、男性作家ってそういうところがあります。

  • 天使のナイフが一気読みだったので、引き続き薬丸岳を読んでみた。佐和子の手紙でクライマックスを迎え感動したけど、ラストがドタバタでちょっと残念な感じで☆3つ。

  • 刑法三十九条をテーマにしたお話。
    『心神喪失者の行為は、これを罰しない。心神衰弱者の行為は、その刑を減軽する。』

    登場人物が尽く暗く悲しく、
    途中で読むのが辛くなった。

    小説としてはスピード感あり、読みやすい。
    ただテーマがテーマだけに娯楽小説としても読めず
    終始気が重かった。
    仕様がないけれど最後に何かしらの提示もなく。

    作者の方も書くの勇気が必要だったろうな。

  • 薬丸岳氏の描く加害者像と被害者像のリアルさはどこから来るんだろうか。
    親しみやすくもあり近寄り難くもあり。
    双方の怒りや悲しみが痛いほど伝わって来た。

全112件中 1 - 25件を表示

虚夢 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

虚夢 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虚夢 (講談社文庫)の単行本

虚夢 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする