刃傷 奥右筆秘帳 (講談社文庫)

  • 154人登録
  • 3.79評価
    • (10)
    • (27)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 上田秀人
  • 講談社 (2011年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769891

刃傷 奥右筆秘帳 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 言いがかりもいいところだけど、難しいもんだ。

  • 城内での刃傷。奥右筆だからこその解決策。
    衛悟と、瑞紀の婚約。

  • 2014/03/08 図書館から借用;03/12朝の通勤電車から読み始め

  • 第八弾
    併右衛門が伊賀者の罠に
    迫真の立ち振る舞い

  • 堀田正俊刺殺事件(1684)

  • 奥右筆秘帳8

  • お庭番に伊賀に甲賀に、とますます忍者忍者してきたけど、一時期の冥府防人と絹の超人っぷりにただ苦笑しちゃうだけってストーリーではなくて、物語が進行しているようになってきましたね。

  • 奥右筆シリーズ8作目。
    今回、主人公が罠にはめられお家断絶か?!の危機だったからか、これまでで一番おもしろかった。

  • L 奥右筆秘帳8

    毎回襲われている併右衛門、城内の衛吾の助けもないところで大ピンチ。いやいや、いつも刺客から守られる戦いと違ってギリギリのところを縫うように切り抜ける併右衛門の様がなかなか良かった。なにげに御庭番に守られたり、冥府に助けられたり。それでもよく併右衛門と衛吾二人で凌いでるなぁ。これからは義理の親子で絆も深まるね。注目株は冥府。完全に衛吾の師匠と化してます。

  • 奥祐筆秘帳シリーズ・8
    文庫本書下ろしシリーズですね

    これ結構続いてますねー
    ハードボイルド調の時代モノ・・ と私は解釈してます^^
    毎回陰謀ありアクションありで全体的に派手
    そういう感じで軽いので 時代モノだけど読みやすいと思いますねー

全13件中 1 - 10件を表示

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

刃傷 奥右筆秘帳 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

刃傷 奥右筆秘帳 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

刃傷 奥右筆秘帳 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刃傷 奥右筆秘帳 (講談社文庫)のAudible版

刃傷 奥右筆秘帳 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする