彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

  • 1804人登録
  • 3.94評価
    • (167)
    • (232)
    • (139)
    • (23)
    • (5)
  • 229レビュー
著者 : 角田光代
  • 講談社 (2011年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770194

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 電車で手持ち無沙汰なときに読みたい本です。読後感がすっきりしているから移動中によんでも安心。

  • 美味しい料理ががんがん出てくる素敵な短編集。
    最後には各ストーリーに登場するごはんのレシピまでついている!

    男と別れて、元気出すために特上のラムステーキを奮発して焼いちゃったり、海外旅行気分を味わうために月一で海外の食事を手料理で振る舞うパーティしちゃったり、ストーリーも全部面白いし、料理もとても美味しそう。

    食べることは生きてく上でなくてはならないこと。どのタイミングで誰と何を食べ、それがどんな思い出になっていくか、一人一人の気持ちになりながら一緒に食べているような気分を味わえる、素敵な一冊。

    好きな話は松茸の話。
    覚悟決めるための奮発。彼女、かっこいいです。
    そしてちょっと切なかったのが豚柳川の話。
    いなくなってしまった人の料理は、もう食べられない。後になってから大切なものだったって気付くんだ。

  • ごはんをつくるまでのストーリーの主人公がリレーになっているそうです☆読んでみたいです。

  • 食べなくちゃ生きていけない。
    だれでも、どんなときでも。
    この本は食べることより
    料理することをメインに物語が組み立てられている。
    そういうと、レシピがメインみたいに聞こえるかもしれないけど、そうではなくて
    その料理を作るまでの背景だったり、
    人びとの思いがきちんと描かれている。
    短編集なんだけど、前の物語の脇役が次の主人公になっているリレー形式で、これまた引き込まれる。途中から次はこの人が主人公か?と予測しながら読むのも楽しかった。
    特に好きだったのが、
    4,5,7,8回目のごはん
    巻末にレシピもちゃんとついてるという
    なんとも嬉しい一冊。

  • 誰かのために作るご飯は幸せ。
    人と美味しいものを共有するのは幸せ。


    短編集ながらも、出てくる登場人物がリレーになっているためわかりやすい。

    2年前、自分自身が料理教室に通い始めた理由を思い出した。久しぶりに人のためにお料理がしたいな、と思った本。

  • さらりと読めました。短編集ですが1話ごとに主人公がリレーされていて面白い。料理は日常でもあり、特別なことでもあります。出てくる料理がおいしそう!と思ったら巻末にレシピつき!!得した気分でした。

  • 心にしみわたった。この本が好きになりました。

  • タイトル通り料理の話なんですが、解説で井上荒野さんが書いている通り『料理を作る過程』に力が入ってる感じ。
    『月間ベターホーム』という料理雑誌に連載していた掌編をまとめたもの。巻末に、それぞれの話で出てきた料理のレシピがついてる。
    掌編だけど親子の絆を感じてホロリとなったり、少年の強さを感じて前向きになったりしました。

    全部で14編載っていますが、13回目の『決心の干物』が一番好きかも。
    妊娠した娘が、今までほとんど料理らしい料理をしていないのに、母親の助けを借りて干物を作る話。
    『生まれ根前から私は母とつながっていたのかも』と思い、やがてお腹に宿ったばかりの子供に気持ちは移っていくところがホロリと。
    それから11話目の『豚柳川』の話も良かった。無くしてしまった妻を思い、妻の面影を探して、彼女の作った味を再現しようとする夫の話。
    亡くした人の思い出は、写真やビデオなどで物理的に残っていることもあるけど、感覚の中もしみ込んで残っているものです。

    色々な料理が出てきますが、一番『美味しそう!』と思ったのは4話目に出てきた『お宝かぼちゃ』です。巻末の写真も最高でした。家で作ってみたいけどできるかな…。

  • 短編連作っていうのかな?
    それぞれの短編物語なんだけど、前に脇役で出てた人が
    次の作品の主役になってて
    少しずつ繋がってような。

    ご飯美味しそうでした。

  • 料理の作り方や美味しさの描写は上手!
    しかし、いかんせん一話ずつのストーリーが短すぎる・・・。登場人物たちのキャラが描ききれていなくて、感情移入できなかった。
    連作として文庫で読むよりも、一話ずつ美容室とかで雑誌で読むのがいいかもね。
    2016/10

  • リレー形式の食にまつわる短編集

    角田光代ですし面白いです

    コーヒー飲みながら
    ほっこりした日曜日とかに良いと思う

  • おいしいは生活のなかに

  • 20160824短編は苦手なんだけど、これはとても読みやすかった。リレー形式というか、ちょっとずつ繋がってたからかな。食を通じてのお話、どの話もほっこりできる、ぽかぽかするような話がとてもよかった。かぼちゃの話と、ぬか漬けの話は好きかな。さまざまな彼女たちのお話。そしてレシピつき、作ってみようかな。

  • 食べ物を通じて人とのつながりをもったり、自分を見つめ直したりする人たちの短編集。

    なんだかあったかくて、身近で、読みながらぼろぼろ泣いてしまった。

    働くようになってからというもの、女性作家の作品を手に取ることが明らかに増えた。

  • 最後のレシピ集がいい!と

  • リレー形式の短編集。涙もろい年頃なのか最近、食にまつわる話に涙することが多い。懐かしくあたたかくほろ苦く自分の記憶とダブる。でもそこはそれ、小説ならではのハッピーなバトンに読後感は良い。話に出てくる料理は巻末に全て写真付レシピあり。

  • かぼちゃの宝蒸しの話が好き!
    お母さんの料理を思い出しました♪

  • どの作品も、ちょっとつまずきかけた人達が明るい次へと向かうためのお料理のお話。角田さん苦手だし、恋愛苦手だし、と思っていたけどこれはとても良かったです。巻末のレシピも素敵。なけなしの松茸ご飯、ストライキ中のミートボールシチュウ、が特にお気に入り。少しずつのリンクは、ご飯を作ることでどんどん自然に繋がっていきました…、という感じがして穏やかな気持ちになれました。

  • ‘‘日曜の夜は肉だろう。’’
    この一文から、物語は始まります。
    私たちの生活に欠かせない食事。
    食事は心を癒す薬にもなる。人と人を繋ぐツールにもなる。そんなことを教えてくれる、心温まる物語が詰まっています。
    人間の体は不思議なことに、どんなことがあってもおなかがすくようにできている気がします。
    嬉しくても、悲しくても、怒っていても。
    私たちは生きていて、何かを必死に乗り越えて前に進んで行かなければなりません。
    腹が減っては戦はできない。さあ、食事をしましょう。
    食べることが私たちを強く支えてくれます。
     読んだらわかる、毎日の食事が、きっと素敵に見えてくる、そんな一冊です。(O.A)

  • とてもよかったです。こんなに短い短編なのに、思わず涙が出てきたり、笑ったり、お腹がすいたり、角田さんへの印象が変わりました。短編連作のため、ある話の主人公のその後や生活がふわりと見えることで、改めて人生の主人公とは本当にそのひとなのだ、と思えました。
    巻末にレシピがあるのもよかったです。2016.04.18

  • 元々食欲の塊のような私だが、近頃全く食欲が無く、でもお腹が空くからとりあえず何でも良いからお腹には入れる、という状態が続いていた。食べないという選択肢も増えた。これは私にとって、あり得ない事態である。今までこんなことに一度もなったことないのに。食欲に限らず、気力や感情全般が無くなっていたので、リフレッシュすべく、一念発起して旅に出た。行き先は、好きで、年に何回か訪れて早5年近くが過ぎようとしている京都。そのときにこの本をお供にした。

    この本は短編集だが、読みながら、実践してみたいと思う話があった。それは、会社員の女性が、海外旅行が趣味だが、そんなに頻繁には行けないので、月に一回海外の料理を一人で食べに行く、という話である。

    海外旅行が大好きで、いつだって旅行したいと考えているが、休みが取れず、悶々とする日々を過ごしていた私にとっては、「こうやって海外に行った気分を味わって、リフレッシュすれば良いのか!」と目から鱗だった。是非今月から実践してみたいと思う。

    仕事ばかりして自分を潰すのではなく、それと多少折り合いをつけて、割り切って、思いきってリフレッシュする必要もあるんだというのをこの本から学んだ。単調な日常に、多少彩りを与えることによって、それがまた仕事へのモチベーションに繋がると思うから。

    今回の京都旅行で、残念ながら食欲や気力は戻っていないけれど、最高にリフレッシュ出来たので、また明日から頑張りますか!

  • 読みやすい。流し読み。でも何に焦点当ててる小説か理解に苦しむ。

  • ストーリーごとに主人公が変わっていって、最後には最初の人とまた繋がるのが良かったです。料理を作るときも食べるときもこちらが食べたくなってしまうくらい美味しそうに描写されていました。食べるって本当に幸せなことなんですね。

  • 料理とそのエピソードについての物語。
    1つの話に登場する人物たちがつながっていて、最後には最初の主人に戻ってきたという細工つき。
    ここで描かれる料理たちがなんとも美味しそうで、本に出てきたものを作ってみようという気持ちになった。
    食欲がそそられる本です。

  • 料理を主軸に様々な人物のリレー形式でストーリーが展開される温かな短編集。どれも少しの切なさもありながら、幸せな気持ちになれる話ばかりでどんどん読み進めてしまった。読み終えた最後に各作品に出てきた料理のレシピが写真付きで載っていたのは嬉しい驚き。読了後でエピソードが伴っているので、どれも作ってみたくなる。

全229件中 1 - 25件を表示

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)の大型本

ツイートする