ロードムービー (講談社文庫)

  • 3387人登録
  • 3.86評価
    • (242)
    • (484)
    • (318)
    • (32)
    • (2)
  • 354レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2011年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770637

ロードムービー (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • トーキョー語りが好き。

    生きてくことはままならない。
    思った通りにないし、辛いこともある。

    でもそれを攻略する楽しさや、嬉しいこともある。
    と、信じて進みたいのがわたし。

  • どいつもこいつも一生懸命で眩しい。
    キラキラしてんなー。

  • この作家さんとは本当に相性が良いなぁ。

    冷たい校舎の〜のスピンオフの様な内容だけれども、読んでいなくても全く問題なく楽しめると思います。
    実際私は登場人物ほぼ覚えておらず。

    4編からなる短編集。どれも良い。
    一番初めの表題作は心にグッときて、そして驚かされる。二度美味しい。

    いやぁ、本当に辻村作品は良いなぁ。

    冷たい校舎の〜を読んだ人は尚、読んでない人も
    私の様に忘れた人も楽しめる作品だと思う。

    パラパラーとでもいいから、冷たい校舎を再読しようかしら。

  • 『冷たい校舎の時は止まる』のスピンオフだったようで、本編を読んでいないこともあって、キャラも知らないし愛着がないからか、そこまで印象に残らなかった。

    「ロードムービー」小六のトシとワタルのイジメと家出の話。最後の最後でトシの性別が明らかになる。

    「道の先」大人びた中学生の千晶と塾の先生の話。

    「雪の降る道」幼くして友達を喪い心の病気を患ってしまったヒロと、それを支えるみーちゃんの話。

  • 今まで読んできたこの作者の作品中1番。
    「冷たい校舎〜」のことはディテールはあんま憶えてなかったのでパラパラめくりつつ本書を読んだ。
    こうゆう形で作品同士が結ばれているのには高ポイント。
    本書に入ってるどの作品も切なく痛くその上で救いがある。この作者の持ち味として認識。
    ホッと出来るこうゆう作品も時には必要だなぁ。

    面白すぎて一気読み。
    まだまだ他の作品も読んでみたいと思わされました。

  • 良かった

    冷たい校舎の時は止まると一緒に読まないと良さはわからないだろうなぁ
    今回、同じ時期に読めて良かった

    この本だけだとたぶん良くない
    前作あってこそだな

    前作はあまり好きじゃなくて
    それはたぶん、僕の世界と深月ちゃんの景色が違うからだと思う
    似てる世界にいるのに見てる景色が違うから僕は間違い探しみたいにイライラするんだろうな

    充がきっと大丈夫と千晶を励ますけど、僕はやっとその大丈夫な世界に来た
    来てしまった今は昔の自分や思春期の女の子には大丈夫だからと言えるけど、ここまでは遠かった

    昔の僕はあてのない大丈夫が大嫌いだった
    千晶は僕と違って素直に大丈夫を信じれた
    あのとき僕は周りの大人を信じれなかったし、敵にしか見えなかったけど大人になった今は、あのときの大人達の大丈夫は正しかったのだなと思う
    気休めじゃなくて本当に大丈夫だと言っていたんだな
    聞く耳をもたない僕はまわりから見たらどんなに可哀相な子どもだっただろう
    少し人より賢しいからこそ人と同じにできなかった僕はいろんな意味で絶妙だったんだろうな
    絶妙なタイミングで絶妙にこじらせて、絶妙な環境で生きてきたから今の僕がある
    最悪とは言わないし、過去のいつに戻っても僕は同じ選択をすると言い切れる

    そんな苦しい生き方しなくていいのにね

  • 様々な立場でそれぞれの悩みを抱えている登場人物だけれど、感情移入させるのがとても上手いので、気がつくと感動が胸にじんわりと広がってきます。

  • 「冷たい校舎の時は止まる」を読んでいれば、それなりに楽しめる。個人的には、中学生の子の話が、割と気に入りました。

  • 先入観を持って読んでしまい、途中から「ん?」と思うことが何回かありました。短編集だけど、ちょっとずつ繋がってるような感じでした。登場人物達が明るく今よりは良い未来を生きていたらいいな

  • 「大丈夫、いつかきっと、平気になる時が来る。だから、安心していいんだよ」
    これを知ってるのと知らないのとでは、人生が大きく変わるんじゃないだろうか。大人になった私は色んなことが平気になった。不安になっても、それがいつか終わることを知っている。今までの私は、うやむやにしたのでも、なかったことにしたのでも、忘れてしまったのでもなくてきちんと乗り越えたんだなって、この言葉を読んで思った。だから私は大丈夫だと思える。それを知ってることは、やっぱりとても強いと思う。
    冷たい校舎の時は止まるも面白かったけど、こうしてあの頃の彼女たちの道の先が分かった時、わぁっ(о´∀`о)ってなって、やっぱり辻村深月さんの作品は大好きだと思いました笑✨
    2016/10/06 再読

  • 「冷たい校舎の時は止まる」の登場人物たちの、成長譚。

    誰にでもある、大切な瞬間、大切な想い出。
    優しくて、切なくて、苦しくて。
    そうやってみんな、大人になっていく。

    大人になりきれない思春期の少年少女を描くのが、辻村さんは本当に上手だと思います。
    まわりから見たら優等生だったり、「いい子」だったりする人物について、その心の葛藤や苦しみにとりわけフォーカスをあてているような感じがします。

    読む順番に配慮して、冷たい校舎の時は止まるのすぐあとに読んでよかった。

  • さっそく文庫版で再読。最初の「街灯」。鷹野とくれば相手は砂糖菓子のような女の人みーちゃんね。ノベルス版のように巻末でも良いような気もするけど。そしてロードムービーはトシが諏訪慧恵と承知して読むとまた一味違う。「道の先」からの「トーキョー語り」。遠山千晶ね。大切な人の番号ね。そう来たか!「雪の降る道」からの私にとってはけっこう大事な解説。文庫本の醍醐味はこれよねぇ!エピローグのようにここが良いと、作品の読後感が全然違うと思っている。解説で読んで初めてわかったこともけっこうあるし。(作者には申し訳ないが、実際私は作品の上っ面しか読んでいないことが多い(汗))装丁は単行本で楽しんで、これからも文庫本中心に読みたい。

  • 『冷たい校舎の時は止まる』の登場人物たちのその後の話。
    解説吉田大助氏。

    『街灯』
    『ロードムービー』
    『道の先』
    『トーキョー語り』
    『雪の降る道』

    大学生の辛さ。小学生高学年の辛さ。中学生の辛さ。高校生の辛さ。小学生低学年の辛さ。

    今時の進みがあっという間なのは、単調な生活と引き換えに緊張する事、不安になる事、明日が来るのが待ち遠しかったり辛かったりするめまぐるしい思いをしていないからだろうか、と思った。

    勿論悩み続ける日に終わりは来るわけで、となると「永遠なんてない」という事実がこの作者にとってはむしろプラスな事実なのかな、と。

    女の子は生まれた時からオンナだけれど、男の子はいつ、子 という部分を無くす、もしくは取り去るのだろう。。。
    (完璧だと思っていた少年の、脆い子供時代と
    頼りない少年が、強く成長していた事への驚き)

  • 読み終えるのに時間がかかってしまいましたが、とても面白かったです♪
    「冷たい校舎の時が止まる」にまつわる人物がそれぞれの短編の中に出てきて、読みながら
    この人ってもしかして…?
    と思いながら読んでいました(^^)
    1番最初の「街灯」から引き込まれていきました。
    特に「道の先」と「トーキョー語り」と「雪の降る道」がとても印象に残っています。
    「道の先」も「トーキョー語り」も日常の中に普通にあるだろうという出来事が描かれていますが、その中にある人との関わり方の難しさや大切さを教えてくれました。
    学校での友人関係、塾での友人関係、いじめ。
    毎日人と関わるということは、実は難しいのではないか。友達に自分のことを話したり、違うと否定したりすることはとても勇気がいることなんだなと感じました。
    そんな悩んでいる自分に手を差し伸べてくれる先生や友達はすごく大事な存在で、感謝でいっぱいなんだと改めて教えてくれました。
    特に「道の先」で悩んでいる千晶に手を差し伸べてくれた優しい大学生の先生は、実は「冷たい校舎の時が止まる」に出てきたあの人だったこと。
    これから読む方にはまだ教えられないので…笑。
    でも、やっぱりあの時と変わってないな♪と感じました(^^)
    とても素敵で心に響く作品です✨
    「冷たい校舎の時が止まる」を読んでから少し時間が空いてしまいましたが、思い出しながら読むことができて、物語に深く入り込めました。

    次は「光待つ場所へ」をゆっくり読みたいと思っています(*^^*)

  • 「冷たい校舎の時は止まる」を読んでからすぐに読み始め、辻村作品でいうと2作目。冷たい~ではその長さに疲れたけれどこちらは短編集ということでテンポもよく、気持ちよく読めた。全体的に面白かったけれど、「道の先」でのやり取りだけは抽象的でよく分からなかった。自分もまだまだ子供ということか。ともあれ、皆の元気で幸せそうな未来を垣間見れたのはよかった。辻村作品は暗く、繊細で丁寧だが、心の奥をえぐられるかのように嫌な気分になることもあり、加えて長いため、次作品に手を出すか考えどころ。

  • 「冷たい校舎」を忘れている部分が多く、ネットで調べながらの読書になった。表題作が一番好き。しかし辻村作品の登場人物の自己憐憫ぶりがどうにも鼻について感動しきれない自分は心が汚れているなと思う。デビュー作から順番に読んでいるのだけれど、ミステリー要素がなくなっても彼女の作品を楽しめるか不安だ。

  • 冷たい校舎の時は止まるとリンクした短編集。
    いじめが題材になっていることが多かった。

  • 単に短編集として読んでもかなり面白い内容。
    スピンオフ的な要素をもつだけに、
    登場人物の成長を見届けている感がたまらないのだと思う。

  • 贈り物用として「すぐに読みきれるおすすめの短編集」を探してたどり着いた1冊。

    幼い頃に感じる悔しさや辛さ、友情や愛情など、
    大人にとってはたわいもないような、それでいて子供にとっては人生を左右する一大事に思えるようなエピソード。

  • ページをめくると、
    「道の先」に立つあなたへー
    と書かれており、「街灯」で鷹野が彼女を見つめる小さなストーリーが。
    『冷たい校舎の時は止まる』のスピンオフ短編集。
    とは言え、
    『ロードムービー』『トーキョー語り』『雪の降る道』それだけ読んでも面白い。

  • 久しぶりに胸が締め付けられるような本に出会いました。子どもの頃から読書が大好きだった私ですが、大人になって本を読むことは仕事の一環となり、読書に嫌気がさしていました。この本を読んだことで、読書って楽しいものだったなという感覚を思い出すことができました。でも、この本はスピンオフらしいので原作?も読んでみようと思います。読まなくても十分な内容でしたけど。

全354件中 1 - 25件を表示

ロードムービー (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ロードムービー (講談社文庫)に関連するまとめ

ロードムービー (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ロードムービー (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロードムービー (講談社文庫)のKindle版

ロードムービー (講談社文庫)の新書

ロードムービー (講談社文庫)の単行本

ツイートする