長い終わりが始まる (講談社文庫)

  • 546人登録
  • 3.36評価
    • (20)
    • (47)
    • (68)
    • (18)
    • (6)
  • 69レビュー
  • 講談社 (2011年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770705

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山崎 ナオコーラ
三浦 しをん
山崎 ナオコーラ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

長い終わりが始まる (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本を手にとったのは、米子のイオンにあったビレッジバンガード。一人旅でARTに触れ、友人とその子どもに二組続けて会いに行き、一緒に行ったショッピングセンター。帰りの飛行機で一人になることを考えて、本を買おう、と立ち寄った。

    特別これが読みたかったわけではない。平積みされた表紙の色が、初めて買ってもらった自転車の色だったこと、そして、4拍子が描かれていたこと。それだけ。

    本との出会いって、そんなもの。

    大学のマンドリンサークルの話だった。母が大学の時、マンドリン部に所属していたらしい。私はテニスサークルに入って、そこで形成される「トモダチ」の定義が、あまりしっくりきていなかった。そのふたつが、関係ないのにつながってちょっと思い出す。

    ひとと一緒に音を作る、という経験をしたことのある人なら、必ず通る道程が描かれている。音楽用語が幾つも出てくるので、なじみのない人はそこで引っかかってしまうかも。ただ、誰かと一緒に何かを作ったり目指したりしたことがあるなら、共感、というか、ああ、と思える描写が、あるはず。

    本文より
    「最後に急に転調して、終わりの雰囲気を無理に作り出そうとしている曲って、嫌いだ、とフィーネの記号を指で擦る。

    それにしても、終わりを認識する感度を、人間はどのように身につけてきたのか。

    趣味のオーケストラの中でだけ親密だった関係は、金を稼いで生活するようになれば、気色の悪い思い出に変わっていくのだろう。」

    大学のサークルとは、私にとっては、あまり、大切な場所ではない。それは、今となっては、の話だけでなく、多分その当時もそうだった。
    内部進学生と、中高一貫の私立校から指定校推薦で入ってくる人が多い大学。そこで、数十名からなり、代々連綿と続く人間関係。その中に、浪人生活を経てなお、失敗した、という挫折を持ち込んで加わった私は、「自分を承認して欲しい、自分はここにいると精一杯アピールすること」が、好きじゃなかったんだと思う。そして、自分自身でその「絆」を断ち切った時に投げられた言葉は、「もう友達じゃなくなるね」だった。サークルとは、終わりが始まる場所だった。

    そんなゆがんだ記憶を、何処かから掘り起こしてきてしまい、ちょっと置き場所に困っているところ。

    山崎ナオコーラさんの紡ぐ物語は、どこかチクッとしたりヒリヒリしたりする、その感覚が、生、を実感させる。そこがとても好きだ。

  • 小笠原が直情的過ぎてストレスがたまる。己のナイフの切れ味を知っていながら躊躇なくノーガードで振りかざす様は幼稚園児のようだ(切れ味を知っている分タチが悪い)。
    小笠原はガードができないのだ。盾を全く持ち合わせていないから。

    こう書いているうちにだんだん小笠原に興味が湧いてきた。
    読んでいるときはイライラしたのに、読み終わったそばからまた会いたくなってきている。
    不思議だ。

    渋谷に構える大学にの小さなサークルのお話。

  • 偶然にも私も長い終わりを始まらせてしまってるのでタイトルに惹かれて読んでみた。そういえば山崎ナオコーラさん初読み。

    組織に所属するということはみんな右へ倣えで一つの目的に進んで行くという意識を持たなければいけない訳で、それが自分にとってどれだけ不本意なことであっても属してしまった責任というものをある程度は背負わなければいけないよ。と思った私は嫌な大人なのかしら。

    それにしても田中のような男の子ってどの世界でもモテてしまうというのがすごい謎。
    タイトル通りのラストが切なかったけどそれも小笠原の人生なんだな。

  • 読んでいるあいだは小笠原への反感でいっぱいで面白くもなかったけど、読み終わって思い返すときは話の余韻が続いていて良い流れだったなと思う。
    人のセックスを笑うなの方が、言葉のつながりとか思いがあって良かった。

    人の気持ちが全く考えられない、でも繊細で鋭い女の子。

  • ナオコーラさん、読んでみたくて初読了。

    話自体は割とうつうつとしていて、あまり好きなタイプでなかった割に、ストレスはなく読めた。
    サークル、やってなかったけど、集団生活はいろいろあるよね、そして、大学生特有の空気感。
    彼らを繋いでいるものは、お金でも責任でもない。思い出とかそういった類のなにか。

    小笠原の不器用さと男の見る目なさにイライラさせられるが、
    大丈夫、大学時代にアレコレあった男なんか、まーじでどうでも良くなるからさ、すぐに。といってやりたくもなる。


    ラストページのこの文章は胸を打つ。そーだよ、わたしも全くその通り。と頷くしかない。

    小笠原は好きな人とラーメンを食べたことがない。小笠原を好きな人がいない。小笠原を雇いたいと思っている人もいない。社会から必要とされていないのだ。小笠原は真剣にひとりっきり。今まで生きてきて、誰からも好かれたことがない。

  • 大学時代の終わりは、急にやって来ない。でもみんないつか終わる。大学3回生の私は、今月サークルを引退し、来月最後の講義を受ける。あと1年、沢山の最後を経験して、私の大学時代は終わる予定である。主人公小笠原と同じく協調性の無い私は、サークルの活動方針や目的意識の違いに悩まされてきた。けれど彼女がわかっているように、私もわかっている。何かに一生懸命打ち込むのは素晴らしいし、それはそれで認められなくもないけれど、結局はみんなと仲良くやっている人の方が平和なのだ。私たちは周りからしたら疎ましいことが往々にしてあるのだ。大学生活が終わるということを、一事実としてではなく、自分の感情の上で認識し始めた人に読んでもらいたい。

  • 主人公の小笠原は私とは真逆の人間。すぐに「ばかだ」と言う所はむかついたが、惹きつけられた。
    大学生はサークルという実に狭い世界で生きている。いつも人と繋がることに必死だ。
    音楽にストイックな小笠原はかっこいい。
    しかし必死な人間たちも、私は愛したい。

  • 二人にとって、サークルとは世界のことだ。

    サークルの中での、恋愛、友情を通して、人との考え方の相違に順応できずもやもやするなど、モラトリアムの生々しさを物語っている。
    その過程で就活に行き当たるが、同時に自分が他者に必要とされるとは何かという考えに行き当たる。

    この物語は区切りに数字をいれなかったり最後は本の終わりではなくまだ人生が続いてるように内容も続く形になっており、主人公のゆっくりとした壊死を題材にした作品である。

  • 読了日 2012/4/15

    國學院のマンドリンサークルの話。
    人好きの私にはちょいとブルーになる話でした。

  • 自分の学生時代にも似たような事があったなぁ、と遠い目をしてしまうしまう小説。
    サークルの揉め事でこんがらがったりする感覚は、とても懐かしかった。
    ラストは身につまされる。

    山崎ナオコーラという人は、三人称の時は基本的に登場人物を名字で書く事が多いのに
    今更ながら気づいた。
    少し突き放したような語り口に感じられるのは、そのせいかもしれない。

  • すっきりしない
    読んでいくうちに増すモヤモヤ
    田中の行動がリンクして更にモヤモヤ倍増
    でも引き込まれてスイスイ読み込んでしまった
    さすがである

  • この作家さんは、やはり右脳読書。言葉にできないものを表現してる。大学の頃の、もんもんうつうつとした感覚を思い出した。

  • 少しずつ失恋していく、話
    と言ったらいいのかな。

    サークルに恋に音楽に、
    いろんな葛藤があって
    いろんな思いがあって。


    この作者独特の雰囲気が漂う。
    何も変わっていないようで、
    何かが確実に変わっていく、
    そんなことを描くのがうまいなあと。

  • これ絶対國學院っしょと思って読んでたらそうだったからもう!しかもいま実習中だからちょうタイムリー!
    ナオコーラさん國學院て知らなかった。
    お話としては、サークルのぐるぐる感を見事に描き切っていて、おもしろい!じゃないんだけど、あるよねー、そうだよねー、うんうん。という感じ。サークルのめんどくささを適切に表現してるすごさ。

  • くそが。
    初体験を無下にすんな殺すぞ。
    彼女居んのに独り身の女抱いて「帰らせたくないなー」じゃねえよ殺すぞ。
    何が失恋だあほが。
    思いっきり感情移入して身体が熱いわ。
    田中の背中に飛び蹴りしたい。しね

    -----


    「形がきれい」
    と田中が言ったのが、他の女の子のを見たことがある人しか言わない科白だったため、小笠原はブルーになったのだった。どうして他の女の子と比べられながら、褒められなくてはならないのか、と頭の芯が冷えた。


    ぴょんと立っているものは可愛いが、枕に押しつけた跡が残って後頭部がペタッとなるタイプの寝ぐせは、見苦しいものだ。

  • 渋谷の大学で、マンドリンサークルに打ち込む小笠原。4年生ながら、就職活動をするでもなく、ただただ楽器を弾き続ける彼女。自分の「終わり」を感じつつ過ごす、青春最後の日々。

    ナオコーラさん2冊目。堂々めぐりのかんじ、逃げ場がないかんじはこの人ぽい、独特だなぁ。結論が出るわけではないから、あまり好きではないんだけれど、雰囲気をつくることは本当に上手。「誰にでも書ける言葉で、誰にも書けない小説を」という目標は既に達成しているように思う。

  • 思い警察小説の後は、山崎ナオコーラさんの大学生のサークル活動を舞台にした『長い終わりが始まる』を選んだ。
    文体は重くはないのだが、人とのコミュニケーションをとるのに得意でない主人公が、多くの事に流されて過ごしていて恋愛でさえもはっきり自分を主張できていない有様で、この先君はどうなるのと思わせるないようで、読後の気分は明るくない。いままで読んできたナオコーラさんの作品は人生のいく先にないしてポジティブな物が多かったが、この作品ではそうではない気がするなあ。若いうちにコミュニケーション能力って言うのはどうやったら磨けるのかを考えさせられた。

  • サークルに馴染めないけど、音楽が好きマンドリンが好き。指揮者が好き、田中が好き。頑固で一途な小笠原(女)が主人公。

    マイノリティの難しさ、青春のもどかしさを感じることができる一冊。また、クリエイター、アーティストなどモノづくりを経験している方であれば、同感できることがある。

    大人になった小笠原の今後を見てみたいと思う。

  • 大学四年生になっても就活もせずサークルに打ち込む小笠原と、彼女の失恋までのちょっと切ない物語。やらなきゃいけないこともなんだかんだと理由をつけて避けてしまったり、素直になれないために何もかもうまくいかない日々に苛立ったり寂しくなったり、そんな描写がまさに同じ頃の自分と重なって胸がキュッとなった。終わりを意識し始めた瞬間はいつもどこかセンチメンタルな気分にさせられる。

  • 即物的な日常を生きる精神の在りようとして、「長い終わり」は純粋さと同型だ。「長い終わり」という純粋さは、決して終わらない。それは、自らの純粋性それ自体をも否定しうるほどの徹底さによって、逆説的に「長い終わり」を終わらせる機制を自らの内に欠いているからだ。それが終わるとすれば、その純粋さが否定によって押し出した外部からの圧力によって終焉を迎えるしかない。その時、純粋さを生きてきたその人間の美的感性そのものが消滅する。

    ところで、「長い終わり」という純粋さが、その実、外部に対して自らの「弱さ」が精神に取らせる防衛的構えでないと、証明することはできるだろうか。できないだろう。この問いは、純粋さの内に於いては決定不可能な命題であり、それを決定する機制も自らの内に欠いているのであるからして。

    純粋さの強張った脆さが、淡々とした筆致の中に描き出されている。

    「人間も[水と]同じようなもので、この街に溢れる男女は、それぞれの肌が区別され、各々歩き回っているが、ひとりの指先がどこまでなのか実は曖昧であり、この人形[ひとがた]はいっときの仮の姿でしかなく、誰かと触り合えばすぐに境目が溶けてしまい、自分というものを意識するのが難しくなるのではないか・・・。自分の体がどこまで伸びるのかが分からない」

    「セックスって、いつが終わりなのか、分からない。小笠原が田中のことを好きな間は、日々を越えて続いていく行為なのだろうか。まだ終わっていない、と小笠原は感じる」

    「男の生理感覚に偏って成立しているセックス文化は、おかしい。射精でなんか、セックスは終わらない」

    なお、批評家による巻末の解説は、蛇足の典型。

  • 短い文の中に、たまにきらりとひかるフレーズがあってはっとさせられた。主人公の小笠原にちょっとだけ共感する。

  • ビレヴァンに置いてあって、ナオコーラだからと、手に取った本。
    期待を裏切らず。
    「抑制のない会話は、休符のない音楽と、同じだ」
    素敵な表現です。

  • ちょっと前の自分だったらいろいろ共感したかも。。

    残念ながら今はちょっと外向きな自分なので。。

  • サークルで無理してたことを思い出した。
    大学生活って不思議な時間だと思う。恐ろしい時間な気もする。

全69件中 1 - 25件を表示

長い終わりが始まる (講談社文庫)に関連する談話室の質問

長い終わりが始まる (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

長い終わりが始まる (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

長い終わりが始まる (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

長い終わりが始まる (講談社文庫)の作品紹介

大学4年生になっても就職活動もせずマンドリンサークルで練習に打ち込む小笠原。彼女が演奏する音楽というものには常に終わりの予感が漂うけれど、大学のサークルという小さな輪の中では絶えず人間関係が堂々めぐりを繰り返し、合奏は永遠に終わらない。そんな青春の切ない痛みを描き出した傑作小説。

長い終わりが始まる (講談社文庫)の単行本

長い終わりが始まる (講談社文庫)のKindle版

ツイートする