アイスクリン強し (講談社文庫)

  • 2013人登録
  • 3.41評価
    • (86)
    • (211)
    • (291)
    • (71)
    • (16)
  • 248レビュー
著者 : 畠中恵
  • 講談社 (2011年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770767

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アイスクリン強し (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 駄目、合わないw 読み難いし、読んでる端からスルスルと零れ落ちて、なんにも残らなかったww
    「面白そう!読みたい!」と思ったのに、ぜーんぜんこの世界に入り込めなかったので、共感も共鳴もしないし、何だかなぁ?って感じ、キャラもイマイチな感じだったし。。。
    「しゃばけ」で人気の作家さんなので、いつか読みたいと思っていたんだけど、「しゃばけ」がまた遠ざかってしまったわーwww

  • 江戸が東京に変わった明治時代、まだまだ物珍しかった西洋菓子のお店を開いた青年が主人公のミステリー。

    菓子屋の主人・皆川と、その親友で士族から警察官になった数人の巡査たち、そして、皆川に恋心を寄せている…と思われる貿易商のお嬢様が登場。大事件が起こるわけではなく、江戸から明治になって変わっていく街のなかで起こる小さな事件に翻弄される。明治の街の様子と、登場人物たちの友情や恋心の描写と、美味しそうな西洋菓子がたくさん登場する。

    章の名前がシャレていて、
    「チヨコレイト甘し」
    「シユクリーム危うし」
    「アイスクリン強し」
    「ゼリケーキ儚し」
    「ワッフルス熱し」とかとか。

    時には皆川がお菓子を作るシーンが出てきたりして、そのレシピに昔の計量単位が使われていたりするのが楽しい。



    畠中恵さんの小説を「アコギなのか〜」「しゃばけ」「アイスクリン強し」と読んできて思ったのは、登場人物たちがアニメや漫画っぽいキャラクタ設定になっているなぁーと。若い世代に受け入れられやすそう。そういう意味ではとても読みやすい。一方で、深みに欠ける感じも否めない。惹き込まれる要素がもう少しあると、もっとするすると世界観に入れるのに、ちょっぴりもったいない。

  • お名前は拝見してましたが、初めての畠中さん作品。
    面白く、美味しく読了しました。
    言葉のチョイスが巧み。
    妖怪ものはちょっと。。。と避けてましたが、今さら「しゃばげ」にも取っ付こうと思います。

  • 好きな作家様の作品なのに二話目まで読んで本を閉じました、ギブアップ……。
    一話目は登場人物の嘆きや騒動に巻き込まれたり解決方法が面白かったりと期待大だったのに、二話目からはお菓子がちょこんと添えられている程度に見えて明治と主に動いているのは若様組のような印象……。
    作者さまは若様組が書きたかったのかな?と思ってみれば続編は若様メインっぽいので納得です。
    明治時代と可愛い女の子が好きなので、そんな作品と今度は出会いたい。

  • 先達ての5月9日は「アイスクリームの日」でした。日本で初めてアイスクリームを販売した日なのかと思つたら、さういふ訳でもないやうです。日本アイスクリーム協会とやらの商策により、1965(昭和40)年に制定されたさうです。
    日本初のアイスクリーム販売は、明治2年、横浜の「氷水屋」によるもの。当時の呼称は「アイスクリン」。此方の方が原語に近いのですがね。昔の日本人は、耳で聞こえた通りの表記をしてゐました。ステンショ(station)とか、ヘボン(Hepburn )とかね。わたくしは天邪鬼なので、「オードリー・ヘボン」とか、「ヘプバーン式ローマ字」などと口にしては嫌はれてゐます。

    といふ訳で、いささか強引ながら『アイスクリン強し』。
    物語の舞台は明治の23年くらゐですかな。『しゃばけ』シリーズよりも時代が下つてゐます。登場人物は20代前半の若者たちが中心ですが、新しい時代に対応しやすいと思はれるそんな若者ですら、江戸から明治への大変化には戸惑つてゐるさまが見てとれます。
    主人公は良く分からないけれど、タイトルからして多分、洋菓子屋の皆川真次郎なる若者。そして「若様組」を名乗る、若手警察官の面々。この若様組は、元元士族の跡取りたちだつたのですが、御維新でその身分を失ひ、警察官となつてゐる集団であります。そして成金の娘・小泉沙羅を加へたメムバアで、話が進んでいきます。

    「序」に続いて、「チヨコレイト甘し」「シユウクリーム危うし」「アイスクリン強し」「ゼリケーキ儚し」「ワッフルス熱し」の5編が並んでゐます。美味しさうなタイトルであります。
    といふことは、真次郎くんが作る洋菓子が話の中心になるのかと想像したのですが、実際は若様組・真次郎・沙羅が、その周辺で起こる様々な事件に巻き込まれるてんやわんや(死語か?)の物語でありました。活劇あり、ミステリイありの群像劇も悪くはありませんが、せつかくの洋菓子屋「風琴屋」が生かされてゐないのは残念であります。

    ところで、「序」では若様組の面面と真次郎くんに、「若い御仁方へ」といふ匿名の手紙が届きました。その手紙には、二つの指令が提示されてゐたのです。即ち、手紙の送り主を突き止める事と、送り主が欲してゐるものを考察してそれを手に入れる事。奇怪な話ですが、彼らにはあまりにも多くの出来事が降りかかるので、結局謎が解けたのは最終章でした。しかしどうもスッキリしない幕切れ。
    などと思ふのは、わたくしの頭が硬直化してゐるからでせうか。きつとライトノベルとやらを好む人なら、愉しめる一冊かも知れません。

    とりあへず、アイスクリンを食べたくなつたので、冷凍庫を覗いてきます。再見大家。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-634.html

  • 畠中恵作品は初めて、だけど
    どうも合わないなと。どうもキャラクターの描写がいまいちで、例えば園山の描写はエキセントリックと説明ばっかりで、肝心の園山の印象が残らないのが気になってしまった。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第51回目に紹介されたのは、畠中恵の「アイスクリン強し」に登場する『ワッフルス』。

    ―暖炉の前で片膝をついた格好で、
    ワッフルスの生地を鉄板に落とすと、
    菓子の甘い香りが部屋内に流れる。

    滝川が盆に乗せ熱い紅茶と共に差し出すと、
    皆の目がしばしそこに移る。



    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 時代が「江戸」から「明治」になった後の東京が舞台。
    西洋菓子職人の主人公。
    元士族で警察官となった友人たちは「若様組」と呼ばれている。
    彼らのまわりで起こる事件。
    ちょっと期待はずれな部分もあり・・・

  • ん~、「読んだ」って感じかな。

    明治23年という新政府が始まりでもまだ「江戸」も残ってるっていう微妙な時代が舞台。

    西洋菓子屋を営む「真次郎」と江戸の世であれば「武士」なのに新政府では「警察官」になっている若者たちに巻き起こる事件の数々。

    たぶん「真次郎」が一応の主人公なんだろうけれど、正直誰が主人公かわからなかった。
    また成金娘の沙羅と真次郎の事もはっきりしないまま終了。

    各章にお菓子をタイトルに付けて、無理やりそのお菓子を出してるような気がするけれど、出てくるお菓子はどれもおいしそうで甘い香りが漂ってきそうだった。

    作品にはずっと「謎の手紙」が出てくるけれど、それも結局大したことではなかった。

    ま、いつの時代も若者は頑張ってその時代を生きてるんだって事だろうか。

  • お人よし主人公にはありがちだけど、そのお人よしを利用する周りという構図がどうも好きじゃないので、チヨコレイト甘しはいまいち。
    (特に小弥太の図々しいこと!最後にしおらしい言葉を言って料理を手伝うのが唐突で不自然に思えるくらい。)
    シユウクリーム危うしで長瀬が「このお人よしが!」と怒鳴る場面でも、いやいやそのお人よしを利用して小弥太を押し付けたのはどこの誰よ・・・という気持ちが拭えない。
    長瀬と、あと園山以外はもう有象無象で全く分からないし。園山も凶暴なイケメンってだけでイメージははっきり浮かばないし。
    しゃばけシリーズより登場人物は魅力的ではなかった印象。

    ただ、ミナと沙羅さんと沙羅パパ、パーク牧師は魅力的。
    特にミナと沙羅さんの甘酸っぱい場面ではにやにやしてしまった。
    (赤のリボンを渡すところとかね)
    ミナと長瀬は沙羅さんと三角関係なのかもしれないけど、どうかんがえてもミナと沙羅さんでしょうね。ワッフルス熱しからすると。
    ピンクのリボンを渡した場面も見たかったなあ。

    一番すきなのはワッフルス熱し。
    沙羅パパの迷いや若い頃の情熱を見失ってしまうところ、ちょっと共感してしまう。
    そこをもう自分は置いてきてしまったからね・・・。

    「若様組まいる」を読みたくてまずこっちを読んだけど、うーん、どうしようかなあ・・・。

  • 強さ基準
    アイスクリン〉〉〉〉〉〉〉〉ペン〉〉〉〉〉〉〉〉〉剣

  • 明治維新後の不安と混乱、文明開花、そんな時代を舞台にした、ちょっとした風刺短編集と言った具合でしょうか。

    明治23年頃、早くに両親を無くし、居留置の外国人の元で育った西洋菓子屋の主人公と、彼を取り巻く元武家の若様からなる警察官たち、そして明治維新の流れに乗り、成金となった社長令嬢・・・

    そんな若者たちの目線で激動の時代を見つめた作品。

    タイトルと表紙に惹かれ手にとったのですが、やはり期待通り、作中には洋菓子の描写がたっぷり。魅力的な食べ物が登場する作品が好きな私。そこは当たりでした。

    内容はさほど難しくも重くもなく、サラサラと読めます。最近は割合厚めで重い内容の本を続けて読んでいたため、多少物足りなさはありましたが、このあっさりと胃もたれしない読後の清涼感は、畠中さんらしいな、と言う気も。

    主人公の若者たちの爽やかさがまた。
    腹黒さもそれぞれに持ってはいるのですが、皆若い熱、希望を溢れさせていて、眩しいほどです。

    また、時代は違っても、現代に通ずる明日への不安感、激動の時代をどう生き抜くか、などのテーマがあり、現代を生きる若者への激励とも思える内容となっています。

    小一時間あれば読めるかな。

  • 『序』
    若様組と呼ばれる巡査隊とお菓子作り職人・皆川真次郎に届けられた謎の手紙。

    『チョコレイト甘し』
    道端で暴漢に追われる相馬小弥太を助けたミナ。小弥太が持つ刀のツバがある松平家の末裔話探す手懸りになるという。ミナの店に見習いとして住み込む小弥太。小泉商会のお嬢様・沙羅のリボン。育ての親であるパーク先生のお菓子の依頼。小弥太の作る堅いビスケット。

    『シウクリーム危うし』
    貧民窟である万年町でスリの少年を捕まえた長瀬。対立する親分同士の安田と古河。長瀬家のじいや笹本の息子を探す安田と古河。万年町に一人で住む少女かの子の家に侵入する泥棒の謎。上質な小麦の持つ秘密。

    『アイスクリン強し』
    突然箒を持った沙羅に襲われたミナ。多報新聞に載せられた記事。真実とは異なる噂話を載せる新聞。堅い政治新聞から急に内容が変わった多報新聞。3か月前から増えた投書。ミナの悪いうわさを流した志奈子。

    『ゼリケーキ儚し』
    父親の勧めで子爵家の息子とお見合いをする沙羅。東京に蔓延するコレラ。コレラの撲滅のために働く若様組。大河出警視からの指示により自由民権運動に参加する加賀を探す長瀬。加賀と大河出の関係。コレラを流行させたのは若様組と疑う貧民窟の住人たち。小弥太の感染。塩ときれいな水がコレラに効くと聞き調達に動くミナ。

    『ワッフルス熱し』
    若様組とミナに届けられた謎の手紙の答えを探す一同。小泉商会に向かった暴漢。園山の単独行動を恐れて捜しまわる長瀬。金持ちに妹を殴られた暴漢の勘違い。謎の手紙を送った人物の真意は?

  • 畠中恵って元漫画家だったのか。最近、女性作家の小説に萩尾望都とか山岸凉子の雰囲気を持つもの増えてる気がする。少女漫画風小説が一つのジャンルになりつつあるんだろうなぁ。

  • 【あらすじ】
    西洋菓子は開化の夢――。
    明治の築地居留地近く、甘い香り漂う風琴屋(ふうきんや)。今日もまた、お菓子目当ての若様たちが集って嵐が巻き起こる!

    お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が……。キュートな文明開化(スイーツ)物語。

    【感想】

  • 【最終レビュー】

    図書館貸出。

    雑誌:ダ・ヴィンチ―17.3『特集・愛すべき本とお菓子 読んで味わう、愉しむ「スイーツブックガイド(P.44~45)」紹介著書からの一冊。

    ―明治維新後の築地・居留地:西洋菓子店が舞台―

    〈店主+3人の元・幕臣の警察官達を中心に展開されるスイーツストーリー〉

    『実際の「(徳川→明治)時代の流れの変化」の「史実」』

    『当時の警察官の環境(採用条件等)』

    『当時の西洋菓子を取り巻く様相』

    『立場柄それぞれのライフスタイルの姿』

    『身近なメディアを取り巻く環境』など…

    これらを上手く混ぜ合わせながらも、シンプルな装いの描写ですが

    今の時代に重ね合わせてみても、十分にしっくりとくる印象が感じられたんです。

    登場人物は若年層が中心ですが、世代に関係なく、ただ単にスイーツを主に題材にしながらも

    〈一時、一時、変化していく中、私達はどう向き合っていけばいいのか〉

    という『現実味』もあり、その分、物語そのものが引き立っていた印象でした。

    日本史では扱われない部分での

    『きめ細やかな未知の空間』

    その点においては、こういった

    『雑学要素』があったりと、私的には気負いなく楽しめた著書といえます。

  • 沙羅の人柄は好き。ただそれぞれの人物の描写がどれも中途半端で感情移入しきれない。お菓子もたくさん登場してはいるが、物語のメインになっているわけでもなく食べてみたいと思わせるほどのものもない。連作短編集のような形だが、どれもきちんと決着がついているとは言えないのでは。決してつまらなかったわけではないけど、面白いとも言えない。設定はよかったし、登場人物にもっと厚みが欲しかった。

  • 明治という時代の移り変わりの中で、西洋菓子という新しくてフワフワキラキラしているものと、貧民窟やら戦争へと進んでいる鬱屈とした現実との対比があるのはよかったけれど…全体的にまとまりのない話に感じました。
    これ、主人公は真次郎だよね? 長瀬じゃないの?
    と思うくらいに、主人公の人物描写が曖昧でした。長瀬についての描写の方が多かったんじゃないかと思う。他の登場人物の描写も微妙だったし、ストーリーも…。
    一つ一つのストーリーの起承転結もふわっとした曖昧なものだし、それで事が解決してるの?というような終わり方だったり、ストーリー同士の繋がりはあるのかないのか…。
    「ゼリケーキ儚し」は、結果どうなったのかその後のストーリーに描かれてるわけでもなし、中途半端どころではない。

    お菓子作りの描写に惹かれるという人もいるとは思うけれど、正直この時代の西洋菓子がそこまで美味しかったとも思えないし…私にはあわない設定やお話でした。

  • 江戸から明治に移った新時代の雰囲気と変化から取り残される混乱がちょっと分かる

  • なんかとてもライトだなぁ。
    と言うか中途半端感が。
    お菓子ととても美味しそうだったのだが。。。

  • これを読みながらおやつを食べている時間はまさに至福の時でした。
    畠中さんの明治もの。お菓子が一杯出てくる。
    舞台は明治も20年を過ぎた頃。ですがまだまだ江戸時代を引きずる感じが残っています。
    主役はそんな中、西洋菓子の店を開いた真次郎。さらに元旗本の跡取りで、維新後に巡査となった若者たち・若様組の三人・長瀬・園田・福田、そしてザ・成金の父親を持つ令嬢・沙羅が話に絡みます。
    冒頭に、維新から明治の歴史の流れを振り返る描写が入っていてわかりやすかったです。
    全体を通して真次郎と沙羅の関係がクローズアップされており、二人の進みそうで進まない関係をジリジリしながら楽しめました。

    ・チヨコレイト甘し
    小弥太のことは不幸だなーと思いましたが、彼のせいで真次郎の作った料理やお菓子がダメになるシーンは心が痛んだ。
    小弥太は反省してたし、真次郎はちょっとした仕返しをして、その後も無事に解決してたけど、それでもちょっと納得いかないw

    ・シユウクリーム危うし
    維新の波に取り残された貧民街が描かれる。
    今後進んでいくであろう戦争へ思いを馳せたラスト。

    ・アイスクリン強し
    提灯記事に踊らされてしまった真次郎と長瀬達若様組。
    真次郎たちが新聞に取り上げられたのは当初が原因だと言う。そしてその当初には不審な点があり、陰で新聞記事を操ろうとしている動きがあることをつ掴む。
    報道の在り方を考えさせられる話。
    真次郎が沙羅へ送った桃色のリボンが厄介ごとの原因になっていた模様。

    ・ゼリーケーキ儚し
    沙羅に見合い話が持ち上がる。
    だがその頃、長瀬と真次郎は警察幹部から持ち掛けられたこれらに関する厄介ごとに巻き込まれる。
    幕府方の元旗本は出世が絶望的だとか、いろいろとこの時代特有のしがらみがあったことがわかる。
    沙羅の見合いはイジワルお嬢様と父親の思いが絡まった結果で、結局ハッタリだったんだけど、沙羅のことなんて気にしてなさそうだった真次郎が実はすごく気にしてたことが分かってニヤニヤできた。

    ・ワッフルス熱し
    冒頭で、若様組と真次郎に届いた手紙の謎が解ける。
    でもまぁ、これはあまりたいしたことない結末、という感じ。
    園山の大暴れ振りにワロタwww
    手紙の謎を解き明かした真次郎が欲した褒美が、沙羅の見合いの詳細だったことにやっぱりニヤニヤ。

    タイトル通り、まんまことシリーズよりも甘いテイスト。続編が出ているとのことで、楽しみです。

  • 本屋に並ぶ最新刊が気になり、まずは初めからということで読んでみた。

    期待したほどではなかったけど、面白くないわけでもなく。ただ、話にまとまりがあまりないなぁ、と感じた。繋がり方が上手くないというか。

    ワッフルとか普段食べたいと思わないけど本の中に出てくるとすごく美味しそうなものに感じます

    2016.5.8

  • 明治・料理(西洋菓子)

  • ひたすらおいしそう。

    明治で、お菓子で、なんて組み合わせが素敵すぎてその時点で大満足。

全248件中 1 - 25件を表示

アイスクリン強し (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アイスクリン強し (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アイスクリン強し (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイスクリン強し (講談社文庫)の作品紹介

お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が…。キュートな文明開化物語。

アイスクリン強し (講談社文庫)の単行本

ツイートする