モダンタイムス(下) (講談社文庫)

  • 10894人登録
  • 3.68評価
    • (620)
    • (1530)
    • (1185)
    • (236)
    • (35)
  • 926レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 講談社 (2011年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770798

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

モダンタイムス(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 伊坂さんの作品の中で一番好きかも。
    全体の感想はうまくまとめられないので、とりあえずひとつだけ。

    最後のシーンがすごくいい。
    「勇気は彼女が持っている。俺がなくしたりしないように」
    この台詞、たまらなく好き。

  • 浮気をしたら、妻の依頼した拷問のお兄さんがやってくる…。そんな恐妻家のシステムエンジニアは、謎の失踪をとげた先輩五反田の後をついで、発注元すらわからない出会い系サイトの仕様変更を請け負うことになる。
    そのサイトのシステムの謎を解析するうち、複数の検索ワードに行き当たる。その検索ワードを調べた者に、次々と不幸が襲っているのだ。

    伊坂ファンは多いけれど、私はこれまでぴったり嵌ったことがなくて、周囲の評価や人気とのギャップに、何で私にはわからないのだろうとこっそり「伊坂コンプレックス」だった。
    この本は、その伊坂コンプレックスを払拭できたかも?と思わせてくれた。これから好きになるかも、みたいな仄かな予感!わくわく。(と書くと恋みたい)
    ぽんぽんとテンポのよい会話は気持ちよく、大きなうねりの中で翻弄されながら少しずつ真実に近づいていく流れが絶妙で、面白かった。

    非現実的な出来事が次々と起こり、妙に飄々とした主人公がなぜかそれに巻き込まれていく…という流れは伊坂流そのものと思う(というほど伊坂さん読んでないけど、たぶん)。
    私がこのモダンタイムスにしっくりきたのは、伊坂さんがあとがきでも「この作品にとって重要なのは、事件の真相を隠そうとする力、その力に翻弄されることで、真相そのものではない」と書いているように、メッセージ性がはっきりしていたからだろう。

    “誰それが悪いっていうんじゃなくてな、『そういうことになっている』としか言いようがない出来事であふれている。”
    “アリは賢くないが、コロニーは賢い”
    “真実は、姿を変える。見えているものがすべて本物とは限らない。”

    そして、ツボだったのは奥さんですね。
    いかに妻に気を遣い恐れているかを話す上司たちの話を聞き、「恐妻家にプロアマがあるとすれば、あなたがたはアマもアマ、アマ中のアマだ」と内心毒づく夫(主人公)が面白い。
    世の中で一番嫌いなのは浮気。何事にも動じず潔く、ありえない破天荒っぷり。こんなスーパー奥さんになってみたい(笑)。
    “「人間は大きな目的のために生きてるんじゃないの。小さな目的のために,行動したら?」”
    ここぞというところの台詞がかっこいい。
    最初は単なる恐ろしいだけの奥さんだったのが、事件に巻き込まれていくうち、主人公の奥さんを見る目がどんどん変わっていくのもいいなぁと思った。

    あとがきで、作中の作家を「井坂好太郎」としたのは、単純に小説家の名前を考えるのが面倒だったから自分の筆名を変化させただけだとある。
    でも、作中の「井坂好太郎」の台詞は、伊坂さんの気持ちが多分に込められていたと思う。

    「小説は、一人一人の人間の身体に沁みていくだけだ。」「小説で世界なんて変えられねえ。逆転の発想だ。届くかも。どこかの誰か、ひとり」

  • ある言葉を検索した人は皆襲われたり事件に巻き込まれ、友人井坂には新作原稿を託され、たどり着いた先には可愛い老女と元美人モデルがいて、刺客は何故か拷問され、古い映画にヒントを探す主人公。

    そのうえ井坂には連絡が取れず、結果的に彼から託されたメッセージをもとに、失踪していた先輩と共に国家の英雄を待ち伏せ。

    この辺りからちらりと、ゴールデンスランバーに似ている…と思ったら、やはり同時期に書かれた作品であり、あとがきには「 二卵性双生児のような作品 」とあった。

    システムエンジニアだった伊坂幸太郎本人の経歴も生かされているような、不思議に色々な要素が入り組んだ作品でした。
    「 そういうことになっている」とすべてがシステムの一部にされている不気味さはなんだかリアルで生々しい。

    「 人間は大きな目的のために生きているんじゃない、もっと小さな目的のために生きている。 」
    『 小説で世界なんて変えられねぇ。でも届くかもしれない、どこかの誰か、一人 』この言葉が印象的。

  • ある複数の言葉を同時検索すると、社会的抹殺の憂き目にあうという話。その裏には国家的プロジェクトが失敗したという秘密が隠されていた。「魔王」「モダンタイムス(上)(下)」の3冊を続けて読んで、作者の伝えたかったことがやっとわかった。「ゴールデンスランバー」にも通じることだが、国家という大きな組織が個人に牙をむいたとき、個人は抗いようがない。今回の場合、さらに「国家命令」を実行に移している個々人には、その忌まわしい事態に加担しているという意識もなく、まさに「モダンタイムス」の歯車のごとく粛々と働いている不気味さ。

  • 村上春樹の『ダンス・ダンス・ダンス』を思い出した。
    ソフィスティケートされた社会では、投げた小石が誰にぶつかるか分からない。それは自分に跳ね返ってくるかもしれない。
    作品のテーマはそんな感じ。

    伊坂作品を久々に読みましたが、作品のテンポ感を「そうそう、こんな感じだった」と思い出しながら楽しみました。
    もうちょっと重さが欲しいかな。

  • 人は、知らない事があったら、まずネットで検索する。

    けど、この本を読むと、検索をするのが怖くなる。

    検索したことで、自分の興味を持っていることを知られたり、誰かに情報を盗まれたり、と個人情報が漏れてしまうんじゃないかと不安になる。

    個人情報が漏れたことで、自分の身に危険が。それだけでなく、家族、身近な人達の身にまで危険が起こってしまうのではないかと。

    最近は情報社会で便利になったけれど、逆に危険なこともたくさんあると、改めて思った。




    印象に残った言葉。
    "人生を楽しむには、勇気と想像力とちょっぴりのお金があればいい"


    色んな小説にも引用されているチャップリンの台詞。

    逃げないで、恐れないで、踏み出そうとする勇気。

    それから、物事をじっくりと考える力、相手を思いやる心(イマジネーション)。

    それとちょっぴりのお金。
    有りすぎても、無さすぎても不幸になるのがお金。ちょっぴりあるくらいが一番幸せになれると思う。

    この言葉は、人生を支えてくれる言葉だな、と思った。

  • 上下巻読了。
    面白い!ラストは一気読みでした。

    最初、主人公の状況には救いがないし…全体的に暗くよどんだ雰囲気だし…。苦手だな。読むの止めようかな…。と思ってました。
    どのへんからだろうか。それがいきなりはまってて自分でもびっくり。そのまま後半はもうまさに一気読み!
    面白くて面白くて、ここで止まるのはもったいない!って。もうちょっとだけ!って、結局睡眠時間削られました(笑)

    そして相変わらずの軽妙な会話。つい真似して使いたくなる(実際日常で使ってたらすげー嫌なヤツになると思いますが(笑))
    でもこれだけはいつか言ってみたい。
    「その真相は気に入りません。チェンジです」って。
    痺れたなぁ~。

  • 漫画誌で掲載されたこともあり、作品全体の長さもあいまって作品自体の疾走感とは裏腹に、長さを感じた作品ではあった。

    小説としては、途中に生まれるもやもやが最後には爽快な程に晴れ渡る感覚を覚え、やはり伊坂の小説は読後感が良いと思わせてくれる。
    伏線の回収もあり、尚且つ思いもよらないとこから伏線が現れるのもやはり伊坂幸太郎作品が面白いところ。

    加えて、モダンタイムスに関しては特にそうなのだけれど、シリアスな展開もある中で、緊張感の中に時折あるユーモアさがいい具合に緊張とリラックスを行き来させてくれる感覚にもなる。

    作中にもあるように小説は沁みるものという表現を最後には感じることができ、小説に答えが載ってる訳じゃない、こういう終わりもありだよなと笑いにも似た爽快感がありました。
    終わり方、あれは最後にジョーカー切ったって感じもありましたが、、、笑

    唯一の不満は最初からあった謎が結局わからずじまいなことでしょうか。
    とはいっても最早こじ付けな不満で、もうそれはそういうことで!といった感じにすらなっている自分がいます。

  • おもっしろかったー!

    「魔王」から50年後の世界が舞台だと知ってずっと読みたかったのですが、難しそうだな~長いしな~と手つかずのまま。しかし伊坂作品なら面白いに違いない!と意を決して読書してみたところ、続きが気になって気になって読むのをやめられませんでした。

    多少難しく感じる部分もあったものの、それを補うエンターテイメント性があったと思います。ただ、魔王を読んだ際に感じた社会への焦燥感や、自己の確立性の重要さなどは感じられませんでした。

    ファンタジーな設定と現実社会の結び付け方がうまいなあ。潤也くんと詩織ちゃんの、「呼吸」後の様子が知れてよかった。

  • 実家に忘れてきました、何を?勇気を。

    このような書き出しで始まる、主人公はいきなりの大ピンチ!帰宅したところ見知らぬ男に殴り倒され、イスに縛り付けられ拷問を受けようとしている。しかもその状況を画策したのは彼の美しい若妻なのである。

    春が二階から落ちてきた。

    過去に読んだ「重力ピエロ」の書き出しである、春と泉、二人の兄弟の追想シーンから始まる。

    なんと書き出しにこだわる作家なのだろうと改めて思った、文豪川端康成氏の代表作「雪国」の有名な書き出し「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」これがまとまるまで数十回の書き直しがあったというが、伊坂氏はどうなのだろ?印象的過ぎるきらいがあり、そのままでは状況もわかりずらいだろう、にもかかわらず冒頭から読者をその世界に引きずり込むに、容易いのである。

    「ゴールデンスランバー」と執筆時期が被っていたようである、作品の根底にある警鐘というか恐れるべきものは、なるほど似てるように思える。今作において自分なりに一言で作品を述べるなら「真実とは?」である。真実とは実際に起こったことでなく、大多数の人が真じる事象が真実になり得る。これは恐ろしいことであり、10~20年先の、ネットがさらに社会に食い込んだ作品世界では現実味も甚だしい。

    主人公は巻き込まれる、こうあろうとする世界が邪魔者を排除する為のシステムから追われ、逃げて、反撃しようとする。恐ろしいのはシステムなるものの正体が「ない」ということなのだ。その中にあっても、人間が、組織、システムに組み込まれ個性を失う恐怖を、作者は払拭してくれる。タイトルにもあるとおり喜劇王チャップリンの作品を引き合いにして…

    「人生に必要なものは勇気とユーモアと、ちょっとのお金」

    伊坂氏のチャップリンに対する思いに共通の思いを感じて嬉しくなる。その他にも「独裁者」「ライムライト」「殺人凶時代」などへの言及があった。

    スピードも、状況の変化反転も慌しいが一気に読ませてくれる、会話も伊坂調は健在でユーモアもいい、結末はややモヤっとしたものが残るがキッチリ型をつけ過ぎても作品の世界観を壊すことになってしまうのだろう。

    かくて最後は書き出しとの対比となるセリフが印象的である。

    「勇気は妻が持っています、僕が失くしたりしないように」

    主人公の妻は得体の知れぬ恐ろしさがあったのに、いつのまにかかわいらしく愛妻に収まっていた。読者の感情も同じなんだろう、これが一番の伊坂マジックに思えた。

  • 運命、本能、抗うことのできない大いなる流れ…
    誰がつくったわけでもない“そうなっているんだ”という世界のシステム。

    勧善懲悪のような分かりやすいシステムは、物語の中にしかない。
    細分化され、複雑に絡み合っている社会の中で、“いちばんわるいやつ”は誰か。

    伊坂さんはそんなものを、主人公、渡辺に仕向けたのだ。

    前作『魔王』の続編にもあたるこの作品。
    『魔王』の中で相対し戦ってきた2人、安藤と犬養、そして潤也が変えたかった世界。作りたかった世界。
    その行く先がこの『モダンタイムス』に描かれているけれど、はたしてこれが彼らの目指した世界だったのか。

    大切なものは、なくしたりしないように、なんでも妻に預けてきた渡辺の、最後の一言に、ほっこりしました。
    ここに繋げてきたかぁ。

  • 私たちの周りには、情報があふれている。
    たぶん、この「モダンタイムス」が書かれた当時よりも、今の私たちはずっと「インターネット」や「テレビ」の情報に触れる機会が多いはずだ。

    よって私たちは考える機会を奪われている。

    前作「魔王」で繰り返し述べられていたテーマは個人が「考える」ことの重要性だった。

    それにプラスして、今回の「モダンタイムス」では、情報が氾濫した結果引き起こされる「現実というものの脆さ」が大きなテーマになっている。
    印象的なのは愛原キラリのセリフ、人間は何でできているのかという渡辺の問いに対して「そりゃあ、血とか筋肉とか、骨とかじゃない?」というものだ。

    内容はまったくもって当り前だが、その当り前が今の社会では通用しなくなってきていると思う。つまり、人間はネットやテレビの「情報」によってつくられていると、多くの人が思い込んでいるということだ。

    五反田も「人は知らないものにぶつかった時何をするか?検索をするんだ」と言っていたように、私たちは人間を含めた現実というものを情報でしか認識しなくなってきている。そして、それらの情報をすべて無感情に、無批判に受け入れてしまう。

    たとえ、それが全くの嘘であったとしても。

    とても恐ろしいことだと思う。けど、現実でも起こりつつあることだな、ととても他人ごとには感じられなかった。

    個人的に、436ページからのくだりが好きだ。
    この小説を読んで、いざ顔を上げてまわりの風景を見渡してみると、私は今周りにあるすべてのものが、虚構に過ぎないのではないかという一瞬不安な気持ちに駆られたが、436ページからのくだりで拓海が佳代子という1人の女性を信じ、その存在を再確認する場面でちょっと救われた気持ちになった。

    ネットに書いてあることも、ニュースで取り上げられていることも、すべては虚構に過ぎないのかもしれない。私たちはそれを無批判に受け入れ、虚構という名の現実にいつの間にか巻き込まれているのかもしれない。

    ただ、今私たちの目の前にいる様々な人たち、家族、友人、仕事仲間たちは、絶対に真実だ。その存在は、まぎれもない真実だ。

    だからその人たちのことを少なくとも私は大切にしたい。
    人は大きな目的のためではなく、もっと小さな目的のために生きているから。

  • 全体的には、すっきりとした終わり、ではないかな。でもそれも、主人公が選んだ一つの選択で一つの勇気。見る角度を変えれば答えも変わってくるってことなのか。

    さりげなく「国際パートナーホテル 渡辺拓海」と「播磨崎中学校 安藤商会 個別カウンセリング」で検索すると・・・、というしっかりそういうとこ遊ばれているのがまたおもしろいと思いました。

    やっぱり、ファンタジーなんだけど、でも現実からそう遠くない、現実の中に自然に非現実を混ぜているような小説が好きなのだなと実感。

    個人的に【井】坂さんのキャラが、なんとなく憎めなくて好きだったので、死んでしまったのがちょっと残念でした。

  • 読みながら「こうなるんじゃないかな」と予想したことは、ことごとく覆された。面白かったけど、世の中がこんな世界になっていたらと思うと怖い。

  • 伊坂さんの作品の中では一番過激な作品かもしれないです。背筋にひやりとしたものが通るような過激さがどこかホラー小説に似てます。
    今回のお話は、ある意味ではポピュラーな話題をテーマにしていると思います。作中の言葉を借りれば、「アリの単体は賢くないが、コロニーは賢い」ということ。一言にまとめてしまえばそれだけのお話を、伊坂さん流の独特の膨らませ方が面白い作品です。
    相変わらず人物設定がそれぞれぶっ飛んだ人が多くて、でも、ぶっ飛んだ中にも彼らなりの信念のようなものがある。それらが垣間見える瞬間がかっこいいです。

  • あとがきや解説が丁寧に書かれているため、この作品を読もうか悩んでいる方は、文庫版のあとがきと解説を読んでみるといいと思う。

    作中では「播磨崎中学校 安藤商会 個別カウンセリング」と検索するとなにやら酷い目に合う・・・とあるのだが、実際に検索してみると、特設ページに飛ぶことができる。
    とはいえ、たくさんの人がそれに気づいてネットに書き込んでいるため、検索結果の一番上には出てこなかったのだけれども。

    なかなか凝ったページで、試し読みや絵、伊坂さんのインタビューに加え、井坂好太郎黙認ファンサイトなんてものまであった。

    その中でも、モダンタイムスのラストについて語っているインタビューがあり、気になったところを引用してみる。

    >ラストについては賛否両論あったようです。というか、「賛」のほうはあまり聞こえてこなかったような(笑)。
    (中略)
    たとえば、それまでの僕の小説は、ジグソーパズルが綺麗に揃うとか、ルービックキューブの六面が揃う、とかそういう風に思われていたような気がするんです。ただ、小説内で6面を揃えることは、実は簡単なんですよ。単に技術の問題ですし、自分で崩して、自分で揃えているだけですから。でも、あえて3面しか揃ってないけれど、「お~!」と歓声が上がるようなものを作りたかったんですよ(笑)。

    私にとって伊坂さんの見事な伏線回収は魅力的で、モダンタイムスではその多さに翻弄されたものだった。
    だからこそ、6面全て揃えてすっきりさせてほしかったという意見が出てもおかしくはないと思えるし、伊坂さんもそちらの方が受けがいいようだと実感されたそう。

    そして、あとがきにあるこの言葉。
    >この、『モダンタイムス』という作品の筋は、「主人公たちがある大きな秘密に関わることになり、それを隠蔽する仕組みに翻弄される」といった内容にまとめることができます。つまり、作品にとって重要なのは、「事件の真相」ではなく、「事件の真相を隠そうとする力」「その力に翻弄されること」のほうで、乱暴に言い切れば、事件の真相については、「何でも良い」のです。

    真相を読み終えて、6面そろわなかったことに不満を感じた読者さんは(もちろん不満でも構わないが)「事件の真相を隠そうとする力」の方も考えてみて欲しいと感じた。

  • 途中,読むの止めよっかなー.とくじけそうになったが,
    「この話,どう終わらせるのか?」っていうのが気になって,結局下巻一気読み. ふむ. 読むのは1回でいいや.

  • 途中で読むのが面倒になってしまった・・・最終的になんかよく分からなかったのが残念。
    でも、登場人物がちょいちょい言う、インターネットに関する事は好きです。

    作家の井坂幸太郎が言うように、世間の評判をネットで操作するとか、
    現実にそこにいるその人間が積み上げてきた関係よりも、どこの誰が書いたかも分からないネットの記述のほうが信じられたわけだ・・・とか。

    なんか現実にありそうでちょっとブルっとした。

    あとは、人は知らないことに出会うと、検索する・・・
    とかも、自分は結構このタイプなのでドキッとw

  • 1日中パソコンの前座りっぱなしな仕事の私も、
    分からないことは“検索”、飽きちゃったときの暇つぶしも“検索”、
    検索検索検索…。
    分からないことは検索するんだよっていう五反田さんの言葉、
    的を得すぎていて恐ろしさすら覚えます。

    例の3つのキーワードで検索かけるときちんとサイトが出てくるところなんかさすが。

    わたしのお気に入りは恐妻・佳代子さん。
    ラストが愛に溢れてて素敵でした。


    『重力ピエロ』越えました!

  • 魔王とのつながりやゴールデンスランバーとの対比を感じた
    すごく面白かった

  • これは面白かった。伊坂作品のトップ3に入る。
    魔王から続く物語。テーマは、国家という大きな存在に個人という小さな存在がいかにして関わったり、立ち向かったりするか、というもの、と個人的には解釈している。

    今自分が知っていることは全て真実ではない、見方や考え方を変えればそれは無数のものとなる。

    自分一人では大きなシステムそれ自体は変えられない。ただ、目の前にあることを変化させたり、目の前にいる人を助けたりはできる。

    これらのことをこの本から学べた。

    以下、個人的に気に入った言葉や
    言い回し。

    人生は要約できない。要約した時に抜け落ちる部分こそが、その人の人生なのだ。

    風景とはこちらの感情により、表情を変える。

    都合のいい瞬間だけ切り取った映像で何が分かるわけ?もしかすると、あの馬車の御者が、アパッチ族の娘を昔、襲ったことがあるのかもしれないじゃない。で、その復讐よ!事実なんて、情報でいくらでも塗り変わっちゃうってことよ。

    アリが優先させるべきは集団の維持だ。アリは自分の都合を優先させない。人間はどうだ。逆だ。

    不特定多数の、漠然とした誰かを救え、と言われたら途方にくれるだろ。自分が誰のために生きているのか、誰と闘うべきなのかが曖昧としていればいるほど、眼の前には虚無が広がる。

    野原が広がって、雑草があちこちに生えてるとするじゃねえか。で、とてもじゃねえが、全部の草木は引っこ抜けない。そうだろ。一人の能力には限界がある。その時にできることはー

    一つは諦めることだ。全部の草むしりなんて不可能だから、何もやらないほうが利口じゃないか。そういう考え方だ。な、賢明だ。

    で、もう一つは、あれだ。

    せいぜい、自分のできる範囲で、身近なところだけでも草をむしっておこうか、って考えだ。

    政治色が強く、我々の生活にも関連する部分が多かっただけに、共感できたり、感慨深かったりする言葉や言い回しもたくさんありました。

  • 細分化していくうちに分からなくなっていくもの。全てはシステムの中のお話。
    個人的に佳代子さんが好きです、強い女の人っていいですよね。(旦那さんは大変やろうけど…)

  • かなりの一気読みでした。
    目に見えない大きな何か、に立ち向かってゆく様は、ドキドキもしたし楽しかった。インターネット社会の恐ろしさを垣間見れる物語です。
    しかし、内容は謎だらけが謎だらけで終わってしまう感じ。
    ゴールデンスランパーと同時期に書いたようなので、内容も終わり方も同じ感じなのか。
    せめてもう少し謎解きがほしかった(特に奥さんは何者なの?)。

  • 途中まではスピード感もあって面白かったけど、、
    結局あの人の登場意味はあったのか?
    その伏線はいらなくない?
    等々、少々腑に落ちない部分もあって、★3つ。

    伏線をすべて回収はしなくてもいいと思うけど、もっと何かしらの意味合いを込めてほしかったなーと。

    魔王の続編とのこと。
    そっちも読んでみよ。

  • 伊坂幸太郎の作品の特徴である、個性的な登場人物、独特な回想の表現など、伊坂幸太郎らしい作品となっていて、とても読み応えがあった。特に最後の締め方などが伊坂幸太郎ぽいなぁと感じた。ゴールデンスランバーとは違って、この作品は国家に対して抵抗してく、その主人公たちの姿が読んでいてとてもおもしろい。拷問される場面や、謎を解き明かしていく場面。それぞれの場面が脈動感あふれるように伝わってきて、とてもいい作品だと思った。佳代子最高。

全926件中 1 - 25件を表示

モダンタイムス(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

モダンタイムス(下) (講談社文庫)に関連するまとめ

モダンタイムス(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モダンタイムス(下) (講談社文庫)の作品紹介

5年前の惨事-播磨崎中学校銃乱射事件。奇跡の英雄・永嶋丈は、いまや国会議員として権力を手中にしていた。謎めいた検索ワードは、あの事件の真相を探れと仄めかしているのか?追手はすぐそこまで…大きなシステムに覆われた社会で、幸せを掴むには-問いかけと愉しさの詰まった傑作エンターテイメント。

モダンタイムス(下) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする