モダンタイムス(下) (講談社文庫)

  • 10736人登録
  • 3.68評価
    • (611)
    • (1516)
    • (1172)
    • (233)
    • (34)
  • 917レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 講談社 (2011年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770798

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

モダンタイムス(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 簡単に操作されてしまう情報、動かしがたく存在する世の中のシステム。
    怒りや反発する気持ちを持てば持つほど徒労に終わってしまう虚しさに共感するとともに、自分もその一部であり加害者なのかもしれないという後ろめたさに口をつぐんでしまう。
    伊坂さんの作品は読みきるまでが結構しんどい。
    でも読後は、響いてくるハッキリした意思に刺激されじわっと沁みてくる優しさに満たされる。
    『その宇宙の力は、君の中にもある』チャップリンの映画の台詞らしいけど、なんて大きくて勇気付けられる言葉だろう。

  • 魔王のその後の世界を描く物語。上巻はちょっと先が見えない感じでモヤモヤしたが、下巻になって物語は一気に動く。妻の佳代子もだんだん可愛くなってくる。ただ、物語全体が文庫本の上巻と下巻の厚さくらい温度差があって、しばらく戸惑った。しっかりとオチをつけて読者を安心させるというような作品ではないが、随所に伊坂幸太郎の正義が散りばめられていて、その点の満足度は高い。作中に登場する「井坂好太郎」は伊坂幸太郎の本音を代弁していたんだろうか。

  • 近未来の日本を舞台に身の回りで不思議な出来事が起こり主人公達がその謎に迫っていくミステリー。この世界は現実なのかといったことを考えさせられます。ただ暴力的な描写が多く全体的にダークな雰囲気でした。

  • めちゃくちゃ面白かった!これ書いてるのが2007年ってのがすごい。先が読めてる~。しっかしこんなに所々笑いながら読んだり、続きが早く読みたいってのも初めて。
    裏社会、何でも検索できたり、情報の信憑性、ネット社会の脆弱性、色々と考えさせられる事も多かった。
    作品の中に出てくる井坂さん同様に伊坂幸太郎さんからのメッセージも込められてるんじゃないかと思えてきます

  • 特定の個人によるものでないシステムが世界を支配する。これは、人類の文明や技術の発展、利益の追求が始まった頃から、不変の議題であろう。そのシステムは、多くの人々に利益をもたらす反面、システムの中心に人間の目的や意思が反映されなくなった途端に、暴走し人間を取り残していく危険性をもつ。すなわち、人間不在のシステムは人間にとって有害であり、システムは人間主体である必要がある。渡辺や五反田、大石、佳代子は、終盤まで敵に立ち向かうが、敵は複雑で巨大で難航を極める。チャップリンの「モダンタイムス」も合わせて観たい。その敵に対抗するためには、自分のできる小さなことをやっていくしかない。人間は何でできているかとの問いに対する、「血とか筋肉とか骨じゃない?」との愛原キラリの言葉に温もりと希望を感じる。終盤での、佳代子の活躍には度肝を抜かれた。渡辺の力は安藤潤也の兄から受け継いたものか。正直、伊坂「好」太郎の身に起こったことはショックだった。ひげのお兄さんが無事で良かった。

  • 組織論、国家論、といった壮大なテーマが背景に控えてそうだけど、伊坂さんの独特の会話の言い回しが小気味良く、楽しめる内容。結論が劇的ではないので、雰囲気を楽しむように読めばいいかもね。

  • 上巻で盛り上がっただけに、ラストは尻すぼみだったかな。
    個々のキャラは魅力的で、極悪ぽい人が憎めない存在になる不思議。伊坂作品ならでは。

    魔王読んでたらもっと楽しめたのかな?
    ゴールデンスランバーも未読なんで、その2作品読んだらまた読み返してみたい。

  • こういう作品に超能力の設定が本当に必要だったのか?
    主人公の妻の過去とか語り足りてないんじゃないか?
    得意のおしゃべりにページを取りすぎて必要な説明が抜け落ちてはいないか?

    全体的にはやっぱり読みやすくて面白かった。
    作者のカラーなんだろうけど、切羽詰まった状況なのにみんなが割と飄々としているのには違和感があった。

    この感想を書いてて気づいたけど、面白い書きぶりな上に、こんな風に誰にでも突っ込みどころが見つけることができるというところが人気の秘訣かもしれない。

    今はエンターテイメントを書いている作家も、腹の中では文学作家として認められたい、というような感覚を持っているものかと思っていたが、あとがきを読む限り、この作者はあくまでもエンターテイメントの範疇でやっていきたいようだ。
    面白い。

  • 人には生きている間しか会えない。

  • 伊坂作品特有の説明ゼリフは少なかったけど、終盤の展開にはちょっと御都合主義を感じた。あるキャラクターで久々に伊坂作品リンクに気付いたけど、どの作品に登場していたかは案の定忘れていた。

  • 上巻の続き。黒幕が何なのか最後まで目が離せなかったー!結局誰か個人がどうこうというわけではなく、国家という規模の大きなものだった。人々は単なる作業をこなしているだけで、自分が今している行動がどこに繋がっているのか本当にわかっている人はいないのではないか?考えたこともないのではないか?分散されることで罪の意識が薄れるという言い回しが出てきていて、なるほどなぁと感じた。表面だけ見るのではなく裏の深くまで考えろと言われている気がした。伊坂さんの作品はもっと自分で考えろと言われているような作品が多く、いつも良い影響をもらってます。長編なのもあり、より入り込めて面白かった。

  • 魔王→モダンタイムス(単行本)→魔王→モダンタイムス(文庫本)

    あー面白かった。
    どんだけ読んだの、このお話、長いのに!!

    モダンタイムス文庫本化にあたり、播磨崎中学校の事件の真相が変更されていると知り、読まずにはいられなかった。

    どちらが好き?と聞かれても、私は「どっちも!」と答えてしまう。
    ただ、文庫本の方が、魔王とモダンタイムスで伊坂が力を入れた政治色が出るのかな?と思った。
    あと、井坂がより活躍(?)するのは文庫本の方かな、井坂ファンとしては嬉しい限りなのだけど。

    あと、『オーデュボンの祈り』を読んだ直後だったからか、ゴッシュ社の田中さんが、優午をバラバラにしてしまった田中さんとリンクした!
    足が不自由というところと、田中という苗字しか共通点はないけど、こういう発見はなんか嬉しい。

  • 結局、最後まで奥さんが何をしている人なのかわからず、また不倫相手もどのように事件に関わっていたのかわからず、微妙。
    まぁ奥さんの物怖じしないところとか、暴力部分で少しスカッとするかな?!

  • 上下巻を一気に読んでしまう!
    とても冒険心をくすぐられる作品でした。

    伊坂幸太郎作品を最初から最後まで読むのは、これが初めてだったのですが…。素晴らしくユーモアに溢れていて、堪らなくハラハラドキドキしました。

    恐ろしかった髭の男や奥さんが心から愛おしく見えて、最初と最後では人物への感覚が逆転します。

    でも、奥さんや他の謎は解明されず……。
    もしや主人公が見て見ぬ振りをしたから描かれず?と深読みで「そういうこと」にしてみます。

    個人的に好きなので、毎度誰かが登場する度「工藤か!?」と、なっていましたが、残念…。彼はまだ仕事を頑張っているんでしょうね。

  • 著者本人も認める、「ゴールデンスランバー」との”双子作”。共通点はともに国家という大きな枠組みとの対峙、およびそれに対して警鐘を鳴らしている点。

    上巻がどんどん右上がりに面白くなっていった分、やや尻すぼみ感は否めなかったけど、安易なハッピーエンドなんかよりは断然良いラスト。

    岡本猛、好きだ。
    実写化してほしいな、この作品。

  • 正直、超能力的な話はあまり好きではない、と今作を読んで思った。
    もちろん超能力をメインとした話ではないのだが、なんとなく合わなかった…
    とは言え、人間には誰しもこういう一面はあるのかもしれない、度が行き過ぎていると思うかもしれないけれどこういう人は案外たくさんいるのかもしれない、と思った。

    夫の浮気を疑い、拷問してくれる男を雇い、夫を拷問させる妻。
    現実でこんな人間いないだろう、と思いつつも、それをしようと考えたことがある人は今の世の中たくさんいるような気がする。実際に浮気などが根源で伴侶を殺害する人もいることだし。
    途中まで、自分はそんな強い感情を他人に抱いたことないな、と思いながら読んでいたが、それは妻の夫に対する強い愛情や期待からくることに気づいた時、少し自分自身が虚しく感じた。

  • 「仕事は細分化され、良心を失う」
    「わたしはね、誰もが善人であるべきとは思わないし、悪いことをするのもアリだと思うけど、思い悩まない人が一番嫌いなの。~悩みながらやってるほうがマシだよ」

     気づかなかった、という言い訳なのか。気づかないふりをしているのではないのか。
     そもそも気づこうとしていないのではないのか。
     いつだって傷つける側の者も、傷つけられる側の者もその立場が入れ替わることはない。
     目をふさいで耳をふさいでいても、匂ってくるし痛みは感じるものだ。


     最近、ずっと頭の片隅にあったことを覚え書き。

    「小説で世界を変えられると思ってたんだよ。昔はな」
    「小説はな、一人一人の人間の身体に沁みていくだけだ。」
    「どんな人間でも、毎日、先生、先生と呼ばれていたら、絶対に歪むんだ。~『先生』という言葉にまとわりつく、胡散臭い人間関係が、人を傲慢にする。謙虚さを奪っていくんだ。」

  • 魔王シリーズ完結。伊坂さんなりに現代にドロップキックしてるんでしょうね。一個人ではどうしようも無いこともあるんやろなー。システムの一部。拷問が想像したらえぐい。

  • 伊坂作品はいつもなんだかモヤモヤとしたやり切れなさが後をひいてしまうのに、今回は何故だか不思議な安心感が。
    なにか宇宙が危ないかもしれないみたいな、自分も含まれている危機感はあるのだけど、壮大すぎて。
    あぁ、壮大すぎるから小さいことだけ考えたらいいんだ。
    あー彼生きてたんだ!良かった!
    奥さんに対する私の気持ちも上巻とはめちゃくちゃ違って、爽快。
    他の登場人物もみんなそれぞれに素敵だ。
    そういえば、工藤さんは今もあの調子でやってるのかな。

    魔王、前に読んだのに忘れちゃった…。
    今すぐ読み返したい。
    あとがきや解説を読んだら、ゴールデンスランバーも読み返したくなった。

  • 魔王の続編って事に下巻でようやく気づいた。検索キーワードの謎を解くあたりは面白かった。でも私の頭が悪いだけかも知れないが結局渡辺の妻ってなんだったの?とか色々疑問が残ってモヤモヤする。拷問のシーンが少しキツかった。

  • 再読。「ゴールデンスランバー」とほぼ同時期に執筆されたらしいが、私としては「ゴールデンスランバー」が断然好み。システムと戦おうとすると辛さとか無力感とかが増えて、作品を読んでいるときのしんどさも増す。「逃げる」というテーマのほうがなんだか楽しい。そういう意味でラストの主人公の選択はほっとしたかな。でも大事なことを伝えてくれる大作には違いない。

  • 仕組みのなかにおりこまれるってなんだろう。
    連載だった、という後書きになんか納得。


    好きなとこ。下巻P382
    「俺たちの生きている社会は、誰それのせいだと名指しできるような、分かりやすい構造にはなっていない。さまざまな欲望と損得勘定、人間の関係が絡み合って、動き合っているんだ。諸悪の原因なんて、分からない。俺はその考え方は正しいと思う。図式のはっきりした勧善懲悪は、作り話でしか成り立たないんだ」

  • 面白くて読んでたはずやけど、難しいわ内容

全917件中 1 - 25件を表示

モダンタイムス(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

モダンタイムス(下) (講談社文庫)に関連するまとめ

モダンタイムス(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モダンタイムス(下) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする