銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)

  • 1265人登録
  • 3.63評価
    • (72)
    • (150)
    • (153)
    • (28)
    • (4)
  • 140レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2011年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771030

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 勝手に、もっと難しい硬い文章を書く方なのかと思っていました。
    初めて読んだこの作品は良い意味で期待を裏切られました。
    読みやすくユーモアのある文章力に思わずにやにや。
    やられたなぁと。一気読み。
    他の作品もどんどん読んでみます。

  • ミステリー以外の森作品もたまには良いもんですね。
    何かが起こりそうなシチュエーションの中、淡々と静かに物語が進行していくかんじ。
    以前は、森さん作品はミステリーのシリーズ物以外さして興味がなかったのですが、これを読んだらちょっと意識変わりました。

  • 森博嗣の作品の中ではハートフルな方だと感じた。

  • 町の小さな不動産屋に就職した高橋くんはひょんなことから不思議な居住空間を与えられる。
    そしてその空きスペースに様々な物や人が集まってくるのである。
    ここが居場所になっていく。
    自分の住む家、帰る場所が愛しくなる。
    大らかな心でこの世界を見渡せばあるいは。

  • 不動産に就職した主人公とお金持ちの間宮さん。僕をとりまく環境の変化と僕がしたこと。
    指数関数的にながれる。
    電子書籍、蔵書

  • この本読んでなかったかも、と思い文庫を購入。読んでみたら、読んだことあるな。と思いながら、読みやすいのですぐ読み終わりました。
    案の定、家に帰るとノベルズが本棚に並んでいて、ややショック!でしたが再読する機会をゲットしただけよ!とポジティブに捉えています。

  • これがただの長屋だったら下町人情ものなんだろうけど

    この物語の主人公って、高橋くんではなく家なんじゃないの?って思った。今。

    最終話の中盤から急展開。
    だまし絵?すかし絵?
    ドラマで場面がクロスフェードするみたいに
    一気に時代が流れ、
    置いてけぼりにされてから、
    あっ、そうだったのか!このシーンはもう大人なのね!
    と気づいた。
    やられた。

    で、ドールハウスが出てきたことで、
    この物語の構造自体がドールハウスっぽかったなって思った。
    神様になったつもりで
    俯瞰して見てみれば
    世の中なんてみんなドールハウスなのかもね。
    超越したら。

  • とても素敵な空間で起こる、なんでもないんだけど、とても素敵なお話。
    とてつもない引越し願望が起こりました。
    とりあえずリノベしたい。

  • すごいゆるい感じの話なのに、後半の急展開と主人公のリアクションがすごい面白い。自分はなりたくないけど、あの人がこういうことになったら面白いのに。とか思って、読みながらニヤニヤしてしまった。

  • 何に対してもやる気を持てない主人公が、大学センターから「ここに就職するのは本当に何処にも行くあてがない人」と言われている不動産会社に就職し、風変わりな客を相手にし、人生が色彩豊かになるという物語。森博嗣らしからぬ(?)、とても素朴で温もりのある作品でした。最後に、気に行ったフレーズを。”幸運を摑むのは、その人が持って生まれた能力によるものです。言い換えるならば、幸運といったものは、この世にはない。あるとすれば、幸せを築く能力、それを持っていた、幸せを築こうという努力、それをしたというだけのことです。その能力と努力によって、順当に作られていくのが幸運なのですよ”

  • 引用が入らなかったのでこちらに・・

    日々、きっかけはある。石ころのように、道すがら、どこにでも沢山落ちているものです。たまたま、それが自分の足に当たって、蹴飛ばしてしまう。立ち止まって、小石がころころと転がるのを眺める。そこに目を留めるんですな。けれども、まあ、多くは、すぐに目を逸らしてしまって、そのまま歩き続けるでしょう。そういうものがほとんどです。ところが、そこで一歩立ち止まったことで、もう人生は別のものになっている。立ち止まったことで、その先の信号で渡れなくなる。すると、乗りたい電車に乗れなくなる。しかたがないから時間を潰す。そこで誰かに出会うかもしれない。そうやって、どんどん違う人生になっていくのです。あの小石がもし道に落ちていなかったら、今の人生にはならなかったってことになりますね(268P)

  • ちっちゃなボールが何となくころころーと流れていくさま。でも悪いとこには転がらない、楽しい、ピタゴラスイッチみたいな小気味よさ。お手軽によめる。

  • 面白かった!住まいが変われば、人の中身も変わるのかもしれない。やっぱり森博嗣は面白い!
    2015.12

  • はじめは面白いくらい話が淡々と進んでいくんだけど、読み進めていくとその進み具合がゾッとするというか、本当にそれでよかったのか…と思いました。

  • 2015.11.16読了。

  • 森博嗣っぽくなくてびっくり。ミステリーではない気はする。でもほんのり不思議で面白い。家のなかにジェットコースター、短期滞在してみたい!

  • 好きな作家の一人、森 博嗣。この方の作品はどれを読んでも面白い。ミステリー作品が多いが、この本はなんとなくほんわかした感じの内容でした。森作品はどれもそうなのだが、言葉遊び的なセリフの何気ないやり取りがなんとも言えない心地よさです。

  • 友達に薦められて読んだ本。
    シリーズ物は読んでいますが、この本は存在も知りませんでした。

    最初は面白く、登場人物たちも結構好きだと思いましたが、
    え、なにこの女の人、そ、そうなるの??
    と思う展開で、あまり好きになれませんでした。

  • ”銀河不動産の超越”森博嗣著 講談社文庫(2011/11発売)
    (2008/05発売 文藝春秋、2009/09発売 講談社ノベルスの文庫版。解説:遠山涼音(アイドル))

    ・・・不動産屋に就職した青年。顧客との縁で変わり種物件に住むことに。
    さらにその物件に間借り人が次々と現れる。

    ・・・流されやすい青年とおかしな同居人たちの微笑ましい物語・・・
    から、森博嗣著ご都合主義ラブコメな展開になったのは予想外(笑)
    まぁ、悪い話ではなかった。

  • 新社会人の青年の日常に、ちょっとしたスパイスが混ざり始めた。すこし香りは強いけど、最後には優しい風味が残る。

  • おかしな建築はおかしな人が考える

  • 何をするにも気力の無い男が、銀河不動産に就職し、間宮という女性から大きなアトリエのような家を借りる事から始まるストーリー。

    この家と銀河不動産、そして次々とやってくる宇宙人のような、彼の周りの人々。

    彼の人柄が引き寄せたものなのか、商売も上手くいき、人が集い、結婚もし、子供までできる。

    最後までふわっとしていて不思議な雰囲気なお話。

  • ごく普通の男の子が、新卒で銀河不動産という町の小さな不動産屋に就職して、そこで出会う人たちとの出来事が描かれた話。ほっとする作品。言葉の表現やタイミングや、登場人物のキャラクターが私のツボにハマる。

全140件中 1 - 25件を表示

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)に関連するまとめ

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の作品紹介

気力と体力不足の高橋が、やっと職を得たのは下町の「銀河不動産」。頑張らずに生きる-そんな省エネ青年を訪れる、奇妙な要望をもったお客たち。彼らに物件を紹介するうちに、彼自身が不思議な家の住人となっていた…?「幸せを築こうとする努力」が奏でる、やさしくあたたかい森ミステリィ組曲。

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の単行本

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の単行本

ツイートする