銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)

  • 1271人登録
  • 3.64評価
    • (73)
    • (151)
    • (153)
    • (28)
    • (4)
  • 141レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2011年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771030

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勝手に、もっと難しい硬い文章を書く方なのかと思っていました。
    初めて読んだこの作品は良い意味で期待を裏切られました。
    読みやすくユーモアのある文章力に思わずにやにや。
    やられたなぁと。一気読み。
    他の作品もどんどん読んでみます。

  • ミステリー以外の森作品もたまには良いもんですね。
    何かが起こりそうなシチュエーションの中、淡々と静かに物語が進行していくかんじ。
    以前は、森さん作品はミステリーのシリーズ物以外さして興味がなかったのですが、これを読んだらちょっと意識変わりました。

  • 何事にも後ろ向きで省エネ主義の高橋は、社員がたった二人しかいない銀河不動産に就職する。
    そこで出会った一風変わったお客さんに振り回されながら、流れに身を任せて生活する。
    地元のお金持ちの奥さん。
    売れないミュージシャン。
    女二人暮らしの芸術家。
    アミューズメントを目指す中年。
    そして、同年代の素敵な女性。
    いつの間にか、高橋の回りには人が溢れ、暖かい善意に触れる。

  • 森博嗣の作品の中ではハートフルな方だと感じた。

  • 町の小さな不動産屋に就職した高橋くんはひょんなことから不思議な居住空間を与えられる。
    そしてその空きスペースに様々な物や人が集まってくるのである。
    ここが居場所になっていく。
    自分の住む家、帰る場所が愛しくなる。
    大らかな心でこの世界を見渡せばあるいは。

  • 不動産に就職した主人公とお金持ちの間宮さん。僕をとりまく環境の変化と僕がしたこと。
    指数関数的にながれる。
    電子書籍、蔵書

  • 2016.09.13

  • この本読んでなかったかも、と思い文庫を購入。読んでみたら、読んだことあるな。と思いながら、読みやすいのですぐ読み終わりました。
    案の定、家に帰るとノベルズが本棚に並んでいて、ややショック!でしたが再読する機会をゲットしただけよ!とポジティブに捉えています。

  • これがただの長屋だったら下町人情ものなんだろうけど

    この物語の主人公って、高橋くんではなく家なんじゃないの?って思った。今。

    最終話の中盤から急展開。
    だまし絵?すかし絵?
    ドラマで場面がクロスフェードするみたいに
    一気に時代が流れ、
    置いてけぼりにされてから、
    あっ、そうだったのか!このシーンはもう大人なのね!
    と気づいた。
    やられた。

    で、ドールハウスが出てきたことで、
    この物語の構造自体がドールハウスっぽかったなって思った。
    神様になったつもりで
    俯瞰して見てみれば
    世の中なんてみんなドールハウスなのかもね。
    超越したら。

  • とても素敵な空間で起こる、なんでもないんだけど、とても素敵なお話。
    とてつもない引越し願望が起こりました。
    とりあえずリノベしたい。

全141件中 1 - 10件を表示

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)に関連するまとめ

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の作品紹介

気力と体力不足の高橋が、やっと職を得たのは下町の「銀河不動産」。頑張らずに生きる-そんな省エネ青年を訪れる、奇妙な要望をもったお客たち。彼らに物件を紹介するうちに、彼自身が不思議な家の住人となっていた…?「幸せを築こうとする努力」が奏でる、やさしくあたたかい森ミステリィ組曲。

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)はこんな本です

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の単行本

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)の単行本

ツイートする