召抱<奥右筆秘帳> (講談社文庫)

  • 152人登録
  • 3.81評価
    • (11)
    • (22)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 上田秀人
  • 講談社 (2011年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771276

召抱<奥右筆秘帳> (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 松平定信って、どういう人だったんだろう?

  • ひとつの大きな伏し目が。

  • 話はドンドン展開するが,

    2014/03/14 図書館から借用;03/16朝から読み始めて夕方に読了

  • 松平定信の暗躍がさらにひどくなってきた。

  • 第九弾
    定信指導の将軍暗殺
    寛永寺の僧侶が相手
    誰が敵か味方か?
    迫真の攻防

  • 最高の物語の山です!
    ああ!ついに白河公が三すくみから落ちたか

  • 松平定信退場

  • 奥右筆シリーズ9作目。
    ついに黒幕の一人が失脚……

  • 奥祐筆シリーズ・9
    書下ろし時代文庫 もう9作目かー早いな^^
    安定して面白いシリーズ・・ って毎回言ってるんだけど
    この巻は結構テンポもよく充実して面白かった!
    なので星4つです

  • L 奥右筆秘帳9

    前作で定信が考えた衛吾の新規召抱の件が動き、なんとか止めようとする併右衛門。ともあれあまり併右衛門&衛吾の活躍なく終盤へ進み、家斉の鷹狩りでドタドタと…。終わってみれば召抱の件はなかったことになって定信は隠居?。併右衛門の預かり知らないところで相変わらず事が動いて終了。冥府との絡みもなかったしつまんなかったかも〜。

全14件中 1 - 10件を表示

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

召抱<奥右筆秘帳> (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

召抱<奥右筆秘帳> (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

召抱<奥右筆秘帳> (講談社文庫)の作品紹介

復権を狙う松平定信は、奥右筆潰しを画策。しがない武家の次男柊衛悟にありえない新規召し抱えの話が。併右衛門の一人娘瑞紀との婚約も消滅してしまうのか。筆を武器とする奥右筆の虚を衝かれた併右衛門に、幕府転覆を企てる闇の僧兵らも襲いかかる。人気爆発シリーズ、波瀾の第九巻。文庫書下ろし。

召抱<奥右筆秘帳> (講談社文庫)のKindle版

ツイートする