チェーン・ポイズン (講談社文庫)

  • 1863人登録
  • 3.68評価
    • (109)
    • (315)
    • (229)
    • (47)
    • (5)
  • 275レビュー
著者 : 本多孝好
  • 講談社 (2012年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771450

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

チェーン・ポイズン (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 絶望を抱え自殺を決意したヒロインの前に現れた謎の人物が「本当に死ぬ気なら、1年待ちませんか?1年頑張ったご褒美(安楽死)を差し上げます」と囁き、ヒロインは1年待つ間ひょんな事から児童養護施設で働く事になる。
    他にも自殺を選んだ人たちが辿る幾つかの結末と、その死に連続性を感じて探る記者の話。


    真逆の結末を選んだ二人の気持ちは両方ともよく分かるので、正解はないって思いました。
    僕はかつて後追い自殺に囚われた時、安楽死出来るという毒薬を飲んだら真っ赤な嘘で、一晩中真の地獄を味わい、運良く(アルコールと一緒に飲むと気持ちよく死ねてオススメの通りにしたら、お酒弱いため)地獄の最中に一度吐いたため、毒性が弱まり九死に一生を得たので、
    100%安楽死の薬は、当時の僕からしたら宝物でしたし、作中のような判断をした気持ちも分かるのです。

    そして、単に生きてるだけで解決出来ない地獄も世の中にはあるので、地獄から抜け出せない方の自殺も否定しない自分もいます。

    ちなみに自分が失敗しても抱え続けた自殺願望から抜け出せたのは、親切な方々の限りない優しさであり、
    抜け出せた後は、僕自身も自分の体験や言葉で、同じような自殺願望の方々を止める事も出来ました。
    また逆を言えば、本人が冗談レベルで発した言葉が悪意を持って他者を追い込む事もあり、言葉には人を生かす力も殺す力もあります。

    改めてその事に気付かされ、生活の中で会うどんな方にも言葉を選んで発し、痛みを聞かせて頂く機会があれば少しでも励ましていけたらと思いました。

    そんな感じで、生と死に様々考えさせられた上で、最後はあっと驚く感動もあるミステリーで涙させられた神作でした!

  • 個人的に好きになれない話だった。
    読んでいる内にどんどん疲れて読み終えた時はくたびれた。

    内容は、
    見知らぬ人物に声をかけられ1年間死ぬ事を待った自殺志望の女性と、
    彼女を含めて三人の男女の服毒自殺の真相を追う雑誌記者、それぞれの目線で描かれた物語。

    序盤に結末が分かるので、最初に書くと、主人公の女性は養護施設のボランティアをして様々な人と関わったりしながらも結局は自殺してしまう。
    人が自殺するのはそれぞれの事情があるし、人それぞれ許容量もある訳だから、何で?とは言えないけど、この主人公に関してはやはり自殺する事に疑問を感じた。
    亡くなった後、心痛める親がいる。
    仕事や人間関係に失望していたとしてもやり直せる若さもある。
    そして、後半は自分自身で手繰り寄せた縁で、自分の居場所のようなものを作ったりしてるのに・・・。
    ボランティアを通して養護施設の子供たち、様々な人に関わって再生を果たす・・・というのはありがちな話ではあるけど・・・。

    この本に関してはそんな風に感じさせるのも作者の意図のような気がして嫌~な気分になった。
    何となく読み終えて感じたのは、奇をてらってるということ。
    普通とちょっとズレた所にもっていく事によって読み手を惹きつけているという感じがした。
    私はもっと地味な部分で読ませてくれる話が好きなので、こういう作為的なのが見えた時点でしらけてしまう。

    主人公の女性は生真面目でどちらかというと面白味のない人間のように書かれているけど、それとボランティア施設のためにある人に食ってかかる場面、この本のタイトルになっている、死ぬ際に人を巻き込む、というのがどうも同じ人のような気がしなくて違和感を感じた。
    また、雑誌記者が服毒自殺という事件をここまで丁寧に時間をかけて取材するかな?とも思った。
    もっと大人数が関わっているならまだしも・・・。
    それに、この本では他の2人の自殺者の事をほとんど書いてないという事も物足りなさを感じた。

    衝撃的な事を書いてあるけれど、中身がスカスカで伝わってくるもののない本だった。

  • 久々に爽やかな読後感だった(^^)
    なんの疑問も持たなかったけど、ちょいちょい違和感があったなぁ、たしかに!
    おもしろかった(o^^o)

  • だまされた!(笑)
    人生に希望を見つけられなくて、自殺を考えていた女性の前に「1年後に、楽に死ねる手段を提供します」という提案が降って湧いてくる。
    その言葉を信じ、1年だけ生きてみようと思う女性と、連続しておこった服毒自殺者を追うライターとの話が交互に展開されていく。
    死んでしまった人が、毒を飲んだ理由というかきっかけが、なんとなくわかる気がした。
    そして、眠るように楽に死ねる毒があったら、俺でも酔っ払っていたら飲んでしまうかもしれない。っていう作中の台詞に納得した。

  • どんでん返しありと知りながらも、最後まで全く気づけず。そーゆうことか、とすっかり騙された。
    主人公のおばちゃんが、最後、ちゃんと生きがいを見つけて生きようと思ってくれて、、結末もすっきり納得して読了。

  • 世界の中から悪意が消えることはきっとない・・・。

    その悪意から目を背けたり、あきらめたりせず、その存在を認め、それでも進み続けることが生きるということなのかもしれない。

    でも、自分のためだけでは、きっと頑張れない・・・。
    一緒にいたい。そばで成長を見守り続けたい。そんな想いを持てる存在が近くにいるからこそ、人は頑張り続けることができるのだと思った。

    たまたま、チラシを見ていた時や落とし物をした時、自分にとっては何気ない小さなきっかけが大きな出会いをつくることがある。

    今、いる場所だけがすべてじゃない・・・。
    そこから、一歩踏み出したとき、見えてくる世界は無限に広がっている。

    そして、そんな世界の中で、何か大切にしたいものを見つけたとき、人は生き続けようと思うのかもしれない・・・。

    「生きがいがある。」それだけで、人はもう幸福なんだろうなと思った小説でした。

  • 久しぶりに作品の世界に入り込めた。高野章子の謎が解けないまま終わるかと思ったけど、最後の最後で大ドンデン返しがあって身体が冷たくなった。すごく面白かった!!

  • 最後まで面白く読めました。
    こういう構成の小説、個人的に好きです。
    好きなので、期待値もあがりますが…。

    文庫で読んだのですが、
    この装丁とタイトル、好きじゃないです。
    えと、個人的な感想ですが。

    あと、身も蓋もないですが、この話に、
    このトリックは必要だったのでしょうか?

    しかし、おばちゃんと子供たちの交流の描写、
    『こんにちはだけじゃなく、いい天気ですね〜』の考え方と
    ラストの結び方は、素晴らしいものだったと思う。

  • 「もし、本気で死ぬ気なら、1年待ってみませんか?」

    ―もう死にたい。
    "死のセールスマン"から「眠るように楽に死ねる薬」を約束された代わりにもう一年だけ生きる時間を与えられた女性。そしてその一年後に、”死のセールスマン”の謎を追うジャーナリストが交錯するミステリ。

    この本をミステリとして読むとその価値は半減してしまうかもしれない。
    最近良く見かける叙述トリックであることから結末が途中で分かってしまう読者も多いのではないかと思う。寧ろ作者は、トリックを見破ってほしいとすら思っているように感じた。なぜなら、主人公の女性の描き方がジャーナリストが追う自殺した女性の客観像と大きく離れている印象を受けたからだ。ジャーナリストが追う”客観的事実”は上手く符合させているが、主人公から語られる”主観的事実”の印象が全く違っているように感じた。

    寧ろこの本の主題は人の繋がりと自殺について、そして生きることの素晴らしさにあり、与えられた1年間の時間の中で死を選んだ人と生きる事を選んだ人の対比を通して(ミステリの手法で読者を引き付けつつ)作者のメッセージが込められているのではないかと思う。
    この主題に対して作者はジャーナリストの原田との口を借りてホスピスの院長との会話の中でこう表現している。
    「近所でたまに顔を見かける名前も知らない人に、こんにちは、だけではなく、そこに続けて、いいお天気ですね、と声をかけていれば高野章子は死ななかったんじゃないか」と。
    それに対して、生きる事を選んだ槇村が原田の「こんにちは、いい天気ですね」という声掛けに対して「ええ。本当に。本当にいいお天気。」と返すラストには清々しい感動を覚える。
    ミステリの体を取りつつ、自殺、生という重いメッセージを織り込ませる作者の手腕に脱帽である。

    余談だけど、ゲルセミウム・エレガンスって、本当に楽に死ねるのかしら?
    wikipediaには苦しそうな症状しか書いてなかったけど…笑


    それにしても
    「もし、本気で死ぬ気なら、1年待ってみませんか?」
    という問いは本当に考えさせられるものがありますね。

  • 自殺を1年間思いとどまり、その間に出会う施設の子供たちとの交流を通し、生きる意義を見つけるお話なのだが、ちょっとしたトリックが仕掛けられていて、話は主人公と、雑誌記者の2側面から展開される構成になっている。ラスト数十ページで読者の思い込みを打ち破るトリックがあるのだが、巧みさには欠け、逆に小説全体の後味を悪くした印象もあった。素直に、生きる意義を問い直した主人公の話に特化した作品にした方が良いように感じた。

  • ハードカバーも持っていますが、
    文庫を見つけたので
    思わず購入、そして再読。

    「本当に死ぬ気なら、一年待ちませんか?
     もしそのとき、その気になったら、ここに来てください」

    主人公が死にたいと思った時に、
    全部を投げ捨てて無に近づいてる時に
    公園で出会った不思議なセールスマン。

    彼女は
    約束までの一年間を
    とにかく潰していこうとする。

    生命保険に入り、
    仕事を辞め、
    人との接点を絶つ。

    死に向かって毎日を過ごす彼女と、
    連続服毒自殺に疑問を感じた記者との
    ふたつの視点で物語は進んでいきます。

    そのセールスマンは一体誰なのか、
    死の種を作りだしたのは誰なのか、
    一年後に本当に楽に死ねるプレゼントが届くのか、

    突発性難聴におそわれた天才バイオリニスト、
    娘と妻を殺され、犯人の死刑執行を見送った遺族、

    死に呼び寄せられるのか
    死を呼び寄せるのか。


    天才の寿命、
    社会の敗北、

    生と死の淵を覗き込む行為。

    痛々しくて、苦しくて。
    それなのに感覚は麻痺していくような。

    文章は読みやすいので
    一日で読み切ってしまいましたが
    重い感じです。

    大丈夫、大丈夫だから、
    私が守ってみせるから。

    彼女は死を選ぶのか。
    死ぬのか。

    祈らずにはいられなくなっていきます。
    再読しても、
    やっぱり良かった!

  • この物語は1人の女性が1年後に自殺すると決め、自殺するまでに起きた1年の出来事とその女性の自殺の原因をさぐる雑誌編集者の物語。
    二人の主人公の時間軸が巧みに折り重なり物語に厚みを加えていく。

    と、レビューを書くために下書きしていた自分が恥ずかしい。

    途中までは上記のような話なのだが、終盤で大きく展開が変わり始める。そして、そこまで抱いていた感情移入した気持ちや、心のどこかで期待していた結末は、ラストの衝撃で全部吹き飛ばされた。それは、一瞬、何が起こったのかわからなくなるくらいの衝撃。

    読了後、慌てて他の人のレビューを確認したら同じ感想をもった人が多くて安心した。
    そして「叙述トリック」と言う言葉を教わりました。

    先入観なしで読めば誰でもビックリするんじゃないかな。ただ、なんとなく「ちからわざ」感が否めないのはなぜだろう…

  • さすが!という満足感。
    いつのまにだまされたんだろう?
    なんでそう思っちゃったんだろう、あたし
    ってページを見返してしまうくらい
    見事などんでん返し。
    こういう本がいいのよねー。

  • 「その自殺、一年待ってもらえませんか?」
    そんな帯の文句に気を引かれて購入。
    いい意味で裏切られた。そんな感じ。

    聴力を失った天才バイオリニストと、
    家族を残忍な殺され方で失った被害者、
    そして三十代の平々凡々なOL。
    この一見何も繋がりも無い三人の自殺だが、
    唯一共通しているのが皆同じ毒物による自殺。
    そこに不信な点を抱いた週刊誌記者が、
    三人の前に現れたであろう死のセールスマンの謎を追うミステリー。

    テーマとしては重いのだが、最後はどこか救われたような…
    しかし、決してハッピーエンドでもないんだろうな。
    でも絶望だけを示して終わる、そんな味気ないことはしない。
    そう、最後は本当にいい意味で裏切られる。
    裏切られてよかったと正直ホッとした。

    自ら死を選ぶ、その是非について問う気はないが
    それでも残された者の苦しみは、その当人以上なのだと自覚したい。

  • 重いっ。評価が高かったので何の気なしに買って読んでみたけど重かった。でも気になってスラスラ読めた。死にたいと思ってるときに簡単に飲める薬があり飛び降りなどの自殺より日常的な動作で死ねるなら、魔がさしそうで怖い。
    結果がわかってると思ってたから、おばちゃんの1年の変化に願わずにはいられなかったのに、ラスト騙された。どんだけ重いんだと思ったけどラストはホントに良かった

  • 2012.1.27読了。

    ラストに「えー!?」と、そして思わずページを戻って色々確認してみたり。まんまと騙さました。
    私は、死にたくない。充実しているってことなんだな。私を囲ってくれている大事な人たちに感謝。

  • 一年後に待ち受けるご褒美である安楽な死。
    終わりを見据えた達観した人生であるからこそ割り切ってこなせる複雑な立場。次第に情が湧いてくる中でも、あくまでも終着点は一年後の死。

    フラッシュバック的に語られる主人公の一年と、3つの自殺を追う記者の真相究明譚。

    やられた。
    そしてほっとした。
    不自然さを一切感じなかった構成に脱帽。

  • 生きがい。簡単なようで難しい。
    正直、生きがいなんてなくても生きていける。けど、生きることに意味を見出すと出口が見えなくなる。毎日が単調になる。本当は生きているだけで偉いのにね。生きているだけで褒めてほしい。褒めてあげたい。

    ミステリーというよりも、良い意味でも悪い意味でも「騙された」感が強い。サクサクと読めた。生死・自殺について重すぎず取り上げられている。良い本。

  • 2017年29冊目。
    まぁあっさり騙された(^ω^;)
    途中原田が高野章子について色々と調べるところがやや長いかなとも思ったけど、そこがあってこそのあの違和感に繋がったのかと思うと作りはよく出来てるなーと思った。
    ただ。
    もともとのテーマ自体があまり好きではないからか、全体的な印象としては薄め。

  • 違和感を覚える描写はありながら、割と最後まで気付かなかった。希望と、絶望の本。おばちゃんがいて良かった。

  • 自殺関連の小説に対して不謹慎な感想かもしれない。
    でも一言、面白かった!
    読みやすいのであっという間に終わってしまった。

    おそらくもう一人いる、というのは序盤で気が付いたけれど
    むしろそんなことはどうでもいいくらい、
    百合の家に思い入れが強くなっている自分がいた。

    2千万、という大金を生み出す手段として
    彼女がいなくなった後のことを想像すると
    その方法は決していいものではない、
    自己満足ではないか・・・と感じていたから
    災い転じて福となす、終わりよければすべてよし、なのかな。
    投げやりになってやったことが
    彼女とその大事なものを守ることになったのだから。

    まぁ「唯一の仲間だ」と思って目的を遂げた方は
    その後どう思ったかはわからないけど。

  • 『I LOVE YOU』収録の「Sidewalk Talk」以来、わたしにとって二度目の本多孝好さん。

    1年前~の過去と、その過去に起きた真実を追う現在の2時点の語りが交互にあらわれる。

    どちらの語りも読む読者は全てを知りながら読み進めていくのに、なんと最後はミステリ的どんでん返し!

    バッドエンドだと思い込み読んでいたのが、すてきな裏切りを受け温かい気持ちになりました。読んでいる最中に感じた違和感もすっきりです。

    人はみんな孤独を感じることがある。
    そんなときは最後まで読んだほうがよい。

  • 久々に本多孝好の作品を読んだ。面白くて一気に読んでしまった。本多さんの作品は大学生の頃に何冊か読んで、記憶では装丁のさわやかさも相まって爽やかな感じが強かったけれど、これはテーマ的には重めの作品。
    主要人物の一人である槇村さんが最後に死への連鎖を断ち切り生きる道を選ぶところはまぁハッピーエンドなのかもしれない。
    所々違和感を感じるところもあったけれど、最後まで読ませる技巧、すばらしかった。

  • 本多孝好の本は読んだら残るものが多い。

    こんなところで何をしている?
    10秒に一度は襲ってくるそんな想いは、まだ残っている酔いに紛れさせた。

    うっとおしかった。
    求められている気はしなかった。
    ただしがみつかれている気がした。

    いったいだれがこんな虚しい爆発に快楽という名前をつけたのだろう。
    それが快楽と名付けられてしまったから、人は誰かを求める。
    ありもしない快楽を探して。

    平和なのが良くない。
    人類はもっと単純に殺し合えばいいのだ。
    自分と違うものに牙を剥けばいいのだ、
    その自然な発散ができないから、身近な人に当たり散らし、悪意を撒き散らし、時に敵意を剥き出しにして、簡単にキレる。

  • どこかで間違ったとは思っても、戻って人生をやり直すことは出来ない。
    いまさら過去の出来事を変えることは出来ないし、選択肢は未来にしかない。
    生きる希望とは何だろう?
    誰かに必要とされること。誰かのために何かできることがあること。
    それが生きていくために必要なことかもしれない。
    生きるとは、きっと何か大切な意味があるのだろう。
    作品中に登場する「二十歳の原点」。
    読んだことがなかったので少しネットで調べてみた。
    どうやら学生運動が盛んだった頃に亡くなった女性の日記らしい。
    機会があれば読んでみたいと思った。

全275件中 1 - 25件を表示

チェーン・ポイズン (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

チェーン・ポイズン (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チェーン・ポイズン (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チェーン・ポイズン (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

チェーン・ポイズン (講談社文庫)の作品紹介

本当に死ぬ気なら、一年待ちませんか?人気絶頂のバイオリニスト、陰惨な事件の被害者家族、三十代のOL。三つの自殺に不思議な関連性を見出した週刊誌記者・原田は、"死のセールスマン"が運んだらしき、謎のメッセージの存在を知る。「命の取り引き」がもたらす意外な結末とは?心揺さぶるミステリアス長編。

チェーン・ポイズン (講談社文庫)の単行本

チェーン・ポイズン (講談社文庫)のKindle版

ツイートする