プリズン・トリック (講談社文庫)

  • 955人登録
  • 3.07評価
    • (21)
    • (82)
    • (177)
    • (69)
    • (15)
  • 141レビュー
著者 : 遠藤武文
  • 講談社 (2012年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771559

プリズン・トリック (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 市原交通刑務所内でひとりの受刑者が殺された。
    被害者は着衣から石塚満、同じ日に刑務所から姿を消した宮崎春雄が犯人と思われた。
    しかし、捜査に進むにつれ意外な事実が次々と明らかになっていく。
    果たして犯人は誰なのか?その狙いは?
    飲酒運転による死亡事故を起こしても、殺人事件などに比べると驚くほどに罪は軽い。
    大切な家族を奪われた悲しみを、遺族は加害者への怒りに込める。
    しかし、悲しみはいつか遺族の心の奥にへばりつき、平穏な生活を送ることが難しくなったりもする。
    法律はたしかに加害者を裁いてくれる。
    しかし、人ひとりの命が理不尽に奪われた代償としては軽すぎる…と思う人もいるだろう。
    ましてそれが、飲酒運転の末に引き起こされた死亡事故では、あまりにもやり切れない。
    犯人が抱えていた哀しみと苦しみ。
    すべてを知った後に明らかになるその先にある真実。
    唖然とする前に、「こんなことが許されていいのか?」とやり切れなさが加速した。
    自分や家族を守ろうとして保身に走ることは、納得は出来ないけれど一応は筋が通っている。
    しかし、物語のラストに突きつけられた真実は、到底に容認できないものだった。
    犯人は人であることをとっくにやめていたのか!
    真の黒幕の思惑に慄然とした。
    視点が場面によって微妙に変化していくためか、途中何度か混乱する箇所があった。
    刑務所内での殺人・脱出のトリックには感嘆。
    交通刑務所という特異な場所だからこそ成り立つトリックなのだろう。
    この先、真の犯人はどこへ向かっていくのか?
    この後の成り行きを知りたくなった。

  • 後味は悪い。

    だがおもしろい。

    そういう作品はたくさんある。

    私はそういう本が好きである。


    久しぶりに後味悪かった〜。


    謎がすべてとけてスッキリはしたけど、だれも幸せにならない結末。


    ストーリーは時間軸は一定で進み、でも主観となる人物が変わるので、読んでいる途中で「あれっ?あ〜そうかそうか」ってなる。


    そして、登場人物の顔を見ることのできない私は、まんまとミスリードされていく。


    政治家の裏金。
    法律の矛盾。
    飲酒運転の死亡事故。


    社会問題を詰め込んで詰め込んで、どれを訴えたいのかわからんところもあるが、刑務所を舞台とした殺人は見事!


    そんなにうまくいくのかな〜とも思うが、刑務所の描写が細かいことから、著者は入念に取材して、このトリックを思いついたのだろう。



    事件が終幕に向かっていく中で、あれ〜こいつおかしいな〜と思う人物が出てくるが、まさかこの人が!
    終章の後の最後の一行で、え?!ってなる。


    単行本で出版された時は、終章までしか掲載されてなかったらしいので、モヤモヤすぎるだろ!


    スッキリしたいので、文庫で読むことを強くオススメします。

  • たぶん読むのは3回目くらい。ようやく細かい部分まで理解しながら、整理しながら読み進めることができた気がする。実在するという市原の交通刑務所が舞台で、密室と取れる現場にて殺人が起きる。被害者も容疑者も懲役中の人間。現場に残されたメモから、二人が誰と誰か、はすぐに判明するものの、そのあとの流れには次々と登場人物が加わり、ついて行くのが必死!!笑 途中、野田や中島(あと石塚の嫁)が、なんともかわいそう。。。なんとなく犯人はこの人なんだなと思いながら読み進めるも、最後のセリフに「むむ!」となる。そして最終章が、ある人物からの手紙で締めくくられている。文庫化する前は、この手紙の章が無かったということで、大層もやもやする作品だったことでしょう。手紙の章が加わることで、全てが明らかにされているものの、ミステリーというより軽くホラー?の域に入るレベルの落ち方!映像化を見てみたい気もする作品。

  • 超微妙。詰め込みすぎで主軸が見えない。人物多いのにキャラが掴めない。結局どういう話なのかぼやけてる。
    褒めるべき部分は、これだけコロコロ変わる話を、一応飽きさせずに読ませきる文章力くらい。

    冒頭は、交通刑務所内で殺人を企む犯人側の視点から、殺人が成功するまで。人物・トリック説明は一切なしで、唯一の情報は犯人がターゲットを殺すためにわざわざ刑務所内まで乗り込んでった事。
    事件が発覚したらメインは捜査本部。メリハリもなく操作状況を、キャラ設定が何もない捜査員数名の名前を出しながら説明。しかも顔と指紋が焼かれてる死体の身元確認なし。ようやく取った確認方法はDNA検査。能なし?
    捜査の進展と共に同時進行する記者と保険屋(元記者)の犯人探し。元記者の勘でこの事件の裏に安曇野トマトファームが関わってると読むが、理論的説明全くなし。ってか、なんでいきなり企業スキャンダルが出てきてんの?
    操作状況と記者・元記者の個人捜査が交互に出てくるのに、2つの捜査の接点が全くなし。追い詰めてく感もないし、謎も明らかになってかない。
    で、最後、肝心な自白までの心の揺れをすっ飛ばして犯人自白。トリック自白。トリックでも何でもない。ってか、こんなに人が自由に出入りできる刑務所はないだろ。
    しかも突然の共犯者のサイコパス告白。伏線全くなし。意味不明。

    「知ってる限りの情報を詰め込みました!ミステリーも刑事物も企業物もサイコパスも書きたかったので、全部書きました!」って感じ。

    「あらすじは?」って聞かれて一番困る本。ないもん、主軸。

  • 個人的には面白かったです。ただ、いろいろと盛り込みすぎてる気が・・

  • グッと引き込まれるスタート、やや登場人物の多さに視点が混乱する中盤ではあるものの、最後でしっかり落とし、さらにもう一捻り。ミステリらしい、読み終わった後に感じる嫌な空気すらも心地いい。

  • 文章のせいか読み進めにくかった。登場人物のキャラもたってなくて誰が誰やら。。。

  • 今まで読んだミステリーで一番面白い。最後には震えた

  • 2016/5/7 読了
    構成は粗削りなところがあるけど、唸る面白さ

  • ブックオフで1$にて購入。江戸川乱歩賞の受賞作らしく、難解なミステリーで時間を掛けて読んだため、読み返して内容を再確認することも複数回。交通刑務所で起きた殺人事件で、何と別人が服役していたという新鮮な内容。面会者が簡単に刑務所に潜入した点を除くと、文句ない内容。

  • P410
    第55回 江戸川乱歩賞受賞作品。

  • 遠藤武文の初読み。
    デビュー作……なのかな。

    序盤は間違いなく面白かった。
    中盤…、視点が入れ替わり過ぎて混乱しかけるも、示された謎への興味が、ページを捲り続けさせる。。。

    後半……明かされてゆく謎。
    それに反比例して萎んでゆく本作への読書意欲。

    Wikiによると、大沢在昌が選考時に「たいへん厳しい点をつけた」のだとか。
    “仕掛け”が成立するために都合の良すぎる展開が繰り広げられ、説得力が無さすぎる……と。
    まさしくその通りの感想が、沸々と湧いてきて……読後感はかなり悪かった。

    最後の“手紙”……。
    これはもう、蛇足。



    ★3つ、6ポイント。
    2016.02.03.古。

    巻末解説文によると、何やら続編がありそうな様子。

    “彼”のその後への興味は残っているので……古書で、かつ100円本で見かけたら、読んでみよう。


    ※あれだけ思わせ振りな言動をしていた“丸山”は、いったいナンだったのか……?

  • 展開というか、主語が動きすぎていて、ストーリーをたどりにくかった感じがしました。
    話自体は面白かったです。

  • 大胆なトリックに心を持ってかれました。面白かった!

  •  第55回江戸川乱歩賞を受賞したというミステリー。市原の交通刑務所で発見された変死体をめぐって、次々にストーリーが展開していき、最後の一行で「えっ?」ということになるという話。
     ただ、登場人物が多すぎるし、一人称が次々に変わっていくので、力を抜いて読んでいたら途中から何の話で誰が誰のためにどうなって、どうしたのか、どうされたのか、まったく分からなくなってしまった。なので、あまり面白いとも思えず終わってしまった。たぶん登場人物でもノートに書いて時系列に起こったことを書いていけばすごいストーリーなのかもしれないけど、そんなことするほど暇じゃありません、という感じで、残念だった。だから、最後の一行はちゃんと読んだ人なら「えっ?」となってすごい結末なんだろうけど、何かがすごいんだろうな、というくらいで読み終わってしまった。もう少し分かりやすいミステリーが読みたい。(15/06)

  • 前半はなかなか読み進まなかったが中盤から少しずつ面白くなり。。
    盛りだくさんすぎて散漫になるが、なるほどねぇとなる作品だった。
    登場人物が多すぎて話がぼやけた感あり。
    最後の一章は怖いが、途中で想定できる終わりでもあった。

  • 後輩に何ヶ月も借りてた作品。

    途中誰が誰だかわからなくなって、とりあえずで読み進めたら、最後の方はぐんぐん謎解きに進んでいって手が止まらなくなった。
    最後の手紙が怖くて、寝れなくなった。笑

  • 読みづらい!
    第55回江戸川乱歩賞受賞作。

    登場人物がすごく多くて、誰が誰だかわかんなくなってしまい、とても読みづらいです。さらに、その登場人物のさまざまな視点から物語が語られるので、それに拍車をかけます。
    結局、主人公って誰?ってなってしまいました。

    ストーリーは、交通刑務所で密室殺人事件が発生します。その殺人事件を企てる犯人の視点からそれが語られ、刑事、刑務官、ジャーナリスト、保険や?がそれぞれ謎の解明をしていくような物語。

    交通刑務所の密室っていうのがイメージできない。
    事件の舞台が想像できない。
    途中、なりすましのトリックが出てくるのですが、そんなこと、できるの?って思ってしまう。
    さらに、政治汚職の話が唐突に出てきて、話がよけいわかりにくくなる。
    そして、ページがなくなってきたところで、いよいよ犯人追求かと思いきや、犯人の独白により、トリックや動機が語られる。
    といった感じで、うまくストーリーを伝えることができません(笑)

    警察内部の話、マスコミの報道問題の話、政治汚職の話、日本国憲法39条の話、交通刑務所、交通事故被疑者、加害者の気持ちなど、社会的なメッセージも数多く含まれています。
    結果、すごい盛りだくさんの内容に詰め込まれてしまい、結局なんだっけ?ってな感じ。

    ただ、ストーリー展開としては、次々と謎が明らかになっていき、どうなる、どうなるっと読み進めることができました。その辺はとてもよかった。

    ということで、いろいろ積み込まれてくるので、頭のメモリが大きい人にお勧め(笑)

  • 一気に読めるんだけど、出てくる人物全員が薄い。そして、様々人物からの視点から書かれているがわかりにくい。
    もう少しすっきりとしていただければと。

  • 序盤の所内の描写のジリジリした感じが良い。
    殺意を抱いて入所している男が虎視眈々と機会を狙いながら所内生活を営んでいる様子が伝わってくる。

    難点は真ん中全体だ(多い)。
    キャラクタが多く、また章ごとキャラクタごとに認識している情報に齟齬があり、正直追い切れなかった。
    もうちょっとスマートにしてくれたら完璧だったと思うのだが。

    最後のネタばらし的なところも良い。
    ただ、単行本未収録らしい部分は、無い方が綺麗かも。個人的にはその前の最後の一文も画竜点睛というよりは蛇足に感じてしまった。

  • それなりに面白く、最後まで着々と読み進めました。
    ★3半というところです。

    ひねりのひねり、が頑張った感満載で、ちょっと不自然な気がして引っかかりましたが、
    次作に期待できます。
    楽しみです。

  • お〜!面白かった!嫌ミスだよな。
    変態と社会的に悪いやつの話がうまく絡まっていて、おもしろかった。
    一気読みした。

  • 謎解きという観点からは非常にレベルの高い内容だと思う。独創的だし、謎が謎を呼ぶ展開は非常に読みごたえがある。
    しかし、物語としては大いに疑問。多くの登場人物たちの人間性にはリアリティを感じられない。人間として欠陥を持った、というと云い過ぎかもれしれないが、まともそうに見えてまともでないというか、何ともぎこちない感じで、非常に不満が残る。

  • 駄作。蛇足の手紙が見れなくなってる。

  • あんま覚えてない。
    ( ゚д゚)ハッ!というより、ナルホドという感じ。

全141件中 1 - 25件を表示

プリズン・トリック (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリズン・トリック (講談社文庫)の単行本

プリズン・トリック (講談社文庫)のKindle版

ツイートする