タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)

  • 859人登録
  • 3.40評価
    • (19)
    • (81)
    • (126)
    • (17)
    • (2)
  • 92レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2012年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771672

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • S&M、V、Gシリーズの読者なら「おっ」とされられる場面が多い。
    真鍋と小川の微妙に噛み合わないようでもパタパタと展開していく軽妙な会話と他のミステリーにはない終点は森ミステリィ。
    Xシリーズはシンプルであっさり系。

  • 解説にもあったけど、突然終わる会話も、全貌を明らかにしないのも、今回のエピローグの終わり方も、いい雰囲気を残して終わらせてくれるなって感じ。やっと ムカシxムカシ に手を出せる

  • あの事件を彷彿とさせる、地上15mの高所に掲げられていた他殺体。
    今度も真鍋が理屈を捏ね捏ね、可能性を数える。
    トリックよりも動機よりも、罪の所在を知る事が大事なんだ。

    貧乏美大生 真鍋瞬市がロジックを捏ねるXシリーズ三作目。

  • 【あらすじ】
    「あんな高いところに、どうやって死体を上げたのでしょう?」有名マジシャンの自宅敷地内で発見された他殺死体は、奇妙なことに地上約15メートルのポールの上に掲げられていた。
    事件関係者の調査依頼を受けた≪探偵≫鷹知祐一朗は、複雑に絡み合う人間関係の糸を解きほぐし、犯人の意図と事件の意外な真相に迫る。不可解極まる事件の意外な真相とは!!Xシリーズ第三弾!

    【感想】

  • やはり、ミステリーは奇抜な舞台であった方が面白い。今回は久々にトリックの一部が解けて少々気分良し。

  • 自分的にあまり惹かれるものが少なかった巻なので、
    同性に支持される割に、それほど魅力的描写の少ない彼女が惜しいよな、と思ったり。

  •  森先生の作品としては、読みやすい(・・? Xシリーズですが、今回は森先生らしさも加わって更に面白かったかも♪

     『タカイ×タカイ』は、Xシリーズのスリリングさに、森先生らしい建築的なトリックを加えたスキのない作品でした。更に「最後をエレガントに成長した萌絵が締める」というゴージャスな展開です。物語の中では飲み物を残す萌絵ですが、読者はフルコースをデセールまで楽しんだという満足感と萌絵の粋なかはらいによる後味の良さが得られます。

     Xシリーズで登場したメインキャラであるはずの、鷹知、小川、真鍋も、凡人?らしい可愛らしさがあり、中々いいを味出していますが、今の萌絵に太刀打ちできるのは、もはや犀川先生か四季だけなのではないか?という感じです。ところで、森先生は、Xシリーズで何をしたかったの?

     続編である『ムカシ×ムカシ』と『サイタ×サイタ』は、まだまだ、講談社ノベルスじゃないと読めないみたいですね…それでは、先ず『レタスフライ』を読んで、次に『キウイγは時計仕掛け』を読んで、更に『スカイ・クロラ』を読みましょう。

  • エピローグのみの登場だった、西之園萌絵ががっつり謎解きに参戦!

    早く萌絵がメインで登場するS&Mシリーズ読みたい!

    「イナイ×イナイ」では、犯人消失?
    「キラレ×キラレ」では、切裂き魔
    「タカイ×タカイ」では、死体がポールの上に、

    Xシリーズの、タイトルの付け方が面白くて、好きだなぁって思った。

    小川の、真鍋に対するスタンスが少し謎。
    世話焼きおばちゃん(っていう年でもないか)なのか、ちょっとしたやきもちなのか…

  • かけるシリーズ3作目。有名マジシャンの自宅で他殺体が発見される。遺体は人のポールに高々と掲げられていた。事件の調査を依頼された鷹智は周辺人物の捜査を開始するが、真相に近づくにつれ、鷹智は不穏な予感を感じ始める。

    マジシャン関連するということで、幻惑の死と使徒を連想しましたが、内容は全く異なっています。何が違うかを説明するとネタバレになってしまうので書けませんが、様々な人間模様が交錯して、後半ページを繰る手が止まりませんでした。
    小川と真鍋の会話も今までで1番面白かったです。
    西之園かっこよさが増してますねー。

  • Xシリーズ第3弾。
    今回は西之園萌絵も今まで以上に登場。
    マジシャン宅で起こった奇妙な事件に関する話。

全92件中 1 - 10件を表示

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)に関連する談話室の質問

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)の作品紹介

人気マジシャン・牧村亜佐美の邸宅で発見された他殺体。奇妙なことにそれは、高さ十五メートルのポールの上に「展示」されていた-。牧村に投資していた実業家から依頼を受け、調査に乗り出した探偵・鷹知、謎に惹かれた小川と真鍋、そして大学教員・西之園萌絵の推理が交差する。絶好調Xシリーズ第三弾。

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)のKindle版

タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)の新書

ツイートする