時限 (講談社文庫)

  • 124人登録
  • 3.23評価
    • (6)
    • (11)
    • (30)
    • (8)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 鏑木蓮
  • 講談社 (2012年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772181

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

時限 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 血のつながりがあるから家族なのではなく、時間を共有して初めて家族となれる。
    むろん時間は長さだけではなく深さも必要だ。

  • [生きること]
    推理小説の中にうまく散りばめた感じ。
    龍馬さん、お龍さん、乙女さん。
    なるほど〜と、ちょっと歴史の勉強にもなった。

    生きる意味を問う前に、
    生きてることがすでに意味を持っている

    それをテーマに書かれた作品でした。

    読んでよかった作品でした。

  • 「東京ダモイ」の作者の作品。京女の刑事がなかなか良かった。続編はないのかな。

  • 京都府警の新人女性刑事・片岡真子はタイムリミットまでに事件を解決出来るのか。京言葉を愛し、芯のある片岡刑事とキャリアの高藤に魅力を感じた。巧みなプロット、二転三転のストーリー、非常に面白い。前半は犯人の動機を突き止めるだけかと高を括っといたのだが、後半に驚きの展開が待っていた。最後の最後まで予断を許さぬ展開があるとは。片岡刑事のおっとり、うっとりするような京言葉に騙されていた。

  • う~ん。
    確かに展開は面白い。
    京都の風情や
    坂本竜馬についてなど
    サイドメニューにも興味を引かれた。

    時限・・・時効の事ね。
    今は殺人などで時効は撤廃されたので(確か)
    物語が成立しないが、
    犯人って「時効成立」の瞬間以降
    こんなにペラペラ話すのかねぇ~
    しかし、お陰で最後がスッキリ。

    キャリアの高野
    (出演は少なかったが)
    が冷静沈着で
    決断力があってかっこよかったので
    ★は1個おまけ。

  • ミステリーは苦手な人です。
    推理は大好きなのですが、私にとっての読書は
    あくまでも心のオアシスなので、殺伐とした
    シーンが言葉で表現されているのを読むのは
    辛いのです。
    ミステリーは映像として楽しむ方が
    気持ちにあっているのです。

    この作品はしかし。別格でした。すごい。

    かつて殺人事件の公訴時効までの15年は
    たくさんのミステリーで扱われてきたテーマ
    ですが、この作品にこめられた「生きる」こと
    の意味にリンクした事件解決に至る衝撃的な
    展開は予想もしませんでした。
    そうして心の中で喝采を贈りました。

    生きることの意味ではなく
    生きることそのものに既に意味がある。

    高藤警部のこの言葉が秀逸でした。

    鏑木蓮氏の作品を連続して読んでいますが
    これは最高!

    鏑木作品の多くが持つ、深いテーマ性に
    これほどまでに共感したことはありません。

    今年一番の感動作でした。
    この作家に出会えたことは私の読書の歴史を
    大きく動かしました。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    枯山水を望む老舗呉服屋の別邸で、若い女性の首吊り死体が見つかった。京都府警五条署の片岡真子は、遺体の首筋に不可解な扼殺痕があると知り捜査を始める。遺留品と女性の過去から容疑者が絞られていく中、真子はある“時限”に挑まなければならなかった。女性刑事の情熱に絆されるカウントダウン・サスペンス。

    【キーワード】
    文庫・ミステリー・サスペンス・女性刑事・京都



    +2

  • 初めて読む作家。
    枯山水を望む老舗呉服屋の別邸で、若い女性の首吊り死体が見つかった。京都府警五条署の片岡真子は、遺体の首筋に不可解な扼殺痕があると知り捜査を始める。遺留品と女性の過去から容疑者が絞られていく中、真子はある“時限”に挑まなければならなかった。女性刑事の情熱に絆されるカウントダウン・サスペンス というのがあらすじ。
    先日観た「舞妓はレディ」で京ことばについてはある程度イメージができていたので、読みやすかった。タイトルは単行本時の「エクステンド」の方がいいかもしれない。

  • 2時間サスペンスのようなストーリーだけど主人公の女性刑事の生命と向き合う姿勢と京言葉がなかなか良かった。
    続編があれば読んでみたい。

  • 京都が舞台。
    新人警察官の女性が主人公。

    京言葉が胡散臭い感じで、面白くなかった。
    しかも、読み方もよく分からへん京都弁。
    社会人として、自分のこと「うち」て許せへん!

    2時間サスペンスドラマに使われそーなストーリー。
    どうにも、退屈な作品やった。

  • ずる賢い容疑者との攻防。京ことばの女性刑事のその言葉と頑張りが心地いい。

  • 直前に読んだ「白砂」に近い内容ですが、主役の若手女性刑事と上司の警部のやり取りがシリアスなので、比較的重い雰囲気が全般的に流れているように思います。

    事件の構造は本作のほうが幾分か複雑で、ミステリとしてはこちらのほうが面白いです。特にタイトルの「時限」要素が明確に関連してくる中盤以降はとてもスリリング。クライマックスの絶望感と、そこからの逆転劇は(少し都合よくも感じられましたが)見事だと思いました。

    しかし「白砂」と同じく、被害者の境遇がわびしすぎて泣けてきます。山本妹にも同情しますが、それ以上に夏山千紘の人生が本当にいいとこなしにしか思えなくて、なぜかこっちまで落ち込んできます。

    “イヤミス”というわけではないのですが、妙に凹むミステリな印象でした。

  • 京都にある会社社長の別邸で、若い女性の遺体が発見されることから始まるミステリー。その事件の捜査をする新米刑事の片岡真子。彼女の刑事としての成長と生命に対する純粋さを根底に感じる

  • 半ば以降はスピード感が出てきて読みやすかったかも。もたつき感がやや感じられる。

  • ある死体遺棄事件をきっかけに、事件は思わぬ方へと転がりはじめる。

    死体を遺棄したのは私だ、と自白したのと引き換えに、遺棄犯は失踪した妹を殺した犯人を捕まえろと要求。しかも公訴時効まで10日しかない。

    結末の意外性には驚いたが、やや冗長な印象。ラスト50ページくらいの疾走感が素晴らしいだけに、最初のもたつく漢字がもったいない。

  • 京都の片岡真子と東京からきた高藤警部のからみがよかった。ストーリー展開に目新しいものはないが、読み易く、面白かった。

  • 8月-10。3.5点。
    京都の花街出身の女性刑事。経営者の家で発見された、
    自殺女性の死体を捜査。捜査していくうち、自殺か他殺か、疑義が。
    複雑に絡み合う、女性の過去と、第一発見者の過去。
    まあまあだが、もう少しキャリアの上司が、癖があっても良かったかな。
    シリーズ化するには、キャラが立っていないかな。

  • 有名な女性刑事と言えば、乃南アサの音道貴子と誉田哲也の姫川玲子。この二人に比べると、本作の片岡真子は個性が弱い気がする。
    ただ、坂本竜馬とお龍のエピソードや二つの殺人事件を絡めるプロットのセンスは、作者の今後を期待させる。

  • 東京ダモイが面白かったので、
    かなり期待して読み始めた。
    序盤はよくありがちな推理小説的内容に少し落胆したものの
    2つの事件が少しずつ繋がりを見せ始めると
    一気に展開に引き込まれて読んでしまった。

  • 女刑事が頑張って犯人を追い詰めていく刑事物。面白くなくないが、主人公が京女ということ以外にとくに気を引くヵ所が乏しい。京女、坂本龍馬が好きなら。

  • ブックカバーの説明ほどではないけど、おもしろかった。

  • 迫る時効に向かって犯人を見つけ起訴するという、ある程度結末が想像できる展開ではあったが、テンポよく展開して楽しめた。新米女刑事と上司らとの絡みも良かった。

  • 出来過ぎな気もするが、楽しく読めた。

    よくも悪くも及第点。

  • ストーリーの展開や結末に目新しさや驚きはなくありきたりな作品だった

  • 主人公が女性である良さがあまり感じられず、キャリアが現場に出張ってくる意味もあまり描き切れておらず、どうにも中途半端な読後感。

全28件中 1 - 25件を表示

時限 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

時限 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

時限 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

時限 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする