影法師 (講談社文庫)

  • 4898人登録
  • 4.18評価
    • (825)
    • (847)
    • (346)
    • (45)
    • (7)
  • 691レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 講談社 (2012年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
百田 尚樹
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

影法師 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「永遠の0」「風の中のマリア」に続き、百田作品を読むのはこれが3作目。前述2作品同様に、熱く芯の強い主人公のストーリーだ。時代小説は滅多に読まないのだが、贔屓にしている若手俳優がこの本を薦めており、どんな理不尽さにも屈せず出世していく主人公・勘一を支える親友・彦四郎を演じてみたいと述べていたので、俄然興味が湧き手に取ってみた。
    頭脳明晰で剣の達人であった彦四郎は何故不遇の死を遂げたのか。勘一の哀しく辛い幼少期から物語は始まるが、彼に降りかかる非情な出来事の連続には本当に胸が痛む。父の死、貧困、いじめ。そんな境遇に負けることなく、ひとつひとつの困難に打ち勝っていく勘一の強さに心惹かれる。
    そんな彼を誰より理解していたのが竹馬の友である彦四郎だった。互いに切磋琢磨し、夢を語り合い。仲間達と友情を育む場面は清々しく、青春だなと感じる。だが、ある事件をきっかけに勘一と彦四郎の運命は狂っていく。
    順調に出世していく勘一とは対照的に、落ちぶれていく彦四郎。将来を嘱望された男が一体何故と謎は深まるが、その理由が驚くべき形で明らかとなる。
    読み終えて、「どうしてそこまで」と心が痛んだ。正直言えば理解しきれないところもある。でも、そこまでしないと成し遂げられない、厳然として存在する身分制度。これが江戸時代なのかと痛感させられる場面がいくつもあった。刀傷沙汰。百姓一揆。藩の不正。核となる2人の熱い友情シーン以外にも、印象に残る男達がたくさん出てくる。命を賭して不条理な世に立ち向かう男達の潔さに胸が熱くなる。
    そして、文庫版には袋とじとして、親本には収録されなかった「終章」が掲載されている。この章についてどう感じるかは人それぞれだが、私はあってよかったかと思う。ますます彦四郎に対して切ない想いがかきたてられることとなったが。
    そして、この文庫版の表紙が内容を見事に表現していてとても好きだ。読了後に見ると間違いなくしみじみします。色々な意味で、スケールの大きい作品。

  • 頭脳明晰で剣の達人、彦四郎はなぜ不遇の死を遂げたのか。一方下級武士から筆頭家老まで上り詰めた勘一は親友の彦四郎の行方を調べていた。その彦四郎の生き様を勘一が知った時、自分の人生の意味を見つめ直すことになるのだった。

     前半は、二人の親友の友情が描かれ、青春小説のようにさわやかな印象を受けました。

     中盤から彦四郎の不可解な行動が謎を呼び、勘一がその謎に迫っていくというミステリーを読むような感じでした。

     そして、その謎が解けた時、真の友情が見事なまでに描き出され、深い感動を味わわされました。

     タイトルの「影法師」の意味も心に深く残りました。

     自分にはこの二人のような生き方はできそうにもありませんが、友情や人生のすばらしさを感じ取れるような生き方をしていきたいとしみじみ感じました。

  • あまりの見事な話の構成に言葉を失う。
    書くたびにジャンルの違う小説発表してきた百田尚樹の時代小説、影法師。

    あまり時代小説は読まないのだが、百田氏が書いたとあれば別だ。
    読む前から面白いだろうことは分かっていたが、読了後もその思いに変わりはない。

    一体この小説を何と形容したらよいのだろう・・・男の友情物のようにも見えるし一生涯を通しての立身出世物にも見える。

    そこに何を見るかは人それぞれだが、自分は主人公の勘一とその竹馬の友、彦四朗の侍の生き様を通して男のあるべき姿を見た。

    百田氏はいずれ何かの賞を取るだろうが、自分の中ではすでに彼の存在は直木賞を超えている。

  • 上手い。ドラマ見てるみたいだった。

    本当にこのかた、描くもののジャンル広過ぎ?
    でも全部「百田ジャンル」ですからー。みたいな。

    時代物は宮部みゆきさんとか位しか範疇無いので
    あまり大きな事は言えないけど…
    ちょっと言葉の解らない事が有って
    調べたりしながら読んだ。

    虫かごの中の虫の名前が解らなくて。
    故事成語みたいな意味は知ってましたが
    そんな虫がいるんだ?みたいな。

    浅田次郎先生の文章も、
    知らない言葉が結構出てきますが
    何処かで解りやすく書いて置いて下さったりするので
    なるほど〜と、思ったりするからスムーズ。
    そういう「優しい」文章になれていると
    「この言葉の意味はふつう知ってて当然なのか…」
    と、ちょっと自分にガッカリ。

    もっと本読んだ方がイイネワタシ。

  • 時代小説好きとしては、百田さんの時代ものということで期待大で読み始めた。藤沢さんぽいな…と思いつつラストまで読み進めると、藤沢さんに勝るとも劣らない名作だった。私の中では永遠の0超え。
    男の友情という言葉では言い尽くせないほどの深いお話。彦四郎が素晴らしすぎて泣けた。
    袋とじは賛否両論あるが、個人的にはあり。彦四郎にとっては、勘一も、みねも、同じくらい大事だったんだと思う。私がみねだったとしても、勘一も素晴らしい人だけど、やっぱり彦四郎でしょう。
    もし終章がなければ、護るという約束がそこまでつながっていたとは気付けなかった。物語に厚みが増したと思う。
    今まで読んだ本の中でもベスト5に入るくらい好きな本。たくさんの人に読んで欲しい。百田さんの本はまだ3作目なので、全て読破することに決定!

  • うーん、さすがに泣かせるお話だった!
    架空の藩での江戸時代の武士同士の友情のお話。

    彦四郎の男っぷりにただただ感心したのだが・・・

    なぜそこまで熱い友情につながっていくのか?というのが私も日本人なので、ちょっと疑問であるかも笑 中国の歴史本をよく読むので、実は友情の類の話は中国人や欧米人のほうが心から共感できるのかもしれない。それくらい中国では横のつながりが強い。刎頚の交わりというのがそもそも中国の戦国時代の故事だし。

    当時の武士は縦のつながりが大変すぎて、友情話はそんなになかったんだろうなーなんて読みながら思ってしまった。
    (友情という概念は明治時代からできたと司馬先生は言っていた苦笑)

  • "Where there's a will, there's a way."
    意思あるところに道あり、とはE・リンカーンの有名な言葉ですが、主人公の志に触れ、道を助けてくれる周囲の人々は、一人一人が濃いキャラクターを持っていて、それでいて男女に関わらず武士道精神を生活の中で全うしようとする厳かさがある。この世界観にどっぷり浸かってしまいました。
    他の百田作品同様、シンプルで端的な文体も手伝い、のめり込んで本を繰る手が止まらなくなる。

    ラストの方で、タイトルの意味にピンときたとき…思わず胸にじーんと熱いものが込み上げてきました…後味もよし!

  • 下士に産まれた名倉彰蔵と、彰蔵の影法師のように生きた頭脳明晰で剣術にも優れた中士産まれの磯貝彦四郎のお話。
    うん。泣けた。こんなにじっくり読んだの久しぶりかも。なんだかずっと読んでいたい、というか結末をもっと先伸ばしにしてほしいって思った作品。
    百田さんの作品に出てくる人物は、永遠の0といい、人間性が素晴らしい。周りに誤解されようとも、自分が信じた道、志した道を進む強さを持ってる。

  • 久しぶりの五つ星。素晴らしい小説だった。
    百田尚樹の人間性について巷ではいろいろと言われているが、高い人間性がなければこの小説は書けないのではないか。
    作者が人間をよく知っているからこそ、彦四郎のような人間の生き方を描けたとしか思えない。
    勘一がみねに恋をしたときの恋心の表現は巧みである。
    また最後の最後の登場する島貫はキャラクターが立っていて、エンターテイメントとしても面白い。
    最高傑作と言える一冊に出会った。

  • ちょっとちょっとお兄さん。
    こんな出来過ぎな話ってありますか?っていうか、こんな奇特な人いますか?
    いくら親友のためとはいえ、自分の人生なげうって夢をかなえさせてあげるって、非現実的すぎるでしょ。好きな女も親友に渡し、地位も名誉も譲って、自分は誹謗や罰も甘んじて受け、日陰の存在に身を落とすって、どう想像をたくましくしてもありえんでしょ。しかも少年時代は自分のほうが剣術勉学共に上位だったのよ。ここまで献身的になる理由がちっともわからない。
    もう!感動するだろこの話^^的な「どや話」は鼻につく。
    それでも評価を悪くしなかったのは、江戸時代のお侍さんの厳しい慣習(どんなに勉学ができても、剣の達人でも上士は上士、下士は一生下士と身分が決まっており、次男坊以下はどんなにがんばっても養子に出るしか家を持つ術がなく、養子に出なければ結婚することもなく、部屋住みの厄介叔父として家の片隅で一生を終えることになる。など)や一反(=一石)で人ひとりが一年に食べる米が獲れる。一反は三百歩つまり三百坪だが、その昔は三百六十坪で、一坪で人が一日に食べる量の米が獲れた。逆に考えれば、人が一日に食べる米が獲れる土地の大きさを一坪と決めたのだとか、読んでるうちに自然と江戸時代の生活のお勉強ができるというのがこの本の救われる点か?ま、時代小説だからお勉強できて当たり前か。

  • もう、号泣に号泣。

    親友とはいかに、武士の心いかに。

    そんな一冊。二人の間のやりとりと、ラストに控える親友の影の功労にどんでん返しです!!!!

    冨樫林太郎ばりの時代劇泣かせ小説!!!!

    友情半端ないです。

    感激しました。

    袋綴じの続きはあってもなくてもいいような気がしましたが、文庫版のみらしい後付けあり。

  • 知人に勧められて購入。初めて読む百田尚樹。

    父親を理不尽に殺された下士の子の勘一と、文武両道の中士の子の彦四郎。二人は刎頚の誓いをした友人だったが、あることをきっかけに会うこともなくなってしまう。晩年、彦四郎の行方を追う勘一は、彦四郎との思い出を懐かしみながら思う。なぜ彦四郎は卑怯傷を負い、姿をくらませたのか…

    読み終わった直後は「うーーーん」という感じ。いい話だったんだけど、「いい話やろ!」みたいな感じが強くて…。単純な好みの問題かもしれないけど、全体的に「ドヤ感」がすごくてこの作者やっぱり苦手かもしれない…
    最後の袋とじのところを読んでますますげんなりした。友情のいい話かと思いきや、彦四郎は想い人のみねを守るために戦ったのかとも取れる。それだけじゃないのだろうけどね、これを入れることによって安いラブストーリーともとれてしまうよね。再読はしないかな。

  • 表舞台を駆け上がる主人公勘一と人知れず影でそれを支える大親友の彦四郎、2人の武士の生き様を勘一視点で描いている。
    彦四郎の奇行の謎が解けていく辺りは震えが止まらなかった。早く次が読みたいという気持ちと、その言葉から浮かび上がる情景をしっかり噛み締めたいと気持ちが重なりあって、読み終わったときにはしばらく放心状態になってしまった。ラスト50ページの破壊力。さすがは百田さん。

    法師→〜、人々を導く師となる者。

    なるほど。この著書の題名にも納得。彦四郎のように命を張るほどではないにせよ、現代にも生きているなかでは様々な人に支えられているのだろう。それを忘れてはならないのだと、そして、信じてる人を支えることに躊躇はしてはならないのだと。当たり前のことだが当たり前に出来きていない自分が悔しくて恥ずかしい。そんなことを『影法師』を読んでいて感じた。

  • 読み終わった後に彦四郎ーと叫び泣きたくなりました。。
    本編のみを読み終わった直後は、ほんとにもう、なんでこんなに…という思いでいっぱい。
    本を閉じて影法師というタイトルだったことも思い出してまたほうとしました。
    袋綴じの方を読んだあとは、色々物語の見方も変わってきて、これは唯の好みの問題ですが、わたしとしては袋綴じは要らなかったかなと思います。
    それだけ、本編が十分すぎるくらいきれいにまとまってるってことで。
    ちょいちょい感動要素が散りばめられておりとても良かったです。

  • 彦四郎が「命を懸けてまで」と思うに至った内面が描かれていないので、その覚悟があまりにも唐突過ぎて戸惑った。
    勘一もそれ程の大人物には思えなかったし・・・
    人物描写の未熟さ故に、薄っぺらな感動物語になってしまっている。

    ・巻末の終章(袋とじ)について。
    あれを本編から削ったのは正解だと思う。
    若き日の彦四郎への恋心を、老境に差し掛かる年齢に至っても尚、生々しく秘め続けるみねの人物像に、かなりの不快を覚えた。
    長い歳月を夫と共に平穏に暮らしてきた妻ならば、過去に対してもっと違う感慨を抱くのでは・・・

  • 歴史物って意外とおもしろい!この小説も最高です。彦四郎のような人物像を描き出した百田さんもすばらしい。永遠のゼロも感動したけど影法師も最高。勘一!すばらしい友っているんだなぁ!彦四郎の心情ってどうなんだろう?そっちの面から知りたくなっちゃう。

  • 「永遠の0(ゼロ)」の余韻冷めぬ内にもう一冊。
    時代物も書かれるんですね。

    誰かのために、何かのために、自分の身を犠牲にしてまで助けたい、守りたいものがある。これは「永遠の0」との共通点。

    一気に読んでしまった。
    後半、物語の転回が急に早くなった感じがあり残念。「もっと読みたい!」と思わせるが故の感想です。

    百田さんの他の著書も気になりますな。

  • 小説を読んで、声をあげて大泣きしたのは初めてです。
    しばらく動けませんでした。
    今も動けません。
    勝手に涙が出ます。
    彼を目指して生きていきたいと、そう得心しました。
    これが本物の滅私の精神ですね。
    自分の未熟さを痛感します。

    胸がまだキリキリ痛みます。
    世界中の人、皆に読んで欲しい本です。

  • 最高‼
    百田さんありがとう!と叫びたくなるくらい大好きな作品に巡り会えました。
    最初の父とのシーン。頭の中で映画のワンシーンのようにリアルに描かれます。そこから一気読み。ページをめくる手がとめられない。なんかおーい龍馬のシーンを思い出しました。
    最後の慟哭にこめられた思い。深く、せつなく、かっこいい作品です。

  • 身分を超えた友情、武士の生き様、男気が味わえる。 
    下士から藩家老にまで上り詰めた勘一や様々な時代風習に違和感を
    感じるとレビューに書かれている方もいましたが、そんな事とは別に
    百田さんの読者に指をめくるページを止めさせない魅力的な話運びに
    感服する。 とにかく面白い。 余分な情景描写や夢見がちな心理描写を一切排除し、淡々とストーリーが進んでいくことにむしろ心地よさがある。
    脱藩し浪士となり下がった彦四郎の無謀さっぷりにはちょっとやりすぎ?
    とも思ったが、最後まで自分が信頼した友に対する人情を貫き通す侍もいたってことですね。 何せ、お米の大切さも身に染みて感じます。食べ物は粗末にしてはいけませんね。

  • またまた百田ワールドに泣かされました。・゜・(ノД`)・゜・。

  • 主人公とその親友の話なんだけど、ボリュームの割にすごくシンプルな内容だった。
    残念ながら私は主人公と親友の倫理観とか価値観に全く共感できず。
    主人公が金貸しを殺めるとことか、「えーそうゆう手段とっちゃう??」って思ったり、父親が自分のせいで無くなったのに、あんまり罪悪感を感じてないのに違和感覚えたり。
    なんかずれてんなーと感じるのは私が現代の法治国家に生きてるゆえなのか。
    彦四郎も、こんな利他的な人いますかね??
    利他的という自己満足に私は感じました。

    親友に自分の昇進とか夢のために親友自身の人生を犠牲にされたら、私は不本意だと思います。
    そんな方法で夢を実現できても(たとえそれが社会の役にたつ夢でも)全然嬉しくない。
    そうしなくても二人とも幸せになれる方法が絶対あったと思う。
    袋とじも蛇足といった印象。

  • ★四つじゃ少ないかなとも思うけど、永遠の0が五つだとしたら、やはり四つかな。タイトルとカバーの後ろのあらすじで最初から想像ついてたけど、それでも面白かったです。彦四郎がなぜあそこまでしたのかっていうのは、やはり最後の袋とじが正解のような気がします。勘一のためだけだったら他にもうちょっと方法があったはず。

  • 江戸時代、とある小さな藩を舞台にした物語。
    『永遠の0』でも感じた流れるような筆致に導かれ、一気に読了。

    - 武士の子が泣くものではない

    とある男の死が伝えられるシーンから始まり、
    物語は語り手・勘一の回想シーンへと入っていきます。

    軸になるのは勘一の竹馬の友、彦四郎、
    士とは友とは、ここまでひたむきになれるものなのか。

    - 奴もまた影のように生きた。しかし奴は儂と違い、人を生かした。

    様々な形にこめられた想いを知った時、ただ泣けました。

  • 積読だが一気に読んでしまった。文庫本化で最後に加えられた最終章がまた素晴らしい。

全691件中 1 - 25件を表示

影法師 (講談社文庫)に関連するまとめ

影法師 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

影法師 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

影法師 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

影法師 (講談社文庫)の作品紹介

頭脳明晰で剣の達人。将来を嘱望された男がなぜ不遇の死を遂げたのか。下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた勘一(かんいち)は竹馬の友、彦四郎(ひこしろう)の行方を追っていた。二人の運命を変えた二十年前の事件。確かな腕を持つ彼が「卑怯傷」を負った理由とは。その真相が男の生き様を映し出す。

『永遠の0(ゼロ)』に連なる代表作。文庫版は単行本未収録、幻の「もう一つの結末」を収録。

影法師 (講談社文庫)に関連するサイト

影法師 (講談社文庫)の単行本

ツイートする