刑事のまなざし (講談社文庫)

  • 821人登録
  • 3.86評価
    • (62)
    • (178)
    • (89)
    • (5)
    • (3)
  • 113レビュー
著者 : 薬丸岳
  • 講談社 (2012年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772990

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

刑事のまなざし (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ぼくにとっては捜査はいつも苦しいものです…通り魔によって幼い娘を植物状態にされた夏目が選んだのは刑事の道だった。虐待された子、ホームレスの殺人、非行犯罪。社会の歪みで苦しむ人間たちを温かく、時に厳しく見つめながら真実を探り出す夏目。何度読んでも涙がこぼれる著者真骨頂の連作ミステリ。

  • 薬丸岳さんの本は3冊目。
    初めて読んだ本が『刑事のまなざし』の続編である『刑事の約束』でした。
    続編を先に読んでしまい、早急に『刑事のまなざし』が読みたいと思っていたところ、古本屋さんで発見!
    すぐにレジに持って行きましたよ~(笑)

    帰宅途中から読みたくてうずうず!
    こんな感覚は久しぶりです。
    期待値はうなぎ上りでしたが、期待を裏切られることは全くなく、というよりも期待通り。
    胸をえぐられるような切なさを感じること度々でしたが…
    一気に読み入りました。

    薬丸岳さんの他の本もがんがん読んでみたい!!

  • 法務技官だった夏目は、自分の娘が通り魔の被害に遭ってから刑事に転身。そんな彼が解き明かす犯罪者の心理を描いた連作ミステリー。薬丸岳の小説はいつも社会のひずみに迫っていて、心がヒリヒリします。TVドラマ化されていたとは知りませんでした。誰が夏目役だったのかなと思ったら椎名桔平。イメージとぴったりとは言えないけれど遠くもないような。観てみたいです。

  • 通り魔によって幼い娘を植物状態にされた夏目。
    彼はその事件を機に法務技官を辞め、刑事になった。
    被害者にも加害者にもそれまで生きてきた人生があり、事情がある。
    強面の刑事ではないけれど法務技官時代に培ったものなのか、それとも元々洞察力に優れていたのか。
    小さな疑問や矛盾から夏目は犯人へと迫っていく。
    理不尽に突然襲いかかる出来事。
    事件に巻き込まれた者は、どうすれば救われるのだろう。
    誰か、行き場のない思いをぶつける相手がいれば少しはいい。
    絶望ややりきれない怒りや悲しみ。
    犯人が捕まらなければ、いったいどこへその思いを向ければいいのだろうか。
    夏目は犯人に対してさえ、ときに優しいまなざしを送る。
    犯罪はけっして許すことは出来ない。
    けれど、相反するように見える犯人ではないかと「疑う」こと。
    そして、人間として「信じること」は、夏目にとっては同じくらいに大切なことなのかもしれない。
    追い詰められた末に罪を犯した者。
    身勝手な理屈や感情に流され罪を犯した者。
    どちらも犯罪者であることに変わりはない。
    けれど、そこに至った人間の弱さを夏目が憎むことはない。
    夏目というひとりの刑事をとおして、人のあたたかさや強さについて考えさせられる物語だった。

  • 薬丸岳さんの小説は読みやすく、続きが気になって止まらなくなる。短編のこともあってか、自分の中では珍しく1晩で読了。
    どの話も、犯人は早い段階でなんとなく分かるんだけど、軽いどんでん返しというか一捻りがあって単純に終わらないところが面白い!
    どれも面白かったけれど、タイトルでもある「刑事のまなざし」が短編だけど読み応えあり、好きでした。内容的にはやるせないけども。
    早速続編読みたい!

  • アンソロジーで初めて薬丸さんの作品を読んで、夏目さんが気になり読んでみた。短編集だったが、どれもよかったが表題の「刑事のまなざし」が一番かな?今年の一冊目。私の中では、今年も警察小説ブームは続きそうです。

  • 夏目さんの視線はあくまで優しく穏やかだ。
    その視線の中でもちょっとした齟齬も見逃さない鋭さがある。
    ドラマを見ていたので夏目さんのセリフが椎名桔平で再生された。
    「オムライス」は「母親」である事より「女」を取ってしまった女性。表題の「刑事のまなざし」は10年前に夏目さんの娘さんに起こった事件の犯人が登場する。
    この2つが印象的だったけれど読後感はスッキリしないものだった。
    登場する人たちは1番大事で守りたいものを守るためにした行動が結局はそのもの自体を傷つけてる。
    夏目さんも捜査をする度に夏目さん自身を傷つけてる様にも思った。

  • 娘を植物人間にした犯人を捜すため、少年鑑別所の法務技官から警察に転職したというユニークな刑事が主人公。
    加害者の、あるいは被害者の、というより人間の心奥を鮮やかに描き出す著者の筆の冴えは、この連作短編でもいかんなく発揮されている。
    どの短編も、犯罪を鋭く追及しながらも、犯罪者には温かい「まなざし」を注ぐ主人公の魅力があふれており、特に『オムライス』『傷痕』などは、ミステリー的興趣にも富んでいる。
    たちまち、続編を読んでみたくなる。

  • ドラマがとても良いので原作を読んでみた。
    ドラマでは(今のところ)原作にある性的描写が無い点と、
    原作には出てこない同僚刑事達と夏目・長峰も含めた刑事達全員のまなざしを俳優陣が上手く演じている点で、私としてはドラマの方にやや軍配が上がる。
    ただ、このストーリー及び夏目信人という刑事を生み出したのは本書である。
    読みやすい点も良かった。

  • 幼い娘を通り魔に襲われ、刑事に転身した夏目が挑む7つの事件。

    それぞれの事情を抱え、追い詰められ罪を犯した者たち。もちろん許される行為ではないけれど、そんな犯人に対し向けられる厳しく、そして優しい夏目のまなざしが印象的。

    全体的に哀しい事件が多い。そんな中、「オムライス」が特に衝撃的で、後味の悪さが際立つ。

  • ある事件がきっかけで法務技官から刑事になった主人公が関わる事件あれこれの短編集。
    相手の話を聞き、正しい方向へ導くという前職のスキルを用いることで他の刑事たちとは一線を画し、次々と事件を解決していく。
    これだけの功績をあげてたら、あっという間に出世するのではないか、と。

  • 夏目さん好きすぎる

    心が温まるね。

    読了後追記します

  • 夏目刑事シリーズの短編。

    自分の罪とどう向き合って生きていくことが、罪を償うということなのかを考えさせられる。

    逃げることも隠すことも自分を傷つけるのも、何の解決にもならない。


    薬丸さんの作品に一貫して込められてる思いが伝わってくる。

  • 刑事夏目信人が様々事件に立ち向かっていく話。

    薬丸さんらしくその過去には娘が事件に巻き込まれた経緯がある。
    被害者の遺族として刑事として立ち向かっていく夏目の姿は読んでいて興味が沸きました。

    短編集でどれも癖がありますが、特に「オムライス」と表題の「刑事のまなざし」が面白かった。

  • 再読。1回目は単行本で読みました。今回は、話の順番が入れ替わっている文庫本で読みました。

    再読なので何となく話の筋は覚えていたはずなのに『黒い履歴』で涙が出てしまいました。それと『オムライス』はやはり衝撃的でした。

    物語の中で殺された人たちは、殺されるだけあって狡猾で邪悪な人間です。だからといって、人を殺めていいという理由はありません。同情はするけど、それで犯した罪を許してはいけないと思う。

    罪を犯した者が「本当に償う」とはどういうことなのか、また被害者の家族は何を求めているのか、考えさせられる作品でした。

  • 夏目刑事シリーズの3作目「刑事の約束」から読んでしまったので、夏目記事シリーズのエピソード0的な感覚で読むことになった。
    それでも他人の視点から夏目記事を語らせる手法は変わりないし、彼の鋭さや温かみは同じだ。先にネタバレしていたエピソードが若干あったのは残念なところ。

  • 刑事・夏目信人シリーズ一作目で、連作短編集になっております。収録された七つの短編は、どの作品にも意外な結末が用意されていて、ストーリーの面白さを堪能させてくれました。その一方で、薬丸作品らしい重苦しいくらいの重厚さが無いような気がしましたが、最後に収められた短編「刑事のまなざし」には、重厚な長編薬丸作品のような、読んでいると悲しくて胃が痛くなるくらいの読み心地でした。ラスト・シーンの美しさは、『サイボーグ009』の流れ星になった009と002のシーン並みに美しさだと思えましたよ。

  • シリーズ新刊が出ていたのだけど、そもそもこの本を読んでなかったので購入。
    普通の刑事物とは違い人間味ある感じが良い。ミステリ色は薄いが、平易な言葉で読ませる。
    新刊も買わねばなるまい。

  • 著者初読み。犯罪の動機、それに至るまでの生活背景などから、加害者が一方的に悪いと決めつけられないものがあり、人間関係、素行などいくつもの要因が積み重なって最悪な結果になったのは、加害者に同情してしまう部分もあり、切なさと同時に何とも言えない悲しさが残る。序盤は、刑事の夏目を第三者の視点から人物像を作り上げ、人となりを感じ、温和だが、真相究明のために鋭く眼差しを向けて、捜査に当たる人物なのが伺え、刑事ものであるが、どぎつく感じさせない。娘に降りかかった災難が気がかりだが、穏やかな日が来るのを待ち望みたい。

  • 短編集。読みやすいんだけど、あっさりしすぎてて…。役者が揃って、事件が起こって、解決、というノーマルな感じ。
    人を信じる刑事、という視点が面白い。

  • 長編を読んでからの再読。
    娘さんの事件、そう、こんなだった!!
    夏目刑事の物語でありながら、ストーリーは事件の当事者目線で進んでいく。
    いろいろな葛藤をかかえる犯人たちの、ちょっとしたしぐさでから 犯人にたどりつく冷静な姿に、彼のすごさを感じずにはいられない。
    誰もが彼を刑事らしくないという。でもそんな刑事がいてもよい。
    目立たない、刑事ドラマの主人公。 最初から、そういう立ち位置だったのね。。。

  • 娘が通り魔事件の被害に遭い、植物状態になったことをきっかけで警察官に転職した夏目。
    6年後、刑事課に配属され新人刑事となった夏目の刑事としてのまなざしは被害者の痛みを知る優しさと罪を憎む厳しさを湛えていた―。

    7つの殺人事件や窃盗事件を夏目が紐解いていくという短編集ですが、どの事件も経過がちょっとワンパターンで、あっと驚くような結末ではありません。

    それでも読み手の心を強く打つのは、やむにやまれぬ事情で犯罪を犯した者たちに夏目が寄り添う気持ちが強く伝わってくるから。

    元法務技官として人が更生することに尽力してきた夏目が、娘の事件によって葛藤しながらも人の罪に真正面から向き合う仕事に転職した、その彼の言動だからこそ説得力がある。
    大切な人を失った痛みを知る大人こそ、響いてくるお話となっているんですね。

    夏目の言動はまっとうで人間味があり、人を見つめる視線の暖かさに安心します。
    犯罪を犯した人がどうやって罪を償うかという問題に言及しており、ひどく考えさせられました。

  • 元は少年院の少年と向き合うカウンセラーのような職についていた主人公の夏目が、娘が通り魔に頭をスパナで殴られて植物状態になり、その犯人が捕まらないのを機に刑事に転職した変わり種。短編集。夏目の人柄が、1篇毎に、じわじわと心に染みていった感じ。最後のきつい1篇は、胸が痛かった。

  • 『天使のナイフ』が私のツボに入ったので続けてこの作品を読んでみた。

    登場人物全てに暗い過去があり、その過去に夏目刑事が対峙し、時には氷解させ、時には残酷な真実を叩きつける。
    1番印象的だったのはやはり「オムライス」
    最後に明かされる真相にはやりきれなさだけが残ります。

    早く『刑事の約束』文庫化しないかなぁ…

  • 7本の短編連作ミステリー。とても切ないミステリーです。

    それぞれの短編がしっかり語られており、短編にもかかわらず、ミステリーとしての意外な真相と、その犯人の内面と心情がぐさりと心に突き刺さります。

    テーマは「天使のナイフ」同様、被害者、加害者の人間模様を深くえぐりだし、犯罪とは何か、贖罪について考えさせられます。しかし、そこまでは重くないのが特徴。

    7つの物語の中でとりわけ印象に残ったのが
     黒い履歴
     オムライス
     刑事のまなざし
    どれも、その真相はとても切ないものです。

    ストーリとしては、主人公の夏目刑事がそれぞれの事件で真実をあぶりだします。そして、刑事のまなざしそのものでは、自分の娘を植物状態に追いやった犯人をついに明らかにします。しかし、それもとてもつらい、切ない真実でした。

    こういった心情が抉り出される作品は好きです。雰囲気は東野圭吾の加賀恭一郎シリーズに似ています。

    今までに読んだ薬丸岳の作品はどれも深く重い作品ですが、やはり好きです。また次の作品に期待!!

    お勧め

全113件中 1 - 25件を表示

刑事のまなざし (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

刑事のまなざし (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

刑事のまなざし (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刑事のまなざし (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

刑事のまなざし (講談社文庫)の作品紹介

ぼくにとっては捜査はいつも苦しいものです-通り魔によって幼い娘を植物状態にされた夏目が選んだのは刑事の道だった。虐待された子、ホームレス殺人、非行犯罪。社会の歪みで苦しむ人間たちを温かく、時に厳しく見つめながら真実を探り出す夏目。何度読んでも涙がこぼれる著者真骨頂の連作ミステリ。

刑事のまなざし (講談社文庫)の単行本

刑事のまなざし (講談社文庫)のKindle版

ツイートする