狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)

  • 41人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 輪渡颯介
  • 講談社 (2012年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062773157

狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浮いた話が無かったこの作品にもようやく女性が!甚十郎にも春が!と思っていたら「やっぱりそうか…」と何となくそんな気がしていた通りの終わり方でした。甚十郎はとことんいじられるキャラなのですね、愛されているなぁ。
    今回は最後に明かされる水内の意外な一面が一番の驚きでした。今回はほとんど登場しなかった土田といい、普段は凡庸に見せかけているだけの人が結構居そう。

  • 第四弾
    初めてかどうかは知らないが、女性が登場
    甚十郎の初恋と藩に係わる事件を解決、と言っても知らんは甚十郎だけか?

  • 2014/7/5〔土曜日〕

  • 初!!輪渡颯介先生です。
    甚十郎さん かわいいです♪
    左門さんと、水内さんは意地悪です!!(^^)
    水死体を見つけてしまった 子供たちがつぎつぎと殺されてしまう事件と 狐に憑かれた娘 最後のどんでん返し!左門さんと水内さんと甚十郎さんとの 漫才のようなかけあい、とってもたのしかったです。

    シリーズものだったのですね。最後の巻から読んじゃいましたけどシリーズ逆読みのすすめも載っていたことですし、このまま逆に読んでみようかな。

  • 甚十郎に縁談が持ち上がった。相手は手習い塾の師匠の娘で、怪談話し好きの狐憑きの噂がある。ところが甚十郎がかなり乗り気になる。甚十郎が、今回もとんでもないほどの恐がりぶりを発揮してくれる。左門は、またもやタダ酒を飲んでいる。

  • 珍しくメインキャラに絡む女っ気が…!と思いつつ読み終わったら解説にほぼ同じ感想が書かれてました。
    しかも古道具屋シリーズまで読みたくなる罠がもれなく付いております。
    「古道具屋 皆塵堂」「猫除け 古道具屋 皆塵堂」の2作が出ているのですね。文庫化したらチェックしたいところ。

全7件中 1 - 7件を表示

輪渡颯介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)の作品紹介

藩の剣術師範候補、甚十郎の泣きどころは、無類の怖がりなこと。そんな甚十郎に縁談話が持ち上がる。手習塾の師匠の娘弓枝は、よりによって怪談好き、しかも狐憑きの噂まである娘。だが奥手の甚十郎は案外乗り気で、手習塾の子供らの水死の謎を追っている、平松左門もあきれるほど。はたして、その結着は!?

狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)はこんな本です

狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)の単行本

ツイートする