桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007 (講談社文庫)

  • 161人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (15)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : 日本推理作家協会  桜庭 一樹 
  • 講談社 (2012年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062773683

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
桜庭 一樹
米澤 穂信
桜庭 一樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 平成28年9月10日読了

  • 人が死なない推理小説、いいと思った。昭和の推理小説、恰好良い。歌舞伎役者のとか、宅急便のとかが特に好きだ。こういう文章を好むようになった、ということで自分の変化に気づく。これも読書の楽しみのひとつ。(新幹線の食堂車がなくなったこと、今更気づいた。)好きな作家が編むアンソロジーは、やっぱり自分も好きだ。と、いうか、エッセイが好みの作家の編むアンソロジーがいいのかも。私は桜庭氏のエッセイとても好き。

  • 桜庭一樹セレクトのミステリアンソロジー。

    桜庭さんならではの独特の選択眼によって集められた、味わいのある短編ばかりでした。
    どれもこの本が無ければ出会えないだろう作品ばかりで、すごく面白かったです。

    特に良かったのは以下の3作品です。

    「洋服タンスの奥の暗闇」小泉喜美子
    ラストが読者にさまざまな想像を促す内容になっており、心に残りました。

    「鳥を見た人」赤江瀑
    どこか心に引っかかりを残す話で、すごく好きです。
    謎の背景にある人間関係を丁寧に明らかにしていくことで見えてくる悲しい真実に、心を揺さぶられます。

    「人質カノン」宮部みゆき
    10年以上前に読んだことがあったのにすっかり内容を忘れていましたが、やっぱり宮部さんは凄いです。
    時代の風景を鮮やかに切り取っているし、登場人物への目配りも細やかです。
    どれを読んでも全て一定の高水準なので、安心して読めますね~。

  • 桜庭一樹が選び抜いた1976年、1986年、1996年の短編ミステリ。

    小泉喜美子「洋服箪笥の奥の暗闇」
    戸板康二「グリーン車の子供」
    赤江瀑「鳥を見た人」
    夏樹静子「宅配便の女」
    陳舜臣「日本早春図」
    栗本薫「伊集院大介の失敗」
    宮部みゆき「人質カノン」

    解説 桜庭一樹

  • 読者家で知られる桜庭一樹氏が悩みに悩んで厳選した、
    7つのベストミステリー。
    小説をより楽しむためのもっとも贅沢な方法、
    それが「スペシャルブレンド」。
    シリーズ第7弾の今回は1976年、1986年、1996年から各年を代表する短編が登場。
    謎は時代とともに移ろい、読者の喜びを伝えていく。

    宮部みゆきも入ってる~・・・と思ったら、
    宮部みゆきの【人質カノン】は読んだ事あるやつだ~
    結構好きな話だよ
    こういう色んな人の話が入ってる短編集で新たなお気に入り著者を探すって手もありますね
    全部それなりに面白かったけど、やっぱり一番は宮部みゆきだったなぁ
    短編で、色んな著者、ちょこちょこつまみ食いしている感覚で
    楽しめました~

  • 好きな作家さんが好きだったり傾倒した語り手の物語を、自分がすきだとは限らないというのがいままでこういうシリーズをよんで思ってきたことなのですが、今回は桜庭一樹さんがどんなセレクトをするのがが純粋に楽しみで読んでみました。なるほーどー。
    どぎついものはそんなになくって、精緻で書き込まれて、女性が読んで好かれると思われるストーリーたちでした。ただ恋愛と謎がからむとかなりぴりぴりと心にくるものもひとつふたつ…女性らしいですがシビアです。
    文体に非常に気を配る桜庭一樹さんらしいきれいな文が多いとも思いました。
    グリーン車の子供ははじめて読みましたがとってもかわいらしくて好きでした。
    ところで、東野さんの序文だけがやる気にかけていて可笑しくってあんまり…いらないよねえ…って思います。

  • 移動にもってこいのミステリー短編集。それぞれ面白いとおもうけど、そこまで粒ぞろいでもない。

  • ミステリーの短編を「推理小説年鑑」から抜き出したもの。バラエティーに富んでいて、さすが桜庭一樹。小泉喜美子「洋服箪笥の奥の暗闇」がホラーっぽくて良かった。

  • 読了後にそれぞれの作品のテーマを見て、こんなにシンプルなものだったのかと驚いた。ひとつの題材を、作家の筆致がここまでおもしろく描く。または、複雑なものを、ここまですっきりと語る、その筆力がすごい。桜庭一樹らしい選集だった。『グリーン車の子供』『人質カノン』が好き。

  • 「日本早春図」陳舜臣、「グリーン車の子供」戸板康二(『どんでん返し ミステリー傑作選11』)、「鳥を見た人」赤江瀑、「伊集院大介の失敗」栗本薫、「宅配便の女」夏樹静子、「洋服箪笥の奥の暗闇」小泉喜美子(『殺人はお好き?ミステリー傑作選21』)、「人質カノン」宮部みゆき(『どたん場で大逆転 ミステリー傑作選35』)所収。
    他のブレンドも読んでみたい!

  • ちょこちょこと空いてしまった時間を潰すのに買ったのですが、
    どの短編も楽しんで読めました。
    アンソロジーの良い所がつまっている作品だと思います。

    この短編の作者達よりも、
    これらを選んだ桜庭さんに興味を持ってしまいました。
    桜庭さんの作品をまだ読んだことがないので、
    これを機に手にしてみたいと思います。

  • 読書魔・桜庭一樹が選んだ珠玉の短編ミステリー7編。悩みに悩み、頭が「パッカーン!」となって選んだそうです。アンソロジーのいいところは、初見の作家さんを味見できるところにあります。読者に、これをきっかけに別の作品も読んでみようか、と思わせられたら選者の思うツボですね。表紙にあるスペシャルブレンド紅茶のように、芳醇なミステリーを堪能しました。

全13件中 1 - 13件を表示

桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007 (講談社文庫)の作品紹介

読書家で知られる桜庭一樹氏が悩みに悩んで厳選した、七つのベスト・ミステリー。小説をより楽しむための最も贅沢な方法、それが「スペシャル・ブレンド」。シリーズ第七弾の今回は一九七六年、一九八六年、一九九六年から各年代を代表する短編が登場。

桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする