幻想郵便局 (講談社文庫)

  • 2732人登録
  • 3.01評価
    • (51)
    • (221)
    • (463)
    • (207)
    • (53)
  • 350レビュー
著者 : 堀川アサコ
  • 講談社 (2013年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062774291

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

幻想郵便局 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フォローさせていただいている方が読んでいて、面白そうと思い手に取った。更に素敵な表紙のイラストにも惹かれた。
    就職浪人で、アルバイトをすることになった山の上の郵便局。そこはこの世とあの世を結ぶ不思議な郵便局。私もそんな郵便局に呼ばれて働いてみたいし、功徳通帳に記帳してみたい!
    「死んだ人は、消えてしまうのではない」というテーマにぴったりの心休まるファンタジー。

  • 初読ということもあり、全体を通して文章の書き方の癖にひっかかることが多かったけれど、
    作品としては思いの外面白く読めたので良い意味で意外だった。
    (個人的にあまり良いイメージのない日本ファンタジーノベル大賞出身の作者だということ、
    そしてブクログ等での評価もあまり高くなかったので、読む前は地雷を踏んでしまったかもしれないと欝々としていた)
    読み進めるうちに一癖も二癖もある登場人物たちに愛着が湧いたし、
    何より主人公の何やら超然とした性格が心地よく、心霊ものとはいえ安心して読めた。
    途中のアユムくんのエピソードには思わず涙腺が緩んだし、
    真理子さんの死を巡る真実に至っては一気にミステリー度が増して、驚いた。
    シリーズものなので、気が向いたら続き読んでみるかも。

  • ブクログ文庫本ランキング1位とあったので購入。

    設定は面白い。
    ただ、読者が置いてきぼりになることが多々ある。
    特に後半は断片的で物語についていけない。
    シリーズ作品を読めば理解できるのだろうか?
    終わり方も、雑というか…打ち切りした漫画みたいに中途半端な結末だった。

    幻想的、といえば幻想的。
    児童文学ではないが、成人向けの小説でもないような気がする。
    実写映画化とかしたら面白いかもしれない。

  • 後味の悪くないファンタジー作品。
    さらっと楽しく読みたいときにぴったりです。
    重すぎる作品はやだな~っていう日もありますよね。

    カフェで、ラテアートを描いてもらったカップを目の前に置いて
    時間を気にすることなく、本屋で買ってきたばかりのこの本を開いて
    のんびりする、っていうのが理想かも。

    不思議な登天郵便局で働くことになったアズサは
    履歴書に書いてあった、得意なことがきっかけとなり、アルバイトが決まったわけだが

    履歴書にはうそは書かないでしょう?って言われているアズサを見て

    自分をアピールできることって
    履歴書にかしこまって書けると思われているようなことだけじゃないんだよなあって思ったのです。

    個性ってそれだけじゃないじゃん?っていうか。

    ふとしたことで見逃してしまいそうな個性が
    たくさん詰まった作品でもありました。

  • 「この世」と「あの世」の境目にある郵便局で、アルバイトをすることになった主人公。
    ちょっと面白そうな設定に惹かれて読んでみた。

    郵便局の裏庭の花畑を抜けて、死者は「あの世」へと向かう。
    なので当然、幽霊はつきもの♪
    ところが、読んでいても幽霊が怖くない。
    どちらかというと「可愛い」w。

    ファンタジーであり、若干ホラーチックでもあり、ちょっぴりミステリー。
    と、具だくさんのシチューのような作品。
    読後感は「ほっこり」しました。

    幻想シリーズの続きを読んでみたいと思います。

  • 人はとても残酷だけれど、とても優しくもある。
    諦めることは簡単だけれど、思い続ければきっと何かいいことが起こるかもしれない。
    そんなふうに思わせてくれる作品だった。
    ほんわりとする読後感が心地いい。

  • ほんわかしてると思ったら怖い事件も含まれてて。
    でもこの世の人じゃない姿見えてもいいって思えるし、私はいつか表紙の花畑に行きたいな。

  • タイトルに惹かれて購入。この世のものとも知れない山の上の郵便局、そこに集まる奇抜な人達、そして土地を巡る因縁の戦いが勃発し…。設定や登場人物はユニークで興味を引くものがあるけれど、語り手である主人公のスコープが狭いのか文章がさらさらしているのか、ぼんやりと読み進めるうちにいつの間にか終わってしまった。ファンタジーとしてもミステリーとしてもいまひとつ物足りない。キャラクターがだいぶ個性的で愛くるしかったので、できればアニメ映画として見てみたいお話。

  • 就職浪人だった主人公の特技は「探し物を見つけること」。これがなぜか決め手となって郵便局へのアルバイトが決まったのだけれど、その郵便局は普通の郵便局ではなく、死者と生者のあいだを取り持つ不思議な場所だった…。
    生きることと死ぬこと、そんな深遠なるテーマをのほほんとした筆致でユーモア交えて語る物語。終盤に不穏な展開を迎えてサスペンス混じりになりつつも、語り口がやはりほんわかしているので、どこかのんびりとした印象のままでした。
    死者はかたちとしていなくなっても、心の中には生き続けている、いやそれだけではなくて、どこかちがうかたちで生き続けている、という思い(願いかな)を感じました。

  • 表紙のイラストはほんわりしていたので、てっきりハートウォーミングなファンタジーだと思っていたんですが、違っていました。そのギャップもあってなのか、不思議な距離感を感じてしまって、うーん・・・と。うーん・・・

全350件中 1 - 10件を表示

幻想郵便局 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幻想郵便局 (講談社文庫)の作品紹介

就職浪人中のアズサは「なりたいものになればいい」と親から言われてきたけれど、「なりたいもの」がわからない。特技欄に“探し物”と書いて提出していた履歴書のおかげでアルバイトが決定。職場は山の上の不思議な郵便局。そこで次々と不思議な人々に出会う。生きることの意味をユーモラスに教えてくれる癒し小説。

幻想郵便局 (講談社文庫)の単行本

幻想郵便局 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする