十字架 (講談社文庫)

  • 2585人登録
  • 3.97評価
    • (242)
    • (398)
    • (214)
    • (19)
    • (4)
  • 321レビュー
著者 : 重松清
  • 講談社 (2012年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062774413

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

十字架 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • いじめを苦にして自殺した同級生の遺書に、『親友』と書かれたことで背負うことになった十字架。いじめの傍観者であった事実に苦しむ主人公を描く長編小説。吉川英治文学賞受賞作。
    終始重い空気が漂う作品。人間の命は尊く重いものであるからこその、登場人物たちの苦しみでありもがきなのだろう。決して時が解決してくれるわけではないが、自らの戒めを赦すには、やっぱり時間が必要とされる。答えがある問題じゃない。人として生まれた責任を理解するために読んでほしい作品である。

  • 映画を見ようと思って先に原作を。同級生の自殺。重い十字架を背負ったまま大人になっていく。二人が十字架を背負わされることになった理由にはちょっとすっきりしない。

  • 重かった。ひたすら重く、リアルだった。忘れてしまってはいけないことが、きっとそれぞれ誰にでもある気がした。

  • いじめを苦にして自殺した中学2年生が残した遺書 親友でもなかったのに親友と名指しされ、いじめを知りながら無関心であったことを責められる。付き合ってもいなかったのにそうであったかのように書き遺されたことに苦しまされる。

  • 構成は面白いと思ったけど
    中身が面白くない
    重松清の作品はほとんど読んでるけど
    構成が面白いのに中身がダメってはじめて
    誰にも共感できず
    誰にも入り込めず
    淡々と読んだ。

  • 文章がオーソドックスというか、テーマは重いですが、すごく読みやすく、視点もしっかりしていて、頁頁に感情が溶け込んでいく感じ。短、短、長というリズムもよくて、たまに入る回想が展開を予想させ、そしてその展開が心地よかった。主人公が泣くシーンで私も涙し、どこかの作家のように謎で終わることもなく、最後には自分のなり答えを見いださせてくれるそんな作品でした。とてもいい小説です。

  • とにかく主人公に肩入れして読みすぎた。重すぎる。私にはこの十字架を背負う覚悟は出来ないだろうなと思った。怒りさえ覚えるだろうとも思った。しかし両親を責めることも出来ない。わたしは何に対して怒りを覚えるのだろう。

  • なぜかいつもいじめを題材にしたものって手に取ってしまう。そして自分の高校時代にあったいじめについて思い返してしまう。あの時助けていれば、とかもしあの子が自殺していたらわたしも、とか色々考えて、なにもしなかったことの卑怯さを反省した作品。

  • 中学2年の9月4日、クラスメイトのフジシュンがいじめを苦に自殺をした。
    その遺書にはいじめの加害者の他に「親友」として僕の名前があった。そして、フジシュンが思いを寄せていたと思われる女子の名前も‥。
    一人の少年の死を境にして、両親、弟、同級生、保護者、さらには取材記者たちは一体どんな思いを抱いて生きてきたのか。長い年月の時々で打ち寄せる様々な感情。どれが正解だとかどれが間違っているだとか、結局は誰にも分からない。それでもずっと考え続けることが償いなのかもしれない。罰ではなく。

  • 3.5
    壮絶ないじめを苦に自殺したフジシュン。
    遺書に書かれていた名前は4名。
    そのうち二人は、イジメの中心人物・三島と根本。
    そして親友として真田ユウ。迷惑を掛けたお詫びと誕生日の祝いの言葉と共に中川小百合の名が記されていた。
    ある日突然、視野の外から飛んできた凶悪な石に当たり、その後の人生の全てがグシャグシャにされた二人。
    シュンの両親・弟の健介らとの長い長い関わりの中で、それぞれの背負った十字架が見えてくる。

    親友では無いにしろ、同じクラスであり、幼い頃からの友人であったユウが見て見ぬフリをしていた罪悪感からも、十字架を背負うのはわかるが、一方、小百合の関わり方は現実味が薄く違和感大。そもそも、ろくな話したこともない男子に誕生日のプレゼントを持って行くと言われれば、あのような対応になるのは当然。電話での対応等、本当のことは言わない方が良いとの女性記者のアドバイスがあり得ない。
    まあ、言いがかりような恨みを持つ人間は多々いるのは確かだけれど、それはそれで自然に関わりを断つ事になる。

  • サクサクと読めました。十字架を無理やり背負られたって感じだったな。
    イジメは100%悪いし見て見ぬふりを悪い。けど、それで自分がイジメにあったら?その時フジジュンは助ける?
    小百合さんは一方的に片思いされてそれに苦しみ自殺したら?精神疾患になったら?
    被害者は加害者にもなり加害者は被害者にもなる。
    私もイジメの経験もあるし、自殺の気持ちも分かる。残す遺書の内容ってちゃんと言葉選ばないとな〜と思ったな。でも日記書いてあるから私の心情バレバレかw

    辛さの度合いも受け取り方も本人しな分からないのは事実だし。
    人の生き方に強いとか弱いで決めるものでもないと思う。

    ただ、自分の身は自分で守るしかないし自分で決めるしなない。

    イジメは悪い。でもその事を変えれるのは自分しかいないと感じたな。

    読んでいて辛かったな。

  • 重たいです。十字架を背負ってしまった子どもたち。いや、十字架を背負ったと感じる心が純粋なのかもしれない。

  • 久方ぶりの重松は重い重松だった。

  • 2種類の十字架があることを知りました。

  • 主人公は中学生2年生の少年。同級生がイジメにあった末、自宅で首を吊って自殺をした。遺書には少年の名前と親友でいてくれてありがとうというメッセージを遺していた。いじめられている少年を見て見ぬ振りをして、助けたことなどなかったって。自分自身も親友だなんて思ったことはない。なぜ自分が巻き込まれてしまうのかと少年期から大人にかけて悩み、その問いを導き出していくお話。

    大人になって、学生時代にあったようなイジメを見たり聞いたりする機会はなくなった。ただ、この本を読んで、学生時代時感じたイジメに対する思いが膨れ上がった。イジメはよくないとみんなが思っている。だけど無くならない。いろんな国で、いろんな世代がイジメに悩まされていると思う。この本を読んで、いじめられ、自決した子の家族がどんな思い、暮らしをしたか、想像力を膨らませれば、これからも少しはイジメもなくなっていくのではないだろうか…

    この本はフィクションだが、題材になった方の話が最後に書かれていた。

  • 決して幸せな話ではなく、楽しい話でもないんだけど、重くて苦しくて読み進められない、嫌な感じはなかった。
    いじめを全く感じたことない人は、多分いなくて、程度の差はあれ、誰しもが何かしら経験してるんだと思う。
    勝手に片思いされて、勝手に親友にされて、遺書に名前を書かれて背負った荷物。
    結局、その遺書を書いた本人の意図はわからないけど、出来ればそんなことやめてくれたらよかったのに…と思う。
    いやぁ、何だか辛い。

  • 重松清の本には今まで泣かされてきたので、今日のこのタイミングで読む本じゃないかな?と思いつつページをパラパラめくると・・・昭和から平成に変わる年、14歳だった主人公のクラスメイトがいじめを苦に自殺したというストーリー。

    完全に同い年だわ!!と思ったら、そこから止まらなくなって、一気に最後まで読んでしまった。

    いじめも罪、黙認するのも罪。
    中学に入ってからは仲良くしていなかったのに、いじめも見てみぬふりをしていたのに、なぜか遺書に親友として感謝の言葉を書かれた主人公。あまり接点が無かったのに片思いの相手として、謝罪の言葉を書かれた女の子。この二人が背負わされた十字架の話。この二人が誠実に十字架を背負い続け、残された家族とも向い合うのが尊敬に値する。私なら出来ただろうか。

    読み終わった後に、Skogskyrkogårdenの十字架をgoogle検索した。本を読んだ時に想像した通りの景色だった。

  • イジメを見て見ぬふりをする事も イジメをしたという十字架を背負う事。忘れない事。
    しかし、実際にイジメた生徒の十字架を描いて欲しかった

  • 中学二年生の頃同級生が自殺し、その遺書の中で「親友」と書かれていた主人公が、同級生の死をどう受け止めその後をどう生きてきたのか、ということが描かれた小説。

    回想という形式で書かれているのだけれど、最初主人公の視点がイマイチ定まってないかんじで読んでいて少し違和感を感じたのと、回想の形をとっているせいで「あの頃はこんな風になるなんて予想もしていなかった」的なまどろっこしい書き方が多くて、前半部分はスラスラとは読めなかった。
    ただ自殺した子に勝手に「親友」とされてしまったという設定がすごく面白いのと、後半主人公が大人になってきたあたりから、切なさがドバーッと押し寄せてきて、読み終えてもう、感動。

    結局過去どんなことがあっても、時間の流れの中でその出来事が自分の中に占める割合はどんどん少なくなって、悔しくても悲しくても申し訳なくても、もうそれは誰にも止めようがない。
    前に進もうとする人、否応なく前に進んでしまう人、最後まで前に進むことを拒む人。いろんな人がいて、でもみんな苦しみながら懸命に生きていて、最後は他人の幸せを願っている。

    読み始めた時は「あの人」がひたすら立派な話なのかと思ったけど、登場人物全員がみんな善人であり悪人でもあり不完全な人間として描かれていて、それがすごく良かった。

  • 一気に読んだ。
    面白い訳でも、ワクワクする訳でも無い。
    逆に内容は、重い。
    今を生きてる中高生に読んで欲しいと思った。
    そして、いじめが壊滅してくれる事を願った。
    実際はムリだとわかっているけど、そう思った。
    '16.05.08読書完了

  • いじめを苦に自殺した同級生に名前を遺書に書かれたことによって苦悩する二人の中学生の話。

  • 「傍観者」=〈見殺し〉を問う重い作品。フリーランス記者田原の言葉が胸にささる。自分と同じ年代の主人公「ユウくん」。クラスメイトを見殺しにしたところから親になるところまでが描かれていた。息子を送り出す世界に怖さと「希望」を見いだしたくなる。

  • やっぱり重松清好きです…あとがきも最高によかった。

  • 「なにもしなかった罪っていうのは、
    法律にはないんだ」
    ー田原


    いろいろ思い返し、考えさせられた。
    読んでいて苦しかったけど、
    読んで良かった。

  • どの人物の立場も複雑で難しい。やりきれない。 何より「あのひと」が印象深い。

全321件中 1 - 25件を表示

十字架 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

十字架 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十字架 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十字架 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

十字架 (講談社文庫)の作品紹介

第44回(2010年) 吉川英治文学賞受賞
あいつの人生が終わり、僕たちの長い旅が始まった。人気作家が大きな覚悟をもって書き下ろした、最高傑作!

十字架 (講談社文庫)の単行本

十字架 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする