スケアクロウ(上) (講談社文庫)

  • 161人登録
  • 3.95評価
    • (15)
    • (30)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 21レビュー
制作 : 古沢 嘉通 
  • 講談社 (2013年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062774659

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ネレ・ノイハウス
ミネット・ウォル...
ドン・ウィンズロ...
アーナルデュル・...
ジェフリー ディ...
マイクル・コナリ...
ドン・ウィンズロ...
アーナルデュル・...
トム・ロブ スミ...
横山 秀夫
ピエール ルメー...
トム・ロブ スミ...
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

スケアクロウ(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新聞記者マカヴォイが主人公の2冊目。
    前作より10年後という設定で、新聞がネットに取って代わられつつある時代の流れも描いています。

    ジャック・マカヴォイは、ロサンジェルス・タイムズの記者。
    「ザ・ポエット」の事件で名を上げ、高給取りだったため、人員整理の対象になってしまった。
    2週間だけ後任の教育に当たった後に、退職することに。
    後任のアンジェラ・クックは野心的な若い女性。
    同僚はいずれアンジェラも良い記者になるだろうが、そうなるまでに多くの事件を見逃すだろうとマカヴォイを惜しむのだった。

    若い黒人が白人女性を殺した容疑で逮捕された。
    小さな事件と思われたが、家族の抗議を受けたマカヴォイは事情を調べ始める。類似した事件に気がつき‥

    犯人スケアクロウの側からも描かれます。
    マカヴォイらの動きに感づいた犯人は‥
    ネット犯罪と連続殺人犯という事件のほうは、いかにも派手な題材。
    FBI捜査官のレイチェル・ウォリングが登場し、10年ぶりにがっつり取り組むことに。
    マカヴォイからのたった一本の電話で動くレイチェル。

    作者自身が同じロサンジェルス・タイムズの新聞記者だったので、実感がこもった内幕小説ともなっています。
    コナリーの主人公でなんといってもカッコイイのはハリー・ボッシュなんだけど、マカヴォイは他人と思えないらしい書きっぷりが、なかなか面白いです。

  •  敏腕記者ジャック・マカヴォイ。そう、『ザ・ポエット』以来、13年ぶりの登場である。パートナーとして組んでゆくヒロインは、他シリーズも含め、すっかりお馴染みになった感のある美貌のFBI捜査官レイチェル・ウォリング。これも『ザ・ポエット』のオリジナル・コンビそのままである。『ザ・ポエット』当時は、コナリーもハリー・ボッシュシリーズを4作書き上げたばかりで、ノンシリーズでは、これが初の作品となった。強烈な個性と一匹狼ぶりを発揮する正統派ヒーロー刑事(デカ)のボッシュこそがコナリーとのイメージが強かった中で、純然たるノン・シリーズの単発ものとして、『ザ・ポエット』はびっくりするほど面白く、コナリーとしては珍しく、サイコパスのシリアル・キラー・サイドの視点でも描かれるクライム・ミステリーとして、とても劇的なインパクトを持った作品であった。

     その後、マカヴォイもウォリングも、シリーズ作品内にちょくちょく顔を出すようになり、彼らの主人公作品はしばらく書かれなかったものの、二人の存在感は作を増すごとに強くなっていった気がする。少なくともコナリー読者は、これらの人物のシリーズ間クロスオーバーを、作者からのサービスとして好意的に受け取ってきたことだろう。

     本書は、マカヴォイが久々の登場にも関わらずいきなりリストラを言い渡される、いささか衝撃的なシーンで幕を開ける。『ザ・ポエット』当時、マカヴォイが在籍していたロッキー・マウンテン・ニューズ紙は既に倒産してなくなっており、現在のロサンジェルス・タイムズ紙も経営難に陥り、優秀な人材であっても給料の高い人間たち100人程を解雇しなければならないという空前の苦境に陥っていた。マイクル・コナリーが作家になる前に記者として腕を磨いていたロサンジェルス・タイムズ紙の現在の状況が、どうやらこの作品を書こうという強いモチーフとなったらしく、そのあたりの事情は、巻末の作者インタビューや、作家・真山仁のアメリカ・ジャーナリズムについて省察された解説に詳しい。むしろいつも以上に、解説やあとがきの部分が手厚く編集されていると言っていい。同じく活字と紙を媒介とする出版社にとっても他人事ではないだろう。

     ニュースの場が(小説の場も、だが)Webサイトに移動し、紙ベースでの需要が急速に減ったいわばメディア革命とも言うべきインターネットの功罪、による新聞社の危機は、何もアメリカだけに始まったことではないらしく、日本でも同様に各社予断を許さぬ状況であるようだ。しかし、紙ベースでは印刷完了の朝を待って飛び出す驚きの記事であれ、一時間ごとに更新されるWebニュースでは即座に発信されてしまい、実質上スクープ記事が消え失せることや、しっかりと意志を持った各新聞社が社会に発信する方針・意見・提言などによるそれぞれの個性なども失われようとしている現在のメディア危機の状況を、コナリーは嘆いているに違いない。国が誤った方向に社会を導こうとしたり、政府や他組織が暴走しようとするときにそれらを黙認せず正義と公正の社会的番人のような役割を果たすという、新聞社の誇り高き編集室の使命感が、今は、退職者の空席だらけのデスクを歯欠け状態のように連ねた、空疎で中身のないスペースにまで落ちぶれている、そんな状態がマカヴォイの眼には映っている。突然降って湧いたような個人の苦境、会社の落魄から、今ある事件を探りマカヴォイは逆転を狙う。

     さてこの作品もまた、『ザ・ポエット』と同じく犯人側からの視点での章が頻繁に挿入される。インターネットのサーバー・メンテナンスとセキュリティとを請け負う会社のサーバー集積室を農場(ファーム)とみなし、そこの番人である案山子、即ちスケアクロウが、電子の世界を縦横に活用しては陰惨な事件を演出するという犯罪を扱った本書では、スケ... 続きを読む

  • マイクル・コナリーといえば「ハリー・ボッシュ」シリーズだと思うが、同シリーズはハリーが抱えているものが重く、どうしても沈み込んでいく方向に話が進みがちである。なので、実は好作はハリー・ボッシュ以外のところにある、と思っており、中でも傑作だったのが「ザ・ポエット」。前置きが長くなったが、その「ザ・ポエット」で主人公だったジャック・マカヴォイが本書の主人公ということで期待度は十分。その期待を裏切らない作品だった。

    ジャック・マカヴォイはロスアンゼルス・タイムズの記者だったが、解雇通知を受け、2週間で後任を育ててやめることになっている。

    ジャックは、自分が書いた殺人事件の記事で、容疑者とされた若者の祖母から、うちの子ではないという電話をうけたのがきっかけで、事件に関わっていくようになる。

    真犯人は早い段階でわかってしまうが、緊張感あるストーリーは素晴らしい。傑作。

  • 初読の作家ですがかなり人気シリーズを
    手がけてるんですね。ノンシリーズかと思って
    今作から読み始めたんですが...なんとこれも
    シリーズものだった...。あぅぅ。
    でも読み易さもストーリー展開とテンポの良さも
    相まって、なかなかに引き込まれますね。

    実績はあるが故に高給取りとなってしまった
    新聞記者の主人公「マカヴォイ」は所謂リストラ勧告を受け
    引き継ぎの新人育成に残りの勤務を当てられる。
    その中で、自身が扱った事件の容疑者が冤罪ではないか...という
    匂いを察知し、独自で調査に乗りかかる。
    その中、過去に類似した女性殺害事件にブチあたる...。

    事件を追う「マガヴォイ」の視点と犯人側の
    「スケアクロウ」側の視点がいいタイミングで切り替わり
    緊張感、緊迫感がいい感じに伝わってきます。
    この「スケアクロウ」....ネット、IT、コンピュータに
    関しての超天才かつ、異常者w。そのスキルの
    高さと行動力がハンパじゃないw。そして怖いw。

  • このタイトルからしてハリー・ボッシュ・シリーズかと思っていたが、何と『ザ・ポエット』以来の新聞記者ジャック・マカヴォイ物ではないか。あれから十年以上の時を経ての続編に驚いた。犯人スケアクロウとマカヴォイの視点で交互に展開される章の切り替えが想像力を掻き立て、ハラハラ、ドキドキさせてくれる。相変わらずコナリーは上手い。

    時代を反映してか、今回はインターネットを駆使し、同じタイプの女性を狙う、これまでのコナリー作品には登場したことの無い犯人が描かれている。

    マカヴォイとともに再びFBIのレイチェル・ウォリングが犯人を追うというのもまた一つの楽しみである。

  • 二週間後にリストラされることになった新聞記者が主人公。殺されてトランク詰めにされた殺人事件に疑問を抱き、FBIの元恋人と一緒に調査をする。主人公が調べていく様子と、犯人である天才ハッカー側の章と交互に語られる。最初から犯人がだれか明かされているけれどおもしろく読めた。

  • もう今更何も言いようがない。オープニングから淀みなく物語は流れ、テンポよく事件に引き込まれていく。今回違いがあるとすれば、犯人側の視点も描かれ最初から犯人が分かっている倒叙タイプの展開になっていることだろう。これはこれでいかにしてマッケレイブが真相に近づくか興味深い。そして何より、今回はレイチェル・ウォリングが大きな役で登場。なんかコナリー・ワールドもごっちゃになってきた。レイチェルってボッシュとつきあってなかったっけ?

  • 情報化社会って恐い。全部とられちゃうのね。。。

  • 12月24日読了。図書館。

  • 同じ主人公が活躍する作品「ポエット」を読んだのが、
    そう前の事ではなかったので、
    十二年もたってしまったことに、最初ついていけなかった。

    あんなに若々しかったジャック・マカヴォイが、
    新卒同様の若い子に席を譲らされ、追い出されることになっているなんて!

    (下巻に続く)

  • 「ザ・ポエット」以来の新聞記者ジャック・マカヴォイもの。リストラ目前で出会ったのは、冤罪事件。追及を始めた彼は、思わぬ形で退路を断たれる。下巻に続く!

  • ボッシュシリーズではないので、どうかなぁと思い読み始めたが、直ぐ引き込まれました。

  • 期待通り面白い。下巻も一気に読もう!

  • 実はポエット事件読み落としている。しまったなあ。本棚の何処かにはあるんだけど。

  • レビューは下巻にて。

  • 新聞会社のインサイド・ストーリーとして興味深く読める。

    事件の概要が判明してくる終盤の期待感は大きい。

  • 久しぶりのコナリー。
    ようやくボッシュかと思えば、新聞記者マカヴォイ(言い難い名前)&FBIのレイチェル。
    でも、まるっきり、前作「ポエット」を思い出せません。
    面白かった覚えはあるのに。
    翻訳権が高くなっているため、
    長くない小説なのに、上下巻に分けるのはやめてほしいもの。
    感想は下巻に。

  • 名作『ポエット』で主人公を務めたマカヴォイが久々に、“主役”に帰ってきた。ボッシュシリーズとはひと味違うが、記者ならではの設定と展開に愕然

全21件中 1 - 21件を表示

スケアクロウ(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

スケアクロウ(上) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スケアクロウ(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スケアクロウ(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スケアクロウ(上) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

スケアクロウ(上) (講談社文庫)の作品紹介

人員整理のため二週間後に解雇されることになったLAタイムズの記者マカヴォイは、ロス南部の貧困地区で起こった「ストリッパートランク詰め殺人」で逮捕された少年が冤罪である可能性に気づく。スクープを予感し取材する彼を「農場」から監視するのは案山子。コナリー史上もっとも不気味な殺人犯登場。

ツイートする